車輪とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 車輪 > 車輪の意味・解説 

しゃ‐りん【車輪】

車の輪また、車。

俳優舞台一生懸命に務めること。転じて、休むことなく一生懸命に物事をすること。大車輪

「—になって、万事万端世話焼いた」〈芥川枯野抄

器械体操鉄棒平行棒などの技で大車輪のこと。


車輪

鉄道車両の車輪は車両重量を受けながら車軸中心に回転し、レール上を走ります。一般的に車輪は1万km走ると平均0.1mm程度摩耗するといわれます。

車輪は走るために使われるだけでなく、ブレーキをかけたときにモーター回転低下させるか、制輪子brake shoe)を押し付けることによって車輪の回転抑え車両停止させるためにも用いられます。

なお、輪重(wheel load)は、軌道に及ぼす車輪ごとの垂直方向の分担荷重のことをいい、動輪driving wheel)は、モーターエンジンからの動力を受けて車両を動かす車輪を指します


車輪

作者阿刀田高

収載図書黒い自画像
出版社角川書店
刊行年月2003.5

収載図書黒い自画像
出版社角川書店
刊行年月2006.8
シリーズ名角川文庫


車輪

作者中村行明

収載図書たましい童話集世代越え楽しめるインドチベット仏教創作童話集
出版社探究
刊行年月2004.3


車輪

作者ジョン・マクガハン

収載図書男の事情 女の事情
出版社国書刊行会
刊行年月2004.6


車輪

作者立松和平

収載図書晩年
出版社人文書院
刊行年月2007.6


車輪

タイヤチューブリムスポークハブ構成され、人が発生させた動力路面伝え役割をする。
これが無いと自転車は走れない。

車輪

読み方:しゃりん

  1. 劇場通語一生懸命芸に身を入れ演ずること。
  2. 俳優などが熱心に技芸につとめることをいふ。大いにつとめることを大車輪といふ。〔役者語〕
  3. 俳優などが熱心に技芸につとめることをいう。大いにつとめることを大車輪という。〔芸能俳優)〕

分類 俳優役者語、東京劇場


車輪

読み方:しゃりん

  1. 目下試験、車輪」大車輪の略、大忙しのこと。

分類 学生


車輪

読み方:しゃりん

  1. 一生懸命になる、凝る、熱をあげる等の意に用う。車輪が廻るの意。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

車輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 08:38 UTC 版)

車輪しゃりんとは、にとりつけた円形(の外周)の部品のこと。


  1. ^ ホイールの誕生、 そして進化と発展の歩み
  2. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p134-135 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  3. ^ Waza z Bronocic (in Polish)
  4. ^ Dyer, Gwynne, War: the new edition, p. 159: Vintage Canada Edition, Randomhouse of Canada, Toronto, ON
  5. ^ Ekholm, Gordon F (1945). “Wheeled Toys in Mexico”. American Antiquity 11. 
  6. ^ 「マヤ文明を知る事典」p46 青山和夫 東京堂出版 2015年11月10日初版発行
  7. ^ CRAFTS; Uncovering Treasures of Ancient Nubia; New York Times
  8. ^ Ancient Sudan: (aka Kush & Nubia) City of Meroe (4th B.C. to 325 A.D.)
  9. ^ What the Nubians Ate
  10. ^ The Cambridge History of Africa
  11. ^ 「都市の起源 古代の先進地域西アジアを掘る」p158 小泉龍人 講談社 2016年3月10日第1刷発行
  12. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p137 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  13. ^ How The Wheel Developed
  14. ^ 「物流ビジネスと輸送技術【改訂版】」(交通論おもしろゼミナール6)p25-26 澤喜司郎 成山堂書店 平成29年2月28日改訂初版発行
  15. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p135 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  16. ^ bookrags.com - Wheel and axle
  17. ^ a b c d e 意匠分類定義カード(G2) 特許庁
  18. ^ ウィズチューブホイール - トピー工業(更新日不明)2018年1月26日閲覧
  19. ^ 取扱商品 - 中丸ゴム工業(更新日不明)2018年1月26日閲覧



車輪

出典:『Wiktionary』 (2021/07/11 05:42 UTC 版)

名詞

しゃりん

  1. 構成する部分で、状になっていて転がるもの。車の輪

発音(?)

類義語

参照

翻訳


「車輪」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



車輪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「車輪」の関連用語

車輪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



車輪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2022 (社)日本民営鉄道協会
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Be.BIKEBe.BIKE
Copyright(C) 2001- 2022 CAR MATE MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.
Be.BIKE自転車用語集
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの車輪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの車輪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS