経験とは? わかりやすく解説

けい‐けん【経験】

読み方:けいけん

[名](スル)

実際に見たり聞いたり行ったりすること。また、それによって得られ知識技能など。「―を積む」「―が浅い」「いろいろな部署を―する」

哲学で、感覚知覚によって直接与えられるもの。

[用法] 経験・体験――日常的な事柄については「経験(体験)してみて分かる」「はじめての経験体験)」などと相通じ用いられる。◇「経験」の方使われる範囲広く、「経験を生かす」「人生経験」などと用いる。◇「体験」は、その人行為実地での見聞限定して、「恐ろし体験」「体験入学」「戦争体験」のように、それだけ印象の強い事柄について用いることが多い。


経験

作者中村真一郎

収載図書中村真一郎小説集第10巻
出版社新潮社
刊行年月1992.12


経験


経験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/07 21:32 UTC 版)

経験(けいけん、: experienceドイツ語: Erfahrung)とは、


  1. ^ a b 大辞泉
  2. ^ a b c d e 広辞苑 第六版 「経験」
  3. ^ Cooley, Alex (2020年4月14日). “How to Tell Your Story on LinkedIn”. Harvard Business Review. ISSN 0017-8012. https://hbr.org/2020/04/how-to-tell-your-story-on-linkedin 2022年11月7日閲覧。 
  4. ^ 例えば熟練した木工職人は、作業する日の気温や湿度を肌で・木の性質を見た目や触れた感触で感じ取って、微妙に作業精度を変化させ、湿度によって変化の生じやすい、あるいは各々の材木によって千差万別な性質を生かしたまま、常に安定した製品(または工芸品)を作ることができると言われている。


「経験」の続きの解説一覧

経験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 02:03 UTC 版)

三國志 (ゲーム)」の記事における「経験」の解説

初期値全員0。武将何らかのコマンド実行させるたびに上昇し内政探索コマンド実行結果判定には経験と知力のうち高い方の数値使われる。ただし知力とは違い、経験が90以上となって軍師として助言はしてくれない

※この「経験」の解説は、「三國志 (ゲーム)」の解説の一部です。
「経験」を含む「三國志 (ゲーム)」の記事については、「三國志 (ゲーム)」の概要を参照ください。


経験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 19:07 UTC 版)

ヴィクトル・アファナシェフ」の記事における「経験」の解説

1970年から1976年までロシア空軍パイロットとして活躍した1976年から1977年までテストパイロット訓練センターに通った1977年から1988年までヴァレリー・チカロフの名前にちなんだ州立研究施設テストパイロットとして働いたアファナシェフは、軍のテストパイロットクラス1資格所持者であり、40種類以上の飛行機2000時間以上の飛行経験を持つ。

※この「経験」の解説は、「ヴィクトル・アファナシェフ」の解説の一部です。
「経験」を含む「ヴィクトル・アファナシェフ」の記事については、「ヴィクトル・アファナシェフ」の概要を参照ください。


経験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/14 14:31 UTC 版)

カート・ミッチェル」の記事における「経験」の解説

ミッチェルは、1955年アメリカ空軍に入る前にファイアストン誘導ミサイル部門技術者として働いていた。

※この「経験」の解説は、「カート・ミッチェル」の解説の一部です。
「経験」を含む「カート・ミッチェル」の記事については、「カート・ミッチェル」の概要を参照ください。


経験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 08:04 UTC 版)

ジョナサン・ソーブル」の記事における「経験」の解説

カナダ・オンタリオ州で生まれる。高校時代トロント大学在学時の2回にわたり日本交換留学生として訪れる。トロント大学卒業後は、JETプログラム参加し1996年から1999年まで高知県庁勤務するその後コロンビア大学大学院進学し同大学を修了2002年ダウ・ジョーンズ東京支局2004年ロイター通信東京支局勤務経て2007年フィナンシャル・タイムズ東京支局入社2013年には同支局支局に就任。2014年ニューヨーク・タイムズ東京支局入社2018年よりアジア・パシフィック・イニシアティブ客員研究員となる。 また2011年オリンパス事件では10年以上に及んだ数百億にのぼる損失隠し記事にし評価を得る

※この「経験」の解説は、「ジョナサン・ソーブル」の解説の一部です。
「経験」を含む「ジョナサン・ソーブル」の記事については、「ジョナサン・ソーブル」の概要を参照ください。


経験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 14:30 UTC 版)

泉宏」の記事における「経験」の解説

早稲田大学卒業後時事通信社政治部記者として田中角栄首相総理番で取材活動を始め以来永田町霞が関政治を見続けている。時事通信社政治部長、同社取締役編集担当経て2009年から現職これまでに時事通信社客員解説委員時事総合研究所客員研究員日本記者クラブ会員日本賢人会議理事メディア評価研究会同人などを歴任

※この「経験」の解説は、「泉宏」の解説の一部です。
「経験」を含む「泉宏」の記事については、「泉宏」の概要を参照ください。


経験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 19:38 UTC 版)

ワレリー・トカレフ」の記事における「経験」の解説

1973年に、戦闘機パイロットとしてStavropol Higher Military School卒業した1982年にはテストパイロット訓練センター卒業したトカレフロシア政府奨学金得てユーリ・ガガーリン空軍アカデミー及び国立経済学アカデミー卒業して修士号得たトカレフ空軍戦闘機パイロットテストパイロットとして最優等だった。44種類航空機ヘリコプター操縦経験があるSu-24のような戦闘爆撃機の他、Su-27MiG-29Su-25のような第4世代艦載機操縦経験を持つ。 1987年トカレフ宇宙飛行士選ばれブラン搭乗した1994年からは、宇宙飛行士チームリーダー務めた1997年ブラン計画終わってからは、ガガーリン宇宙飛行士訓練センターテスト宇宙飛行士務めた1999年5月27日から6月6日までSTS-96宇宙飛行し、10日間のミッションディスカバリー乗組員は、国際宇宙ステーション最初の滞在員の到着備え4トン機材補給品運搬した235時間13分で地球153周し、400マイル移動してミッション終了したトカレフ第12次長期滞在ではフライトエンジニア務め2005年10月3日ソユーズTMA-7ISS訪れ189日間ミッションの後、2006年4月6日帰還したその間2度宇宙遊泳行なった

※この「経験」の解説は、「ワレリー・トカレフ」の解説の一部です。
「経験」を含む「ワレリー・トカレフ」の記事については、「ワレリー・トカレフ」の概要を参照ください。


経験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 19:44 UTC 版)

オレグ・コノネンコ」の記事における「経験」の解説

卒業後、コノネンコはロシア連邦宇宙局中央設計所で働き始めた彼はシステム設計分析宇宙船電力システム開発等を行った

※この「経験」の解説は、「オレグ・コノネンコ」の解説の一部です。
「経験」を含む「オレグ・コノネンコ」の記事については、「オレグ・コノネンコ」の概要を参照ください。


経験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 18:43 UTC 版)

チャールズ・デューク」の記事における「経験」の解説

デューク1957年海軍兵学校卒業するアメリカ空軍入隊しジョージア州スペンス空軍基地訓練を受けたその後ウェブ空軍基地でも訓練を受け、1958年修了したその後ムーディ空軍基地F-86のさらに高度な訓練を受け、優秀な成績修了した。この訓練の後、デュークドイツのラムスタイン空軍基地要撃機パイロットとして3年働いた彼は3632時間ジェット機を含む、4147時間飛行経験した

※この「経験」の解説は、「チャールズ・デューク」の解説の一部です。
「経験」を含む「チャールズ・デューク」の記事については、「チャールズ・デューク」の概要を参照ください。


経験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 19:54 UTC 版)

アレクサンドル・スクボルソフ」の記事における「経験」の解説

スクボルソフはパイロットとしてL-39MiG-23Su-27操縦経験がある1000時間以上の飛行時間記録しクラス1パイロットである。

※この「経験」の解説は、「アレクサンドル・スクボルソフ」の解説の一部です。
「経験」を含む「アレクサンドル・スクボルソフ」の記事については、「アレクサンドル・スクボルソフ」の概要を参照ください。


経験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 19:52 UTC 版)

アントン・シュカプレロフ」の記事における「経験」の解説

卒業後、シュカプレロフはロシア空軍パイロットの教官務めYak-52L-29MiG-29等を操縦した彼はクラス2教官だった。また、パラシュート訓練担当し300以上のパラシュート降下経験した

※この「経験」の解説は、「アントン・シュカプレロフ」の解説の一部です。
「経験」を含む「アントン・シュカプレロフ」の記事については、「アントン・シュカプレロフ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「経験」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

経験

出典:『Wiktionary』 (2021/10/22 23:22 UTC 版)

名詞

けいけん

  1. 伝聞などではなく実際にある事実直接遭遇すること。直接見聞したり行動したりすること。
  2. 過去にしていること。経歴あること実績
  3. 1.2.によって得られ知見及びその累積
  4. 婉曲性体験

発音(?)

け↗ーけん

類義語

翻訳

動詞

活用

翻訳


「経験」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



経験と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「経験」に関係したコラム

  • 株式の投資8原則とは

    株式の投資8原則とは、過去の相場経験を8つの法則にまとめたものです。1.十分に調査する購入予定の銘柄の財務内容やチャートなどを十分に調査して研究することが望ましいとされます。また、企業の発表する決算報...

  • 株式やFX、CFDの3段高下論とは

    株式やFX、CFDの3段高下論(三段高下論)とは、相場の推移は3段の上げと3段の下げからなるという考えのことです。3段高下論は3段高下法則(三段高下法則)ともいいます。3段高下論では、1段上げの後に少...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「経験」の関連用語

経験のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経験のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの三國志 (ゲーム) (改訂履歴)、ヴィクトル・アファナシェフ (改訂履歴)、カート・ミッチェル (改訂履歴)、ジョナサン・ソーブル (改訂履歴)、泉宏 (改訂履歴)、ワレリー・トカレフ (改訂履歴)、オレグ・コノネンコ (改訂履歴)、チャールズ・デューク (改訂履歴)、アレクサンドル・スクボルソフ (改訂履歴)、アントン・シュカプレロフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの経験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS