化学反応とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 過程 > 化学反応の意味・解説 

かがく‐はんのう〔クワガクハンオウ〕【化学反応】

読み方:かがくはんのう

物質構成する原子間で組み替え起こって変化する過程

比喩的に複数のものが組み合わされて、予想しなかった効果生じること。「バレエ歌舞伎競演によって新たな—が生じる」

「化学反応」に似た言葉

化学反応

英訳・(英)同義/類義語:chemical reaction, chemistry

原子分子間結合状態が変わり別の分子形成される過程
「生物学用語辞典」の他の用語
化学反応や酵素反応生体経路など:  力価  加リン酸分解  加水分解  化学反応  化学合成  化学平衡  化学浸透共役

化学反応

作者マーシー・シャイナー

収載図書5分エロティカ
出版社扶桑社
刊行年月2004.10


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 00:05 UTC 版)

化学反応(かがくはんのう、英語: chemical reaction)は、化学変化の事、もしくは化学変化が起こる過程の事をいう[1]化学変化とは1つ以上の化学物質が別の1つ以上の化学物質へと変化する事で[1][2]、反応前化学物質を構成する原子同士が結合されたり、逆に結合が切断されたり、あるいは化学物質の分子から電子が放出されたり、逆に電子を取り込んだりする。広義には溶媒溶質溶ける変化[1]や原子のある同位体が別の同位体に変わる変化[1]液体固体に変わる変化MF2(p386)等も化学変化という。


  1. ^ a b c d コトバンク『化学変化』(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説)”. 2017年8月10日閲覧。
  2. ^ IUPAC, Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book") (1997). オンライン版:  (2006-) "chemical reaction".


「化学反応」の続きの解説一覧

化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/23 01:45 UTC 版)

ポジトロニウム」の記事における「化学反応」の解説

ポジトロニウム水素原子と同様酸化反応化合物生成などの化学反応をすることができるポジトロニウム酸化されると、電子奪われ陽電子だけが残る。

※この「化学反応」の解説は、「ポジトロニウム」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「ポジトロニウム」の記事については、「ポジトロニウム」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 07:19 UTC 版)

四酸化二窒素」の記事における「化学反応」の解説

四酸化二窒素には多様な化学知られている

※この「化学反応」の解説は、「四酸化二窒素」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「四酸化二窒素」の記事については、「四酸化二窒素」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/11 06:57 UTC 版)

海洋の水銀汚染」の記事における「化学反応」の解説

水銀酸化還元反応は、日光もしくは微生物によって、ほとんどが海洋表層起こる。紫外線照射下では、水銀原子酸化され、海水溶解したり、あるいは微粒子吸着したりする。その逆反応では、水銀Hg(II)からHg(0)へと還元され大気中に戻る。海水飛沫のような大気中の微粒子エアロゾルは、このような酸化還元反応必要な条件満たす小さな反応器役割を果たす海洋中の水銀酸化還元反応はあまり単純な可逆過程ではない。反応性の高い中間体経由して反応進行することを示唆する海洋性エアロゾルにおける水銀光化学反応過程については図に示す通りである光酸化反応ヒドロキシルラジカルによって、光還元反応は風や表層擾乱によって引き起こされるではないかとされている暗闇の中では、水銀酸化還元反応微生物活動によって進行する太陽光による化学過程比較すると、微生物による化学過程メカニズム異なり、その反応速度は遅いものである無機水銀Hg(II)およびメチル水銀微粒子吸着されうる。有機物量とこれらの水銀種の濃度間に正の相関がみられ、ほとんどの水銀種が有機物吸着することを示唆している。この現象海洋における水銀生物活性毒性決定付けうる。もしメチル水銀河川を通して海に流出したとしても、海洋見られるメチル水銀大半は海洋中で生成されものであるだろう 。無機水銀メチル化生物学的および非生物学的な反応を介して起こりうるが、生物学的な過程の方がより優勢である右図に示す反応スキーム微生物細胞中における酵素による複雑な代謝反応一部に過ぎない非生物過程においては腐植物質メチル化反応作用物質となるため、分解され有機物無機水銀(II)と反応しやすい表層生じる。興味深いことに極圏における水銀メチル化反応研究によればメチル化反応水中クロロフィル量に正の相関あること示されており、メチル水銀生成過程には生物学的な経路あること示唆している生成されメチル水銀微生物中に蓄積するメチル水銀には高い浸透性があり、加えてその反応過程微生物依存し他の水銀種への分解起こりにくい。そのため海洋中の上位捕食者に至る食物連鎖過程生物濃縮進んでいく。海洋における食物連鎖最上位にあるヒト様々な魚介類摂取するため、大きな危険に晒されている。したがっ水銀排出最小化し、既に存在する水銀除染することは極めて重要といえる

※この「化学反応」の解説は、「海洋の水銀汚染」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「海洋の水銀汚染」の記事については、「海洋の水銀汚染」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/08 21:25 UTC 版)

ペンタクロロニトロベンゼン」の記事における「化学反応」の解説

ヨウ素触媒として、60-70ニトロベンゼン塩素化して製造する。 5 Cl2 + C2H5NO2 → C6Cl5NO2 + 5 HCl

※この「化学反応」の解説は、「ペンタクロロニトロベンゼン」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「ペンタクロロニトロベンゼン」の記事については、「ペンタクロロニトロベンゼン」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 07:12 UTC 版)

選択触媒還元脱硝装置」の記事における「化学反応」の解説

NOx還元反応ガス触媒層を通り抜ける間に起こる。ガス触媒層に入る前にアンモニア尿素のような還元剤混合する選択的触媒反応プロセスにおける無水アンモニアもしくはアンモニア水用いた 化学量論的化学反応式は 4NO + 4NH3 + O2 → 4N2 + 6H2O 2NO2 + 4NH3 + O2 → 3N2 + 6H2O NO + NO2 + 2NH3 → 2N2 + 3H2O 副反応いくつか起こる 2SO2 + O2 → 2SO3 2NH3 + SO3 + H2O(NH4)2SO4 NH3 + SO3 + H2O → NH4HSO4 尿素用いた場合: 4NO + 2(NH2)2CO + O2 → 4N2 + 4H2O + 2CO2 理想的な反応温度は630-720 Kであるが、滞留時間長くすることにより500-720 Kで運転できる最低温度燃料ガス性状触媒形状よる。他に還元剤なりえるものとしてシアヌル酸硫酸アンモニウム挙げられる

※この「化学反応」の解説は、「選択触媒還元脱硝装置」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「選択触媒還元脱硝装置」の記事については、「選択触媒還元脱硝装置」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 00:50 UTC 版)

青焼」の記事における「化学反応」の解説

芳香族ジアゾニウム塩の、紫外線によってジアゾ基脱離する性質利用し紺青と同様潜像作る分解しなかった芳香族ジアゾニウム塩は、フェノール化合物などと結合し、青いアゾ色素生成させるが、この反応進ませるにはアルカリ性にする必要があるR-N=N-Cl黄色) + H-R'-OHR-N=N-R'-OH濃青色従って、感光紙にあらかじめ両者仕込んでおいて、アンモニア水溶液蒸気により現像することが可能となるアルカリ剤仕込み、熱によって全て混合させる感光紙では、複写機なしでアイロンなどにより発色させることもできる原理上は陽画だけだが、青以外も可能で黒く発色する製品もある。また、露光時の分解性結合物質光の波長によって変化させることで、カラーコピーも可能。

※この「化学反応」の解説は、「青焼」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「青焼」の記事については、「青焼」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 02:48 UTC 版)

アルミニウム粉末」の記事における「化学反応」の解説

この粉末接触させると、水酸化アルミニウム水素発生し発熱する。 2 Al   + 6 H 2 O ⟶ 2 Al ( OH ) 3   + 3 H 2 {\displaystyle {\ce {2Al\ + 6H2O -> 2Al(OH)3\ + 3H2}}} また、酸化第二鉄アルミニウム粉末混合粉末火をつけると強い白色の光を発して発火し酸化アルミニウム発生するFe 2 O 3   + 2 Al = 2 Fe   + Al 2 O 3 {\displaystyle {\ce {Fe2O3\ + 2Al = 2Fe\ + Al2O3}}} 詳細は「テルミットを参照

※この「化学反応」の解説は、「アルミニウム粉末」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「アルミニウム粉末」の記事については、「アルミニウム粉末」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/31 00:22 UTC 版)

酸化ウラン(IV)」の記事における「化学反応」の解説

酸化ウラン(IV)酸化雰囲気800 °Cで加熱すると U3O8 となる。 酸化ウラン(IV)フッ化水素700 °Cで加熱すると UF4 となる。

※この「化学反応」の解説は、「酸化ウラン(IV)」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「酸化ウラン(IV)」の記事については、「酸化ウラン(IV)」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 08:37 UTC 版)

水蒸気改質」の記事における「化学反応」の解説

炭化水素に対する水蒸気改質よび水素生成は以下の化学反応となる。 C n H m + nH 2 O ⟶ nCO + ( m / 2 + n ) H 2 {\displaystyle {\ce {{C_{n}H_{m}}+nH2O->{nCO}+(m/2+n)H2}}} エタノールメタノール等を用いて反応行えるC 2 H 5 OH + 3 H 2 O ⟶ 6 H 2 + 2 CO 2 {\displaystyle {\ce {C2H5OH + 3H2O -> 6H2 + 2CO2}}} − 174 k J / m o l {\displaystyle {\rm {-174kJ/mol}}} CO + H 2 O ↽ − − ⇀ CO 2 + H 2 {\displaystyle {\ce {CO + H2O <=> CO2 + H2}}} + 41 . 2 k J / m o l {\displaystyle {\rm {+41_{.}2kJ/mol}}} 前者反応式水蒸気改質)は大きな吸熱反応で、後者水性ガスシフト反応)を合わせて吸熱反応である。 触媒としてニッケル酸化ニッケル用いられるが、水蒸気一酸化炭素に対し量論比でおよそ3下回る触媒上にカーボン析出し触媒失活させることとなる。この水蒸気一酸化炭素の量論比をS/C比と呼ぶ。 この反応1000 程度運転しなければ商業生産できる反応速度得られない。しかし、加熱コストその後プロセスにおける熱回収コストなどを踏まえ、より低い温度でも早く反応する触媒開発急がれている。 ただしSOFC(固体酸化物燃料電池)は作動温度7001000ほどであるため現状反応でも相性がよく、電気変換できなかった分熱損失加熱改質反応使用することで外部熱源不要とし総合的なエネルギー効率高められる

※この「化学反応」の解説は、「水蒸気改質」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「水蒸気改質」の記事については、「水蒸気改質」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/05 02:49 UTC 版)

ペプチド結合」の記事における「化学反応」の解説

ペプチド結合は、その共鳴安定化のため、生理学的条件下では比較反応性低くエステルなどの類似化合物よりもさらに少ない。それにもかかわらずペプチド結合化学反応を起こすことがあり、カルボニル炭素電気陰性原子攻撃してカルボニル二重結合切断し四面体中間体形成する可能性がある。これはタンパク質分解より一般的には、インテインのようなN-Oアシル交換反応でたどる経路である。ペプチド結合攻撃する官能基チオールヒドロキシルまたはアミンである場合得られる分子シクロール呼ばれ、より具体的には、それぞれチアシクロール、オキサシクロールまたはアザシクロールと呼ばれることがある

※この「化学反応」の解説は、「ペプチド結合」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「ペプチド結合」の記事については、「ペプチド結合」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 07:27 UTC 版)

過塩素酸カリウム」の記事における「化学反応」の解説

過塩素酸カリウム KClO4 は強い酸化剤としてさまざまな化合物反応する。ここではグルコースとの反応例に挙げる。 3 KClO 4   + C 6 H 12 O 6 ⟶ 6 H 2 O   + 6 CO 2   + 3 KCl {\displaystyle {\ce {3KClO4\ + C6H12O6 -> 6H2O\ + 6CO2\ + 3KCl}}}

※この「化学反応」の解説は、「過塩素酸カリウム」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「過塩素酸カリウム」の記事については、「過塩素酸カリウム」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/28 22:13 UTC 版)

物質量」の記事における「化学反応」の解説

重曹熱分解 2 NaHCO 3Na 2 CO 3 + CO 2 + H 2 O {\displaystyle {\ce {2NaHCO3 -> {Na2CO3}+ {CO2}+ H2O}}} を考える。熱分解前の重曹物質量を n(NaHCO3) とする。 ナトリウムイオン物質量 n(Na+) は、n(NaHCO3) に等しい。n(Na+) は熱分解前後変化しない炭酸水素イオン物質量 n(HCO3−) は、熱分解前は n(NaHCO3) に等しい熱分解後は n(HCO3−) はゼロになる。 一般に化学反応式係数の比は物質量の比(モル比)に等しい。よって以下のことが言える熱分解発生する水の物質量 n(H2O) は、n(NaHCO3) / 2 に等しい熱分解発生する二酸化炭素物質量 n(CO2) は、n(NaHCO3) / 2 に等しい熱分解後に残る炭酸ナトリウム物質量 n(Na2CO3) は、n(NaHCO3) / 2 に等しい炭酸ナトリウム含まれる炭酸イオン物質量 n(CO32−) は、n(Na2CO3) に等しい。よって熱分解前の n(HCO3−) の 1/2 に等しい

※この「化学反応」の解説は、「物質量」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「物質量」の記事については、「物質量」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 05:52 UTC 版)

青写真」の記事における「化学反応」の解説

鉄イオンは、光(主に近紫外線)によって3価から2価還元される性質を持つ。このことを利用し鉄(III)塩を塗った感光紙露光し原稿濃淡鉄(III)イオン濃淡変換して潜像形成させる原稿の濃い部分に3価が多く残る)。 その後鉄(III)イオンとは反応しないが、鉄(II)イオンとは紺青安定した濃青色顔料)を生成するヘキサシアノ鉄(III)酸カリウム赤血塩)で現像すると、光の当たった部分生成した2価鉄イオン反応するので、青地白の複写陰画)が得られる通常青写真といえばこれを指す。 4 Fe2+ + 3 K3[Fe3+(CN)6] → Fe3+4[Fe2+(CN)6]3 + 9 K+ + e- 一方ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウム黄血塩)で現像すると、逆に白地に青の複写陽画)となる。ただし、ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウム鉄(II)イオンとも反応して青白色物質生成するため、コントラスト低くなるこのため陽画を得るためには陰画原稿としてもう一度陰画作成することが行われたが、精度低下するため実用図面ではもっぱら陰画利用された。 感光紙鉄(III)塩としては、シュウ酸鉄(III)アンモニウムクエン酸鉄(III)アンモニウム用いられまた、あらかじめ現像液混合して感光紙作成すると、現像水洗いだけで済む(下記)。

※この「化学反応」の解説は、「青写真」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「青写真」の記事については、「青写真」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/11 05:12 UTC 版)

二硫化アリル」の記事における「化学反応」の解説

ジアリルジスルフィド酸化するアリシンになるが、分解するジアリルジスルフィドに戻る。触媒存在下にハロゲン化アルキル反応して1-アルキルチオ-3-アリルチオ-1-プロペンや1,3-ビス(アルキルチオ)プロペン与える。ルテニウム触媒を使うと含硫黄複素環化合物合成できる塩化鉄(III)塩化銅(II)触媒とする、多硫化ジアリル合成の前駆体となる。

※この「化学反応」の解説は、「二硫化アリル」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「二硫化アリル」の記事については、「二硫化アリル」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 19:03 UTC 版)

化学」の記事における「化学反応」の解説

詳細は「化学反応」を参照 複数物質混合・必要があれば加熱・冷却などの操作加えると、異な化合物ができる。これを化学反応と呼ぶ。化学反応は物質構成する原子間の化学結合変化によって起きる。化学反応の前後では全体質量変わらない。これを質量保存の法則(あるいは物質不変の法則)という。化学反応は、自然界において基本的には、ある種自由エネルギー最小化するほうへ向かってエネルギー低い位置向か発熱反応と、より乱雑になろうとするエントロピー増大という相反する反応起こしながら、平衡達する。化学では、これら反応法則性利用法解明課題となる。 水溶液の性質を知る手段として体系づけ始まった酸と塩基(塩が加水分解したもの)の関係は、化学では重要な目となる。主に水に溶ける物質の性質分類が行われ、水溶液以外の状態も考慮して、 酸とは水素イオン生じ/与える/電子対受け取物質 塩基(アルカリ性)とは水酸化物イオン生じる/水素イオン受け取る/電子対与え物質定義される。この2つ重要な化合物の組である。互いに相反し中和反応起こさせながら化学平衡し、水素イオン指数など溶液性質決める。 燃焼や金製錬および腐食などの本質酸化と還元説明される酸と塩基反応窓口となる電子対原子一体になっているのに対し酸化と還元電子単独で動き反応を起こすそのため、酸化還元電圧密接に関係し、電流生じさせる機構基本的な原理に当たる還元代表的な用途卑金属精製であり、酸化生化学において重要なクエン酸回路見られる化学合成は、単純な物質から化学反応を用いて複雑な、または特定の機能を持つ物質生成することを指す。分子量小さな物質つなぎ合わせ高分子作る化学合成代表例には重合反応がある。これは化学工業主要なプロセスである。機能持たせる化学合成の例は医薬品製造ナノテクノロジーなどである。このような製造関わる化学合成では、適切な製品効率良く作り出すことが求められ化学の分野としては触媒不斉合成などが研究される

※この「化学反応」の解説は、「化学」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「化学」の記事については、「化学」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 16:16 UTC 版)

セベソ事故」の記事における「化学反応」の解説

事故発生したB棟は、1,2,4,5-テトラクロロベンゼン (上図の1) に水酸化ナトリウム反応させ(芳香族求核置換反応)、枯葉剤である2,4,5-トリクロロフェノール (TCP上図の2) を製造していた。TCP消毒薬であるヘキサクロロフェン原料として利用される通常時では、反応釜の上部で1,2,4,5-テトラクロロベンゼン一部溶解させ、水酸化ナトリウム反応させていた。生じ反応熱によってさらに原料追加され反応温度上昇するシステムであった通常のTCP生産であっても何らかの金属によるウルマン縮合、または単純な芳香環への求核攻撃により、ppm単位TCDD (上図の3) が副生成物として混入していた。 事故発生時、運転指示書無視した作業員人為的なミスによって反応熱暴走した。反応容器安全装置である破裂板が吹き飛んで内容物大気中に放出された。水酸化ナトリウムTCPナトリウム塩溶媒エチレングリコールとともに数百グラム - 数キログラムTCDDエアロゾルとなって18平方キロメートル範囲飛散した

※この「化学反応」の解説は、「セベソ事故」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「セベソ事故」の記事については、「セベソ事故」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 16:16 UTC 版)

水素燃料」の記事における「化学反応」の解説

液体水素水素分子)を酸素と化学反応させて得られるエネルギー用い場合液体水素のこと。 反応させる酸素は、液体燃料ロケットエンジンの場合は液体であるが、燃料電池の場合は普通は空気中酸素を使う。 詳しくは液体水素を参照のこと。

※この「化学反応」の解説は、「水素燃料」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「水素燃料」の記事については、「水素燃料」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 04:02 UTC 版)

フレームレス・レーション・ヒーター」の記事における「化学反応」の解説

酸化還元反応呼ばれる電子移動プロセスで、ヒーターは熱を発生させる。以下の化学反応に従いマグネシウム酸化させるMg + 2H2O → Mg(OH)2 + H2 [+ 熱] この反応酸素によって錆びるのと同程度速さ進行するそのため、マグネシウム水のみで反応して発生する熱は食料加熱には少なすぎる反応速めるため、開発者(アメリカ合衆国特許第4,017,414号及びアメリカ合衆国特許第4,264,362号も参照)は粒子食塩(NaCl)、マグネシウム粒子混合したマグネシウム食塩水のような電解液のなかで混ざり合うとき、ガルバニ電池となり、電気発生させることができる。ヒーターに加えられると、食塩溶けることで電解液食塩水となり、マグネシウム粒子小さな電池へと変わる。マグネシウム粒子接触しているため、数千もの小さな電池となり、素早く反応起こし熱を発生させる特許保有者はこのプロセスを「Supercorroding Galvanic Cells(超浸食ガルバニ電池)」と名付けたアメリカ合衆国特許第5,611,329号は粉末状の鉄マグネシウム合金(質量95パーセントマグネシウム、5パーセント)を用いる。ヒーターは7.5グラム合金0.5グラム食塩からなっている。30ミリリットル水を加えるとすぐに、この混合物230グラム食料10分56上げることができる。すなわち、およそ80ワット50キロジュール熱を発する

※この「化学反応」の解説は、「フレームレス・レーション・ヒーター」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「フレームレス・レーション・ヒーター」の記事については、「フレームレス・レーション・ヒーター」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 14:40 UTC 版)

青化法」の記事における「化学反応」の解説

金の水溶液溶解する化学反応式は、Elsner Equation呼ばれ、以下のようである。 4 Au ( s ) + 8 NaCN ( aq ) + O 2 ( g ) + 2 H 2 O ( l ) ⟶ 4 Na [ Au ( CN ) 2 ] ( aq ) + 4 NaOH ( aq ) {\displaystyle {\ce {4 Au(s) + 8 NaCN(aq) + O2(g) + 2H2O(l) -> 4Na[Au(CN)2](aq) + 4NaOH(aq)}}} この酸化還元反応において、2段階の反応酸素によって金原子から1つ電子奪われAu(CN)−2錯イオン生成する

※この「化学反応」の解説は、「青化法」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「青化法」の記事については、「青化法」の概要を参照ください。


化学反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/21 12:26 UTC 版)

臭化アルミニウム」の記事における「化学反応」の解説

空気中熱すると臭素アルミニウム熱分解する。 2 AlBr 3 ⟶ 2 Al + 3 Br 2 {\displaystyle {\ce {2AlBr3 -> 2Al + 3Br2}}} 四塩化炭素100近く反応する四臭化炭素生成される。 4 AlBr 3 + 3 CCl 4 ⟶ 4 AlCl 3 + 3 CBr 4 {\displaystyle {\ce {4AlBr3 + 3CCl4 -> 4AlCl3 + 3CBr4}}} ホスゲン反応して臭化カルボニルと二塩化臭化アルミニウム生成する。 AlBr 3 + COCl 2COBr 2 + AlCl 2 Br {\displaystyle {\ce {AlBr3 + COCl2 -> COBr2 + AlCl2Br}}} この他難燃剤製造フリーデル・クラフツ反応触媒などの用途がある。

※この「化学反応」の解説は、「臭化アルミニウム」の解説の一部です。
「化学反応」を含む「臭化アルミニウム」の記事については、「臭化アルミニウム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「化学反応」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

化学反応

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 00:09 UTC 版)

名詞

化学 反応かがくはんのう

  1. 物質が、原子間の結合組み換えなどにより、別の物質変わる現象
  2. 比喩)物や人などが組み合わされることにより特別な効果発生する現象

発音(?)

か↗がくは↘んのー

類義語

関連語

翻訳


「化学反応」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



化学反応と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



化学反応のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの化学反応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのポジトロニウム (改訂履歴)、四酸化二窒素 (改訂履歴)、海洋の水銀汚染 (改訂履歴)、ペンタクロロニトロベンゼン (改訂履歴)、選択触媒還元脱硝装置 (改訂履歴)、青焼 (改訂履歴)、アルミニウム粉末 (改訂履歴)、酸化ウラン(IV) (改訂履歴)、水蒸気改質 (改訂履歴)、ペプチド結合 (改訂履歴)、過塩素酸カリウム (改訂履歴)、物質量 (改訂履歴)、青写真 (改訂履歴)、二硫化アリル (改訂履歴)、化学 (改訂履歴)、セベソ事故 (改訂履歴)、水素燃料 (改訂履歴)、フレームレス・レーション・ヒーター (改訂履歴)、青化法 (改訂履歴)、臭化アルミニウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの化学反応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS