推論とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 推論 > 推論の意味・解説 

すい‐ろん【推論】

読み方:すいろん

[名](スル)ある事実をもとにして、未知の事柄おしはかり論じること。「実験の結果から―する」


推論

いくつかの命題前提または仮定という)から他の命題結論)を導くことをいう。


推論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 04:14 UTC 版)

推論(すいろん、英語: inference)とは、既知の事柄を元にして未知の事柄について予想し、論じる事である。


  1. ^ 清水義夫(1984) 『記号論理学』東京大学出版会 p23〜27
  2. ^ 清水義夫(1984) 『記号論理学』東京大学出版会 p54~56


「推論」の続きの解説一覧

推論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/29 02:19 UTC 版)

条件付き確率場」の記事における「推論」の解説

CRFにおける厳密な推論は、一般グラフでは困難である。これは基本的にマルコフ確率場におけるものと同じである。ただし、連鎖木構造グラフなどの特殊ケースでは、厳密推論が可能であるその場合に使用されるアルゴリズムは、HMM使用されるフォワードバックワードアルゴリズムやビタビアルゴリズム類似していて、動的計画法などが用いられる

※この「推論」の解説は、「条件付き確率場」の解説の一部です。
「推論」を含む「条件付き確率場」の記事については、「条件付き確率場」の概要を参照ください。


推論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/09 18:36 UTC 版)

安永浩」の記事における「推論」の解説

仮に外力(bの圧力)は以前のままであるとして、「仮説」の状況によって主体からみてこの外力の位置評価(距離評価)がどうなるか、を考える。主体はこの「仮説」の障害起きていたことを知らない(もし知っていたなら、定数低下後の新たなファントム空間処理すればよい)。そのため、 bは以前同じなので、a'系=弾性体は、応力以前と同じところで均衡するが、弾性率低下した分、押し込まれた状態になる。 a'系の歪(ひずみ)に応じてa系エネルギー投入され、a強度以前より強い状態になる。 すなわち a系とa'系とで強度=距離の差が生じる。 知覚体験考える。知覚は本来 a=b であり a=a' である(なお、正常な a>a' の体験は「表象」=「イメージ思い浮かべる」、であるが、ここでは割愛する)が、 a'系は対象図式 F の距離評価をする。押し込まれたことは知らないし、張力以前同じなので、F を以前の距離で評価するa系対象 f の距離評価をする。これは押し込まれた状態にある。すなわち、以前より近くなっている。 結果、本来は必ず一致するはずの F と f の距離が一致しない。F と f の間には、何も無い主体は F が空虚な裂隙の向こうに遠ざかったように感じる。 この事態Af-F記号化する。F と f の間に逆転と裂隙が生じていることを “f-F” の部分により示す。 なおこれは、離人症症状にほぼ一致するが、この症状みをもって疾患統合失調症)であると言えるわけではない点に注意具体的には「何を見て実感わかない」「自分と世界との間が、透明な幕かガラス板隔てられいるようだ」などの訴え

※この「推論」の解説は、「安永浩」の解説の一部です。
「推論」を含む「安永浩」の記事については、「安永浩」の概要を参照ください。


推論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 17:00 UTC 版)

流言蜚語 (随筆)」の記事における「推論」の解説

大地震大火事最中暴徒起こって東京中の井戸に毒投じ主要な建物爆弾投じつつある」という流言放たれたと仮定し科学的常識基づく推論を行っている毒薬流言に対する推論:東京市中の1割致死量毒薬投じる仮定し地震前から大きな毒薬ストック用意 何千人の暴徒組織的に動員し井戸派遣 暴徒個人井戸水分量見積もり必要な毒の量を調整 などの大掛かりな仕事揃わない成り立たない説明したこのような推論のもとでは、流言を全く信じないとまではいかなくても、自宅の井戸に毒が混入されるという不安は軽減されるではないか論じた爆弾に対する推論:東京市中の目ぼしい建物投げ入れるだけの爆弾数量人手考慮すれば、過度の恐慌引き起こさなくても済むと考察した

※この「推論」の解説は、「流言蜚語 (随筆)」の解説の一部です。
「推論」を含む「流言蜚語 (随筆)」の記事については、「流言蜚語 (随筆)」の概要を参照ください。


推論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 04:02 UTC 版)

スカンソリオプテリクス」の記事における「推論」の解説

CzerkasおよびYuanスカンソリオプテリクス原始的かつ似た特徴備えていることから恐竜進化に関して異端議論主張した原始的な竜盤類様」の恥骨がっしりした坐骨に基づきスカンソリオプテリクス明らかに始祖鳥より原始的であると言及した。また、寛骨臼完全に貫通していない。貫通した寛骨臼恐竜の鍵となる特徴であり、伝統的にこの分類群の定義に使用されている筆者らは恐竜一般的な寛骨臼から進化して二次的に閉じたものである可能性考慮しつつも、他の原始的な特徴からこれ本当に原始的な特徴であり、スカンソリオプテリクスは最も似た恐竜の中で既知で最も原始的な恐竜として位置づけられるとした。CzerkasおよびYuanはこれを「原マニラプトル類」と称しグレゴリー・ポールヴェロキラプトルのような大型で地上性マニラプトル類小型で樹上性飛行もしくは滑空生活をしたものから進化したという仮説支持した。しかし、筆者らはこの案をポールよりも発展させ、ジョージ・オルシェフスキー(英語版)が1992年提唱したBCF仮説( "birds came first" hypothesis)を支持し真の獣脚類二次的に飛べなくなったもしくは少なくとも樹上性になったもので、小型で樹上性スカンソリオプテリクス似た祖先から進化したものである主張したCzerkasおよびYuanまた、多くの系統樹とは逆にマニラプトル類他の獣脚類系統からは分かれており、この分離は獣脚類進化の非常に初期であった主張した

※この「推論」の解説は、「スカンソリオプテリクス」の解説の一部です。
「推論」を含む「スカンソリオプテリクス」の記事については、「スカンソリオプテリクス」の概要を参照ください。


推論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 09:35 UTC 版)

ニューラルネットワーク」の記事における「推論」の解説

ニューラルネットワーク学習ディープラーニング)と対比してニューラルネットワークによる演算は推論(英: inference)と呼ばれる

※この「推論」の解説は、「ニューラルネットワーク」の解説の一部です。
「推論」を含む「ニューラルネットワーク」の記事については、「ニューラルネットワーク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「推論」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

推論

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 12:37 UTC 版)

名詞

すいろん

  1. ある事実をもとに未知事柄推し量ること。

動詞

活用

サ行変格活用
推論-する

「推論」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



推論と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「推論」の関連用語

推論のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



推論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2022 数理検定協会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの推論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの条件付き確率場 (改訂履歴)、安永浩 (改訂履歴)、流言蜚語 (随筆) (改訂履歴)、スカンソリオプテリクス (改訂履歴)、ニューラルネットワーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの推論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS