研究所とは? わかりやすく解説

研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 04:55 UTC 版)

研究所(けんきゅうしょ、けんきゅうじょ、: research institute, laboratory, research center など)とは、研究などを行う組織・施設のことである。


  1. ^ 東京国立博物館京都国立博物館奈良国立博物館九州国立博物館も傘下に収めているが、これらも研究活動を行っている
  2. ^ 国立歴史民俗博物館国文学研究資料館国立民族学博物館も傘下に収めているが、これらも研究活動を行っている。
  3. ^ 地方独立行政法人
  4. ^ 地方独立行政法人
  5. ^ 研究開発センター”. 東芝. 2019年2月14日閲覧。
  6. ^ 生産技術センター”. 東芝. 2019年2月14日閲覧。
  7. ^ ソフトウェア技術センター”. 東芝. 2019年2月14日閲覧。
  8. ^ ミサワホーム総合研究所”. ミサワホーム. 2020年2月13日閲覧。
  9. ^ ㈱デンソー拠点一覧”. デンソー. 2017年12月18日閲覧。


「研究所」の続きの解説一覧

研究所(ラボ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/06 15:01 UTC 版)

愛人[AI-REN]」の記事における「研究所(ラボ)」の解説

イクル育った場所。イクルはここで様々な研究の対象になっていた。元ナギ系列研究機関ということで新し人類生み出す研究進めてたらしいかつては資金的に優遇されていたが、人類としての進化止めてしまった今になって何の役にも立たない組織見なされ、近々閉鎖されるらしい。イクル移植され「他者」についても調べていたが結局真相はつかめなかった。

※この「研究所(ラボ)」の解説は、「愛人[AI-REN]」の解説の一部です。
「研究所(ラボ)」を含む「愛人[AI-REN]」の記事については、「愛人[AI-REN]」の概要を参照ください。


研究所(学部)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 03:59 UTC 版)

クラスノヤルスク州立農業大学」の記事における「研究所(学部)」の解説

2020年に関しては、クラスノヤルスク州立農業大学7つの研究所(学部)で構成されている。 農業生態学技術研究所 応用バイオテクノロジーおよび獣医学研究所 経済学研究所およびAIC管理 工学システム電力の研究所 食品生産研究所 土地管理地籍および環境工学の研究所 法学研究

※この「研究所(学部)」の解説は、「クラスノヤルスク州立農業大学」の解説の一部です。
「研究所(学部)」を含む「クラスノヤルスク州立農業大学」の記事については、「クラスノヤルスク州立農業大学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「研究所」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

研究所

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 09:19 UTC 版)

名詞

  けんきゅうじょ、けんきゅうしょ)

  1. 研究業務とする組織、又はその組織通常活動する場所。

翻訳


「研究所」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「研究所」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる配当利回り変化率とは

    株式の投資判断とされる配当利回り変化率とは、現在の配当利回りが、過去の配当利回りと比べてどのくらい変化したかをパーセンテージで表したものです。配当利回りは、次の計算式で求めることができます。配当利回り...

  • 株式投資に役立つレポートの一覧

    証券会社では、株式投資に役立つレポートを提供しています。レポートは、口座開設者に無料で提供しているものがほとんどですが、中には口座を開設していなくても閲覧できるレポートもあります。レポートの内容は、そ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

研究所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



研究所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの研究所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの愛人[AI-REN] (改訂履歴)、クラスノヤルスク州立農業大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの研究所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS