シリンダーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > シリンダー > シリンダーの意味・解説 

シリンダー【cylinder】

円筒

内燃機関蒸気機関水力機関などの主要部分で、流体密閉した円筒形容器。中をピストン往復運動する。気筒

印刷機などの、回転する円筒形部分

コンピューターなどのハードディスクデータ記録する際の管理区分、または記録単位のこと。


シリンダー

英語 cylinder

内面ピストン摺動しながら往復運動を行う円筒状の部分内面平滑に(0.6μ程度)研摩加工きれており、燃焼によるシリンダー壁の熱をウオータージャケット冷却水放散する働きもする。シリンダーには、ブロック一体に鋳造されているものと、別体シリンダーライナー使用しているものとがある。また、膨張行程では高温燃焼ガスさらされるため、外周大部分冷却されるようになっている

シリンダー

参照 シリンダーライナー
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

シリンダー

エンジン一部を表す言葉。中で混合気爆発したり、ピストン高速往復したりと、何かとエンジン内で大活躍している部分円筒状になっていて、上部混合気出入り口があり、中にはピストンがはまりこんでいる。 入口から爆発の素(混合気)が入ってくると、ピストンプラグ側に移動して混合気圧縮し、プラグ電極部が放電点火して爆発起こす。その勢いでピストンが下がり、バイクを動かす力が発生する。 また、このシリンダーの数がそのまま気筒数」になる。シリンダーが4つあれば4気筒。それが一本クランクシャフト上で一列ならんでいれば、直列4気筒スペック表おなじみ排気量もこのシリンダーの容積から計算する。
関連用語】混合気 スペック表 排気量

シリンダー cylinder

ピストン往復運動を行う円筒形部分をいい、圧縮機ポンプ機関などに用いられ、ピストンから流体エネルギー供給行い、またはピストン動力伝達などが行われる場所となる。

シリンダー

円筒または円柱

シリンダー


シリンダー

読み方しりんだー

タンクの別名。日本ではボンベという単語普及しているが、英語圏ではこちらがポピュラー

シリンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 21:03 UTC 版)

シリンダー (Cylinder) とは、英語で「円筒」を意味する単語である。




  1. ^ “ボンベ”の語はドイツ語に由来するが、ドイツ語の“ボンベ(Bombe)”とは「爆弾」の意味で、「気体や液体を貯蔵・運搬することに用いる耐圧容器」の意味はない。なぜ日本においてこれらの耐圧容器を「ボンベ」と呼ぶのかについては諸説あり、はっきりとはしていない。


「シリンダー」の続きの解説一覧

シリンダー

出典:『Wiktionary』 (2020/04/13 12:28 UTC 版)

名詞

シリンダー

  1. 円筒状の装置たぐい

発音

し↗りんだーし↗り↘んだー

語源

英語のcylinderより。

関連語

翻訳




シリンダーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シリンダー」の関連用語

シリンダーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シリンダーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2021 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2021.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2021 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ダイブネットダイブネット
COPYRIGHT©2021 DIVENET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシリンダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのシリンダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS