メカニズムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > メカニズムの意味・解説 

メカニズム【mechanism】

読み方:めかにずむ

機械仕掛け装置メカ

機構仕組みメカ。「人体の―」

哲学で、機械論


アンタイル:メカニズム

英語表記/番号出版情報
アンタイル:メカニズムMechanisms作曲年: 1923-24年 

メカニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 20:56 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

メカニズム: mechanism)は、

広辞苑によると

  • 英語で「機械装置」、「機構」、「仕組み」等を意味する外来語である[1]
  • (哲学用語)機械論[2]

ちなみにデジタル大辞泉による解説も挙げると、メカニズムには次の3つの用法がある[3]、としている。

  • 1番目に挙げられている用法、機械仕掛け、装置などを指す用法は、特に工学などで用いられている用法である。→機械メカを参照。
  • 2番目に挙げられている用法、ものごとの仕組み、機構などを指す用法は、広く用いられている。
  • 哲学用語(や哲学史用語)のメカニズムとは、機械論(「生命や思考をも含むあらゆる自然現象を力学的(: mechanical)ないし化学的過程として説明できる」と見なす見解[4]、あるいは心や精神、意思、霊魂などの概念を用いずに決定論的な因果関係のみによってあらゆる自然現象を説明しようとする立場)を指す。→機械論英語版 mechanism (philosophy)を参照。

また、一般に「メカニズム」とカタカナ語で説明されるような場合でも、医学・薬学・化学などの分野では「機序」の語が当てられることが多い[5]

  • 発症機序 病気の原因から症状が発現するまでのしくみ。
  • 作用機序 ある化学物質が他の物質・生物に作用して変化を起こすしくみ、薬物・医薬品が生物、特に人に作用して効き目を現す経過としくみ。

mechanismの語源

古代ギリシャ語の μηχανή(mēkhanē)から影響を受けて近代ラテン語英語版(Modern Latin)のmechanismusという語彙が生まれ、その近代ラテン語mechanismusの影響を受け、17世紀中期に英語のmechanismという語彙が生まれた[4]

語句「メカニズム」を含む項目


メカニズム

出典:『Wiktionary』 (2021/07/14 13:54 UTC 版)

名詞

メカニズム

  1. 機構
  2. 手法

語源

翻訳


「メカニズム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



メカニズムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メカニズム」の関連用語

メカニズムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メカニズムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメカニズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのメカニズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS