蓮とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 水草 > の意味・解説 

はす [0] 【蓮

スイレン科多年生水草古く中国から渡来し、池や水田広く栽培される。根茎泥中をはい、秋に末端肥厚する。円形長い葉柄につき、径約50センチメートル。夏、水上につき出た花茎の頂に径約20センチメートル紅色ないし白色の花をつける。花後、花托肥大してはち)の巣に似た形となり、上面の穴に一個ずつ種子を入れる。根(蓮根れんこん))種子食用ハチス[季] 夏。 → 蓮の実

はち す [0] 【蓮

〔花後の花托蜂の巣に似ることから〕 ハスの別名。 [季] 夏。
浄土教極楽浄土往生した者は、蓮の花中に生まれると説くことから〕 特に、極楽浄土の蓮。また、極楽浄土往生象徴的表現。 「一たびも南無阿弥陀仏といふ人の-の上にのぼらぬはなし/拾遺 哀傷
ムクゲの別名。

【れん】[漢字]

【恋(戀)】 [音] レン
【連】 [音] レン
続いている。続けざま。 「連休連呼連載連日連勝連打連投連破連覇連敗連発連夜
手をつなぐ協力する。 「連携連衡連合連帯連邦連盟連立
つれる。従える。 「連行
なかま。つれ。 「連中常連悪童連」
連盟」「連合」などの略。 「国連全学連日本経団連」 〔「聯」の書き換え字としても用いられる〕
【廉】 [音] レン
かど。すみ。 「廉隅
いさぎよい高潔である。 「廉潔廉恥廉直清廉潔白
ねだんがやすい。 「廉価廉売低廉
【 煉 】 [音] レン
金属を熱でとかしてねる。きたえる。「錬」に同じ。 「洗煉
ねりかためる。 「煉瓦れんが)・煉丹煉炭煉乳煉薬
【 蓮 】 [音] レン
はす。はちす。 「蓮華れんげ)・蓮根蓮台睡蓮
【練( 練 )】 [音] レン
ねる。ねりぎぬ。 「素練
習熟させる。きたえみがく。 「練習練武練兵練磨教練訓練水練洗練
ねれる。なれる。習熟する。 「練達熟練老練
ねりかためる。こねる。「煉」に同じ。 「練炭練乳
【 憐 】 [音] レン
いじらしい。 「愛憐可憐
【錬( 鍊 )】 [音] レン
金属をきたえる。 「精錬鍛錬錬金術
ねりかためる。「煉」に同じ。
上達をはかる。精神や技をみがく。 「錬成錬磨修錬百錬
【 斂 】 [音] レン
おさめる。あつめとる。ひきしめる。 「苛斂かれん)・収斂
死者なきがらにおさめる。 「葬斂殯斂ひんれん)」
【 聯 】 [音] レン
つらなるつらねる。つづく。 「聯関聯句聯合聯隊聯立」 〔「連」とも書き換えられる〕
律詩の対をなす二句。 「頷聯がんれん)・起聯頸聯けいれん)・尾聯
【 攣 】 [音] レン
ひっぱる。つる。ひきつる。 「攣縮痙攣けいれん)・拘攣


作者梅原猛

収載図書中世小説
出版社新潮社
刊行年月1993.5

収載図書中世小説
出版社新潮社
刊行年月1997.2
シリーズ名新潮文庫

収載図書梅原猛著作集―中世小説集・もののかたり・ギルガメシュ 20 小説
出版社小学館
刊行年月2002.8


作者安西水丸

収載図書サボテンの花
出版社実業之日本社
刊行年月2002.6


作者柴田元幸

収載図書短篇集 バレンタイン
出版社新書館
刊行年月2006.6


ハス

ハス
科名 スイレン科
別名: ハチス
生薬名: レンニク連肉)・レンコン連根
漢字表記
原産 東南アジア中国原産
用途 多年生水生植物で、夏に白から淡紅色の花が咲きます。泥の中に伸ばした太い根茎レンコン蓮根」で、滋養強壮に用いるほか、野菜として食用します。
学名: Nelumbo nucifera Gaertn.
   

はす (蓮)

Nelumbo nucifera

Nelumbo nucifera

Nelumbo nucifera cv. 玉繍蓮

Nelumbo nucifera

Nelumbo nucifera

Nelumbo nucifera

Nelumbo nucifera

Nelumbo nucifera

Nelumbo nucifera

Nelumbo nucifera

Nelumbo nucifera

Nelumbo nucifera

わが国各地をはじめ、西アジアから中国オーストラリア北部などに広く分布しています。池や沼に生育して、泥中根茎から伸ばします。7月から8月ごろ、薄紅色または白色の花を咲かせます。多く園芸品種があり、根は蓮根れんこん)として食用にされます。ヒンドゥー経典には、「始め宇宙だけだった。その水の中からハスが浮かび上がり、神が世界を生み出そうとした時、その金色光輝く千の花弁のハスを花開かせた。」とあり、原初からの最初創造物とされています。写真中2は、園芸品種の「玉繍蓮(ぎょくしゅうれん)」。
ハス科ハス属水生多年草で、学名Nelumbo nucifera。英名は Sacred water lotus
ハスのほかの用語一覧
ハス:  大賀蓮  茶碗蓮  蓮  蓮・漢蓮

読み方:エモギ(emogi)

ヨモギ別称
キク科多年草園芸植物薬用植物

学名 Artemisia princeps



読み方:ハチス(hachisu)

ムクゲ別称


読み方:はす

  1. 山芋を云ふ。

分類 女房詞

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ハス(hasu)

スイレン科多年草

季節

分類 植物


読み方:ハチス(hachisu)

所在 長野県飯山市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方:ハチス(hachisu)

所在 長野県(JR飯山線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
はす
はちす
れん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/22 15:06 UTC 版)

(はす、はちす、れん)




「蓮」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2011/07/25 12:54 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



蓮と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蓮」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

蓮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蓮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蓮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS