黄帝内経とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 黄帝内経の意味・解説 

こう ていないきょう くわう -きやう 【黄帝内経】

〔「内経」は「ないけい」「だいけい」とも〕
中国の最も古い医書内経とも。秦漢時代成立という。「素問」「霊枢」の二部から成り黄帝名医との問答の形で古代中国医術身体観を記す。鍼灸医学の古典

黄帝内経〈明堂巻第一/太素巻第十九〉

主名称: 黄帝内経〈明堂第一/太素巻第十九〉
指定番号 252
枝番 00
指定年月日 1935.04.30(昭和10.04.30)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 明堂第一文永元年和気成書校合奥書及ビ同紙背ニ種成宛加/級消息七通アリ
員数 2巻
時代区分 鎌倉
年代
検索年代
解説文: 鎌倉時代作品

黄帝内経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/30 09:29 UTC 版)

黄帝内経』(こうていだいけい、こうていだいきょう、こうていないけい、黄帝内剄)は、現存する中国最古の医学書と呼ばれている。古くは『鍼経』(しんきょう)9巻と『素問』(そもん)9巻があったとされているが、これら9巻本は散逸して現存せず、現在は王冰(おうひょう)の編纂した『素問』と『霊枢』(れいすう)が元になったものが伝えられている。黄帝が岐伯(きはく)を始め幾人かの学者に日常の疑問を問うたところから『素問』と呼ばれ、問答形式で記述されている。『霊枢』は『鍼経』の別名とされ、『素問』が基礎理論とすると、『霊枢』は実践的、技術的に記述されている。




「黄帝内経」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黄帝内経」の関連用語

黄帝内経のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黄帝内経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黄帝内経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS