エルヴィス・プレスリーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 音楽家 > ポピュラー音楽の音楽家一覧 (個人) > エルヴィス・プレスリーの意味・解説 

プレスリー【Elvis Presley】


Elvis Presley

下の映画Elvis Presley関連してます。
ユナイテッド・アーチスツ配給


エルヴィス・プレスリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 04:28 UTC 版)

エルヴィス・アーロン・プレスリー英語: Elvis Aron Presley1935年1月8日 - 1977年8月16日)は、アメリカミュージシャン映画俳優。全世界のレコードカセットCD等の総売り上げは5億枚以上とされている[5][6]、「世界史上最も売れたソロアーティスト」の第1位[7][8]。「キング・オブ・ロックンロール」と称される[9]ミドルネーム公文書サイン共にAronだが、墓石にはAaronと表記されている[10]


注釈

  1. ^ プレスリーは映画の台本を叩きつけ、「ふざけるな。 ボートバイクに車の選手、全部同じストーリーだ」と激怒し、撮影現場に行かなかったこともあった。
  2. ^ レノンは以前もアメリカに公演に来た際、プレスリーを馬鹿にするような行動をとった。
  3. ^ ドーナツの食べ過ぎが原因だったというデマがあった。

出典

  1. ^ a b c d e f g h Unterberger, Richie. “Elvis Presley | Biography & History”. AllMusic. All Media Group. 2020年12月17日閲覧。
  2. ^ New Martin guitar exhibit reveals the history of the famed D-28, revered by country and folk musicians alike The Morning Call 2018年4月26日
  3. ^ Gibson, guitar maker for Elvis and B.B. King, hit by $700m debt blues The Sydney Morning Herald 2018/03/23
  4. ^ Elvis Presley’s 68 Comeback Special Revealed a Past Sin Den of Geek US 2018/04/09
  5. ^ 40 years ago America was shocked by the death of Elvis Presley” (英語). News24. 2022年2月14日閲覧。
  6. ^ 40 years ago America shocked by death of Elvis” (英語). Geo News. 2022年2月14日閲覧。
  7. ^ Elvis' Record Sales”. www.biwa.ne.jp. 2019年4月9日閲覧。
  8. ^ a b Elvis Guinness Book”. www.elvis.net. 2019年4月9日閲覧。
  9. ^ Why Elvis Presley is called “The King of Rock 'n' Roll”” (英語). Heritage Auctions | For Collectors By Collectors (2014年12月3日). 2019年4月9日閲覧。
  10. ^ Elvis Aaron Presley - Elvis' middle name, is it Aron or Aaron? | Elvis News”. www.elvis.com.au. 2019年4月9日閲覧。
  11. ^ https://www.allmusic.com/.../roots-of-rock-n-roll-mw0000959...[リンク切れ]
  12. ^ テリー・スタッフォード All music 2022年7月30日閲覧
  13. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  14. ^ https://hollowverse.com/elvis-presley
  15. ^ http://www.scottymoore.net/
  16. ^ https://www.songfacts.com/facts/elvis-presley/thats-alright-mama
  17. ^ Jorgensen 1998, p. 71.
  18. ^ Palladino 1996, p. 131.
  19. ^ Stanley & Coffey 1998, p. 37.
  20. ^ Victor 2008, p. 439.
  21. ^ RETURN OF THE KING: WHEN ELVIS LEFT THE ARMY - LIFE.TIME.com(ライフ.2013年9月10日閲覧.
  22. ^ エルヴィス・オン・ツアー 2022年7月29日閲覧
  23. ^ https://www.discogs.com/ja/Elvis-Presley-Suspicious-Minds-/master/107519
  24. ^ "Burning Love" by Elvis Presley (Hot 100 chart history) – Billboard. Retrieved 28 June 2022
  25. ^ https://www.smithsonianmag.com/history/when-elvis-met-nixon-69892425/
  26. ^ a b https://www.afpbb.com/articles/-/2267718?pid=2023790
  27. ^ ネルソン・ジョージ著「リズム&ブルースの死」134ページ・早川書房
  28. ^ 「急逝したミュージシャン40名 死の真相」49ページ。インテルファン。
  29. ^ https://www.complex.com/music/2013/10/lou-reed-8-favorite-rock-songs-of-all-time
  30. ^ プレスリーの孫が27歳で自殺。ショットガンを口にくわえ… - Peachy - ライブドアニュース
  31. ^ Elvis army information”. Thehillbillycat. 2020年1月8日閲覧。
  32. ^ Elvis height”. Thehillbillycat. 2021年1月8日閲覧。
  33. ^ Copsey, Rob. “Elvis Presley's Top 50 biggest selling songs revealed”. Official Charts Company. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  34. ^ 宮野真守、何十人ものエルヴィス・プレスリー役!衝撃シーン公開”. シネマトゥデイ (2018年2月8日). 2018年4月10日閲覧。
  35. ^ Blue Moon Over Memphis Deborah Brevoort
  36. ^ a b Blue Moon Over Memphis (Introduction) Theatre Nohgaku 2016/03/21
  37. ^ 能を英語で上演――”Blue Moon Over Memphis” UCLAにて共催 早稲田大学、2019/03/22



エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/19 16:25 UTC 版)

エルヴィシー」の記事における「エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)」の解説

歌手志望青年ドライコ世界では E とも呼ばれて救世主扱いされており、E計画標的にされてしまう。ジミー・ロジャーズディーン・マーティン音楽を好む。もうひとつの世界では、ウァレンティノス派信仰している。

※この「エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)」の解説は、「エルヴィシー」の解説の一部です。
「エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)」を含む「エルヴィシー」の記事については、「エルヴィシー」の概要を参照ください。


エルヴィス・プレスリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 00:38 UTC 版)

オブリビオン (映画)」の記事における「エルヴィス・プレスリー」の解説

西暦20世紀アメリカ出身著名な歌手。ジャック自分搭乗するパトロール機のコックピットに、ギター手にしたプレスリー模した首振り人形飾っており、「ボブ」の愛称呼んだり話しかけていた。また、物語中盤にて墜落したパトロール機の代わりとして、「Teck 52」のコールサインを持つジャック使用していたパトロール機を使用するにあたり、このボブの「引っ越し」もしており宇宙テットへと向かう時も一緒であった。

※この「エルヴィス・プレスリー」の解説は、「オブリビオン (映画)」の解説の一部です。
「エルヴィス・プレスリー」を含む「オブリビオン (映画)」の記事については、「オブリビオン (映画)」の概要を参照ください。


エルヴィス・プレスリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 14:32 UTC 版)

バディ・ホリー」の記事における「エルヴィス・プレスリー」の解説

バディ大きな転機訪れる。6月3日ラボックのポンティアック・ディーラー新規オープン記念ショウにエルヴィス・プレスリー出演その前座をバディ&ボブ務める。前年8月サン・レコードからのデビュー以来その激しいステージ・アクトで聴衆熱狂させるエルヴィス評判中西部まで響いていた。バディはエルヴィス・サウンドに強い衝撃を受け、ロックンロール夢中になるバディエルヴィス会話し「とても気さくで素敵な人」とハイポケッツに語っている。 クリケッツのドラム、ジェリー・アリソンの回想。「私が初めバディ見たのは彼らがまだ中学生の時、バディ&ボブとのステージです。その後グループ編成ベーススティール加え大きくなる中でドラムの私やソニー・カーティス(Gt)もプレイ参加しました。ですがエルヴィスステージ見たバディ元の3人編成戻したためドラム私は不要となりましたエルヴィスバンドドラム無し3人でしたから。ところが再度エルヴィスラボック来たときドラムがいるじゃないですか!そうして私はまた彼らとプレイする事になったのです」

※この「エルヴィス・プレスリー」の解説は、「バディ・ホリー」の解説の一部です。
「エルヴィス・プレスリー」を含む「バディ・ホリー」の記事については、「バディ・ホリー」の概要を参照ください。


エルヴィス・プレスリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 19:14 UTC 版)

エド・サリヴァン・ショー」の記事における「エルヴィス・プレスリー」の解説

エルヴィス・プレスリー出演際に寸前まで反対していた。しかし、プレスリー真摯な態度見たサリヴァンプレスリーを「立派な若者です」と称賛し実際に再度出演実現している(1956年9月9日10月28日1957年1月6日通算3度出演)。また、プレスリー最初の出演時には全米視聴率が82.6%を記録している。3度目出演時にはプレスリーの腰を振るアクションクレーム入ったために、本番では延々と上半身だけのアングル放送を行うことを要求しプレスリー自身の顰蹙を買ったという逸話残っている

※この「エルヴィス・プレスリー」の解説は、「エド・サリヴァン・ショー」の解説の一部です。
「エルヴィス・プレスリー」を含む「エド・サリヴァン・ショー」の記事については、「エド・サリヴァン・ショー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エルヴィス・プレスリー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エルヴィス・プレスリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エルヴィス・プレスリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエルヴィス・プレスリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエルヴィシー (改訂履歴)、オブリビオン (映画) (改訂履歴)、バディ・ホリー (改訂履歴)、エド・サリヴァン・ショー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS