ホタルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ホタルの意味・解説 

ほたる【蛍】

読み方:ほたる

【一】甲虫目ホタル科昆虫総称。ゲンジボタル・ヘイケボタル・ヒメボタルなど。一般に体は楕円形軟弱全体に黒色胸の部分が赤い。腹部発光器をもち、暗い所では青白い光放つことで知られるが、ほとんど光らない種も多い。幼虫水生のものと陸生のものとがある。くさのむし。なつむし。《 夏》「狩衣の袖の裏這ふ—かな/蕪村

【二】源氏物語第25巻の巻名。光源氏36歳源氏物語論玉鬘(たまかずら)をめぐる人々動きなどを描く。


ホタル

作者白冰

収載図書中国現代童話集 愛ママ弁当
出版社新潟日報事業社
刊行年月2002.7


ホタル

作者布田竜一

収載図書怪奇堂 2
出版社文芸社
刊行年月2004.6


ホタル

作者奥田

収載図書ホタル 増補
出版社奥田恵
刊行年月2006.6


ホタル

作者松永佳子

収載図書むすぶ―第11回フェリシモ文学賞作品集
出版社フェリシモ
刊行年月2008.6


読み方:ホタル(hotaru

ホタル科昆虫総称


ホタル

読み方:ほたる

  1. 火ノコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作部・長野県〕

分類 長野県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ホタル(hotaru

ホタル科甲虫総称水辺棲息し、夜間光を点滅させて飛ぶことで知られる

季節

分類 動物


ホタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 07:45 UTC 版)

ホタル(蛍、螢)は、コウチュウ目(鞘翅目)・ホタル科 Lampyridae に分類される昆虫の総称[1]発光することで知られる昆虫であり、ホタルという名もその様から「火(ホ)を垂(ル)」として呼ばれるようになったが、ほとんど光らない種が多い[1]


注釈

  1. ^ 一例として、「蛍火が星空と競演 高知県四万十町の津賀ダム湖」[リンク切れ]高知新聞』2018年6月15日(2018年11月27日閲覧)。
  2. ^ かつて日本住血吸虫の中間宿主であったミヤイリガイをホタルの幼虫が捕食していたが、ミヤイリガイを駆除することによってホタルの生息環境も奪われることになった。

出典

  1. ^ a b 『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館. “ホタル”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年3月27日閲覧。
  2. ^ a b 古河 2011, p. 89.
  3. ^ a b 『だれでもできるホタル復活大作戦』
  4. ^ a b 『謎とき昆虫ノート』
  5. ^ 古河 2011, p. 2-3.
  6. ^ 東京ゲンジボタル研究所 2004, p. 17.
  7. ^ a b 古河 2011, p. 1-2.
  8. ^ 夜空を輝かせるホタル(夜螢親親). 台湾観光局. 2022年4月8日閲覧
  9. ^ ホタルのゲノム解読に成功 〜ホタルの光の遺伝子の進化が明らかに〜基礎生物学研究所/中部大学プレスリリース(2018年10月16日)2018年11月27日閲覧。
  10. ^ 『ホタルの木』
  11. ^ a b c 古河 2011, p. 69-71.
  12. ^ 古河 2011, p. 71-75.
  13. ^ 矢島稔『昆虫誌』
  14. ^ 東京ゲンジボタル研究所 2004, p. 75-76.
  15. ^ 古河 2011, p. 77-79.
  16. ^ 古河 2011, p. 79-80.
  17. ^ 一の坂川 『よみがえる川 - 河川再生事例集』(2011年刊)より. 日本河川・流域再生ネットワーク. 2022年3月28日閲覧
  18. ^ ホタル護岸の整備”. 山口県 (2018年5月2日). 2022年3月28日閲覧。
  19. ^ 神田左京『ホタル』
  20. ^ 神田虔十(編著)『日本童謡・唱歌わらべうた集 2』メトロポリタンプレス、2013年、6-7頁。ISBN 978-4-904759-80-6


「ホタル」の続きの解説一覧

ホタル(妖精ホタル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/11 23:55 UTC 版)

バイストン・ウェル」の記事における「ホタル(妖精ホタル)」の解説

地上にも生息する昆虫一種だが、バイストン・ウェルのホタルはさらに強い光を発するまた、種類によって発光する光の色異なるため、これを瓶やカプセルなどに詰携行し、必要時に信号弾のような通信手段として使われる

※この「ホタル(妖精ホタル)」の解説は、「バイストン・ウェル」の解説の一部です。
「ホタル(妖精ホタル)」を含む「バイストン・ウェル」の記事については、「バイストン・ウェル」の概要を参照ください。


ホタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 22:50 UTC 版)

鳥川町」の記事における「ホタル」の解説

鳥川町は「ホタルの里」とも呼ばれ、多い時だと一晩で千匹を超すゲンジボタル飛び交う6月になると人口163人(2017年8月現在)の町に1ヶ月で約3万人が訪れる。1950年60年代には農薬河川改修工事などの影響でホタルは絶滅状態にあったが、地元住民1994年平成6年)に「鳥川ホタル保存会」を設立住民らの努力により、市内屈指のホタルの生息地に生まれ変わった2015年平成27年)から1晩あたりの最大数1400を超えるようになり、2018年平成30年)は1,462匹を記録した

※この「ホタル」の解説は、「鳥川町」の解説の一部です。
「ホタル」を含む「鳥川町」の記事については、「鳥川町」の概要を参照ください。


ホタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 16:31 UTC 版)

とんがりボウシとおしゃれな魔法使い」の記事における「ホタル」の解説

7月27日生まれ女の子

※この「ホタル」の解説は、「とんがりボウシとおしゃれな魔法使い」の解説の一部です。
「ホタル」を含む「とんがりボウシとおしゃれな魔法使い」の記事については、「とんがりボウシとおしゃれな魔法使い」の概要を参照ください。


ホタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 02:38 UTC 版)

ホタルノニッキ」の記事における「ホタル」の解説

プレイヤー分身となる、淡い緑色に光るホタル。2枚の羽が生えた照準のような外見をしている。ミオン寄り添い、彼女を外の世界へ導こうとするが、その理由不明

※この「ホタル」の解説は、「ホタルノニッキ」の解説の一部です。
「ホタル」を含む「ホタルノニッキ」の記事については、「ホタルノニッキ」の概要を参照ください。


ホタル(英: Marie)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 06:26 UTC 版)

スプラトゥーン2」の記事における「ホタル(英: Marie)」の解説

シオカラーズ(英: Squid Sisters)」のメンバーにして、「New!カラストンビ部隊2号留守中アタリメ司令代わりオクタリアン動向監視している。ヒーローモードでは、主人公サポートしてくれる。

※この「ホタル(英: Marie)」の解説は、「スプラトゥーン2」の解説の一部です。
「ホタル(英: Marie)」を含む「スプラトゥーン2」の記事については、「スプラトゥーン2」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ホタル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ホタル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ホタルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホタルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホタル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバイストン・ウェル (改訂履歴)、鳥川町 (改訂履歴)、とんがりボウシとおしゃれな魔法使い (改訂履歴)、ホタルノニッキ (改訂履歴)、スプラトゥーン2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS