通信カラオケとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 通信カラオケの意味・解説 

つうしん‐からオケ【通信空オケ】


通信カラオケ


通信カラオケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/21 01:31 UTC 版)

通信カラオケ(つうしんカラオケ)は、専用回線電話回線を利用して、専用のサーバから楽曲などを配信し演奏するカラオケシステムおよびその機器である。大半がMIDIデータによる配信である。


  1. ^ a b 株式会社BMBに関する株式譲渡完了のお知らせ(ブラザー工業株式会社・2010年1月20日)
  2. ^ a b 合併に関するお知らせ(株式会社エクシング(旧株式会社BMB)・2010年7月1日)
  3. ^ a b 当社と株式会社BMBとの合併に関するお知らせ(株式会社エクシング・2010年5月10日)
  4. ^ a b “ブラザー工業が「カラオケUGA」を買収”. 日刊スポーツ新聞社. (2009年9月30日). http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp2-20090930-550053.html 2015年4月14日閲覧。 
  5. ^ 業務用カラオケ事業”. 第一興商. 2015年4月14日閲覧。
  6. ^ 林 三郎 第一興商社長 カラオケで高齢者を元気に”. 週刊ダイヤモンド (2015年5月7日). 2016年9月28日閲覧。
  7. ^ a b 平成15年(判)第39号 審決 (PDF)”. 公正取引委員会. p. 3. 2015年4月14日閲覧。
  8. ^ 当社に勤務する皆様へ カラオケボックス メロ・ワークス 社員・アルバイトブログ
  9. ^ “第40期(2004年8月期)中間決算説明会” (PDF) (プレスリリース), 有線ブロードネットワークス, (2004年4月28日), http://www.usen.com/ir/library/pdf/supplemental/040428.pdf 2015年4月14日閲覧。 
  10. ^ 連結子会社の株式譲渡に関する基本合意書締結のお知らせ(株式会社USEN・2009年9月30日)
  11. ^ 株式会社BMBの株式の取得(子会社化)に関する基本合意のお知らせ(ブラザー工業株式会社・2009年9月30日)
  12. ^ 子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ(株式会社USEN・2009年10月30日)
  13. ^ 株式会社BMBに関する株式譲渡契約締結のお知らせ(ブラザー工業株式会社・2009年10月30日)
  14. ^ 2008年3月現在。エクシングの製品案内より


「通信カラオケ」の続きの解説一覧

通信カラオケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 01:21 UTC 版)

カラオケ」の記事における「通信カラオケ」の解説

初期の通信カラオケは、音楽音質悪さ映像バリエーションが貧弱なクリアしなければならない面もあった。それまでテープCDレーザーディスク使用した音源アナログ録音で、基本的にレコード音源再現したものに近く音質同じように高かった。 だが、通信カラオケで使われる音源は、MIDIデータ構成されデジタルデータであり、カラオケ装置MIDI再生装置であった。このMIDI再生装置は、基本的に音楽演奏シンセサイザーであり、演奏録音した音源再生とは全く異な再生形態プロ演奏とは比較にならなかった。当時音源の質の悪さは、MIDIデータそのものではなく当時MIDI再生装置音色データとその再生技術レベルの(後年から見れば完成度低さから来るものであり、さらに付け加えられ映像バリエーション少なさ異な楽曲での使い回しもあり、当初音声映像品質高くはなかった。しかし、通信カラオケによる提供楽曲多様性新譜迅速な配信単体音源カラオケ機を大きく凌ぎ以降は通信カラオケが主流となっていく。 並行してコンピュータ普及によるデジタルサンプリング技術低価格化一般化するとともにサンプリングされたPCM音源安価に利用できるようになったMIDI再生装置による音源一つ実際の演奏データサンプリングしたPCM再生内蔵されるようになったプロ音楽制作でもコンピュータ多用されデジタルでのトラック作成普及すると同時にカラオケによる再生低価格化したデジタル恩恵を受け、プロ環境そのまま再生となった音楽作る側も再生側もほとんど同じ音を出す時代になっているシンセサイザーによる音色合成は質が悪くPCM良いということではない。それらは音色データバリエーションにすぎないカラオケ初期の一般的なプロ演奏カラオケ再生とは全く別物だったため違い大きかったのであるカラオケ再生技術進歩したというよりも、進歩したのは一般にデジタル称されるコンピュータ技術による音楽製作再生環境」であり、デジタルになりプロ製作環境カラオケ再生同レベルになったことが、カラオケ再生音質がプロ演奏遜色なくなった一番の要因である。またMIDIデジタル環境での基本的かつ重要な役割をずっと担っている詳細は「通信カラオケ」を参照

※この「通信カラオケ」の解説は、「カラオケ」の解説の一部です。
「通信カラオケ」を含む「カラオケ」の記事については、「カラオケ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「通信カラオケ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

通信カラオケのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



通信カラオケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ通信カラオケの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通信カラオケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカラオケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS