ヤンマーとは? わかりやすく解説

ヤンマー

名前 Jammer

ヤンマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 06:14 UTC 版)

ヤンマー(英称:YANMAR)は、日本の発動機エンジン汎用産業用を含む)ならびに農機建機小型船舶の製造・販売を行う大手企業グループの総称、およびブランドである。


注釈

  1. ^ 1950年代以前、石油発動機や焼玉発動機などの小型内燃機関は、脱穀機駆動などの農業用動力として用いられることが多かった。
  2. ^ ただしその構造上の最重要パーツとなる燃料噴射ポンプとノズルについてはヤンマーのオリジナルでなく、ドイツのデッケル社のシステムの技術導入・国産化によるものであることが、同時代の農林省技師である小林正一郎らの著書(小林正一郎・鈴木徳蔵『農工用小型発動機』1936年)中で指摘されている(坂上茂樹「発動機製造”超ヂーゼル機関”について(2)」『LEMA』No.513 日本陸用内燃機関協会 p51-p56)。
  3. ^ ヤンマーの無人精米機を古くから設置している所にも「ヤン坊マー坊精米所」という名称が付けられている。
  4. ^ 特に産業用や農業機械用のディーゼルエンジンとしては非常に高い技術力を持つ。
  5. ^ 最低地上高を標準機よりある程度高くとった稲作農家向けの小型トラクターとしてIHIシバウラ(当時シバウラ)との業務提携直後にシバウラと共同開発された機種で、シバウラ側の技術が随所に盛り込まれていた。2001年(平成13年)に製造および販売終了。
  6. ^ 同社のトラクターの基幹シリーズで2011年現在絶版。後継は2002年(平成14年)に販売が開始された「EF」シリーズおよび2006年(平成18年)に販売が開始された「EG」シリーズ。2011年6月現在、既存の「EF」シリーズ(「EF100」シリーズおよび「EF800」シリーズ)も併売されているが、将来的には「EG」シリーズに統一される見込み。
  7. ^ ただし「EG300(標準スピード・26馬力〜34馬力)/300J(ハイスピード・26馬力〜34馬力)」シリーズ(2011年(平成23年)6月現在)以上の上位シリーズからエコディーゼルが標準で搭載される。
  8. ^ なお「EG200(20馬力〜30馬力)」シリーズおよび「EF100(16馬力〜22馬力)」シリーズといった下位シリーズには「エコトラジャスティ」のブランド名が付くものの、こちらはエコディーゼルは非搭載(2011年6月現在)。
  9. ^ 2001年発売の「US300(24馬力~34馬力)」シリーズ以降からは「エコディーゼル」が標準で搭載。2012年現在全て絶版。
  10. ^ 2012年現在「エコディーゼル」が搭載されたトラクターには、冠名として一部の中型以下のホイールトラクター、および一部のフルクローラトラクターには「エコトラ」のブランド名が付き、一部の大型のホイールトラクターには「エコトラプレミアム」のブランド名が付く。
  11. ^ 当初のブランド名は「エココンバイン」シリーズだったが後に「アスリート」シリーズに改名。2012年(平成24年)現在では「アスリートプロ」シリーズ以上の上位シリーズから「エコディーゼル」が搭載される。なお「アスリートジャスティ」シリーズ以下の下位シリーズには「エコディーゼル」が搭載されない。
  12. ^ 1999年(平成11年)発売。「エコディーゼル」は基本的に直噴式燃焼室を用いたディーゼルエンジンが採用されるが例外として田植機用に限り、唯一過流室式燃焼室を用いたディーゼルエンジンが採用されていた。2005年(平成17年)に製造および販売終了(現在10条はヰセキからのOEM。但し、現在でもエコディーゼルではないが、8条にディーゼル搭載機が存在する)。
  13. ^ 例として、前述の「エコディーゼル」の他に丸ハンドル(コンバイン用に限り一部航空機風のハンドルも存在する)を用いたクローラ機構「FDS(Fulltime Drive System)」(2012年現在一部のコンバイン、フルクローラー式トラクター、フルクローラー式乗用管理機に採用)や、静油圧+遊星歯車機構による電子制御油圧機械式無段変速機(I-HMT、2012年現在一部の乗用田植機、大型トラクター)など。
  14. ^ 1993年(平成5年)に乗用型の田植機(乗用6条植)で世界初の小型空冷単気筒ディーゼルエンジンを搭載した。
  15. ^ ヤンマー農機は1972年(昭和47年)に米国ジョンディアと業務提携を結んでおり、2011年現在も米国ジョンディア社の大型トラクター(ただし日本国内専売機種の「JD1520(ヤンマー「エコトラUS PRO US501」OEM機種)」と「JD1620(ヤンマー「エコトラUS PRO US601」OEM機種)」は除く。この2機種に限り日本国内で製造されている)および自走式大型フォーレージハーベスタ(汎用コンバインの一種)等の農業機械の輸入販売を行っている。
  16. ^ かつてはシバウラ自身も自社開発のオリジナルのトラクターや管理機などを製造、販売していたが1991年(平成3年)に前述のとおり業務提携し、その後シバウラブランドは段階的に農業機械の分野から撤退する。
  17. ^ 2018年現在IHIアグリテックはヤンマーのトラクターの委託製造を一部担当している(主に20馬力以上40馬力以下の小型トラクターが中心)。
  18. ^ 船外機船内外機船内機電気推進システムの全てを生産・販売している。
  19. ^ 最近ではヤマハ発動機とフィッシングボート「FZ30」(2006年(平成18年)4月発売)を、スズキマリンと23フィート型センターコンソーラーフィッシングボート「トップランJ・EF23B」(2008年(平成20年)5月発売)を、それぞれ共同開発している。
  20. ^ ヤンマーらしく、一部の小型の除雪機に小型の空冷・単気筒ディーゼルエンジンを搭載している。ただし、中型の除雪機はエンジンを除き、すべて和同産業(WADOブランド)製のOEM機種となる。
  21. ^ 1970年代初頭に開発、そして販売してみたものの、当時購入したユーザーからは「振動は少ないものの、2サイクルエンジンのチェーンソーよりトルクが細く、粘り強さに欠ける」という意見が多かったため、短期間で販売打ち切りとなった。その後、このロータリーエンジンはヤマハの試作型オートバイ「RZ201」に搭載されるものの、丁度第1次オイルショックと重なり、製品化に至らなかった。
  22. ^ こちらもトンボの種類である「ヤンマ」が由来。
  23. ^ 両者共に駆動形式は既存のスバル・サンバー同様、リアエンジン・リアドライブ(RR)を用いており、2009年現在、日本の自動車史においてディーゼルエンジンを搭載して市販されたまったく類をみない軽自動車だった。

出典

  1. ^ a b c d e f ヤンマーホールディングス株式会社 2022年 3月期 決算短信
  2. ^ 会社情報
  3. ^ a b “トヨタとヤンマー、マリン事業における業務提携に向け基本合意” (プレスリリース), トヨタ自動車/ヤンマー, (2016年3月1日), https://global.toyota/jp/detail/11254128 2019年5月13日閲覧。 
  4. ^ a b “ガリバー”ヤマハの牙城を崩せるか!? トヨタとヤンマーがプレジャーボートでタッグ”. マイナビニュース. マイナビ (2016年3月1日). 2016年3月17日閲覧。
  5. ^ 大輪会(だいりんかい)とは”. 泉佐野丘陵緑地公式サイト. 2015年10月12日閲覧。
  6. ^ 沿革 - ヤンマーパワーテクノロジー株式会社 2021年6月17日閲覧。
  7. ^ 第4章 ディーゼル普及に懸けた執念 1951(昭和26)年~1963(昭和38)年 123ページ”. ヤンマー. 2019年5月13日閲覧。
  8. ^ a b 参考画像
  9. ^ 「ヤンマー(株)によるヤンマー農機(株)合併」について(2009年1月15日)
  10. ^ ニュースリリース「ヤンマー中央研究所が『2011年度 グッドデザイン賞』を受賞しました」(2011年10月3日)
  11. ^ グッドデザインファインダー「2011年度 グッドデザイン賞 受賞」
  12. ^ ニュースリリース「マンチェスター・ユナイテッドがヤンマーとパートナシップ契約を締結」 - ヤンマー 2012年9月14日。
  13. ^ ヤンマーグループ 持株会社制への移行について - ヤンマー 2013年1月17日。
  14. ^ ヤンマー、持株会社制に移行 4月1日付で - 日本経済新聞 2013年1月17日。
  15. ^ ヤンマー取締役に有名デザイナー イメージ刷新 - 47NEWS 2013年3月27日。
  16. ^ ソリマチとヤンマーが業務提携 クラウドを活用した農業生産履歴システムと農業機械の遠隔管理システムが連携! - ソリマチ 2013年7月8日
  17. ^ 「フェラーリ風トラクター」ヤンマー開発 冷房も音楽も - 朝日新聞デジタル 2013年7月26日。
  18. ^ フェラーリ風トラクター ヤンマー、「カッコいい農業」イメージ - 朝日新聞デジタル 2013年7月26日。
  19. ^ ヤンマー、佐藤可士和がデザインした新たなブランドロゴを発表 - マイナビニュース 2013年7月25日。
  20. ^ “長居陸上競技場、長居第2陸上競技場のネーミングライツ施設愛称が決まりました” (プレスリリース), 大阪市経済戦略局, (2014年2月20日), http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/keizaisenryaku/0000255578.html 2014年3月22日閲覧。 
  21. ^ 岡田功(2014年11月20日). “ヤンマー:省エネビル 新本社、CO2ゼロ目指す”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  22. ^ ヤンマー東京支社建替えに伴う事務所移転のお知らせ”. ヤンマー (2017年11月9日). 2019年5月13日閲覧。
  23. ^ ヤン坊マー坊、デザイン刷新 誕生60周年の節目にリニューアル(ORICON NEWS)”. oricon ME (2019年9月5日). 2019年9月5日閲覧。
  24. ^ “ヤンマークレジットサービス株式会社の株式譲渡に関する合意について” (プレスリリース), ヤンマー, (2021年3月31日), https://www.yanmar.com/jp/news/2021/03/31/89658.html 2021年5月5日閲覧。 
  25. ^ スマートアシストの概要”. ヤンマー. 2013年2月9日閲覧。
  26. ^ 新本社ビル「YANMAR FLYING-Y BUILDING」完成”. ヤンマー. 2021年10月31日閲覧。
  27. ^ YANMAR FLYING-Y BUILDING/第36回奨励賞”. 大阪都市景観建築賞運営委員会. 2021年10月31日閲覧。
  28. ^ “ヤンマー株式会社の組織再編について” (プレスリリース), ヤンマーホールディングス, (2019年12月24日), https://www.yanmar.com/jp/news/2019/12/24/66778.html 2020年8月8日閲覧。 
  29. ^ ヤンマーグローバルCS株式会社” (日本語). ヤンマー. 2020年8月12日閲覧。
  30. ^ 「解雇は無効」元派遣社員がヤンマーを提訴 産経新聞 2009年3月12日。
  31. ^ 所得隠し:ヤンマー、2年で2億円 大阪国税局指摘 毎日新聞 2009年9月29日。
  32. ^ ヤンマーに1.2億円の申告漏れ指摘 大阪国税局 朝日新聞 2012年2月22日。
  33. ^ ヤンマーHD、1億円の所得隠し…国税指摘 読売新聞 2015年8月6日。
  34. ^ ヤンマーに石綿含有で回収指示 大阪労働局 産経新聞 2010年5月6日。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヤンマーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヤンマーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤンマー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS