多様性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 多様性 > 多様性の意味・解説 

たよう‐せい〔タヤウ‐〕【多様性】

読み方:たようせい

いろいろな種類傾向ものがあること。変化に富むこと。「生物の―を保つ」


ポリモーフィズム

プログラミングのほかの用語一覧
オブジェクト指向:  DCOM  Fantom  Hibernate  ポリモーフィズム  IDL  カプセル化  コンストラクタ

多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/10 05:56 UTC 版)

多様性(たようせい、: diversity)とは、幅広く性質の異なる群が存在すること。性質に類似性のある群が形成される点が特徴で、単純に「いろいろある」こととは異なる。 英語の多様性"diversity"の語源は、ラテン語ではdiverstiasに求められ、この言葉は、最初には、一致可能なものに反すること、矛盾、対立、不一致、といった消極的な意味を有したが、第二義的に、相違、多様、様々な形になる、という意味も併せ持っていた。17世紀になって、消極的な意味が失われ、現在のニュアンスになったとされている[1]。また、diversityとは、相異なる要素を有する、もしくはそれから構成される状態であり、そこから更に、異なったタイプの人々をあるグループや組織に包摂すること、とされている[2]


  1. ^ ダイバーシティ時代の行政学 3ページより Online Etymology Dictionaryからの孫引き
  2. ^ ダイバーシティ時代の行政学 4ページより Merriam-Websterからの孫引き
  3. ^ ダイバーシティ時代の行政学 第1章ダイバーシティガバナンスとイノベーション 2-3ページ
  4. ^ ダイバーシティ時代の行政学 第1章 ダイバーシティ時代の行政学 3ページ
  5. ^ ダイバーシティの行政学 1章 ダイバーシティガバナンスとイノベーション 3-4ページ


「多様性」の続きの解説一覧

多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 00:46 UTC 版)

アメリカ合衆国の音楽」の記事における「多様性」の解説

アメリカは、世界中から文化取り入れ独特の新しい方法生み出す文化のるつぼであるとよく言われているアメリカ音楽の諸要素は、それぞれ元をたどれば特定の起源行き着くことが出来るとはいえアメリカ音楽はつねに技法演奏法ジャンル移植融合によって発展してきたため、ある音楽的要素起源を何か特定の文化求め主張には問題がある外国音楽要素アメリカ入ってきた経路は、個人グループで行う教育活動対外活動によって音楽取り入れ公式なものと、奴隷制による西アフリカ音楽移入や、移民によるアイルランド音楽移入など非公式なものとがある。アメリカ独自の音楽は、緊密な接触を通じ異文化どうしの融合結果生じたものである。この例として奴隷制あげられる奴隷制によって様々な部族出身者ごちゃまぜになって共同住居生活することになった結果、ひとつの音楽的慣習共有されることとなり、それがさらにラテンおよびヨーロッパ固有の音楽要素融合することで深まっていったのであるアメリカ民族・宗教人種の多様性から生まれた音楽的要素は、フランス音楽アフリカ音楽融合であるルイジアナ・クレオール音楽や、インディアン音楽メキシコ音楽ヨーロッパ音楽融合であるテハーノ音楽現代ハワイ音楽におけるスラックキーギター等の技法、などがある。 音楽取り入れ過程には批判がなかったわけではない例え20世紀半ばのフォーク・リバイバルには、社会運動推進の目的もあり、様々な地方音楽盛り込まれことから、「他集団の歌の商業化(……)と、それに伴う意味の希薄化」の原因になったではないか、という議論起こることとなった文化的な割り当て問題はアメリカにおける人種同士の関係における大きな問題でもある遅くとも19世紀半ばスティーブン・フォスターや、ミンストレル・ショーブーム以来ブラックミュージック技法イメージ言い回しアメリカ白人アメリカ白人のために使用することは多い。アメリカの音楽業界は、ブラックミュージック白人演奏者売り出そうと積極的に試みていた。これは、白人演奏者アメリカで主流派属す中流階級アメリカ人嗜好に合うめであるこういった動きの中でベニー・グッドマンエミネムエルヴィス・プレスリーなどのスターや、ブルー・アイド・ソウルロカビリーなどのポップミュージックスタイル生まれた

※この「多様性」の解説は、「アメリカ合衆国の音楽」の解説の一部です。
「多様性」を含む「アメリカ合衆国の音楽」の記事については、「アメリカ合衆国の音楽」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/24 05:16 UTC 版)

SH2ドメイン」の記事における「多様性」の解説

SH2ドメイン酵母には存在せず進化上原生動物と変形菌の間あたりでできたと考えられている。 バイオインフォマティクス用いた研究によると、ヒトには110タンパク質120SH2ドメインがあり、進化を通じて急速に広がってきたことが分かるマウスでも多くのSH2ドメイン構造が解かれ、それぞれのノックアウト研究行われている。

※この「多様性」の解説は、「SH2ドメイン」の解説の一部です。
「多様性」を含む「SH2ドメイン」の記事については、「SH2ドメイン」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 20:31 UTC 版)

尾状突起」の記事における「多様性」の解説

メスクロキアゲハ Papilio polyxenes 後翅脈相 P. bianor の後翅後角付近. 尾状突起内部にM3脈が走る. ニシキオオツバメガ Chrysiridia rhipheus の尾状突起 いっぱん昆虫の翅は縁の凹凸少なく滑らかなものが多いが、鱗翅目の翅は例外的にさまざまな翅形を示し前翅先端がつよく突出湾曲した外縁部が波打ったりするなど縁が滑らかでないものも多く見られる中でも後翅外縁部が尾状突出する尾状突起よく知られている尾状突起鱗翅目複数グループ見られる。とくにアゲハチョウ科 Papilionidae のものがよく知られるが、シロチョウ科 Pieridae 以外のチョウシャクガ上科 Geometroideaカイコガ上科 Bombycoideaマダラガ上科 Zygaenoidea などにも発達した尾状突起有する種が属する。尾状突起位置形状さまざまである。たとえば、アゲハチョウ上科 Papilionoideaツバメガ科 Uraniidae には二対以上の尾状突起有する種も多い。ヤママユガ科 Saturniidae には非常に細長い尾状突起をもつものがおり、リボンマダラガ科 Himantopteridae からは、後翅全体細長く変形して糸状近くなる種も知られている尾状突起基本的に内部に翅脈を伴うことで支持されるが、どの翅脈尾状突起関係するかにも多様性がある。チョウの場合、下に示すように科ごとにある程度傾向見られる。 「en:Insect wing#Venation」も参照 科 和名科 学尾状突起関連する翅脈シジミチョウ科 Lycaenidae M3脈、Cu1脈、Cu2脈の三本翅脈関係する尾状突起支持するのはCu1脈および/あるいはCu2脈である場合が多いが、翅脈突起先端まで達さず基部のみしか支持されていないものも多い。 タテハチョウ科 Nymphalidae M2脈から2A脈までの五本翅脈関係する尾状突起支持するのはM3がもっと多く次にCu2脈が多くその他の翅脈によって支持されるものはすくない。 アゲハチョウ科 Papilionidae M1脈から2A脈までの六本翅脈関係するが、ほとんどの場合尾状突起M3脈によって支持されるシロチョウ科 Pieridae 尾状突起をもつ種は非常にすくない。尾状突起M3脈、Cu1脈、2A脈のいずれかによって支持されるシジミタテハ科 Riodinidae Rs脈、M1脈、M3脈、Cu1脈、Cu2脈の五本翅脈関係する尾状突起支持するのはおもにM3脈からCu2脈までの三本翅脈である。Rs脈によって支持される尾状突起チョウの中でめずらしい。 セセリチョウ科 Hesperiidae 臀脈(Anal vein)によってのみ尾状突起支持される互いに遠縁関係にある複数の科で見られ形態学的にも多様であるため、鱗翅目尾状突起複数系統独立して獲得した進化的起源異な同形形質であると考えられる。科内においても同様で、たとえばヤママユガ科においては長い尾状突起少なくとも四回、短い尾状突起が最低三回独立して進化した考えられている。上述のように科によってある程度傾向見られる場合があるため、なんらかの遺伝的制約存在示唆されるものの、基本的にレベル祖先形質とは見なされない。種内でも尾状突起にかんする多型見られる例もあり、たとえばヤママユガ科ではオス尾状突起メスのものより長い性的二形を示す種が知られるナガサキアゲハ Papilio memnon では、オス尾状突起もたないが、メス尾状突起有するものと有さないものの二種類表現型見られる

※この「多様性」の解説は、「尾状突起」の解説の一部です。
「多様性」を含む「尾状突起」の記事については、「尾状突起」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 04:15 UTC 版)

鉤状突起 (肋骨)」の記事における「多様性」の解説

突起地上性鳥類では短い一方潜水性の鳥類では長く一般的な飛翔性の鳥類では中間的である。サケビドリ科鈎状突起を欠く点で特異的である。ヘスペロルニスイクチオルニスなどの化石オルニスラエ類にも鉤状突起確認されており、エナンティオルニス類でも報告されている。 現生脊椎動物において骨質鉤状突起鳥類特有の形質であるが、ワニにも軟骨性鉤状突起存在するまた、ムカシトカゲや非鳥類恐竜カウディプテリクスオヴィラプトル科、ドロマエオサウルス科)でも報告されている。コンフキウソルニスやロンギプテリクス(英語版)などでも知られている一方でアーケオプテリクスには存在しないように見えるが、Codd et al. (2007) はアーケオプテリクス鉤状突起報告している。

※この「多様性」の解説は、「鉤状突起 (肋骨)」の解説の一部です。
「多様性」を含む「鉤状突起 (肋骨)」の記事については、「鉤状突起 (肋骨)」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 02:09 UTC 版)

RNA結合タンパク質」の記事における「多様性」の解説

核内RNARNAポリメラーゼによって合成されRNA転写産物RNA結合タンパク質によって即座に覆われるこれらのRNA結合タンパク質は、RNA生合成成熟細胞内局在安定性といった、RNA代謝機能あらゆる側面調節するRNA結合タンパク質異なRNA配列異な親和性結合し、その標的配列機能と同様多様であるRNA結合タンパク質結合標的には、タンパク質コードするmRNA多数機能性ノンコーディングRNA含まれるノンコーディングRNAは、裸のRNAとしてではなく、ほぼ常にリボヌクレオタンパク質複合体として機能するそうしたノンコーディングRNAには、miRNAsiRNAsnRNAなどがある。

※この「多様性」の解説は、「RNA結合タンパク質」の解説の一部です。
「多様性」を含む「RNA結合タンパク質」の記事については、「RNA結合タンパク質」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 17:10 UTC 版)

クモ綱」の記事における「多様性」の解説

10万以上の現生種が記載されており、節足動物の綱の中でクモガタ類昆虫次に種数が多い。ダニ類最大で5万5,000種以上、クモは43,000種と大きくザトウムシは約6500種、カニムシは約3,400種、サソリは約2,000種、ヒヨケムシ千種越え程度である。特にダニ類はその形態習性生育環境等が非常に多様で、その多様性はほぼ昆虫匹敵するとも言われる逆に他の群は多く数百種ほどにすぎない大まかに言えばクモガタ類昆虫先立って上陸し肉食動物として進化したにもかかわらず昆虫などの進歩発展の中でついて行けずに衰退し一部遺存している群とされるその中でクモは糸と網を駆使して昆虫を餌とすることで、ダニ小さな体で多様なニッチ進出動植物への寄生昆虫食植物食腐植食など)したことで成功したと見られる

※この「多様性」の解説は、「クモ綱」の解説の一部です。
「多様性」を含む「クモ綱」の記事については、「クモ綱」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 04:09 UTC 版)

アゲハモドキガ科」の記事における「多様性」の解説

本科鱗翅目の中で小さなのひとつで、既知の種は30未満とされる分布東洋区旧北区アジア限定される。ほとんどが昼行性だが、夜間人工灯りにも飛来する種も知られる日本からはアゲハモドキ Epicopeia hainesii、オナガアゲハモドキ Epicopeia mencia、フジキオビ Schistomitra funeralisキンモンガ Psychostrophia melanargia4種知られているが、このうちオナガアゲハモドキは対馬から過去に幼虫一度得られ記録があるのみである。 小さなグループだが成虫形態多様で他のさまざまな鱗翅類モデルとしたベイツ型擬態ミューラー型擬態環への関与可能性がしばしば指摘されるなかでもアゲハチョウ科と形的によく似る Epicopeia 属は有名だが、擬態に関する化学生態学的な知見不足している幼虫期解明はあまり進んでいない。幼虫期既知の日本および台湾産4種はいずれ腹脚を計5対有し体表が白い物質覆われることが知られている。白い物質分泌する昆虫はボタンヅルワタムシ Colophina clematis半翅目アブラムシ科)など複数の種、分類群見られそれらの昆虫形成する擬態環アゲハモドキ幼虫関与している可能性を示す報告なされている

※この「多様性」の解説は、「アゲハモドキガ科」の解説の一部です。
「多様性」を含む「アゲハモドキガ科」の記事については、「アゲハモドキガ科」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 01:20 UTC 版)

エルニーニョ」の記事における「多様性」の解説

エルニーニョ現象には複数タイプがあり、正統的な東太平洋型それから「モドキ」な中央太平洋型の2つが最も注目され受け入れられている。これら異なタイプエルニーニョ現象は、熱帯太平洋海面温度異常が最大となった所によって分類される例えば、正統な東太平洋型での最も強い海面温度常はその位置南米沖合となり、モドキ中央太平洋型での最も強い異常位置日付変更線付近である。ただし、単一のエルニーニョ間に海面温度異常が最大となる水域変わってしまう可能性がある東太平洋(EP)エルニーニョとも呼ばれる伝統的なエルニーニョは、東太平洋温度異常を伴う。しかし、直近20年間で通常とは異なエルニーニョ複数観察され通例だと温度異常になる場所(ニーニョ監視海域1と2)は影響を受けないのに、中央太平洋(同3.4)で異常が発生している。この現象は、中央太平洋(CP)エルニーニョや「日付線」エルニーニョ国際日付変更線付近で異常が発生するため)またはエルニーニョモドキ」(「似ているけど異なる」という日本語由来)とも呼ばれている。 CPエルニーニョ影響伝統的なEPエルニーニョのものとは異なる。例えば、近年発見されエルニーニョ頻繁に上陸するより多くのハリケーン大西洋もたらしている。 ただし、この新しENSO存在異論を唱える研究も多い。実際には発生増加していない、統計的に区別するには信頼性の高い記録足りないとするもの、他の統計アプローチを使うと区別傾向見つからないとするもの 、 標準的なENSO極端なENSOといった他の種類区別すべきとするものもある。 中央太平洋発端として東方向移動したエルニーニョ最初の記録1986年である。近年中央太平洋エルニーニョは1986-87, 1991-92, 1994-95, 2002-03, 2004-05 ,2009-10年に発生した。さらに1957-59,1963-64, 1965-66, 1968-70, 1977-78,1979-80年の現象が「モドキ」だったという。一部資料では、2014-16年エルニーニョ中央太平洋エルニーニョだと述べている。

※この「多様性」の解説は、「エルニーニョ」の解説の一部です。
「多様性」を含む「エルニーニョ」の記事については、「エルニーニョ」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/06 10:04 UTC 版)

顔文字 (Unicodeのブロック)」の記事における「多様性」の解説

顔文字ブロックには、人もしくは体の一部を表す8字の絵文字含まれている。 これらの文字は、フィッツパトリックのスキンタイプ分類用いた皮膚の色調を表現するためのU+1F3FB–U+1F3FFを用いて色調変更することができる。 Human emojiU+ 1F645 1F646 1F647 1F64B 1F64C 1F64D 1F64E 1F64F emoji 🙅 🙆 🙇 🙋 🙌 🙍 🙎 🙏 FITZ-1-2 🙅🏻 🙆🏻 🙇🏻 🙋🏻 🙌🏻 🙍🏻 🙎🏻 🙏🏻 FITZ-3 🙅🏼 🙆🏼 🙇🏼 🙋🏼 🙌🏼 🙍🏼 🙎🏼 🙏🏼 FITZ-4 🙅🏽 🙆🏽 🙇🏽 🙋🏽 🙌🏽 🙍🏽 🙎🏽 🙏🏽 FITZ-5 🙅🏾 🙆🏾 🙇🏾 🙋🏾 🙌🏾 🙍🏾 🙎🏾 🙏🏾 FITZ-6 🙅🏿 🙆🏿 🙇🏿 🙋🏿 🙌🏿 🙍🏿 🙎🏿 🙏🏿

※この「多様性」の解説は、「顔文字 (Unicodeのブロック)」の解説の一部です。
「多様性」を含む「顔文字 (Unicodeのブロック)」の記事については、「顔文字 (Unicodeのブロック)」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/05 18:20 UTC 版)

アクリターク」の記事における「多様性」の解説

最古のものは32年前地層から発見されているが、およそ10億年前から出現頻度・多様性・大きさ・形の複雑さ増大し始める。特に大きさの数の増大著しい。スノーボールアースの期間はその出現数急激に減るが、カンブリア爆発時期から回復し古生代に多様性のピーク迎える。10億年前増大は、おそらく捕食者、特に丸呑みしたり、殻を引き裂いたりする捕食者対抗したものである新太古代から見つか別のグループにも、捕食者対抗する構造見られる捕食者出現は、種の寿命分析からも示されている。プランクトン性の生物出現は17-14億年前で、利用できる栄養最大限使っていたため、新種進出できるニッチ少なかった。約10億年前、種の寿命急激に減少した。これは藻類食べ原生生物出現によって捕食圧かかった結果と考えられる捕食によって被食者個体数抑制され栄養素が余るようになったことで新種進出するためのニッチ生み出されるようになった推測されている。

※この「多様性」の解説は、「アクリターク」の解説の一部です。
「多様性」を含む「アクリターク」の記事については、「アクリターク」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 12:37 UTC 版)

複製起点」の記事における「多様性」の解説

DNA複製遺伝子継承不可欠であるが、すべての染色体完全にコピーされ遺伝子コピー数が維持される限り明確な部位特異的な複製起点ゲノム複製厳密に必要とされる条件ではない。例えば、特定のバクテリオファージウイルス専用複製起点依存せず相同組換えによってDNA複製開始することができる。同様に古細菌Haloferax volcanii(英語版)は、内在性の複製起点欠失た際に組換え依存的な開始利用してゲノム複製する大腸菌出芽酵母でも、切断によって誘導されたり転写によって開始されたりする、同様の非典型的な開始イベント報告されている。このような例外的な状況下でも細胞生存維持できるにもかかわらず複製起点依存的な開始生命さまざまなドメイン普遍的に利用されている共通した戦略である。 複製開始詳細な研究は、限られた数のモデル系に焦点当ててきた。広く研究されている菌類後生動物はいずれオピストコンタスーパーグループ属しており、真核生物進化のほんの一部表しているにすぎないキネトプラストテトラヒメナなど他の真核生物モデル系では、比較わずかな研究しか行われていない驚くべきことにこれらの研究では、複製起点特性イニシエーター構成の双方において、酵母後生動物との興味深い違い明らとなっている。

※この「多様性」の解説は、「複製起点」の解説の一部です。
「多様性」を含む「複製起点」の記事については、「複製起点」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 17:47 UTC 版)

法学専門大学院」の記事における「多様性」の解説

ロースクール利点である多様性は、韓国において韓国において出身階層の多様性に過ぎない。これはモデルとなった米国ロースクールの多様性とは全く関係がなく、韓国ロースクールは、学歴偏重深化現象もたらすロースクール他の専門大学院とは異なり公職に入る排他的な資格付与するものであるため、公平性社会的に認められなければならない。しかし、現在までに韓国ロースクール制度公正ではなく、不公正であるという議論多く提起されている。

※この「多様性」の解説は、「法学専門大学院」の解説の一部です。
「多様性」を含む「法学専門大学院」の記事については、「法学専門大学院」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 21:12 UTC 版)

カイコガ科」の記事における「多様性」の解説

広義の本科1998年時点でおよそ40350程度知られていた。狭義本科かんしては、27202種が認められている。

※この「多様性」の解説は、「カイコガ科」の解説の一部です。
「多様性」を含む「カイコガ科」の記事については、「カイコガ科」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 20:36 UTC 版)

パエパランツス属」の記事における「多様性」の解説

パエパランツス属は非常に形態的多様であり、水生のものから陸生乾燥地生育するものまで存在するまた、トニナ属をはじめとして多くの属を本属に移すという説もある。パエパランツス ブロメリオイデス Paepalanthus bromelioidesはホシクサ科唯一の食虫植物として知られる中南米およびアフリカ生息する属であるが、日本からもオクトネホシクサ知られている

※この「多様性」の解説は、「パエパランツス属」の解説の一部です。
「多様性」を含む「パエパランツス属」の記事については、「パエパランツス属」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 08:07 UTC 版)

アメーバ」の記事における「多様性」の解説

上記に述べた典型的なアメーバ旧来のアメーバ目以外にさまざまな特徴備えたアメーバ類数多く知られている肉質虫の項も参照のこと。

※この「多様性」の解説は、「アメーバ」の解説の一部です。
「多様性」を含む「アメーバ」の記事については、「アメーバ」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 17:31 UTC 版)

オパビニア科」の記事における「多様性」の解説

オパビニア類ラディオドンタ類並んで基盤的な節足動物として代表的で、かつカンブリア紀における分類不可能な「奇妙奇天烈動物」(weird wonders)として語られてきた有名な古生物オパビニア類オパビニアラディオドンタ類アノマロカリス)を含んだ分類群である。しかしラディオドンタ類に比べると、オパビニア類発見例少なく20世紀から2020年代初期までオパビニアのみ知られていた。2022時点でも2属2種のみで二十数属三十数種ラディオドンタ類より遥かに少なく化石標本総数ですらラディオドンタ類の既に希少な全身化石標本数より少ない。オパビニア類知られる堆積累層バージェス頁岩Wheeler Shale は、どれもラーゲルシュテッテン保存状態良い化石産する堆積累層)で多様なラディオドンタ類見つかるため、これはラディオドンタ類に比べオパビニア類化石化しにくいというより、むしろ元の多様性の違い反映した可能性が高い

※この「多様性」の解説は、「オパビニア科」の解説の一部です。
「多様性」を含む「オパビニア科」の記事については、「オパビニア科」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 22:47 UTC 版)

灰皿」の記事における「多様性」の解説

卓上に置くものでは、個人趣味性もあってさまざまな製品見られる意匠凝らしたものや芸術的なもの、ライター時計組み込んだものなどがあり、これらは消費者好み満たすため、数多くメーカーから多様な製品発売されている。 素材としては、陶器ガラスや金属(主にプレス加工による板金製のものが主流であるが、メノウクリスタルガラスなどといった高級で重量感のある素材使ったものや、素焼き素朴なもの、石(鉱物)製や鋳物安定感あるものなど、多様性が見られる耐熱樹脂を除くプラスチック木などは、耐熱性難があるため灰皿材質としては適していない。なお耐熱樹脂灰皿製造面で加工容易であることから多く出回っている。

※この「多様性」の解説は、「灰皿」の解説の一部です。
「多様性」を含む「灰皿」の記事については、「灰皿」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 15:23 UTC 版)

ナトリウムチャネル」の記事における「多様性」の解説

電位依存性ナトリウムチャネルは、通常イオン透過性ポア形成するαサブユニットに、チャネルゲート機能調節などいくつかの機能を持つβサブユニット1つ2つ結合した構成をしている。

※この「多様性」の解説は、「ナトリウムチャネル」の解説の一部です。
「多様性」を含む「ナトリウムチャネル」の記事については、「ナトリウムチャネル」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 07:12 UTC 版)

その他の記号」の記事における「多様性」の解説

その他の記号ブロックには、人もしくは体の一部を表す2字絵文字含まれている。 これらの文字は、フィッツパトリックのスキンタイプ分類用いた皮膚の色調を表現するためのU+1F3FB–U+1F3FFを用いて色調変更することができる。 Human emojiU+ 261D 26F9 emoji ☝️ ⛹️ FITZ-1-2 ☝️🏻 ⛹️🏻 FITZ-3 ☝️🏼 ⛹️🏼 FITZ-4 ☝️🏽 ⛹️🏽 FITZ-5 ☝️🏾 ⛹️🏾 FITZ-6 ☝️🏿 ⛹️🏿

※この「多様性」の解説は、「その他の記号」の解説の一部です。
「多様性」を含む「その他の記号」の記事については、「その他の記号」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 02:18 UTC 版)

ゴキブリ目」の記事における「多様性」の解説

世界中至る所ゴキブリは4,000種以上発見されており、各大陸固有の在来種がいる。これらの大半雑食性または腐食性であり、特に落ち葉腐った木の中、密生した草木、岩の隙間樹皮下の空洞丸太の下、ごみの中といった生息範囲住んでいる樹上生活型もいれば洞穴性もおり、水生型もいる。少数の種は建物内人間近辺生活するようになり、人間によって輸送され世界中に分布広げ害虫みなされている。一部の種はセルロース消化促進する共生生物を腸に抱えているが、多くの種が共生生物とは別にセルロース消化する酵素産生している。 シロアリ南極以外全大陸で3,000種以上が発見されている。最多の種がいるのはアフリカで、ヨーロッパ北米生息する種は比較少ない。彼らもまた腐食性でその多くが木を食べており、セルロース消化するための共生原生動物抱えた特殊な腸を持つ。シロアリは体が柔らかくできる限り視認されないようにしている。彼らは大まかに湿木、乾木、地下生活するものに分けられる一般に、湿木シロアリ針葉樹林を、乾木シロアリ広葉樹林を、地下シロアリ多種多様な所を生息地としている。

※この「多様性」の解説は、「ゴキブリ目」の解説の一部です。
「多様性」を含む「ゴキブリ目」の記事については、「ゴキブリ目」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/29 22:53 UTC 版)

ナミハグモ属」の記事における「多様性」の解説

この属には地理的変異多く個々の種の分布域は広くない洞穴性のものでは単独の洞穴からしか知られていない例もある。大型種のカチドキナミハグモ C. nipponicus は特に広い分布域持ち東北北部地域除いて本州から九州にわたって分布し関東以西ではもっとも普通種となっている。だがこの種おいても斑紋などには地方変異多く見られる。更にこの種では中国四国地方触肢長い集団と短い集団が区別できて、少なくとも一部地域で同所的見られ両者間に生殖隔離存在するという。ただし他地域では中間型あるため、これらを別種とすることはできない。 またこの属の分布興味深い点として、同一地域生息環境嗜好体サイズ異な複数種が共存している点が上げられる。また体サイズ生殖器の基本構造共通する近縁種群が地理的広がりを持って確認できるこのような点、本群は種分化研究対象として興味深いものとなっている。

※この「多様性」の解説は、「ナミハグモ属」の解説の一部です。
「多様性」を含む「ナミハグモ属」の記事については、「ナミハグモ属」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/29 15:57 UTC 版)

骨鰾上目」の記事における「多様性」の解説

骨鰾上目棘鰭上目次いで条鰭綱2番目に大きな上目で、5つ主要な系統含み、非常に多様なグループとなっている。Nelson (2006) では、5つ目に現生魚種のおよそ28%にあたる1,075属7,931種が記載されているコイ科カラシン科ロリカリア科タニノボリ科4つの科が合計4,656種を含み過半数 (59%) を占める。コイ科淡水魚最大の科で、脊椎動物としてもハゼ科代わり最大のとなっている。 骨類は淡水魚の約68%を占め南極以外全大陸と、グリーンランド・ニュージーランドを除く大きな島々生息する。なお、およそ123海産種(サバヒー科ネズミギス科ハマギギ科大部分ゴンズイ科半分)もいる。 骨類は、たとえば重さ300 kg達す大型淡水魚メコンオオナマズや、全長12 mmにしかならない超小型淡水魚 Danionella translucida など、実に多様な魚種構成されるヒレナマズ科のように直接空気中酸素呼吸するものや、水の外である程度生きられる Phreatobius cisternarum などの種もいる。デンキナマズ科デンキウナギ目発電器官をもっている。

※この「多様性」の解説は、「骨鰾上目」の解説の一部です。
「多様性」を含む「骨鰾上目」の記事については、「骨鰾上目」の概要を参照ください。


多様性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/11 06:26 UTC 版)

ゾエア」の記事における「多様性」の解説

ゾエア体制十脚類全体でほぼ共通だが、その形態は群によって様々な違いがあるカニ類では上記のように頭胸部塊状先端近くから前方伸びる突起額棘)が前向きよりやや下に伸びるものが多い。カニダマシ科アサヒガニ科などでは前後伸びる体長よりも長く発達する他方コエビ目のゾエア一般的にはより前後に細長くエビに近い姿をしていて、額棘前に伸びるクルマエビ下目のものは十脚目中でもっとも原始的なとされる。これに属すクルマエビ科では、ゾエアはプロトゾエアと呼ばれる。これはゾエアではあるが、触角大きく発達した姿である。サクラエビ科の場合、エラフォカリス幼生呼ばれ、プロトゾエアに似るが、頭胸部長い突起を持つ。更に外見的に大きく異なるのはイセエビ下目のもので、背甲頭部のみを包んで胸部覆わず、腹部ごく小さい胸部から伸びる3対の付属肢は非常に長く全体に腹背方向強く扁平になっており、まるでクモのような姿をしている。これをフィロソマ幼生と呼ぶが、これもゾエア相当するものである。 ヤマトヌマエビゾエア フィロソマ(ミナミイセエビ?)

※この「多様性」の解説は、「ゾエア」の解説の一部です。
「多様性」を含む「ゾエア」の記事については、「ゾエア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「多様性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

多様性

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 00:39 UTC 版)

名詞

多様 たようせい

  1. 色色種類のものが存在すること。

発音(?)

た↗よーせー

翻訳


「多様性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



多様性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「多様性」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



多様性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリポリモーフィズムの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの多様性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ合衆国の音楽 (改訂履歴)、SH2ドメイン (改訂履歴)、尾状突起 (改訂履歴)、鉤状突起 (肋骨) (改訂履歴)、RNA結合タンパク質 (改訂履歴)、クモ綱 (改訂履歴)、アゲハモドキガ科 (改訂履歴)、エルニーニョ (改訂履歴)、顔文字 (Unicodeのブロック) (改訂履歴)、アクリターク (改訂履歴)、複製起点 (改訂履歴)、法学専門大学院 (改訂履歴)、カイコガ科 (改訂履歴)、パエパランツス属 (改訂履歴)、アメーバ (改訂履歴)、オパビニア科 (改訂履歴)、灰皿 (改訂履歴)、ナトリウムチャネル (改訂履歴)、その他の記号 (改訂履歴)、ゴキブリ目 (改訂履歴)、ナミハグモ属 (改訂履歴)、骨鰾上目 (改訂履歴)、ゾエア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの多様性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS