阿修羅とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 阿修羅の意味・解説 

あしゅら 阿修羅 ○

Asura音写非天と訳す。あすらとも
インド神話悪神インドラ神(仏教では帝釈天)と戦うとされる釈迦によって教化されたとみなす場合は、八部衆一つとして仏教守護神また、六道一つで、常に戦い合う世界存在ともされる。興福寺三面六手の像が有名。修羅
阿修羅王に同じ。

あすら 阿修羅 ○

あしゅら阿修羅

阿修羅


阿修羅


阿修羅

作者萩原

収載図書阿修羅
出版社日本文学館
刊行年月2003.7


阿修羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/26 05:14 UTC 版)

阿修羅(あしゅら、あすら、असुरasura)は、八部衆または二十八部衆(中国では二十八天)に属する、仏教守護神[1][2]。略して修羅(しゅら)ともいう[3][2]六道の一つとするときは「修羅界」である。[2]






「阿修羅」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「阿修羅」の関連用語

阿修羅のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



阿修羅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿修羅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS