エリートとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > エリートの意味・解説 

エリート [2]フランス élite

ある社会集団の中で、すぐれた素質能力および社会的属性を生かして指導地位ついている少数の人。選ばれた者。選良階級

エリート

【英】elite

エリートとは、ワープロなどで用いられる一般的な書体で、1文字あたり12分の1インチの字幅を持つ書体のことである。あるいは、その書体の文字幅の単位のこと。

もともとタイプライター規格として用いられていた、古い規格名である。


エリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 18:21 UTC 版)

エリートフランス語: élite)は、社会の中で優秀とされ指導的な役割を持つ人間集団のこと。選良(せんりょう)とも訳される。


  1. ^ elite - thefreedirectory.com
  2. ^ a b c d e f g h 佐伯孝夫 加藤秀治郎岩渕美克(編) 『政治社会学』 一藝社 2013年 第5版 ISBN 9784863590502 pp.58-65.
  3. ^ 森嶋通夫『日本の選択――新しい国造りにむけて』岩波書店[同時代ライブラリー]、1995年。
    なお、"ジェントルマン" も参照。
  4. ^ 例えば、日本では旧帝国大学及びナンバースクール旧官立大学早慶東京六大学など、アメリカであればアイビー・リーグ参加校、イギリスであればオックスブリッジ、フランスであればフランス国立行政学院(ENA エナ)などの名門グランゼコールといった学校群。
  5. ^ エコール・フェランディ内に料理科(エコール・シュペリウール・ド・キュイズィーヌ・フランセーズ (en))、レストランマネジメント科、インテリアデザイン科などが置かれている。
  6. ^ 2017年ドイツ大学ランキング ドイツ留学ラボ 2018年1月30日
  7. ^ 名門大学に入るための名門高校、アメリカの学歴カースト制 cyzowoman 2012年10月7日
  8. ^ 『日本の母子関係:その心理的な問題』津留宏著 黎明書房 1958、p43(改題「古い母・新しい母」)
  9. ^ 『総理の乳母:安倍晋三の隠された原風景』七尾和晃著 創言社 2007、p61-p63
  10. ^ a b 参照は、『事典 日本の課題』(総合研究開発機構編、学陽書房、1978年初版)pp.607-608
  11. ^ 参照は、『都市型社会と防衛論争』 (松下圭一、公人の友社、2003年)
  12. ^ 組織上、恣意的な抑圧や圧迫感が「上」から「下」へ順次移譲されることで最終的に組織内外の一番の弱者に発揮されること。またそれによって組織全体のバランスが維持されている体系。丸山眞男が『現代政治の思想と行動』増補版(未來社、1964年)収録の「超国家主義の論理と心理」で述べている
  13. ^ 1920-30年代三井物産における職員層の蓄積とキャリアパスデザインに関する一考察 (PDF) 明治大学社会科学研究所紀要,2012年,若林幸男
  14. ^ 天野郁夫『旧制専門学校』日本経済新聞社〈叢書〉、1978年。
  15. ^ 実業之日本社『三井鉱業における学歴別初任給』実業之日本〈雑誌〉、1919年。第22巻16号




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エリート」の関連用語

1
一軍 国語辞典
58% |||||

2
優等生 国語辞典
58% |||||

3
精鋭 国語辞典
58% |||||

4
58% |||||






10
勝ち組 国語辞典
52% |||||

エリートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エリートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリエリートの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエリート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS