経典とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 経典の意味・解説 

きょう‐てん〔キヤウ‐〕【経典】

読み方:きょうてん

古くは「きょうでん」とも》

仏の教え記した文章書物経文

ある宗教で、信徒守るべき教え記した神聖な書。キリスト教聖書イスラム教コーランなど。

「経典」に似た言葉

けい‐てん【経典】

読み方:けいてん

聖人賢人教え記した書。「論語」「易経」など。経書

きょうてん(経典)


経典 (きょうてん)

信仰上で教え規範書いた文献のことです。


経典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/28 19:12 UTC 版)

経典(きょうてん、きょうでん、けいてん)




「経典」の続きの解説一覧

経典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 04:59 UTC 版)

神道天行居」の記事における「経典」の解説

神道天行居で経典として扱われるものは、『古事記』『日本書紀』、『古語拾遺』などの神典神道において、神代のこと記した書物のこと)や、宮地水位著した異境備忘録』、そして1946年昭和21年)に神道天行居本部定めた『山規七規』、友清歓真ともきよ よしさね)が1927年昭和2年)に日常の生活心得27ヵ条を記した信條』である。その他の友清歓真著書は、神道天行居機関誌古道』に随筆風に著作した記事集めたものが多く全体に統一性があるのは『霊学筌蹄』(れいがくせんてい)、『天行』、『古神道祕説』などの初期のものしかないため経典として扱いにくいその中で1929年昭和4年)の石城山道場開設時の友清歓真による神道天行居根本教義に関する講演収められた『神道古義』が重視されている。また、友清歓真晩年自らの信念密かに記した『信白文』が公開されたことにともない近年では同書重視されている。

※この「経典」の解説は、「神道天行居」の解説の一部です。
「経典」を含む「神道天行居」の記事については、「神道天行居」の概要を参照ください。


経典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 05:25 UTC 版)

創価学会」の記事における「経典」の解説

法華経』 『新編日蓮大聖御書全集』(創価学会版、1952年 - 2021年) 『日蓮大聖御書全集 新版』(創価学会版、2021年 - ) 法華経最高の経典とした天台智顗五時八教説と、日蓮説いた寿量文底下仏法三大秘法基礎としている。

※この「経典」の解説は、「創価学会」の解説の一部です。
「経典」を含む「創価学会」の記事については、「創価学会」の概要を参照ください。


経典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 14:34 UTC 版)

歓喜天」の記事における「経典」の解説

歓喜天(毘那夜迦)を説く経典には、以下のものがある。 『使咒法経』(唐・菩提流支訳、大正蔵1267) 『大使咒法経』(唐・菩提流支訳、大正蔵1268) 『仏説金色誐那鉢底陀羅尼経』(唐・金剛智訳、大正蔵1269) 『大聖歓喜双身大自在天毘那夜迦王帰依念誦供養法』(唐・善無畏訳、大正蔵1270) 『大聖歓喜双身毘那夜迦法』(唐・不空訳、大正蔵1266) 『摩訶毘盧遮那如来定恵均等三昧耶身双身大聖歓喜天菩薩修行秘密儀軌』(唐・不空訳、大正蔵1271) 『毘那夜迦誐那鉢底瑜伽悉地秘要』(唐・含光記、大正蔵1273) 『大聖歓喜双身毘那夜迦天形像儀軌』(唐・憬瑟撰、大正蔵1274) 『聖歓喜天式法』(唐・般若惹羯羅撰、大正蔵1275) 『金剛薩埵説頻那夜迦天成儀軌経』(宋・法賢訳、大正蔵1272) 『権現金色迦那婆底九目天法』(菩提留支訳、卍続蔵経185

※この「経典」の解説は、「歓喜天」の解説の一部です。
「経典」を含む「歓喜天」の記事については、「歓喜天」の概要を参照ください。


経典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/18 14:51 UTC 版)

普礼真言」の記事における「経典」の解説

普礼真言説かれる経典は、以下の通り仏頂尊陀羅尼儀軌

※この「経典」の解説は、「普礼真言」の解説の一部です。
「経典」を含む「普礼真言」の記事については、「普礼真言」の概要を参照ください。


経典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 03:56 UTC 版)

道教」の記事における「経典」の解説

道教の経典を集めた道蔵』は、三洞四輔十二類の分類分けられている。三洞とは、洞真経洞玄経洞神経三つで、それぞれ本文神符・玉訣・霊図・譜録・戒律威儀方法・衆術・記伝・讃頌・表奏の十二類に分かれている。三洞は上清経霊宝経三皇経(三皇文)とも呼ばれ4世紀から5世紀茅山派を中心に制作された。四輔これより遅れて5世紀から6世紀作られ太平道天師道道家神仙家などの書物補って成立した。ただ、三洞四輔厳格に分類通りに分けられているわけではなく、また『墨子』や『韓非子』など道教以外の書物一部含まれている。 洞真経(上清経) 三洞最上位の上清経伝えた一派開祖は、任城国任城県の女性魏華存である。彼女は2人の息子戦乱避けて江南移住し、そこで天師道祭酒指導者になったという。その後仙道極めて仙女となり、紫虚元君南岳夫人名乗った東晋役人の許謐は霊媒助けを借りて紫虚元君らを仙界から降臨させ、教示書き残した。これが時代得て清経になったという。精神研ぎ澄ます瞑想法存思法などの修練を通して汚れた人間界脱し神仙界へ至ることを説く洞玄経霊宝経霊宝経の起源は禹の時代遡るとされ、邪鬼排し昇仙を成すという神人から賜った霊宝五符」とその呪術にあるとされる。これは江南氏道と呼ばれる一族伝え、経典として整備された。その内容仏教、特に大乗仏教影響を受け、輪廻転生元始天尊衆生救済するという思想を持つ。また儀礼詳しく定めている点も特徴である。 洞神経三皇経) 三皇経という名は天皇地皇人皇から来ているという。出自には2つの説があり、西城山の石室の壁に刻まれ文言を帛和という人物学び取ったとも、嵩山靚という人物石室から発見したとも言う。既にほとんどが散逸し現在には全く伝わらないが、悪鬼魍魎退散法や鬼神使役法などが書かれていたという。 四輔四輔」は太玄太平太清正一四部からなる太玄太平太清は、洞真・洞玄・洞神の教義補足するもので、正一は三洞・三輔内容全て含む。太玄部は『老子道徳経』およびこれに関係する経典類、太平部は『太平経』の残存しているもの、太清部は金丹関係した文献正一部は五斗米道天師道関係の経典である。

※この「経典」の解説は、「道教」の解説の一部です。
「経典」を含む「道教」の記事については、「道教」の概要を参照ください。


経典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/14 08:24 UTC 版)

甑山道」の記事における「経典」の解説

甑山道の経典は『道典』と呼ばれる。『道典』は「甑山」と「高首婦」の降誕その生涯、そして行跡聖徒たちに話され言葉収録した甑山道真理根幹である。安耕田宗正甑山道道門の最高指導者である安雲宗道師の下で三十年上もの期間をかけて「甑山」の行跡踏査し、「甑山」と「高首婦」に従っていた聖徒たち及びその子孫たちの証言採録された。そして、徹底した考証経て初期に残された記録間違い正した1992 年に『道典』初版刊行され2003 年には改訂版刊行された。現在、世界の主要7か国語に翻訳されている。

※この「経典」の解説は、「甑山道」の解説の一部です。
「経典」を含む「甑山道」の記事については、「甑山道」の概要を参照ください。


経典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 08:04 UTC 版)

旃陀羅」の記事における「経典」の解説

経典『観無量寿経』の一節登場する

※この「経典」の解説は、「旃陀羅」の解説の一部です。
「経典」を含む「旃陀羅」の記事については、「旃陀羅」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「経典」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

経典

出典:『Wiktionary』 (2018/10/05 01:55 UTC 版)

名詞

きょうてん きょうでん けいてん

  1. きょうてん きょうでん仏教における経文
  2. きょうてん宗教における信仰上の戒め教え記した書物教典
  3. けいてん主として儒教において、聖人賢人教え記した書物経書けいしょ

「経典」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



経典と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「経典」の関連用語

経典のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経典のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経典 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの神道天行居 (改訂履歴)、創価学会 (改訂履歴)、歓喜天 (改訂履歴)、普礼真言 (改訂履歴)、道教 (改訂履歴)、甑山道 (改訂履歴)、旃陀羅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの経典 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS