スクウェア・エニックスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 企業・法人 > 企業・法人 > 渋谷区の企業 > スクウェア・エニックスの意味・解説 

スクウェア・エニックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/03 05:15 UTC 版)

株式会社スクウェア・エニックス: SQUARE ENIX CO., LTD.)は、日本ゲームソフト販売・開発会社、出版社スクウェア・エニックス・ホールディングスの子会社。略称はスクエニSQEX


注釈

  1. ^ 担当社員によるマッグガーデン設立およびスタジオDNAによる一賽舎設立へ参加する騒動。
  2. ^ a b c d SBクリエイティブが製作参加
  3. ^ 関西圏はサンテレビで放送。
  4. ^ a b 提供コールは「星のドラゴンクエスト」名義

出典

  1. ^ a b c d e f g h 第14期 決算公告 (PDF)”. 株式会社スクウェア・エニックス. 2022年6月11日閲覧。
  2. ^ エニックスとスクウェア、合併比率を変更ITmedia)2003.1、2009.12.30閲覧
  3. ^ タイトー、スタイルウォーカーを吸収合併”. GameBusiness.jp. イード (2011年1月21日). 2021年12月14日閲覧。
  4. ^ 和解による紛争の解決に関するお知らせ SQUARE ENIX”. スクウェア・エニックス・ホールディングス (2015年8月26日). 2015年10月17日閲覧。
  5. ^ 『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』開発者・宣伝担当インタビュー”. ファミ通.com. エンターブレイン (2013年12月28日). 2014年4月20日閲覧。
  6. ^ スクウェア・エニックス、来年度から11のビジネス・ディビジョンを4つの開発事業本部に再編。2019年3月期Q3決算説明会で明らかに” (日本語). 電ファミニコゲーマー. 2019年4月5日閲覧。
  7. ^ a b c d e LTD, SQUARE ENIX CO. “役員一覧 | SQUARE ENIX” (日本語). www.jp.square-enix.com. 2019年4月5日閲覧。
  8. ^ ドラゴンクエストXII - タイトル - キャリア採用 - SQUARE ENIX -RECRUTING- スクウェア・エニックス
  9. ^ 藤本則義 (@Rucachan) - Twitter
  10. ^ プログラマー(エンジニア) スクウェア・エニックス
  11. ^ 役員一覧 スクウェア・エニックス
  12. ^ 新サブスクリプションサービスApple Arcade向け 新作ロールプレイングゲーム「VARIOUS DAYLIFE」 配信開始のお知らせ”. スクウェア・エニックス (2019年9月20日). 2022年6月7日閲覧。
  13. ^ a b 株式会社インプレス (2019年4月1日). “スクウェア・エニックスが、「FFXIV」に続く基幹プロジェクトのスタッフを募集 世界を見据えた次世代のAAAタイトルはアクションゲーム?” (日本語). GAME Watch. 2019年4月5日閲覧。
  14. ^ 『FFBE幻影戦争』広野プロデューサー&小倉ディレクターに訊く…900万DL突破、売上ランキング上位定着、好調を支えるのはユーザーと向き合う真摯な運営体制 Social Game Info 2020年2月28日
  15. ^ a b デザイナー(アーティスト) ソーシャルゲーム スクウェア・エニックス
  16. ^ 【インタビュー】「ガチャなし」「スマコマ」「ハクスラ」…スクエニが放つ異色作『ラストイデア』、セールスやDL数が好調に推移するその要因と今後の展望に迫る! Social Game Info 2019年6月19日
  17. ^ a b c 第1ビジネス・ディビジョン スクウェア・エニックス
  18. ^ a b 第2ビジネス・ディビジョン スクウェア・エニックス
  19. ^ 第3ビジネス・ディビジョン スクウェア・エニックス
  20. ^ a b 第6ビジネス・ディビジョン スクウェア・エニックス
  21. ^ a b c d e 新企画(?)”動く!スマゲ★革命”第1回は『DQM スーパーライト』柴Pとの同級生対談 ファミ通 2014年4月7日
  22. ^ 「少女迷宮」はキャラクターの内面へと踏み込む内容に!「プロジェクト東京ドールズ」プロデューサー・塩見卓也氏にインタビュー ixll 2017年7月13日
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 第8-12ビジネス・ディビジョン スクウェア・エニックス
  24. ^ スクウェア・エニックスは巨大なトキワ荘。レジェンド開発者が登場した,ユニークな中途採用説明会をレポート 4Gamer.net 2018年1月10日
  25. ^ a b スクエニ「特モバイルニ部」に聞く--スマホゲームのこれまでとこれから CNET Japan 2012年12月29日
  26. ^ a b スクウェア・エニックスのプロデューサー募集についてその真意を確かめに行ってきました GIGAZINE 2011年3月4日
  27. ^ スクウェア・エニックス最強のカードゲームの話を聞いてきた ASCII 2012年9月10日
  28. ^ スクウェア・エニックス・グループの中国戦略を本多圭司氏に聞く 「最適のコンテンツを最適なパートナーと」【ChinaJoy 2014】”. ファミ通.com (2014年8月8日). 2014年8月31日閲覧。
  29. ^ 2001年3月期有価証券報告書”. スクウェア・エニックス・ホールディングス. 2022年5月7日閲覧。
  30. ^ 2003年3月期有価証券報告書”. 2022年5月7日閲覧。
  31. ^ 『咲-Saki-』『鋼の錬金術師』の田口浩司プロデューサーが語る、儲かるアニメの作り方” (日本語). ITmedia ビジネスオンライン. 2022年5月7日閲覧。
  32. ^ 2005年3月期有価証券報告書”. スクウェア・エニックス・ホールディングス. 2022年5月7日閲覧。
  33. ^ スクエニ、マンガ出版で北米直接進出 世界最大出版社ペンギン・ランダムハウスが協力”. animationbusiness.info. 2022年5月7日閲覧。
  34. ^ "SQUARE ENIX ANNOUNCES NieR:Automata NOVEL FOR FALL 2020" - Square Enix North America Press Hub”. press.na.square-enix.com. 2022年5月7日閲覧。
  35. ^ a b SQEXノベル:スクウェア・エニックスが新ラノベレーベル創刊 ウェブ小説を中心に 「大人のエンタメ、ど真ん中!」”. MANTANWEB. MANTAN (2020-111-06). 2021年1月7日閲覧。
  36. ^ 株式会社スクウェア・エニックス、新文芸レーベル「SQEXノベル」創刊”. PR TIMES. 2022年5月7日閲覧。
  37. ^ スクエニHD、21年3月期の出版事業は売上高268億円、営業利益116億円と過去最高 電子媒体・紙媒体とも成長続く ゲームに次ぐグループの柱に | gamebiz” (日本語). gamebiz【ゲームビズ】. 2022年5月7日閲覧。
  38. ^ スクエニの初BLレーベル・ガンガンBLiss誕生、創刊4タイトルの配信がスタート” (日本語). コミックナタリー. 2022年5月7日閲覧。
  39. ^ ARTNIA
  40. ^ 日経産業新聞2001年10月19日28面記事より
  41. ^ a b 任天堂/スクウェア―――クリスタルクロニクルまでの8年間” (日本語). インサイド. 2020年8月31日閲覧。
  42. ^ a b そろそろ語ろうか(其の弐)|和田洋一|note” (日本語). note(ノート). 2020年8月31日閲覧。
  43. ^ https://news.yahoo.co.jp/byline/kawamurameikou/20200504-00174922/ 河村鳴紘 「記事も鳴かずば撃たれまい」 2020年5月4日(全文閲覧には定期購読が必要)
  44. ^ そろそろ語ろうか(其の壱)”. 和田洋一. 2020年5月26日閲覧。
  45. ^ 社長が訊く『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』 (3/6)”. 任天堂 (2009年11月6日). 2016年10月14日閲覧。
  46. ^ スクエニChan!”. スクウェア・エニックス. 2013年6月13日閲覧。



スクウェア・エニックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:49 UTC 版)

メトロ (ゲーム会社)」の記事における「スクウェア・エニックス」の解説

スクウェア・エニックスが発売元タイトル以下の通りバスト ア ムーブ (1998年PlayStation) ※旧エニックスり発JUNKMETAL (2004年Windows)

※この「スクウェア・エニックス」の解説は、「メトロ (ゲーム会社)」の解説の一部です。
「スクウェア・エニックス」を含む「メトロ (ゲーム会社)」の記事については、「メトロ (ゲーム会社)」の概要を参照ください。


スクウェア・エニックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 15:20 UTC 版)

アーケードゲームのタイトル一覧」の記事における「スクウェア・エニックス」の解説

スクウェア・エニックスのタイトル アーケードゲームのタイトル一覧 (タイトー)を参照

※この「スクウェア・エニックス」の解説は、「アーケードゲームのタイトル一覧」の解説の一部です。
「スクウェア・エニックス」を含む「アーケードゲームのタイトル一覧」の記事については、「アーケードゲームのタイトル一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スクウェア・エニックス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「スクウェア・エニックス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スクウェア・エニックス」の関連用語

スクウェア・エニックスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スクウェア・エニックスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスクウェア・エニックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメトロ (ゲーム会社) (改訂履歴)、アーケードゲームのタイトル一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS