消息とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 消息 > 消息の意味・解説 

しょう‐そく〔セウ‐〕【消息】

[名](スル)《「消」は陰気のなくなること。「息」は陽気の生じること》

人や物事の、その時々のありさま動静状況事情。「その後の消息を尋ねる」「政界の消息に通じている」

状況用件などを手紙などで知らせること。また、その手紙や連絡音信音沙汰。たより。「消息を交わす」「漁船消息を絶つ

彼女は、短くとも殆(ほと)んど毎日—してよこした」〈有島宣言

消えることと生じること。衰えることと盛んになること。盛衰

「—、窮通、皆運有り」〈菅家文草・四〉

他家訪れて、来意告げ案内をこうこと。しょうそこ

「月あかき夜、人の来て、—言はせたるに」〈和泉式部続集・詞書


しょう‐そこ〔セウ‐〕【消息】

しょうそく(消息)2」に同じ。

忘れで—し給へ」〈大和六四

しょうそく(消息)4」に同じ。

開けむとならば、ただ入りねかし。—を言はむに、よかなりとは誰か言はむと」〈・八〉

しょうそく(消息)1」に同じ。

「かの一宿(ひとよ)の主人(あるじ)が荘(いへ)に立ち寄りて、僧が—を尋ね給ふ」〈読・雨月青頭巾


しょう‐そく セウ‥ 【消息】

〔名〕

① (━する) 消えることと生ずること。衰えることと盛んになること。うつりかわり変化消長

菅家文草900頃)四・立春「壮日如今去不廻、消息窮通皆有運」〔易経‐豊卦〕

変化するものごとその時その時ありさま動静様子しょうそこ

正倉院文書天平一〇年(738但馬国正税帳「為風俗并問伯姓消息巡行官人、単壱伯玖拾捌日」

*湯ケ原より(1902)〈国木田独歩〉「如何して他人の恋の消息(セウソク)が解らう」〔後漢書陸続伝〕

③ (━する) おとずれ来意告げること。案内乞うこと。しょうそこ

貫之集945頃)三「簾の下に女出で居たるに、下に男立ちて消息云ひいる」〔李白早春寄王漢陽詩〕

④ (━する) 手紙書くことまた、その手紙。たより。書信しょうそこ

続日本紀天平勝宝六年(754)三月一七日「遣使尋入唐第一、其消息云」

太平記14C後)二「是こそ今はのきはの御返事て候へとて、鬢の髪と消息(セウソク)とを差あげて」〔晉書陸機伝〕

(5) (━する) 考えていることを口で表現すること。

空華日用工夫略集応安四年(1371)二月六日且又坐禅、若不方便而消息、則或致病患

(6) 特に、浄土宗で、法主門徒下し法語をいう。

法然上人行状画図(1307‐16頃)一四「姨の禅尼をすすめんために、念仏勧進の消息をつかはさる」

(7) (━する) 消えてなくなること。消しなくすること。

雑談集(1305)一〇「法身真言にて重罪消息(ショウソク)して」


しょう‐そこ セウ‥ 【消息】

〔名〕 (「しょうそく(消息)」の変化した語)

① =しょうそく(消息)②

読本雨月物語(1776)青頭巾「僧が消息(セウソコ)を尋ね給ふ

② =しょうそく(消息)③

催馬楽7C後‐8C)朝津「古りにし我を 誰ぞこの 仲人たてて 御許容姿 世宇曾古(セウソコ)し 訪ひに来るや さきむだちや」

源氏100114頃)若紫「かやうのついでなる御せうそこは、まだ更に聞え知らず

③ =しょうそく(消息)④

伊勢物語(10C前)七三「せうそこをだにいふべくもあらぬ女のあたりを思ひける」

(10C終)二七六「身にやんごとなく思ふ人のなやむを聞きて〈略〉おこたりたる由せうそこ聞くもいとうれし」


消息

読み方:ショウソク(shousoku)

口や手紙による便り


しょうそく 【消息】

仏教用語ショウソコとも。消長変化を示す語だったが、転じて手紙の意となり、さらに高僧思想表わす書をもいうようになった。例=法然の『一紙小消息』。

消息

作者佐藤正午

収載図書人参倶楽部
出版社集英社
刊行年月1991.4

収載図書人参倶楽部
出版社集英社
刊行年月1997.1
シリーズ名集英社文庫


消息

作者藤沢周平

収載図書藤沢周平全集 第3
出版社文芸春秋
刊行年月1992.12

収載図書夜消える
出版社文芸春秋
刊行年月1994.3
シリーズ名文春文庫

収載図書夜消える
出版社文芸春秋
刊行年月1995.6


消息

作者井伏鱒二

収載図書井伏鱒二全集 第2巻
出版社筑摩書房
刊行年月1997.2

収載図書井伏鱒二全集11侘助引越やつれ
出版社筑摩書房
刊行年月1998.8


消息

作者唯川恵

収載図書LOVE SONGS
出版社幻冬舎
刊行年月1998.1

収載図書LOVE SONGS
出版社幻冬舎
刊行年月1999.4
シリーズ名幻冬舎文庫


消息

作者横山秀夫

収載図書影踏み
出版社祥伝社
刊行年月2007.2
シリーズ名祥伝社文庫


消息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/17 15:38 UTC 版)

消息(しょうそく、古くは「しょうそこ」とも)とは、




「消息」の続きの解説一覧

消息

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 04:15 UTC 版)

名詞

しょうそく歴史的仮名遣い:せうそくせうそこ

  1. 人や物事事情動静また、それを伝えるもの。

語源

「消」は死ぬこと、「」は生きることで、動静を意味する。

複合語

名詞・サ変動詞

(せうそく、せうそこ)

  1. 案内乞うこと。
  2. 手紙



消息と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「消息」の関連用語

消息のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消息のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消息 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの消息 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS