供養とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 供養 > 供養の意味・解説 

きょう‐よう〔‐ヤウ〕【供養】

読み方:きょうよう

⇒くよう(供養)


く‐よう〔‐ヤウ〕【供養】

読み方:くよう

[名](スル)《(梵)pūjanāの訳。「きょうよう」とも》

死者冥福祈って法会を営むこと。また、開眼供養鐘供養経供養など寺院仏教行事をもいう。供養会(くようえ)。「先祖の—をする」

仏・法・僧三宝死者に、供物供えること。また、その法会(ほうえ)。


供養

読み方:クヨウ(kuyou)

死者の霊に供え物などをして、その冥福を祈ること


供養

読み方:クヨウ(kuyou)

物品をもって他の者に援助すること。


供養 【くよう】

供給資養」からきた言葉仏・宝・僧の三宝供え物をし、資養することから死者(の霊)に供え物をし、死者を養うという意味になった供花香典供物全て供養のためであり葬儀法事を行うことも、会葬者品物配って徳を積むのも供養として行われる仏教構造では仏に供養しこれを死者振り向けるという回向(えこう)の形になる

供養

作者勝目梓

収載図書耽溺
出版社講談社
刊行年月1995.8

収載図書耽溺
出版社講談社
刊行年月1998.8
シリーズ名講談社文庫


供養

作者西口秀行

収載図書手乗りインコ
出版社新風舎
刊行年月2006.7
シリーズ名Shinpu books


供養

読み方:クヨウ(kuyou)

作者 萩原朔太郎

初出 大正3年

ジャンル


供養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 16:53 UTC 版)

供養(くよう)は、サンスクリット語のプージャーまたはpūjanā(プージャナー)の訳で、菩薩諸天などに燈明、飲食などの供物を真心から捧げること。


  1. ^ a b 『実践 チベット入門』,pp.45,46.
  2. ^ 『実践 チベット入門』,p.45.
  3. ^ 「仏像身近に感じた」奈良博で秋季供養産経新聞ニュース(2018年9月27日)2018年11月9日閲覧。
  4. ^ 「永代供養墓 山陰両県でも高いニーズ」山陰中央新報(2018年8月16日)2018年11月9日閲覧。
  5. ^ 白菊の記憶 飛騨川バス転落事故から50年「法要続ける」遺族らの決意 記憶を風化させない岐阜新聞』朝刊2018年8月18日(2018年11月9日閲覧)。
  6. ^ 「警察犬の慰霊碑、建立から50年 警視庁が慰霊祭」日本経済新聞ニュースサイト(2018年3月21日掲載)の共同通信配信記事、2018年11月9日閲覧。
  7. ^ トリビアの泉〜へぇの本〜第II巻 p71-p72「金鳥は毎年、虫のためにお祓いを受けている」、講談社2003年ISBN 4-06-352703-4
  8. ^ 仏神案内≫馬頭観音「動物愛護守護の馬頭観世音菩薩」本光寺ホームページ(2018年11月9日閲覧)。
  9. ^ 「手紙・写真・名刺…感謝して処分/お焚き上げや供養 広がるサービス」『読売新聞』朝刊2018年7月27日(くらし・家庭面)。
  10. ^ 【くらし物語】人形・ロボット・携帯までお焚き上げ*消費社会に罪悪感 もの供養で償い『日本経済新聞』朝刊2018年7月7日・日経プラス1(別刷り11面)。
  11. ^ SNS炎上、供養します 住職も批判経験「仏教の大義」 - 朝日新聞
  12. ^ 浄焚式 - 浄土宗
  13. ^ 茶せん供養 3月19日 大用寺


「供養」の続きの解説一覧

供養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/18 04:54 UTC 版)

写経」の記事における「供養」の解説

亡くなった家族知人の供養のために、生前書き残した手紙などを漉返紙紙背文書として用いて写経する例がある。 前者例として日本三代実録』に清和天皇没後に后の1人である藤原多美子生前の手紙を漉き返し法華経写経した記録されている。 後者例として妙蓮寺所蔵伏見天皇宸翰法華経が父・後深草天皇宸筆書状紙背として用いていることで知られている

※この「供養」の解説は、「写経」の解説の一部です。
「供養」を含む「写経」の記事については、「写経」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「供養」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

供養

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 01:58 UTC 版)

名詞

(きょうよう, くよう)

  1. 死者冥福祈ること。

関連語


「供養」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



供養と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

供養のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



供養のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2022 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの供養 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの写経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの供養 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS