幻冬舎とは?

幻冬舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 00:57 UTC 版)

株式会社幻冬舎(げんとうしゃ)は、日本出版社


  1. ^ 塩澤実信『出版社大全』、838頁。
  2. ^ 弊社設立経緯に関するウィキペディア記述に関して”. 株式会社 幻冬舎. 幻冬舎 (2015年8月5日). 2015年8月5日閲覧。
  3. ^ 第28回 株式会社幻冬舎 見城 徹 | 起業事例 | 起業・開業・独立・会社設立ならドリームゲート - ベンチャー・起業家支援サイト
  4. ^ 塩澤実信『出版社大全』、840頁。
  5. ^ 企業情報(沿革)”. 株式会社 幻冬舎. 幻冬舎. 2015年12月30日閲覧。
  6. ^ 相場概況”. ゴールデンチャート社 (2003年10月3日). 2011年7月21日閲覧。
  7. ^ 幻冬社〔ママ〕、日本スポーツビジョンを子会社化”. ウェブリーグ. エスエスケイ (2003年10月23日). 2011年7月21日閲覧。
  8. ^ 日本スポーツビジョンが民事再生法適用を申請”. ウェブリーグ. エスエスケイ (2004年4月5日). 2011年7月21日閲覧。
  9. ^ アメーバブックスと幻冬舎の業務提携”. 山川健一. 2018年6月4日閲覧。
  10. ^ “主要株主及び主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 幻冬舎, (2010年12月7日), http://www.gentosha.co.jp/ir/pdf/press_20101207.pdf 2010年12月7日閲覧。 
  11. ^ 株式会社TKホールディングスによる買付条件等の変更後の当社普通株式等に対する公開買付けへの賛同及び応募の推奨に関するお知らせ(幻冬舎 2010年12月13日プレスリリース)
  12. ^ TKホールディングスは、2010年12月29日の公式発表で、多くの既存株主からのTOB応募がありTOBは成功したことを発表した。しかし、株主総会で重要案件を否決可能な議決権ベースで3分の1以上の株式を取得しているイザベルリミテッドがTOB参加に拒否しているため、MBOの成立は不透明な状況が依然として続いている。
  13. ^ a b 幻冬舎のMBOは成立へ、上場廃止は3月16日”. ロイター (2011年2月15日). 2013年8月5日閲覧。
  14. ^ a b 飲食事業開始に関するお知らせ”. 幻冬舎. 2018年6月4日閲覧。
  15. ^ “幻冬舎が雑誌「ドレス」を発行するgiftを5090万円で売却”. WWD JAPAN.COM (WWD JAPAN). (2014年12月12日). https://www.wwdjapan.com/business/2014/12/12/00014751.html 2014年12月12日閲覧。 
  16. ^ 幻冬舎グループ、「デザイン×コンテンツ」サービスを主軸とするデザイン事業に特化した新会社「株式会社幻冬舎デザインプロ」を設立”. 幻冬舎. 2018年6月4日閲覧。
  17. ^ a b 幻冬舎がエキスパートのシェアリングサービスを提供する新会社「expeet」を設立”. PR TIMES. 2018年6月4日閲覧。
  18. ^ 財産コンサルティング会社の設立に関するお知らせ”. 幻冬舎. 2019年4月8日閲覧。
  19. ^ 新たな雑誌メディア事業に関するお知らせ 株式会社gift設立”. 幻冬舎. 2019年4月8日閲覧。
  20. ^ 幻冬舎グループ、個人出版部門を分社化し新会社「株式会社幻冬舎ルネッサンス新社」を設立”. PR TIMES. 2019年4月8日閲覧。
  21. ^ 幻冬舎グループ、WEBコンサルティング事業に特化した新会社「株式会社幻冬舎ウェブマ」を設立”. PR TIMES. 2019年4月8日閲覧。
  22. ^ 幻冬舎×CAMPFIRE 出版業界を改革する共同出資会社設立に関するお知らせ”. PR TIMES. 2019年4月8日閲覧。
  23. ^ 幻冬舎グループ、「デザイン×コンテンツ」サービスを主軸とするデザイン事業に特化した新会社「株式会社幻冬舎デザインプロ」を設立”. 幻冬舎. 2019年4月8日閲覧。
  24. ^ 幻冬舎×トレンド・プロ 漫画業界を改革する共同出資会社「ブラコミ」設立!”. PR TIMES. 2019年4月8日閲覧。
  25. ^ 月刊文芸誌『小説幻冬』創刊のお知らせ | 株式会社 幻冬舎
  26. ^ 幻冬舎、元社員の着服、8年にわたり約9億円”. 日経BP (2009年5月20日). 2011年7月21日閲覧。
  27. ^ 「やしきたかじんさんの長女、出版差し止め求め提訴 晩年を百田尚樹氏が描いた『殉愛』」産経新聞、2014年11月21日
  28. ^ 「たかじんさん長女が人権救済申し立て 百田氏発言めぐり」、朝日新聞、2015年1月19日
  29. ^ a b “たかじんさん娘の訴え認める 百田氏「殉愛」出版社、名誉毀損で支払い命令”. 産経新聞. (2016年7月29日). http://www.sankei.com/affairs/news/160729/afr1607290029-n1.html 2016年7月30日閲覧。 
  30. ^ a b “幻冬舎に賠償命令 「殉愛」で名誉毀損認める 東京地裁”. 朝日新聞. (2016年7月29日). http://digital.asahi.com/articles/ASJ7Y517HJ7YUTIL035.html 2016年7月30日閲覧。 
  31. ^ “たかじん氏描いた本で幻冬舎に賠償命令”. NHK. (2016年7月29日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160729/k10010614001000.html 2016年7月30日閲覧。 
  32. ^ “百田さん「殉愛」巡り、たかじんさん長女が勝訴”. 読売新聞. (2016年7月29日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20160729-OYT1T50078.html 2016年7月30日閲覧。 
  33. ^ “「殉愛」出版社に賠償命令、名誉毀損など認める”. TBS. (2016年7月29日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2833320.html 2016年7月30日閲覧。 
  34. ^ “「殉愛」で名誉毀損、二審も認める 幻冬舎の賠償を増額”. 朝日新聞. (2017年2月1日). http://www.asahi.com/articles/ASK214FHZK21UTIL012.html 2017年2月1日閲覧。 
  35. ^ 津原泰水 (2018年11月25日). “津原泰水さんのツイート(2018年11月26日9:03)” (日本語). @tsuharayasumi. 2019年5月16日閲覧。
  36. ^ 百田尚樹さんの「日本国紀」批判で出版中止 作家が幻冬舎を批判” (日本語). 毎日新聞. 2019年5月16日閲覧。
  37. ^ 津原泰水 (2019年5月13日). “津原泰水さんのツイート(2019年5月14日10:44)” (日本語). @tsuharayasumi. 2019年5月16日閲覧。
  38. ^ 百田尚樹『日本国紀』批判したら「文庫出せなくなった」 作家が告発、幻冬舎「事実でない」”. J-CASTニュース (2019年5月16日). 2019年5月16日閲覧。
  39. ^ 津原泰水 (2019年5月15日). “津原泰水さんのツイート(2019年5月16日7:25)” (日本語). @tsuharayasumi. 2019年5月16日閲覧。
  40. ^ 幻冬舎・見城社長が出版中止作家の「部数さらし」のち謝罪 同業者から集中砲火「完全に一線越えてる」” (日本語). 毎日新聞 (2019年5月17日). 2019年5月20日閲覧。
  41. ^ 幻冬舎・見城徹社長、ツイッター&755&冠番組終了を宣言 部数公表の作家に謝罪「お詫び申し上げます」” (日本語). ORICON NEWS (2019年5月20日). 2019年5月20日閲覧。
  42. ^ “《絶対変なことしない》《でもキスしたい》幻冬舎・箕輪氏が不倫関係を迫った「エイベックス松浦自伝」出版中止の真相”. 文春オンライン. https://bunshun.jp/articles/-/37837 2020年5月24日閲覧。 
  43. ^ https://wezz-y.com/archives/77172
  44. ^ https://www.cyzo.com/2020/05/post_241898_entry.html
  45. ^ https://joshi-spa.jp/1007743





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「幻冬舎」の関連用語

幻冬舎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



幻冬舎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幻冬舎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS