選民思想とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 選民思想の意味・解説 

選民思想

読み方:せんみんしそう

わが民族は神に選ばれた特別な民族であるとする宗教思想。特にユダヤ教は選民思想に根ざした教義を持つことで知られる。ユダヤ教およびイスラエル人思想特徴として選民思想が挙げられることも多い。

選民思想は、自分たちが(神の選びたもうた)優れた民族であるというエリート意識を伴うが、必ずしも他民族・他文化否定結びつくわけではなく、むしろ選民として他の民族救済し、従え、率いて行かなくてはならないという使命感結びつく

選民思想・選民意識選民とされない他民族からの同意了承を得ることは困難といえるユダヤ教信仰したユダヤ人ローマ帝国から迫害を受け、方々離散ディアスポラ)し、長い年月経てもなお堅い民族結束維持している点には、選民思想が多分に影響与えているといえる


選民

(選民思想 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/31 01:20 UTC 版)

選民(せんみん)とは、特定の集団(民族宗教の信者)が、血統などの独自性に着目して選ばれた特別な存在となる(と信じられる)こと。またはそうして選ばれたと標榜している集団である。


  1. ^ Bush hails Israel's "chosen people" as Arabs lament | Reuters, Thu May 15, 2008
  2. ^ クリスチャン神父のQ&A Vol.3 - カトリック松原教会 2012年9月16日閲覧。
  3. ^ 真理の教え『イスラーム』を知る ここでは『最初のアーヤではアッラーのみ許にあるディーン(教え)はイスラームしかないということが伝えられ、もうひとつのアーヤではアッラーはイスラーム以外誰からもディーン(教え)を受け入れられないということが伝えられています。死後幸福を得るものはムスリムだけなのです。イスラーム以外の教えで死んだものはアーヒラ(来世)において失敗者で、ナール(業火)で罰せられるのです。』とイスラーム以外のすべての宗教は地獄に落ちると主張している。また『救い(ナジャー)と幸福を望むユダヤ教徒達やキリスト教徒達が本当にムーサーやイーサー(イエス)の追従者になるためにはイスラームに入ってイスラームの使徒ムハンマド(アライヒッサラート・ワッサラーム)に追従すべきなのです。ムーサーやイーサーやムハンマドそれに他のすべての使徒達もムスリム(アッラーへの追従者)で、イスラーム(アッラーへの服従)を説いたのでした。イスラームは既に使徒達に遣わしたアッラーの教えと同じなのです。使徒達の封印であるムハンマド(サッラッラーフ・アライヒ・ワ・サッラム)が遣わされた後、いかなる預言者もこの世の終末まで現れず、従って預言者と名乗ることは違法』として、キリスト教徒やユダヤ教徒の信仰の存在価値を否定し、更にイスラーム以降の預言者たちはすべて偽預言者であると主張している




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「選民思想」の関連用語

選民思想のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



選民思想のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの選民 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS