経とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 方向 > の意味・解説 

ふ【経】

[動ハ下二「へ(経)る」の文語形


きょう〔キヤウ〕【経】

《(梵)sūtraの訳。音写修多羅》仏や聖者言行教え文章にまとめたもの。

十二分経の一。散文形式示したもの。契経(かいきょう)。

三蔵の一の、経蔵

広く仏教に関する典籍一般一切経

仏教以外の宗教学芸根本となる書物聖典。「五経


きょう【兄/経/×卿/敬/慶/警】

〈兄〉⇒けい

〈経〉⇒けい

〈卿〉⇒けい

〈敬〉⇒けい

〈慶〉⇒けい

〈警〉⇒けい


たて【縦/経/×竪】

上下方向また、その長さ。「首を—に振る」「—書き」⇔横。

前後方向また、その長さ。「—に一列に並ぶ」⇔横。

立体平面のいちばん長い方向。「布を—に裂く」⇔横。

南北方向。「大陸を—に貫く大河」⇔横。

身分階級年齢などによる、人間の上下の関係。「—社会」⇔横。

織物縦糸。⇔横。


きん【経/軽】

〈経〉⇒けい

〈軽〉⇒けい


たて‐いと【縦糸/経/経糸】

織物縦方向に通っている糸。⇔横糸


けい【経〔經〕】

[音]ケイ(漢) キョウキャウ)(呉) キン(唐) [訓]へる たていと たて つね たつ

学習漢字5年

[一]ケイ

織物縦糸また、縦・南北方向。「経緯経線経度東経

中国医学で、気血通路。「経絡

通り過ぎる。へる。「経過経由経歴

おさめる。営む。「経営経国経済

首をくくる。「経死

いつも変わらぬこと。つね。「経常

儒教で、不変道理を説いた書。「経書経典六経(りくけい)」

月経。「閉経

[二]キョウ

儒教経典。「五経詩経書経

仏教教えを説いた書。「経文写経読経(どきょう)」

名のり]おさむ・のぶ・のり・ふる

難読経緯(いきさつ)・看経(かんきん)


読み方:へ

【文語】ハ行下二段活用動詞「経」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

Jing

ケイ

【県侯】劉理

長吏

県人


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/31 03:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動




出典:『Wiktionary』 (2018/10/04 14:14 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



経と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「経」に関係したコラム

  • 株式投資のスクリーニングとは

    株式投資のスクリーニングとは、テクニカル指標や財務関連指標などを中心とした条件に合致した銘柄を抽出するシステムのことです。スクリーニングでは、テクニカル指標や財務関連指標の他に、投資金額や売買単位、業...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「経」の関連用語

経のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2021 mujin. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS