映画とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 映画 > 映画の意味・解説 

えい が -ぐわ [1][0] 【映画】

一秒一六または二四こまの速度連続的撮影されたフィルムを、映写機によって投影し、一連の物語映像などを写し出すもの。一九世紀末発明されて以来、トーキー・カラー・ワイド・立体などその表現技術めざまし発展した。活動写真キネマシネマムービー。 「 -スター


映画

作者ドナルド・バーセルミ

収載図書哀しみ
出版社彩流社
刊行年月1998.10
シリーズ名現代アメリカ文学叢書


映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/01 15:27 UTC 版)

映画(えいが、: motion pictureあるいはmovieあるいはfilm)とは、長いフィルムに高速度で連続撮影した静止画像(写真)を映写機で映写幕(スクリーン)に連続投影することで、形や動きを再現するもの[1]活動写真キネマシネマとも。




  1. ^ 『岩波国語辞典第三版』岩波書店、1983年、『広辞苑第六版』岩波書店、2008年他。
  2. ^ 1911年『第七芸術宣言』(リッチョット・カニュード)
  3. ^ ダグロン原著、柳河楊江訳述、柳川春三訳『写真鏡図説』1867年
  4. ^ a b c d e Larousse
  5. ^ ギリシア語ラテン翻字: kinein
  6. ^ これらはアメリカにおいて広く鑑賞されたが、日本にも数多く輸入され、特にホームドラマは日本の生活文化に無視できない影響を与えた。ただし、この種のものが今日の日本で新しく撮影・製作されることはまれである。
  7. ^ これらの作品は、劇場では公開されずに、直接ネットにより配信される。Netflixでは、ストーリーのある作品のうち、複数エピソードにわたるものを「テレビ番組・ドラマ」(英語ではTV Shows)と呼び、1エピソードだけのものを「映画」(英語ではMovies)と表記しているため、Netflixの"オリジナル映画"のほとんどは、日本では単発ドラマあるいは二時間ドラマのジャンルに属する、テレビ映画であるとも言える。これらの"オリジナル映画"が映画祭に出品されることが増えて論議を引き起こしている。カンヌ映画祭では、これらの"オリジナル映画"を審査対象から外すため、2018年度からはフランスの映画館で上映された作品のみを審査対象とすると決定し論争となったカンヌ映画祭のネットフリックス作品除外で論争続く” (2017年5月18日). 2017年11月11日閲覧。
  8. ^ デジタルシネマを支えるNTTの技術
  9. ^ 「世界地誌シリーズ5 インド」p75 友澤和夫編 2013年10月10日初版第1刷 朝倉書店
  10. ^ a b c 「今夏の売上は好調:映画業界は不況にもファイル交換にも強い?」WIRED VISION、2008年9月3日付配信
  11. ^ 西周成著『映画 崩壊か再生か』、アルトアーツ/星雲社、ISBN 978-4-434-15949-7、2011年、41-42頁。
  12. ^ ハイビジョン特集 カラー映像記録 よみがえる昭和初期の日本 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  13. ^ 京都市メディア支援センターマキノ省三先生像
  14. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典小項目事典』、「映画」
  15. ^ 『やっぱり世界は文学でできている』(光文社p.115f)。



映画

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 23:37 UTC 版)

名詞

(えいが)

  1. フィルムなどに撮影した人物事物などの動きを伴う映像スクリーン映して見せるもの。

発音

え↘ーか゜
え↗ーか゜

関連語

翻訳

訳語には、cinema系、film系、movie系がありニュアンス異なるが併記した。


Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




映画と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「映画」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「映画」の関連用語

映画のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



映画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの映画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの映画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS