レファレンス協同データベースとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > レファレンス協同データベースの意味・解説 

レファレンス協同データベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/10 09:22 UTC 版)

レファレンス協同データベース(レファレンスきょうどうデータベース、略称:レファ協)は、国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、レファレンスサービス支援のためのデータベースである。2016年の時点で約700館が参加している[1][2]。全国の図書館がICTを用いてレファレンス業務に役立つデータベースを構築している点、そのデータベースをインターネット上に公開し一般利用者の検索に役立てているという点から、デジタルレファレンスサービスの一つであるとみなされている[3]


  1. ^ a b c 図書館徹底活用術, p. 51.
  2. ^ 日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 2020, p. 259.
  3. ^ a b 依田 2006a, p. 90.
  4. ^ 図書館徹底活用術, pp. 50–51.
  5. ^ a b 寺尾 2009, p. 193.
  6. ^ レファレンス協同データベース事業平成17年度事業報告 (PDF) 国立国会図書館関西館事業部 図書館協力課協力ネットワーク係
  7. ^ 高橋 2017, p. 9.
  8. ^ a b 依田 2006a, p. 91.
  9. ^ レファレンス協同データベース事業 事業に参加するには 国立国会図書館
  10. ^ a b c d 依田 2006a, p. 92.
  11. ^ 寺尾 2009, p. 194.
  12. ^ a b 依田 2006b, p. 224.
  13. ^ 依田 2006b, p. 225.
  14. ^ 依田 2006, p. 91.
  15. ^ a b 依田 2006a, p. 93.


「レファレンス協同データベース」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レファレンス協同データベース」の関連用語

レファレンス協同データベースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レファレンス協同データベースのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレファレンス協同データベース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS