工学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 工学 > 工学の意味・解説 

こう‐がく【工学】

読み方:こうがく

基礎科学工業生産応用するための学問機械工学土木工学電子工学などのほか、人間工学などその研究方法援用した自然科学以外の分野のものにもいう。


工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 09:54 UTC 版)

工学(こうがく、: engineering)またはエンジニアリングとは、基礎科学である数学化学物理学などを工業生産に応用する学問[1][2][3]。「真理探究」を目指す基礎科学と「実用」を目指す工学の違いは絶対的ではなく、例えば電子工学薬品生産などがあると『日本大百科全書』は述べている[4]。これらの分野では、基礎科学・基礎研究の成果が応用科学研究開発の中へと直接組み込まれている[4]


注釈

  1. ^ Fung らの Foundations of Solid Mechanics の改訂版(古典的な工学教科書)に沿った解説。詳細は#科学にて説明。

出典

  1. ^ 北原 2010, p. 2033.
  2. ^ a b c 仙石 2017, p. 435.
  3. ^ 松村 2021, p. 「工学」.
  4. ^ a b 髙山 2021, p. 「基礎科学」.
  5. ^ a b 8大学工学部を中心とした 工学における教育プログラムに関する検討」(PDFファイル) 工学における教育プログラムに関する検討委員会、1998年5月8日。
  6. ^ a b c 平凡社『世界大百科事典』第2版【工学】
  7. ^ Oxford English Dictionary
  8. ^ Origin: 1250–1300; ME engin < AF, OF < L ingenium nature, innate quality, esp. mental power, hence a clever invention, equiv. to in- + -genium, equiv. to gen- begetting; Source: Random House Unabridged Dictionary, Random House, Inc. 2006.
  9. ^ https://en.wiktionary.org/wiki/engineer
  10. ^ a b c d e f g Engineers' Council for Professional Development definition on Encyclopaedia Britannica (Includes Britannica article on Engineering)
  11. ^ Barry J. Kemp, Ancient Egypt, Routledge 2005, p. 159
  12. ^ "The Antikythera Mechanism Research Project", The Antikythera Mechanism Research Project. Retrieved 2007-07-01 Quote: "The Antikythera Mechanism is now understood to be dedicated to astronomical phenomena and operates as a complex mechanical "computer" which tracks the cycles of the Solar System."
  13. ^ Wilford, John. (July 31, 2008). Discovering How Greeks Computed in 100 B.C.. New York Times.
  14. ^ Wright, M T. (2005). “Epicyclic Gearing and the Antikythera Mechanism, part 2”. Antiquarian Horology 29 (1 (September 2005)): 54–60. 
  15. ^ Britannica on Greek civilization in the 5th century Military technology Quote: "The 7th century, by contrast, had witnessed rapid innovations, such as the introduction of the hoplite and the trireme, which still were the basic instruments of war in the 5th." and "But it was the development of artillery that opened an epoch, and this invention did not predate the 4th century. It was first heard of in the context of Sicilian warfare against Carthage in the time of Dionysius I of Syracuse."
  16. ^ a b Bjerklie, David. “The Art of Renaissance Engineering.” MIT’s Technology Review Jan./Feb.1998: 54-9. Article explores the concept of the “artist-engineer”, an individual who used his artistic talent in engineering. Quote from article: Da Vinci reached the pinnacle of “artist-engineer”-dom, Quote2: “It was Leonardo da Vinci who initiated the most ambitious expansion in the role of artist-engineer, progressing from astute observer to inventor to theoretician.” (Bjerklie 58)
  17. ^ Merriam-Webster Collegiate Dictionary, 2000, CD-ROM, version 2.5.
  18. ^ Jenkins, Rhys (1936). Links in the History of Engineering and Technology from Tudor Times. Ayer Publishing. pp. 66. ISBN 0836921674 
  19. ^ Imperial College: Studying engineering at Imperial: Engineering courses are offered in five main branches of engineering: aeronautical, chemical, civil, electrical and mechanical. There are also courses in computing science, software engineering, information systems engineering, materials science and engineering, mining engineering and petroleum engineering.
  20. ^ Van Every, Kermit E. (1986). "Aeronautical engineering". Encyclopedia Americana. 1. Grolier Incorporated. p. 226.
  21. ^ Wheeler, Lynde, Phelps (1951). Josiah Willard Gibbs — the History of a Great Mind. Ox Bow Press. ISBN 1-881987-11-6 
  22. ^ Arbe, Katrina (2001年5月7日). “PDM: Not Just for the Big Boys Anymore”. ThomasNet. 2010年9月8日閲覧。
  23. ^ Arbe, Katrina (2003年5月22日). “The Latest Chapter in CAD Software Evaluation”. ThomasNet. 2010年9月8日閲覧。
  24. ^ 人間開発とは 国連開発計画 (UNDP) 東京事務所
  25. ^ Engineering Civilisation from the Shadows Archived 2006年10月6日, at the Wayback Machine.
  26. ^ Classical and Computational Solid Mechanics, YC Fung and P. Tong. World Scientific. (2001) 
  27. ^ Vincenti, Walter G. (1993). What Engineers Know and How They Know It: Analytical Studies from Aeronautical History. Johns Hopkins University Press 
  28. ^ Ethical Assessment of Implantable Brain Chips. Ellen M. McGee and G. Q. Maguire, Jr. from Boston University
  29. ^ IEEE technical paper: Foreign parts (electronic body implants).by Evans-Pughe, C. quote from summary: Feeling threatened by cyborgs?
  30. ^ Institute of Medicine and Engineering: Mission statement The mission of the Institute for Medicine and Engineering (IME) is to stimulate fundamental research at the interface between biomedicine and engineering/physical/computational sciences leading to innovative applications in biomedical research and clinical practice. Archived 2007年3月17日, at the Wayback Machine.
  31. ^ IEEE Engineering in Medicine and Biology: Both general and technical articles on current technologies and methods used in biomedical and clinical engineering...
  32. ^ a b Royal Academy of Engineering and Academy of Medical Sciences: Systems Biology: a vision for engineering and medicine in pdf: quote1: Systems Biology is an emerging methodology that has yet to be defined quote2: It applies the concepts of systems engineering to the study of complex biological systems through iteration between computational and/or mathematical modelling and experimentation. Archived 2007年4月10日, at the Wayback Machine.
  33. ^ Science Museum of Minnesota: Online Lesson 5a; The heart as a pump
  34. ^ Minnesota State University emuseum: Bones act as levers Archived 2008年12月20日, at the Wayback Machine.
  35. ^ UC Berkeley News: UC researchers create model of brain's electrical storm during a seizure
  36. ^ a b Lehigh University project: We wanted to use this project to demonstrate the relationship between art and architecture and engineering
  37. ^ a b National Science Foundation:The Art of Engineering: Professor uses the fine arts to broaden students' engineering perspectives
  38. ^ MIT World:The Art of Engineering: Inventor James Dyson on the Art of Engineering: quote: A member of the British Design Council, James Dyson has been designing products since graduating from the Royal College of Art in 1970. Archived 2006年7月5日, at the Wayback Machine.
  39. ^ University of Texas at Dallas: The Institute for Interactive Arts and Engineering
  40. ^ Aerospace Design: The Art of Engineering from NASA’s Aeronautical Research
  41. ^ Princeton U: Robert Maillart's Bridges: The Art of Engineering: quote: no doubt that Maillart was fully conscious of the aesthetic implications...
  42. ^ quote:..the tools of artists and the perspective of engineers.. Archived 2007年9月27日, at the Wayback Machine.



工学(School of Engineering)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 09:34 UTC 版)

リバティ大学」の記事における「工学(School of Engineering)」の解説

計算機工学電子工学産業工学機械工学4部門で構成される2017年には、ベッドフォード先端工学研究センター設立

※この「工学(School of Engineering)」の解説は、「リバティ大学」の解説の一部です。
「工学(School of Engineering)」を含む「リバティ大学」の記事については、「リバティ大学」の概要を参照ください。


工学(School of Engineering)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 02:59 UTC 版)

セントルイス・ワシントン大学」の記事における「工学(School of Engineering)」の解説

工学部全米43位にランクされており、特に生物医学工学では10位にランクされている。工学部には以下の学科含まれる生物医学工学 コンピューター・サイエンス 電気・システム工学 エネルギー・環境化学工学 機械工学 材料科学

※この「工学(School of Engineering)」の解説は、「セントルイス・ワシントン大学」の解説の一部です。
「工学(School of Engineering)」を含む「セントルイス・ワシントン大学」の記事については、「セントルイス・ワシントン大学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「工学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

工学

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 09:13 UTC 版)

名詞

こうがく

  1. 数学自然科学基礎とし、ときには人文社会科学知見用いて公共安全健康福祉のために有用事物快適環境構築することを目的とする学問[1]

翻訳


「工学」の例文・使い方・用例・文例




工学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「工学」の関連用語

工学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



工学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの工学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのリバティ大学 (改訂履歴)、セントルイス・ワシントン大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの工学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS