経験値とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 経験値の意味・解説 

けいけん‐ち【経験値】

経験によって成長した度合い数量化したもの経験程度。「経験値を積む」「実戦体験して経験値が上がる


経験値

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/09 14:01 UTC 版)

経験値(けいけんち、experience point)は、経済統計用語で、過去の経験から推測し得られる数値。またコンピュータゲーム用語で、ロールプレイングゲーム (RPG) やシミュレーションRPGにおいてキャラクターの「成長」の度合いを表すための数値ExEXPXPなどと略される。pointを「点」として「経験点(けいけんてん)」とも称される。転じて、「経験の程度」の意としても一般に用いられる[1]


注釈

  1. ^ ゲームで例えると、プレイし続けた上での経験から、「後○発の攻撃で倒せる」や「後○回戦えばレベルが上がる」の、○に入る数字が「古典的な意味での経験値」ということになる。
  2. ^ 『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の説明書の原書では、経験を示す数値は「experience points」と書いてあるようなので、対応する訳語で「経験ポイント」が優先されるのは自然とも言える。[2]
  3. ^ ログイン』の同年6月号のRPG特集記事では、アメリカ製のApple II用RPG『ウィザードリィ』や『ウルティマII』などを紹介しているが、こちらは、経験については取り立てて説明されていない。[2]

出典

  1. ^ 大辞泉「経験値」
  2. ^ a b c d e f g h i j k 【徹底検証】ドラクエのせいで日本語が変わったってホント? やる夫と学ぶ「経験値」という言葉の変遷”. 電ファミニコゲーマー (2017年4月10日). 2018年10月3日閲覧。
  3. ^ 【徹底検証】ドラクエのせいで日本語が変わったってホント? やる夫と学ぶ「経験値」という言葉の変遷”. 電ファミニコゲーマー (2017年4月10日). 2018年10月3日閲覧。


「経験値」の続きの解説一覧

経験値

出典:『Wiktionary』 (2014/05/05 13:21 UTC 版)

名詞

けいけんち

  1. ロールプレイングゲーム(RPG)において、敵を倒すことなどで加算してゆく値。数値の上昇でゲームを有利に進めることができるようになる。
  2. 語義1.からの転用経験した量。場数


関連語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「経験値」の関連用語

経験値のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経験値のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経験値 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの経験値 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS