脱税とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 税金 > > 脱税の意味・解説 

だつ‐ぜい【脱税】

[名](スル)納税義務者故意税額一部または全部申告をせず、納付免れること。


脱税(だつぜい)

偽りなどの不正な手段によって租税免れる行為

税務署申告なければならない所得を隠すなどの不正な手段を使って、納税額の全部または一部について、意図的課税を免れようとする行為を「脱税」という。

国税局税務調査官は、納税者申告内容が妥当であるかどうか確認するため、納税者やその取引先などに質問をしたり、帳簿書類などを検査したりする権限が与えられている。税務調査結果申告漏れ指摘されると、修正申告に応じて適正な納税額に直さなければならない

このとき、国税通則法に従い、加算税を課される。これは、納税義務違反対す行政制裁のひとつで、税務署は、加算税を含めた追徴課税納税者求める。

また、巧妙所得隠し経費水増しのように悪質な脱税行為については、最大40%の重加算税課すとともに所得税法法人税法などに基づき地方検察庁刑事告発することができる。この場合行政的な制裁範囲を超えて、刑事的な責任を負うことになる。

所得税法法人税法によると、脱税の法定刑は、5年以下の懲役または脱税額に応じた罰金となっている。

なお、税法上の特例措置活用して税金節約する「節税」は、適法かつ有効な行為と認められ、脱税とは区別されている。

(2001.12.06更新


脱税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/26 09:21 UTC 版)

脱税(だつぜい、英語: Tax Evasionドイツ語: Steuerhinterziehung)とは、納税義務者が偽りその他の不正行為により、課税要件の全部または一部を秘匿し、納税を免れることや還付を受けることをいう。租税逋脱(そぜいほだつ)とも呼ばれる[1]


注釈

  1. ^ 不正または偽りの行為のみをもって重加算税が賦課される訳ではない。たとえば在日外国大使館の日本人職員が意図的に給与を4割程度少なく申告していたことで更正決定処分を受けた際には、脱税行為に適用される7年間の遡及を受けたが、仮装・隠蔽行為はなかったとして重加算税の賦課は受けておらず、過少申告加算税または無申告加算税の適用を受けている[PDFファイル http://www.sozeishiryokan.or.jp/award/z_pdf/ronbun_h19_12.pdf]。ただしこのような例は脱税として認定されたものとしては少数派に当たる。

出典



「脱税」の続きの解説一覧

脱税

出典:『Wiktionary』 (2018/03/31 23:38 UTC 版)

名詞

だつぜい

  1. 納税者不正納税免れること。

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
脱税-する

翻訳




脱税と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「脱税」の関連用語

脱税のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



脱税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脱税 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの脱税 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS