着手とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 着手の意味・解説 

ちゃく‐しゅ【着手】

読み方:ちゃくしゅ

[名](スル)

ある仕事手をつけること。とりかかること。「研究に―する」

(「著手」とも書く)刑法で、犯罪遂行直接関係のある行為とりかかること。

囲碁・将棋などで、石を置いたり駒を動かしたりすること。手(て)。「―禁止点」


着手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 04:28 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「着手」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「着手」を含むページの一覧/「着手」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「着手」が役に立つかもしれません。

関連項目



着手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/04 17:32 UTC 版)

弦楽四重奏曲 (フォーレ)」の記事における「着手」の解説

1923年2月中旬ピアノ三重奏曲完成したフォーレは、6月25日から約3ヶ月間オート=サヴォワ県アヌシー=ル=ヴュー滞在した78歳フォーレにとって、高齢から来る無気力状態嘆きの種だったが、アヌシー=ル=ヴューフォーレお気に入りの地であり、8月25日には親友フェルナン・マイヨの主催により、フォーレ『レクイエム』オネゲルの『ダヴィデ王抜粋などの演奏会開かれ、このとき自作指揮したオネゲル会っている。これらによって気力取り戻したフォーレは、同年9月9日付けの妻マリーに宛てた手紙で、弦楽四重奏曲の着手について次のように報告している。 「私は毎日少しずつ曲を書いてます。そう、ほんの少しです。これまで何度もあったように、この最初の模索がどんな運命をたどるのかまだ分かりません。実はピアノ使わない弦楽四重奏曲着手したのです。これはベートーヴェンによって知られるようになった分野で、彼以外の人はみな恐れて、あまり手を付けていません。ためらってきましたサン=サーンスもそうで、それに取組んだのはようやく晩年になってのことでした。そして彼の場合も、他の作曲分野のようにはうまくいませんでしたそんなわけで今度は私が恐れる番だとおっしゃかもしれませんね……。だからそのことについては誰にも話してはいないのです。これからも目標に手が届くうになるまで、話すつもりはありません。『お仕事なさっていますか』と聞かれても、私は図々しく『いいえ』と答えてます。だから誰にもいわないください。」 — 1923年9月9日付、妻マリーに宛てたフォーレの手最初に書かれたのは第2楽章であり、9月12日完成したつづいて同年秋にパリ自宅第1楽章書かれた。 このころフォーレ音楽誌『ルヴュー・ミュジカル』編集者のアンリ・プリュニエールと親しくなり、同誌の特別号ロンサール音楽」のために歌曲寄稿依頼された。1923年11月3日フォーレプリュニエール依頼引き受けロンサールの詩に基づいて作曲を始めた。ところが、モーリス・ラヴェルプリュニエール依頼によって同一の詩を選んで作曲していたことが判明しフォーレ自作草稿破棄してしまった。批評家のギュスターヴ・サマジルによると、このことを知ったラヴェルパリ音楽院の師であったフォーレ優先権を譲ると申し出たものの、その内心は穏やかでなかったようだ述べている。フォーレにとって「遺言」ともなるはずだった歌曲は、このような経過によって失われた

※この「着手」の解説は、「弦楽四重奏曲 (フォーレ)」の解説の一部です。
「着手」を含む「弦楽四重奏曲 (フォーレ)」の記事については、「弦楽四重奏曲 (フォーレ)」の概要を参照ください。


着手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 07:10 UTC 版)

務安国際空港」の記事における「着手」の解説

着手の遅れていた湖南新空港であったが、1996年5月2002 FIFAワールドカップ日韓共同開催決定すると、翌6月建設交通部新空港の候補地を務安確定1997年より基本設計着手しワールドカップ開催前の2001年には完成させる方針であると発表した国会で全羅道選出議員が「湖南新空港見送り続いているのは地域差別」と批判務安予算反映要求した結局1997年度予算62億5400ウォン盛り込まれた。 基本設計1997年6月より開始され、これが務安国際空港開発事業実質的な始まりとなった基本設計完了後1998年12月告示された「務安空港開発基本計画」 では、1997年から2002年まで事業期間で、2800m×45mの滑走路1本と253m×23mの誘導路1本駐機場旅客貨物ターミナル駐車場などを整備して開港その後2010年まで2020年までの2段階で誘導路増設各施設拡張を行う計画示された務安郡現地では1998年10月務安空港建設支援事業所が設置され12月からは用地買収始められた。 こうして開始され務安国際空港開発事業は、周辺地域の開発にも大きな影響与えた1994年の「空港開発中長期基本計画発表に際し全羅南道空港予定地務安郡面を土地取引許可区域指定し地域内での一定面積以上の土地売買には務安郡許可が必要となった。しかし、同じ1994年全羅南道道庁移転候補地として務安郡南部三郷南岳里が選定されこともあり務安郡周辺郡市不動産投機過熱した。また務安郡雲南面で韓国ファイバー風力発電機研究開発行っていたが、風車務安国際空港による高度制限にかかるため、同地での事業化不可となった栄山江干拓事業第4段階として、空港予定地を含む広い地域実施される予定であった干拓事業は、実施後務安国際空港気象条件悪化するという指摘があったことも一つ要因となって中止された。 また務安国際空港開港すれば、全羅南道西南部の狭い地域務安国際空港光州空港木浦空港三空港が位置することになり、これらの空港役割分担問題となったこのうち木浦空港については、民間航空機能の務安移転自明みなされていたが、光州空港扱い不明確だった。光州空港では1996年2月滑走路補修のため近い将来に長期間空港閉鎖必要になる空軍指摘対策として補助滑走路増設要求する光州市に対し建設交通部は現滑走路部分補修しながら務安新空港建設進め2001年光州空港民間航空機能を務安に移す案を主張していた。国会議員の韓和甲は光州市対象とした監査において、全羅南道協調して新空港建設推進するよう市に求めたが、光州市側は務安予算状況不透明であることを理由難色示した。こうして、将来における両者分担曖昧にしたまま、務安国際空港事業推進光州空港強化進められることになった

※この「着手」の解説は、「務安国際空港」の解説の一部です。
「着手」を含む「務安国際空港」の記事については、「務安国際空港」の概要を参照ください。


着手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 23:46 UTC 版)

老人と海」の記事における「着手」の解説

『河を渡って木立中へ出版から2ヶ月後1950年10月末、アドリアーナ母親とともにキューバヘミングウェイ訪問した彼女ら翌年2月初旬まで滞在しヘミングウェイ彼女ら持ち船「ピラール号」に乗せてカリブ海周辺の島々案内したアドリアーナキューバでの滞在について、次のように回想している。 私は活気溢れ熱意みなぎっていたので、それを彼に注ぎ込んだのだ。彼は再び書き始めたが、思いもよらず何もかもうまくいくように思えた彼は書き終えると、別の著作に―私に言わせれば遥かに優れた著作に取かかった彼は、いまや再び、しかも上手に書くことができた。それで彼は私に感謝したこの回想に基づけば、ヘミングウェイこの年クリスマス・イヴに『海流のなかの島々』を書き上げ、さらに年内遅くとも1951年1月早々には『老人と海』に着手したことになる。『海流のなかの島々』を編集したカーロス・ベイカーによれば、『老人と海』は『海流のなかの島々とともに「海」四部作として構想一つ入っていたもの切り離されたものであるヘミングウェイ従軍記者をしていたころに、第二次世界大戦に関する陸・海・空」の物語構想しており、『老人と海』はそのうちの「海」第4部相当していた。 ヘミングウェイが『老人と海』の草稿書き終えたのは、1951年2月中旬だった。執筆期間はおよそ2ヶ月足らずと見られる。妻メアリーは、人目もはばからずアドリアーナ恋情寄せヘミングウェイ愛想を尽かし別居後の自分の仕事の準備までしていたが、『老人と海』の草稿読み、「これならば、あなたがわたしにさんざん加えたひどい仕打ちを、もう全部許してもいい」と告げた同月下旬には版元スクリブナーズ社のチャールズ・スクリブナー(英語版)がハバナ訪れ草稿読んで絶賛した

※この「着手」の解説は、「老人と海」の解説の一部です。
「着手」を含む「老人と海」の記事については、「老人と海」の概要を参照ください。


着手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 13:57 UTC 版)

囲碁のルール」の記事における「着手」の解説

黒と白が、交互に一つずつ石を置いていく(打つ、着手する)。黒が先手で、白が後手となる。 以下に述べる着手禁止点を除く、盤上すべての空いている交点着手して良いパスも可能。

※この「着手」の解説は、「囲碁のルール」の解説の一部です。
「着手」を含む「囲碁のルール」の記事については、「囲碁のルール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「着手」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

着手

出典:『Wiktionary』 (2021/09/01 12:10 UTC 版)

別表記

名詞

ちゃくしゅ

  1. 取り掛かること。
  2. 犯罪遂行直接関係ある行為開始すること。

発音(?)

ちゃ↘くしゅ

動詞

活用

サ行変格活用
着手-する

和語の漢字表記

  1. 「きて」(着る人)の漢字表

「着手」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



着手と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「着手」の関連用語

着手のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



着手のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの着手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの弦楽四重奏曲 (フォーレ) (改訂履歴)、務安国際空港 (改訂履歴)、老人と海 (改訂履歴)、囲碁のルール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの着手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS