阿修羅とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 阿修羅の意味・解説 

あすら【阿修羅】

あしゅら(阿修羅)


あしゅら【阿修羅】

《(梵)asura音写非天などと訳す》

インド神話で、不思議な力を備えていた神々の称。のちに、悪神とされて、常にインドラ神と争う悪魔鬼神とされた。仏教では、仏法守護する天竜八部衆の一。修羅

「阿修羅王」の略。

「阿修羅道」の略。


阿修羅


阿修羅


阿修羅

作者萩原

収載図書阿修羅
出版社日本文学館
刊行年月2003.7


阿修羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/23 14:57 UTC 版)

阿修羅(あしゅら、あすら、, : asura)は、八部衆または二十八部衆(中国では二十八天)に属する、仏教守護神[1][2]。略して修羅(しゅら)ともいう[3][2]六道の一つであり、戦闘をこととする鬼類[2]五道には含まれないが、趣(gati)の一つとするときは「阿修羅道」である。




注釈

  1. ^ 興福寺宝物殿の解説では、「阿修羅」はインドヒンドゥーの『太陽神』もしくは『火の神』と表記している。
  2. ^ 龍樹著『大智度論』に登場する。
  3. ^ たとえば埼玉県東松山市の世明寿寺の二十八部衆の1人として安置されている阿修羅像は三面四臂像である。なお板金剛も履かず、一切装飾品をつけないという珍しい阿修羅像である[14]
  4. ^ 観龍寺の阿修羅像は三面二臂(三つの顔に二つの腕)像である[15]

出典

  1. ^ a b 関根俊一 『仏尊の事典』 学研[要追加記述]
  2. ^ a b c d e f g h i j 総合仏教大辞典編集委員会(編)『総合仏教大辞典』上巻、法蔵館、1988年1月、13頁。
  3. ^ a b c d e f g h 錦織亮介 『天部の仏像事典』 東京美術[要追加記述]
  4. ^ a b 六道(ろくどう)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月26日閲覧。
  5. ^ 阿修羅道(あしゅらどう)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月26日閲覧。
  6. ^ 松村一男 『世界の神々の事典』学研[要追加記述]
  7. ^ 趣(しゅ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月13日閲覧。
  8. ^ 四悪趣(しあくしゅ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月26日閲覧。
  9. ^ 冨田真浩「『法華経』におけるアスラ」『印度學佛教學研究』 61(1)、2012年、pp.365-362。
  10. ^ 坂本幸男訳注・岩本裕訳注「法華経 上」岩波文庫 岩波書店 1978年、p9及びpp.16-17より。(原文はp16記載)
  11. ^ a b 興福寺監修 『阿修羅を究める』 小学館、2001年、p.122。
  12. ^ 総合仏教大辞典編集委員会(編)『総合仏教大辞典』法蔵館、2005年2月、13頁。
  13. ^ 宇土市デジタルミュージアムより。[2016年11月4日参照]
  14. ^ 鯨岡真一「埼玉・世明寿寺の阿修羅像に関する考察」『埼玉史談』62(3)2016-01、pp.1-6。
  15. ^ 木造観音二十八部衆 (PDF)  千曲市、「16 阿修羅王」より。[2016年12月8日閲覧]
  16. ^ 内田和浩文、宮地工写真 「坂東三十三カ所めぐり」 JTBパブリッシング、2016年、p.59写真右端より。
  17. ^ 興福寺監修「阿修羅を究める」小学館、2001年、pp.101-102より。p.102の写真も参照の事。同書では共に阿修羅像とする説もあり、またどちらも阿修羅像としないという説もあるとp.102で記述している。
  18. ^ 興福寺監修「阿修羅を究める」小学館、2001年、p.103より
  19. ^ 中国・韓国・日本における八部衆像の研究より[2017年5月29日閲覧]


「阿修羅」の続きの解説一覧

阿修羅

出典:『Wiktionary』 (2017/02/05 03:12 UTC 版)

名詞

   (あしゅら、あすら)

  1. アスラインド神話において不思議な力を持っていて、後に戦闘好んでインドラと戦う悪神鬼神とされた神々
  2. 仏教において仏法守護する八部衆または二十八部衆の神。修羅
  3. 阿修羅王の略称。
  4. 阿修羅道の略称。

語源

派生語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「阿修羅」の関連用語

阿修羅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



阿修羅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿修羅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの阿修羅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS