グラミー賞とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > グラミー賞の意味・解説 

グラミー‐しょう〔‐シヤウ〕【グラミー賞】

読み方:ぐらみーしょう

Grammy Awards全米レコード芸術科学アカデミーNARAS)が、毎年最もすぐれたレコードアーティストを部門別表彰するために設けた賞。


グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/18 23:30 UTC 版)

グラミー賞(グラミーしょう、英語: Grammy Awards)は、ザ・レコーディング・アカデミーが主催する音楽賞。当初はグラモフォン・アウォード(Gramophone Award)と呼ばれており、現在は単にグラミー(Grammy)と呼ばれることが多い。アメリカ合衆国の音楽産業において優れた作品を創り上げたクリエイターの業績を讃え、業界全体の振興と支援を目的とする賞だが、今日世界で最も権威ある音楽賞のひとつとみなされており、テレビにおけるエミー賞、舞台におけるトニー賞、映画におけるアカデミー賞と同列に扱われる。毎年2月に授賞式が行われ、著名なアーティストによるパフォーマンスや代表的な賞の授賞の模様が全米をはじめ世界の多くの国で放映される。


  1. ^ “Hollywood Walk of Fame History”. Los Angeles Times. http://projects.latimes.com/hollywood/star-walk/about/ 2011年5月21日閲覧。 
  2. ^ Hollywood Walk of Fame History”. Hollywood Walk of Fame. 2011年5月21日閲覧。
  3. ^ Thomas, Bob (1959年4月8日). “Record Academy Plans TV Spectacular Of Its Own”. Ocala Star-Banner. https://news.google.com/newspapers?id=NnRPAAAAIBAJ&sjid=5wQEAAAAIBAJ&pg=1440,1446700&dq=paul+weston&hl=en 2011年1月29日閲覧。 
  4. ^ “Recording Stars Plan Eddie To Join Oscar And Emmy”. The Deseret News. (1957年8月9日). https://news.google.com/newspapers?id=ca9NAAAAIBAJ&sjid=cEgDAAAAIBAJ&pg=7065,1739274&dq=paul+weston&hl=en 2011年2月2日閲覧。 
  5. ^ “Bronze Stars Begot Grammy”. The Robesonian. (1976年2月22日). https://news.google.com/newspapers?id=aSBAAAAAIBAJ&sjid=Z1gMAAAAIBAJ&pg=3612,4838071&dq=paul+weston+grammy&hl=en 2011年5月2日閲覧。 
  6. ^ FYI/TMI: 55th Annual GRAMMY Awards Draws High Ratings And Record Social Media Comments Grammy.com February 13, 2013. 2013年2月14日閲覧。
  7. ^ グラミー・アワーズ・ノミネート、UKアーティストが大健闘
  8. ^ Contact Information and Directions - Billings Artworks
  9. ^ Making the Grammy”. Billingsartworks.com (2006年). 2010年8月28日閲覧。
  10. ^ About Billings Artworks”. Billingsartworks.com (2006年). 2010年8月28日閲覧。
  11. ^ Recording Academy Awards Category Restructuring”. Grammy.org (2011年4月6日). 2011年8月5日閲覧。
  12. ^ Tommasini, Anthony (2003年2月23日). “Music: the Grammys/Classical; Fewer Records, More Attention”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2003/02/23/arts/music-the-grammys-classical-fewer-records-more-attention.html 2010年8月28日閲覧。 
  13. ^ By Todd Leopold CNN (2009年2月9日). “Plant, Krauss rise with 'Raising Sand' at Grammys”. CNN. http://www.cnn.com/2009/SHOWBIZ/Music/02/08/grammy.night/index.html 2010年8月28日閲覧。 
  14. ^ “O'Connor Pulls Out of Grammys”. Los Angeles Times. (1991年2月2日). https://www.latimes.com/archives/la-xpm-1991-02-02-ca-227-story.html 2020年1月28日閲覧。 
  15. ^ “グラミー賞授賞式 過去最悪の珍スピーチの内容はコレだ!”. Techinsight. (2017年2月10日). https://japan.techinsight.jp/excerpt?id=350457 2020年1月28日閲覧。 
  16. ^ “FIVE OF THE BIGGEST SNUBS IN THE HISTORY OF GRAMMY AWARDS”. DTLR VILLA. (2019年12月10日). https://blog.dtlr.com/2019/12/five-of-the-biggest-snubs-in-the-history-of-grammy-awards/?__cf_chl_captcha_tk__=410a370166298c9888716dd05cd0540767578c59-1616581154-0-AYo6SYNyLI0iNp5TVBOfFnLRWK44cXOt5sGPnDFUL_nsgi7T9ILKsTMAk1Cmqe1_SfBPPmE3R8ALBntsw-rgAiOGQEOJNfLJvvkm6CxmykJGSJQxO1TpW5bQGTjuM1ds_C0hmQj1L3ORY1D9FTenAg7FVYW729RHKNFjPZYMEK9kOph4ekxWubPK5h_TceJvObe0ifdkOu__HYijWp-lcDZaW-Z92XFx_OcQfGQ6HVvJJ5aHvpei0opw4rzJZsrrmMEmZU1mTiD3fPGxpZJ_z8kGWa9huWJTeT-1Os_LSHkjDrkIhIBc8aJw0SJfZIJ-ZHUFuYeZFAEsvJN0JBSVfpSG2UPUbOGVFrdf7m10xY-XU_HghK1SzCSkjy0YdXHBxpIBbVl-zX94e03nKWeEK38QvzEtgsmWbm6czGlWKX9DGO1Lmh9Ad_moUCiEig2vnWJQbSUO0M3RH5sE0uwEHmTBkpm9tijM_OzqZCui6QGmt-Ybb71SqcX_y3Ri8R5mPpLUcr_KtSO3EScffCnUPlN5Xb5vFsk3TJzPVsI3QRNAd7yHld9gpo0KN7YWr3TCN_rGoYo31E5U2QdzCc3YRBF698tE7mLLTZWoXXXq6Rk7mtFoLQEbCZSdIMGkh0uwbw 2020年1月28日閲覧。 
  17. ^ Drake(ドレイク)、2022年度のグラミー賞「ベスト・ラップアルバム賞」「ラップ・パフォーマンス賞」にノミネートされるも拒否、取り下げ要求”. 2022年8月19日閲覧。
  18. ^ 「グラミーに代わるアワードを」ヒップホップ文化の威信をかけ『グラミー賞』ボイコットの動きが”. 2022年8月19日閲覧。
  19. ^ グラミー賞2022”. 2022年8月19日閲覧。
  20. ^ ザ・ウィークエンド『After Hours』は、いかにして「コロナ時代のサウンドトラック」となったか?”. 2022年8月19日閲覧。
  21. ^ ザ・ウィークエンド、グラミー賞から『完全無視』で波紋&本人も苦言「グラミー賞は腐ったまま」”. 2022年8月19日閲覧。
  22. ^ ザ・ウィークエンドのグラミー賞ノミネーションがゼロだった原因とされる「秘密委員会」が廃止、という衝撃の発表。ザ・ウィークエンドがそれを受けて、グラミー賞は「それでも腐敗している」とコメント”. 2022年8月19日閲覧。


「グラミー賞」の続きの解説一覧

グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/16 07:54 UTC 版)

ルーペ・フィアスコ」の記事における「グラミー賞」の解説

発表概要結果2007年 「ベスト・ラップ・ソロ・パフォーマンス」に「"Kick Push"」がノミネートノミネート 「ベスト・ラップ・ソング」に「"Kick Push"」がノミネートノミネート 「ベスト・ラップ・アルバム」に「Lupe Fiasco's Food & Liquor」がノミネートノミネート 2008年 「ベスト・アーバン / オルタナティブ・パフォーマンス」に「"Daydreamin"」がノミネート受賞 2009年 「ベスト・ラップ・ソロ・パフォーマンス」に「"Paris, Tokyo"」がノミネートノミネート 「ベスト・ラップ / サング・コラボレーション」に「"Superstar"」がノミネートノミネート 「ベスト・ラップ・ソング」に「"Superstar"」がノミネートノミネート 「ベスト・ラップ・アルバム」に「Lupe Fiasco's The Cool」がノミネートノミネート

※この「グラミー賞」の解説は、「ルーペ・フィアスコ」の解説の一部です。
「グラミー賞」を含む「ルーペ・フィアスコ」の記事については、「ルーペ・フィアスコ」の概要を参照ください。


グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 07:53 UTC 版)

フー・ファイターズ」の記事における「グラミー賞」の解説

2001年 最優秀ロック・アルバム賞『ゼア・イズ・ナッシング・レフト・トゥ・ルーズ』、最優秀短編ミュージックビデオ賞「ラーン・トゥ・フライ」 2003年 最優秀ハード・ロック・パフォーマンス賞「オール・マイ・ライフ2004年 最優秀ロック・アルバム賞『ワン・バイ・ワン2008年 最優秀ロック・アルバム賞『エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイス』、最優秀ハード・ロック・パフォーマンス賞「ザ・プリテンダー2012年 最優秀ロック・アルバム賞『ウェイスティング・ライト』、最優秀ロック・パフォーマンス賞「ウォーク」、最優秀ハード・ロック・パフォーマンス賞「ホワイト・リモ」、最優秀ロック・ソング賞「ウォーク」、最優秀長編ミュージック・ビデオ賞『バック・アンド・フォース』 2018年 最優秀ロック・ソング賞「ラン2022年 最優秀ロック・アルバム賞『メディスン・アット・ミッドナイト』、最優秀ロック・ソング賞『ウェイティング・オン・ア・ウォー』、最優秀ロック・パフォーマンス賞『メイキング・ア・ファイア』 グラミー賞15受賞U2(22受賞)に次いでグループ歴代2位

※この「グラミー賞」の解説は、「フー・ファイターズ」の解説の一部です。
「グラミー賞」を含む「フー・ファイターズ」の記事については、「フー・ファイターズ」の概要を参照ください。


グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/20 04:24 UTC 版)

ビリー・チャイルズ」の記事における「グラミー賞」の解説

チャイルズは8回グラミー賞にノミネートされそのうち1996年1997年2年間で3回グラミー賞を受賞1996年発表されたI've Known Rivers』から「The Starry Night」と1997年発表された『The Child Within』から「Aaron's Song」が「最優秀インストゥルメンタル作曲」として、そして「The Child Within」は「最優秀パフォーマンス・バイ・ジャズ・グループ」としてノミネートされた。2002年にはチャイルズ編曲したダイアン・リーヴスアルバムサラ・ヴォーン捧ぐ』から「Fascinating Rhythm」が「最優秀アレンジメント・アカンパニーイング・ア・ボーカリスト」としてノミネートされ彼にとって4回目ノミネーションとなった彼のJazz-Chamber Ensemble彼の特定した所で演奏するためにChamber Music Americaから大きな補助金授与された。2006年には『Lyric, Jazz-Chamber Music, Vol.1』から「Into The Light」が「最優秀インストゥルメンタル作曲」に。「Scarborough Faire」は「最優秀インストゥルメンタル・アレンジ」そしてアルバムは「最優秀ジャズCD」にノミネートされた。この年チャイルズは「Into The Light」で「最優秀インストゥルメンタル作曲」を受賞し、「最優秀アレンジメント・アカンパニーイング・ア・ボーカリスト」をクリス・ボッティアルバムTo Love Again』でスティング歌っている「What Are You Doing The Rest of Your Life?」によりギル・ゴールドスタインHeitor Perieraと共に受賞した2018年第60回グラミー賞において「最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム」を『Rebirth』で受賞したまた、最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ」にも「Dance of Shiva」でノミネートされていた。

※この「グラミー賞」の解説は、「ビリー・チャイルズ」の解説の一部です。
「グラミー賞」を含む「ビリー・チャイルズ」の記事については、「ビリー・チャイルズ」の概要を参照ください。


グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/20 03:18 UTC 版)

ダイアン・リーヴス」の記事における「グラミー賞」の解説

いずれも最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞。 第43回グラミー賞2001年) - 『イン・ザ・モーメント-ライヴ・イン・コンサート』 - In the Moment 第44回グラミー賞2002年) - 『サラ・ヴォーン捧ぐ』 - The Calling 第46回グラミー賞2004年) - 『リトル・ムーンライト』 - A Little Moonlight 第48回グラミー賞2006年) - 『グッドナイト&グッドラックサウンドトラック - Good Night, And Good Luck 第57回グラミー賞2015年) - 『ビューティフル・ライフ』 - Beautiful Life

※この「グラミー賞」の解説は、「ダイアン・リーヴス」の解説の一部です。
「グラミー賞」を含む「ダイアン・リーヴス」の記事については、「ダイアン・リーヴス」の概要を参照ください。


グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 22:31 UTC 版)

ハル・ブレイン」の記事における「グラミー賞」の解説

1966年度から6年連続でグラミー賞最優秀レコード賞受賞した1966年度『蜜の味1967年度『夜のストレンジャー1968年度『ビートジャンプ1969年度『ミセス・ロビンソン1970年度『輝く星座/レット・ザ・サンシャイン・イン1971年度『明日に架ける橋1976年度『愛ある限り2018年度特別功労賞生涯業績

※この「グラミー賞」の解説は、「ハル・ブレイン」の解説の一部です。
「グラミー賞」を含む「ハル・ブレイン」の記事については、「ハル・ブレイン」の概要を参照ください。


グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/16 10:10 UTC 版)

アリソン・ブラウン」の記事における「グラミー賞」の解説

ベラ・フレックコラボレートし、2000年のグラミー賞カントリー・インストゥルメンタル賞を受賞した1990年にはアリソン・クラウスのグラミー賞アルバムI've Got That Old Feeling 』に携わっており1990年には自身のアルバムSimple Pleasures 』でグラミー賞にノミネートされていた。2001年自身のアルバムFair Weather 』の曲『Leaving Cottondale 』でグラミー賞カントリー・インストゥルメンタル賞を受賞した

※この「グラミー賞」の解説は、「アリソン・ブラウン」の解説の一部です。
「グラミー賞」を含む「アリソン・ブラウン」の記事については、「アリソン・ブラウン」の概要を参照ください。


グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 05:49 UTC 版)

リアーナの受賞とノミネートの一覧」の記事における「グラミー賞」の解説

ノミネート結果2008年アンブレラ年間最優秀レコード賞 ノミネート 年間最優秀楽曲賞 最優秀ラップ・コラボレーション賞 受賞ドント・ストップ・ザ・ミュージック最優秀ダンス・レコーディング賞 ノミネート 『ヘイト・ザット・アイ・ラヴ・ユー』 最優秀R&B楽曲最優秀R&Bディオグループ 2009年 『イフ・アイ・ネヴァー・シー・ユア・フェイス・アゲイン』 最優秀ポップ・コラボレーション賞 ノミネートディスタービア最優秀ダンス・レコーディング賞 『グッド・ガール・ゴーン・バッド最優秀長編ミュージックビデオ2009年第51回パフォーマンス予定されていたが、授賞式への出席キャンセルとなった恋人噂されクリス・ブラウン車内で、ある女性と口論となりその女性を暴行したことが原因とみられている暴行され女性リアーナであったという報道もある。

※この「グラミー賞」の解説は、「リアーナの受賞とノミネートの一覧」の解説の一部です。
「グラミー賞」を含む「リアーナの受賞とノミネートの一覧」の記事については、「リアーナの受賞とノミネートの一覧」の概要を参照ください。


グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 23:30 UTC 版)

フロック・オブ・シーガルズ」の記事における「グラミー賞」の解説

第25回英語版)(1983年)のグラミー賞でファーストアルバムテレコミュニケイション英語版)」収録曲D.N.A.英語版)」が最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞を獲得した翌年最優秀短編ミュージック・ビデオ賞にノミネートされている。

※この「グラミー賞」の解説は、「フロック・オブ・シーガルズ」の解説の一部です。
「グラミー賞」を含む「フロック・オブ・シーガルズ」の記事については、「フロック・オブ・シーガルズ」の概要を参照ください。


グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 01:39 UTC 版)

レディー・ガガの受賞とノミネートの一覧」の記事における「グラミー賞」の解説

グラミー賞はアメリカ合衆国ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス主催する賞。 年ノミネート対象結果2009年 ジャスト・ダンス (with コルビー・オドニス) 最優秀ダンス・レコーディング賞 ノミネート 2010年 ポーカー・フェイス 最優秀楽曲賞 ノミネート 最優秀レコード賞 ノミネート 最優秀ダンス・レコーディング賞 受賞 ザ・フェイム 最優秀アルバム賞 ノミネート 最優秀エレクトロニック/ダンス・アルバム賞 受賞

※この「グラミー賞」の解説は、「レディー・ガガの受賞とノミネートの一覧」の解説の一部です。
「グラミー賞」を含む「レディー・ガガの受賞とノミネートの一覧」の記事については、「レディー・ガガの受賞とノミネートの一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「グラミー賞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「グラミー賞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

グラミー賞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グラミー賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグラミー賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのルーペ・フィアスコ (改訂履歴)、フー・ファイターズ (改訂履歴)、ビリー・チャイルズ (改訂履歴)、ダイアン・リーヴス (改訂履歴)、ハル・ブレイン (改訂履歴)、アリソン・ブラウン (改訂履歴)、リアーナの受賞とノミネートの一覧 (改訂履歴)、フロック・オブ・シーガルズ (改訂履歴)、レディー・ガガの受賞とノミネートの一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS