セガとは?

セガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/06 07:02 UTC 版)

株式会社セガ: SEGA Corporation)は、コンシューマーゲームソーシャルゲームアーケードゲームの開発、製造、販売を行うセガサミーグループの企業。株式会社セガグループの100%子会社。




  1. ^ a b c d セガグループの再編及び新会社設立のお知らせ セガプレスリリース 2015年2月12日
  2. ^ a b c d グループ内組織再編とそれに伴う一部子会社の名称変更に関するお知らせ セガサミーホールディングス 2015年2月12日
  3. ^ a b c d セガグループ再編により,セガを分社化して新会社3社を設立。コンシューマ事業部門はセガネットワークスを吸収合併してセガゲームスへ 4Gamer.net 2015年2月12日
  4. ^ a b c d セガサミーHDグループ再編 トムスは中間持株会社セガHDの子会社に アニメ!アニメ!ビズ 2015年2月14日
  5. ^ a b c d 新生セガグループ営業開始のお知らせ セガホールディングス 2015年4月1日
  6. ^ a b <セガサミーホールディングス発表資料>エンタテインメントコンテンツ事業における組織再編に伴う連結子会社間(株式会社セガゲームス、株式会社セガ・インタラクティブ)の合併及び一部連結子会社(株式会社セガホールディングス)の商号変更に関するお知らせ セガゲームス 2019年12月24日
  7. ^ a b セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー iNSIDE 2015年11月16日
  8. ^ サクラ大戦GB 檄・花組入隊!』は、他社に販売を委託していた頃に発売したため、メディアファクトリーからリリースされ、続編の『サクラ大戦GB2 サンダーボルト作戦』では、自社販売が行われるようになった後の発売のため、自社ブランドからのリリースとなった。
  9. ^ 株式会社インデックスの事業譲受けに関する契約締結について セガサミーホールディングス 9月18日
  10. ^ セガサミー、インデックス買収を正式発表・・・「アトラス」ほか事業の大半を取得 INSIDE 2013年9月18日(同日閲覧)
  11. ^ セガサミー、インデックスの事業譲受けを決定 GAMEWatch 2013年9月18日(2013年9月19日閲覧)
  12. ^ セガドリームがインデックスに社名を変更 ファミ通.com 2013年11月1日(同日閲覧)
  13. ^ インデックス : 新旧分離でセガ傘下に 「アトラス」ブランドも継続 まんたんウェブ 2013年11月1日
  14. ^ 事業所 セガ・エンタープライゼス(1998年12月6日のキャッシュ)
  15. ^ 営業所・出張所 セガ・エンタープライゼス(1997年2月15日のキャッシュ)
  16. ^ 第43期事業報告書 セガ
  17. ^ 株式会社セガにおける構造改革の実施に関するお知らせ セガサミーホールディングス 2015年1月30日
  18. ^ a b コミュニティサイト『it-tells』が正式サービスに移行 ~記念コミュニティの開設及びプレゼントキャンペーンを実施~ セガグループ製品情報サイト 2015年12月2日
  19. ^ a b 本社事務所移転のお知らせ セガサミーホールディングス 2018年7月27日
  20. ^ a b 本社機能移転に伴う休業のお知らせ セガゲームス 2018年8月3日
  21. ^ a b 株式会社セガ 国税庁法人番号公表サイト
  22. ^ a b グループ経営強化に向けたグループ横断的組織再編のお知らせ セガサミーホールディングス 2018年9月28日
  23. ^ 「イナズマイレブン」が特許侵害? セガ、東京地裁にレベルファイブを提訴 2012年12月11日 ITmedia
  24. ^ セガとバンダイ、10月1日に合併することを発表、新社名は「セガバンダイ」”. PC Watch (1997年1月23日). 2012年8月20日閲覧。
  25. ^ 当社子会社間のアミューズメント・コンシューマ関連事業における発売元 / 販売元変更に関するお知らせ セガサミーホールディングス 2004年12月28日
  26. ^ a b セガサミーグループの各事業分野別再編に伴う子会社の合併(アミューズメント施設事業)について セガサミーホールディングス 2005年1月28日
  27. ^ 新設分割公告 セガ 2009年4月16日(2011年7月17日のキャッシュ)
  28. ^ セガが減資…資本金が599億円減少し1億円に Sosial Game Info 2014年8月18日
  29. ^ 子会社の新設分割に関するお知らせ セガサミーホールディングス 2012年5月11日
  30. ^ オフィス移転のお知らせ セガゲームス セガネットワークスカンパニー 2014年3月27日
  31. ^ セガゲームスとCRI、グラフィックスミドルウェア「アクロアーツ」の事業移管で合意CRIWARE で音声・映像・グラフィックス技術をトータルにサポート セガゲームス・CRI・ミドルウェア 2016年6月22日
  32. ^ 株式会社セガゲームスによる仏開発会社 Amplitude Studios の株式取得に関するお知らせ セガホールディングス 2016年7月5日
  33. ^ セガネットワークスとランサーズがデジタルマーケティング支援の合弁会社設立 セガゲームス セガネットワークスカンパニー 2016年8月1日
  34. ^ 株式会社セガゲームスからスマートフォンゲーム「戦の海賊」の配信権取得に関するお知らせ マイネット 2017年1月31日
  35. ^ 株式会社セガゲームスからスマートフォンゲーム 「モンスターギア バーサス」の配信権取得に関するお知らせ マイネット 2017年3月31日
  36. ^ 「夢色キャスト」の運営がマイネットグループへ移管することに 4Gamer.net 2017年4月28日
  37. ^ セガゲームス、セガ公式ポイントサービス「Playbit」のサービス開始…ポイントを貯めてゲーム内アイテムと交換可能 Social Game info 2017年10月3日
  38. ^ セガサミーグループ 本社機能の集約・移転について セガサミーホールディングス 2017年3月31日
  39. ^ 〜セガサミーグループの更なる成長に向けた取り組み〜 グループ本社機能の集約 (詳細情報)及び 副業制度 【JOB+(ジョブプラス)】 の導入について セガサミーホールディングス 2018年5月10日
  40. ^ プリクラを生んだセガ 約20年ぶりにプリントシール市場に再参入最新プリクラ機『fiz(フィズ)』発表!7月10日(金)から全国で期間限定の先行リリースを実施 セガ製品情報サイト 2020年7月7日
  41. ^ セガ、「プリクラ」に20年ぶり再参入 動画撮影も 日本経済新聞 2020年7月7日
  42. ^ セガ、中国におけるオンラインゲーム事業から撤退--現地化ができなかったのが原因か 2007年6月7日 4Gamer.net
  43. ^ 2011年に中国企業へのライセンス供与契約を締結し、開発中とされている。セガ、ライセンス契約を締結 2011年5月20日 Game Watch
  44. ^ セガ、本社を品川に移転 インサイド 2012年2月18日
  45. ^ 第9期有価証券報告書 セガサミーホールディングス
  46. ^ 株式会社セガゲームスの熊本地震における被災地への支援について セガゲームス 2016年4月21日
  47. ^ セガゲームスの人気ゲーム「ソニック」&「ぷよぷよ」発売25周年記念企画ラッピング電車「京急セガトレイン」運航のお知らせセガ発祥の地の最寄駅「大鳥居駅」駅名看板も特別仕様に! セガ製品情報サイト 2016年11月7日
  48. ^ 株式会社セガゲームスのスマートフォンゲーム「夢色キャスト」の業務委託契約への変更のお知らせ マイネット 2017年7月29日
  49. ^ 株式会社セガゲームス、日本のソフトウェアメーカーとしては初めて台湾における家庭用ゲームソフト直販を開始 セガホールディングス 2016年8月23日
  50. ^ セガゲームス、日本一ソフトウェア開発のPlayStation®4用ソフト5タイトルのアジアでの販売ライセンスを獲得『魔女と百騎兵2』の繁体字版を発売 セガ製品情報サイト 2017年5月29日
  51. ^ セガ、他社開発ゲーム7タイトルのアジアでの販売ライセンスを取得 GAME Watch 2018年1月29日
  52. ^ セガ、ゲーム機市場に再参入 メガドライブ販売を検討 産経新聞 2018年4月8日
  53. ^ “ゲームソフト『マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック™(仮称)』発売決定!” (プレスリリース), セガ、任天堂, (2011年4月22日), https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2011/110422.html 2011年7月17日閲覧。 
  54. ^ セガ・名越稔洋が語るクリエイター活動30年史。セガのハード事業撤退と任天堂との仕事、そして『龍が如く』成功の舞台裏【特別企画 後編】 ファミ通 2019年5月12日
  55. ^ a b セガゲームスが求めるものとは? 『龍が如く』、『ソニック』シリーズや『PSO2』のプロデューサーおよびディレクター陣が登壇した中途採用説明会の様子をリポート ファミ通 2018年12月21日
  56. ^ 「戦場のヴァルキュリア リマスター」が本日発売。ギネス記録にも名を残した「戦ヴァル」の魅力を改めて紹介しよう 4Gamer.net 2016年2月10日
  57. ^ 「自分の顔にぴったりのメークが学べる」と好評のゲームソフトに高精度の顔認識エンジン「FSE」を採用 沖電気工業 2009年
  58. ^ 電脳戦機 バーチャロン ウェーブマスター
  59. ^ ソニックチャンネル/クリエーターズインタビュー/026:大橋 修 SEGA
  60. ^ a b SEGA VOICE VOL.14 拡がる『ムシキング』 SEGA 2005年
  61. ^ セガに新設されたオンラインエンタテインメント研究開発部は何を目指すのか? 中心メンバー二人に話を聞いた 4Gamer.net 2012年1月27日
  62. ^ 「デーモントライヴ」はスマートフォンでの“新しい遊び”を目指した協力対戦型のアクションRPG――プロデューサーの脇 康平氏とディレクターの山田理一郎氏にインタビュー【前編】 4Gamer.net 2013年2月5日
  63. ^ セガのキッズ向け遊具「え~でる すなば」開発陣にインタビュー。“絵が出る不思議な砂遊び”を生み出したNプロ研究開発部の狙いを聞いた 4Gamer.net 2014年10月22日
  64. ^ 世界初!スマホでネイルシールがデザインできる「ネイルプリ」を体験してきた ASCII 2015年3月28日
  65. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r セガがソフトウェア研究開発部門を分社化 Softbank Publishing 2000年5月24日
  66. ^ a b c d e f g h i 『Dreamcast Magazine 1999年11月19・26日号』 P.13 Softbank Publishing 雑誌26424-11/26
  67. ^ 最後のセガ分社,SEGA-AM2正式スタート Softbank Publishing 2001年8月1日
  68. ^ セガの開発会社が10月1日付けで再編。役割を明確にし、商品力の強化を狙う 電撃オンライン 2003年10月2日
  69. ^ ある日突然訪れる「雇い止め」の仰天理由”. プレジデントオンライン (2019年5月8日). 2019年5月8日閲覧。
  70. ^ a b <特報・リストラ>転籍拒否なら「隔離部屋」セガが12人に辞令”. 毎日新聞 (2007年9月14日). 2012年1月12日閲覧。
  71. ^ セガ、デバッグアルバイト応募者の個人情報がGoogleマップ流出 INTERNET Watch ニュース
  72. ^ セガ、欧州子会社で個人情報のべ129万人分漏洩を確認 クレジットカード情報などはなし GAME Watch ニュース
  73. ^ セガ公式Twitter「増税で嗜好品終了とかワロス。まず削るのは衣食住だろww」→「誤った投稿でした」と謝罪 2013年10月1日 ガジェット通信
  74. ^ Twitter - SEGA OFFICIAL 2013年10月1日 セガ公式アカウント
  75. ^ 不正アクセスによる一部公式サイト停止のお知らせ | トピックス | セガ 製品情報(2014年5月14日のキャッシュ)
  76. ^ ソニックチャンネル スタッフコラム:ソニックチャンネル ファンアートに関するお知らせ
  77. ^ 「闘会議2016」セガブースでの配布物に関するお詫びとお知らせセガゲームス セガネットワークスカンパニー 2016年2月3日





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セガ」の関連用語

セガのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



セガのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセガ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS