尼崎市とは? わかりやすく解説

あまがさき‐し【尼崎市】

読み方:あまがさきし

尼崎


尼崎市

読み方:アマガサキシ(amagasakishi)

所在 兵庫県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

尼崎市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/26 04:59 UTC 版)

尼崎市(あまがさきし)は、兵庫県の南東部に位置する中核市[注釈 1]および中枢中核都市に指定されている。1916年大正5年)に市制施行。




注釈

  1. ^ かつては保健所政令市に指定(いわゆる「三号指定」)されていたが、2009年に中核市に指定されたことにより、保健所政令市の業務は当然に行い得ることとなった(いわゆる「二号指定」)。
  2. ^ 駅の約半分は西宮市にかかっている。
  3. ^ 尼崎駅と大物駅の間は本線との重複区間。
  4. ^ 2006年6月14日阪神電鉄より分離して開業。2009年4月1日に阪神電鉄のバス事業を統合し、完全分社化された。
  5. ^ かつては「尼崎営業所」として市内に営業所を持っていたが、県立尼崎稲園高校の開校を受けて1979年8月に伊丹市に移転して伊丹営業所となった。
  6. ^ 朝1便のみ豊中始発あり。
  7. ^ 2020年10月5日のダイヤ改正・路線改編までは江坂駅前までの路線で、担当も豊中営業所だった。詳細はこちらを参照。
  8. ^ 2022年6月26日まで大阪市淀川区大阪営業所が担当。大阪営業所は2020年12月に豊中市にあった豊中営業所を移転し開設した営業所で、2022年7月1日より阪急観光バスの営業所となった。
  9. ^ 東京都営バス横浜市営バスなど首都圏の均一運賃地域で主流の方式。関西では他に南海バスの堺シャトルや奈良交通の奈良市内、京都市バスの一部路線などで見られるが、均一運賃を取り入れている大阪シティバス神戸市バス(後者は区間制運賃の路線もあり)は「後乗り前降り・後払い」である。
  10. ^ 現本社は神戸市にあるが実質的な本社・工場。創業も尼崎市。
  11. ^ 現在もセレッソの下部組織が練習に使っている
  12. ^ 元は近鉄系のエーエム・ピーエム・近鉄→カッパ・クリエイト系。2011年4月ファミリーマートと経営統合し、法人格解消。以後am/pmの店舗は順次ファミリーマートへ転換。
  13. ^ 過去には阪神浜田球場が尼崎市内にあり、西宮市の阪神鳴尾浜球場へ移転する1994年まで二軍本拠地であったため、実現すれば約30年ぶりに二軍本拠地が尼崎市に戻ることになる。

出典

  1. ^ a b 尼崎の愛称 なんでアマなん?いつからアマなん?”. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社 (2021年1月25日). 2022年7月19日閲覧。
  2. ^ 塩田雄大 (2014年2月). “放送用語委員会●ことばも,ふだん着で勝負しよう。 (PDF)”. 放送研究と調査. NHK放送文化研究所. 2022年7月19日閲覧。
  3. ^ apedia 尼崎市章
  4. ^ 図典 日本の市町村章 p158
  5. ^ 暴力団排除特別強化地域の設定”. 兵庫県警察 (2020年). 2022年9月19日閲覧。
  6. ^ 中塚久美子 (2021年12月28日). “尼崎の歓楽街「かんなみ新地」70年の歴史に幕 「無法地帯」に何が”. 朝日新聞デジタル. 2022年9月25日閲覧。
  7. ^ 尼崎市と西宮市の間で市域の一部を交換をしたことがあると聞いている。いつごろ、どういう理由で、どの土地を交換したのか? レファレンス協同データベース、2013年7月20日(2016年3月5日閲覧)。
  8. ^ 尼崎市章
  9. ^ a b 尼崎100周年記念新聞』1面「歴史の音符♪」。
  10. ^ 特集:尼崎の歌 ザ・ベストテン 第6位〜第10位 - 『南部再生』第30号、尼崎南部再生研究室、2008年。
  11. ^ 「きょうちくとうの願い」という曲の楽譜を探している。国立国会図書館・レファレンス協同データベース)
  12. ^ あまがさき100年会議(資料①) プレ記念期間の取組みについて、尼崎市、2015年12月25日、2頁。
  13. ^ 市の木、市の花、市の草花
  14. ^ 第4回の結果概要 - 環境首都コンテスト全国ネットワーク
  15. ^ まちかどチャーミング賞 - 尼崎市
  16. ^ 尼崎21世紀の森づくりの記録
  17. ^ 任侠山口組傘下組織事務所 使用差し止め申し立て”. 神戸新聞 (2019年10月31日). 2019年11月2日閲覧。
  18. ^ a b 両性愛を告白の尼崎市職員に市幹部が指導「市民に明かすのは不適切」 失望し退職「ショック。無理解を容認」”. 神戸新聞NEXT (2021年12月15日). 2021年12月16日閲覧。
  19. ^ 紛失したのは再々委託先 USB問題で業者が訂正―兵庫県尼崎市:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2022年6月27日閲覧。
  20. ^ 個人情報を含むUSBメモリーの紛失について” (日本語). 尼崎市公式ホームページ. 2022年6月23日閲覧。
  21. ^ 共同通信 (2022年6月24日). “全市民情報入りUSB発見 兵庫・尼崎、46万人分 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2022年6月24日閲覧。
  22. ^ 尼崎市尼崎市尼崎市
  23. ^ 尼崎市尼崎市
  24. ^ “【阪神】2軍の本拠地を鳴尾浜から尼崎に移転検討 2025年の完成を目指す”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年10月2日). https://hochi.news/articles/20201002-OHT1T50171.html 2020年10月7日閲覧。 
  25. ^ “新・虎の穴計画!阪神2軍本拠地に尼崎・大物が候補、手狭な鳴尾浜から移転”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2020年10月2日). https://www.sanspo.com/article/20191002-2FU56D4UVFO2RKFTTPEXBXYS4E/2/ 2020年10月7日閲覧。 
  26. ^ 尼崎市シティープロモーションマスコット あまっこ”. 尼崎市 (2018年5月10日). 2018年7月16日閲覧。
  27. ^ 「尼崎市市制 100 周年PR大使」委嘱式の実施について (PDF, 尼崎市2016年6月15日)
  28. ^ “大阪じゃないのに…尼崎の市外局番「06」の理由 巨額費用で編入”. 朝日新聞社. withnews. (2015年10月12日). http://withnews.jp/article/f0151012001qq000000000000000G0010201qq000012605A 2015年10月12日閲覧。 
  29. ^ 序章 わが国綿業の近代化と尼崎紡績の創立(~明治45年) (PDF)”. ユニチカ百年史. ユニチカ (1991年6月1日). 2012年12月11日閲覧。



「尼崎市」の例文・使い方・用例・文例

  • 尼崎市という市
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「尼崎市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

尼崎市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



尼崎市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尼崎市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS