晩年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > > 晩年の意味・解説 

ばん‐ねん【晩年】

読み方:ばんねん

一生の終わりに近い時期年老いてからの時期。「幸福な—を過ごす」


晩年

作者太宰治

収載図書少年少女日本文学館 12 走れメロス山椒魚
出版社講談社
刊行年月1986.7

収載図書太宰治全集 1
出版社筑摩書房
刊行年月1988.8
シリーズ名ちくま文庫

収載図書太宰治 井伏鱒二
出版社講談社
刊行年月1995.4
シリーズ名ポケット日本文学館

収載図書太宰治全集 2 小説
出版社筑摩書房
刊行年月1998.5


晩年

作者高木恭造

収載図書外地」の日本語文学選 2 満州内蒙古 樺太
出版社新宿書房
刊行年月1996.2


晩年

作者笠井潔

収載図書道 ジェルソミーナ―私立探偵飛鳥井事件簿
出版社集英社
刊行年月1996.10

収載図書道 ジェルソミーナ―私立探偵飛鳥井事件簿
出版社集英社
刊行年月1999.10
シリーズ名集英社文庫


晩年

作者藤堂志津子

収載図書人形捨て
出版社新潮社
刊行年月2003.4

収載図書人形捨て
出版社新潮社
刊行年月2006.3
シリーズ名新潮文庫


晩年

作者川村慶子

収載図書インカの花―川村慶子小説集
出版社知加書房
刊行年月2004.4
シリーズ名新・現代詩選書


晩年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/06/05 22:44 UTC 版)

ウィキペディアには「晩年」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「晩年」を含むページの一覧/「晩年」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「晩年」が役に立つかもしれません。


晩年(1194年 - 1196年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 03:29 UTC 版)

ベーラ3世 (ハンガリー王)」の記事における「晩年(1194年 - 1196年)」の解説

1194年ベーラ将来ハンガリー王として戴冠した長男イムレクロアチアダルマチア統治者命じる。同年のアルカディオポリスの戦いで東ローマ軍ブルガリアクマン人ヴラフ人連合軍敗れベーラ東ローマ援軍派遣しようとした。しかし、1195年4月イサキオス2世兄弟アレクシオスによって廃位されたため、援軍派遣中止される神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世廃位されイサキオス支援名目とする東ローマへの遠征企てるが、ベーラ臣下ハインリヒ遠征への参加禁止したベーラ聖地奪還する十字軍参加したい考えており、その願望表れとして十字架携えていた。しかし、1196年4月23日ベーラ病没し、宿願を果たすことはできなかった。ベーラ遺体セーケシュフェヘールヴァールバシリカ英語版)に埋葬された。 同時代の人物であるロンドンリチャードベーラ身長際立って高いことを記しており、19世紀実施され発掘調査結果リチャード記述根拠としてベーラ遺体同定され遺骨の状態から身長は190cmだと推定されている。掘り起こされ遺体ブダペストマーチャーシュ聖堂改葬される。

※この「晩年(1194年 - 1196年)」の解説は、「ベーラ3世 (ハンガリー王)」の解説の一部です。
「晩年(1194年 - 1196年)」を含む「ベーラ3世 (ハンガリー王)」の記事については、「ベーラ3世 (ハンガリー王)」の概要を参照ください。


晩年(1630年 - 1640年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/31 09:16 UTC 版)

ピーテル・パウル・ルーベンス」の記事における「晩年(1630年 - 1640年)」の解説

ルーベンス最晩年に当たる10年間をアントウェルペンとその近隣過ごしている。イングランドホワイトホール宮殿の、建築家イニゴー・ジョーンズ設計したバンケティング・ハウス天井画制作など外国からの注文依然として多く、これらの仕事忙殺されていたが、ルーベンス自身芸術新境地開きたい考えていた。 最初の妻イザベラ死去した4年後の1630年に、当時53歳だったルーベンス16歳エレーヌ・フールマン再婚したエレーヌモデルとした肉感的な女性像を、『ヴィーナス饗宴』(1635年頃、美術史美術館ウィーン))、『三美神』(1635年頃、プラド美術館マドリード))、『パリスの審判』(1639年頃、プラド美術館マドリード))など、以降ルーベンス作品多く見ることができる。スペイン王宮からの依頼描かれた『パリスの審判』では、エレーヌローマ神話美神ヴィーナスとして描かれている。ルーベンス私的に描いたエレーヌ肖像毛皮をまとったエレーヌ・フールマン』、通称小さな毛皮』は、『メディチ家ヴィーナス英語版)』 のような古代ギリシア彫刻見られる恥じらいヴィーナス」のポーズ描かれている。 1635年ルーベンスアントウェルペン郊外土地購入し、ここのステーン城、またはルーベンスの城 (Rubenskasteel) と呼ばれる邸宅最晩年のほとんどをすごしている。この場所で描かれ風景画に『ステーン城風景』(1636年頃、ナショナル・ギャラリー(ロンドン))、『畑から戻る農夫』(1637年頃、ピッティ美術館フィレンツェ))などがある。また『フランドル祝祭』(1630年頃、ルーヴル美術館パリ))のようなピーテル・ブリューゲルが得意としたフランドル伝統的な風俗画描いている。 慢性の痛風患っていたルーベンス心不全1640年5月30日死去しアントウェルペンの聖ヤーコプ教会埋葬された。ルーベンス残した子女は8人おり、そのうち3人がイザベラ、5人がエレーヌとの間に生まれた子供で、最年少の子供はルーベンス死去時に生後8カ月乳児だった。 『フランドル祝祭』(1630年頃)ルーヴル美術館パリ) 『ヴィーナス饗宴』(1635年頃)美術史美術館ウィーン) 『三美神』(1635年頃)プラド美術館マドリード) 『ステーン城風景』(1636年頃)ナショナル・ギャラリー(ロンドン) 『畑から戻る農夫』(1637年頃)ピッティ美術館フィレンツェ) 『パリスの審判』(1639年頃)プラド美術館マドリード

※この「晩年(1630年 - 1640年)」の解説は、「ピーテル・パウル・ルーベンス」の解説の一部です。
「晩年(1630年 - 1640年)」を含む「ピーテル・パウル・ルーベンス」の記事については、「ピーテル・パウル・ルーベンス」の概要を参照ください。


晩年(1916年-1944年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 19:39 UTC 版)

エドヴァルド・ムンク」の記事における「晩年(1916年-1944年)」の解説

1916年から没年まではオスロ郊外のエーケリー(ノルウェー語版)に邸宅買って定住した。ここは、かつて農園だった45000平方メートル広大な地所で、講堂壁画制作終わった1916年に75000クローネ購入したムンクはここで、キャベツ畑、果樹園、畑を耕す馬、労働者、家から見え夜景自画像モデル志願者描いたヌード画など、身近な題材を描くようになったノルウェー新聞ムンク大金持ちとして書き立て、彼は施し乞う手紙困惑したまた、何者かに庭の飼い犬撃ち殺される若者時間問わず電話玄関呼び鈴を鳴らす、といった嫌がらせにも悩まされた。 1918年、ブロムクヴィスト画廊で「生命のフリーズ」を全てまとめた個展開いたが、観客新聞の反応芳しくなかったこの年ムンクスペインかぜ患い生死の境さまよったが、何とか回復すると『スペインかぜをひいた自画像』を制作した1920年頃からはアトリエでの人体習作比重を置き始めたほか、風景画星月夜』(1923年-24年)も制作している。また、フレイア英語版)・チョコレート工場食堂壁画1922年)を手がけた。1925年クリスチャニアオスロ改名し新市庁舎建設計画始まった新市庁舎大広間ムンクの絵が発注されることとなり、「これから労働者時代だ」と考えていたムンクは『の中の労働者たち』を主題選び作品制作した。しかし、貧困隷属喪失生々しく描いた彼の作品受け入れられず、代わりにフレスコ兄弟作品飾られることになったムンク長年ライバルである彫刻家グスタフ・ヴィーゲランがオスロ市から自宅スタジオ公園までを提供されるという厚遇受けていたのと対比しても、ムンク不遇は明らかであり、彼はこの敗北大きな精神的打撃受けた。ただ支援者のトマス・オルセンが後に、ムンク無念思い察し所有する大作人生』を市に寄贈した。これは市庁舎一室飾られ、その部屋は「ムンク部屋」と名付けられた。 1926年ヴェネツィアミュンヘンコペンハーゲンパリマンハイムなどで中規模展覧会開かれた後、1927年ベルリンナショナル・ギャラリー油彩画223点、素描21点という史上最大回顧展開かれ、更に同年秋にオスロ国立美術館巡回した。 『星月夜』1922-24年。油彩キャンバス100 × 120.5 cmムンク美術館。 『安楽椅子のそばのモデル英語版)』1919-21年。油彩キャンバス、122.5 × 100 cmムンク美術館1938年75歳誕生日に、エーケリーのアトリエに立つムンクオスロにあるムンクの墓。 ムンク左眼視力落ち右眼頼り仕事をしていたが、1930年5月右眼血管破裂し視界大部分凝血遮られてしまった。眼科専門医から治療法はないと言われた。絵の制作できない間、限られた視力文章執筆取り組んだその後視力徐々に回復し1933年頃には再び絵の制作ができるようになった1932年ドイツパウル・フォン・ヒンデンブルク大統領からゲーテ勲章授与された。70歳となる1933年ノルウェー政府から聖オーラヴ勲章大十字章授けられた。フランス政府からはレジオンドヌール勲章与えられた。 ドイツナチス台頭すると、ムンク作品1937年退廃芸術としてドイツ国内美術館から一斉に外された。1940年4月9日ドイツノルウェー侵攻すると、ノルウェーの元陸軍大臣ヴィドクン・クヴィスリング内応して親ドイツクヴィスリング政権立ち上げたが、ムンク政権懐柔応じアトリエに引きこもった。この時期には『窓側自画像』(1940年)『自画像深夜2時15分』(1940年-44年)、最後自画像自画像時計ベッドの間』(1940年-44年)などを制作した1943年12月12日、エーケリーで80歳の誕生日祝ったその1週間後、自宅近くレジスタンスによる破壊工作があり、自宅窓ガラス爆発吹き飛ばされた。凍え夜気ムンク気管支炎起こし、翌1944年1月23日亡くなった。満80歳没。最期の日、ムンク愛読するドストエフスキーの『悪霊』を読んでいた。 その後間もなく、妹インゲルムンク友人たち抵抗にもかかわらずナチス仰々しい国葬を営むことになり、ムンクの死はナチス宣伝使われた。亡骸両親やソフィーエと同じ墓ではなく偉人たちのための救世主墓地埋葬された。ナチス・ドイツ降伏戦争終結したのはその後1945年5月7日であったムンク遺言により、エーケリーの地所残した作品約22000点を含む創作物資料画材などがオスロ市に遺贈された。自国では正当に評価されなかったという恨みはあったが、ナチスによる作品押収恐れたためであったという。 『自画像時計ベッドの間』1940年-44年油彩キャンバス150 × 120 cmムンク美術館

※この「晩年(1916年-1944年)」の解説は、「エドヴァルド・ムンク」の解説の一部です。
「晩年(1916年-1944年)」を含む「エドヴァルド・ムンク」の記事については、「エドヴァルド・ムンク」の概要を参照ください。


晩年(1924年-1925年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 03:05 UTC 版)

ルドルフ・シュタイナー」の記事における「晩年(1924年-1925年)」の解説

1924年63歳)、元日ゲーテアヌム再建のための構想発表する1月13日には普遍アントロポゾフィー協会週刊報告誌『アントロポゾフィー協会経過報告書』を創刊し降誕祭会議参加できなかった人々のためにもその会議の内容公開した2月15日には精神科学自由大学における第一学級講座(クラッセン・シュトゥンデ Klassenstunde)を開講する。この講座は後に第二学級第三学級設立される予定であったが、シュタイナー死によって中断された。 2月16日以降シュタイナーの「本来の」使命であったカルマに関する連続講義(それは50回にも亘り、9月28日まで続く)をドルナハにて開始しその内容凝縮したものを各地講演する(これらは合計30回を超える)。降誕祭会議以降アントロポゾフィー運動普遍アントロポゾフィー協会同義 (identisch) になった説き協会重要性について熱弁して回った同月音楽オイリュトミー講座を開く。 3月末には、1月日の目を見た新しゲーテアヌム」の1/100スケール立体モデル粘土製作することに熱中した三日三晩アトリエ籠もり切ったシュタイナーは「熱に浮かされたように創作集中し3月26日模型完成し、わずか5週間図面引かれる6月、コーバーヴィッツで「農業講座」が開かれバイオダイナミック農業基礎築かれるドイツではこの方法で作られ野菜にはデメター (Demeter) というマークつけられている。 6月から翌7月言語オイリュトミー講座治療教育講座ドルナハにて行われる9月ドルナハにて演劇講座9月28日午後8時からの講演20分で中断し病床に就く。 12月1日、「新しゲーテアヌム」の建築許可下りる。このコンクリート造りの「第二ゲーテアヌム」の建設実際に始まったのは翌年入ってからであり、完成したのは1928年、つまりシュタイナーの死の3年後であった1925年64歳)、元日深夜卒倒高熱により食欲減衰3月26日病状好転するものの、29日病状悪化30日午前4時頃、イタ・ヴェーグマンに苦痛訴え、5時頃に普遍アントロポゾフィー協会理事のアルベルト・シュテッフェンとギュンター・ヴァックスムートが病室呼ばれる午前10時頃、ルドルフ・シュタイナー他界4月1日夜に葬儀執り行われる。死の3日前までシュタイナーは「人類典型」(キリスト)にのみを振っており、また死の前日には第二ゲーテアヌム内部建築のために使用するアトリエ完成について訊ねているなど、その制作意欲最後まで衰えことはなかった。

※この「晩年(1924年-1925年)」の解説は、「ルドルフ・シュタイナー」の解説の一部です。
「晩年(1924年-1925年)」を含む「ルドルフ・シュタイナー」の記事については、「ルドルフ・シュタイナー」の概要を参照ください。


晩年(2010–2016)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:45 UTC 版)

プリンス (ミュージシャン)」の記事における「晩年(2010–2016)」の解説

2010年1月プリンス出身地であるミネソタ州本拠地ミネソタ・バイキングストリビュートソングレコーディング行った6月7日新曲Hot Summer公開(この日は自身誕生日でもある)。7月10日イギリスベルギー新聞新作である『20ten』を付録として配布7月22日ドイツ雑誌Rolling Stone magazine」に『20ten』を付録として配布2012年11月NPGギタリストであるアンディ・アローアルバムプロデュース2013年1月Twitterに於いて「3RDEYEGIRL」なるアカウントプリンス新曲スタジオライブ映像YouTubeアップロードし始めるその後YouTube投稿され動画削除されたため同アカウントプリンスの関係が取沙汰されたが、「3RDEYEGIRL」で正式にサイト開設しプリンス新曲動画ダウンロード販売コンサートチケット販売開始された他、「3RDEYEGIRL」がプリンスプロデュースする女性グループである事が発表された。 2014年2月2日アメリカFOXチャンネル番組New Girlダサかわ女子三銃士 シーズン3』の2月2日放送回プリンスカメオ出演し、主演ズーイー・デシャネルフィーチャーした新曲「FALLINLOVE2NITE」を公開した3月18日新曲「FALLINLOVE2NITE」の配信リリース午前0時より日本iTunes Storeスタート4月18日古巣ワーナー・ブラザース新たに契約結んだ事が突然公式発表される加えて新曲「ザ・ブレイクダウン」のデジタル配信スタートされる。以下はプリンスの弁『実は新しスタジオ・アルバムも出す予定なんだ。僕とワーナー・ブラザースお互い交渉にすごく満足してて、このパートナー関係が充実したものになるのが楽しみだよ』 7月4日、「Essence Festival」のヘッドライナー務めたプリンスが、同フェス出演していたナイル・ロジャースセット飛び入りし、デヴィッド・ボウイの「レッツ・ダンス」をカバー9月30日プリンス名義で『Art Official Age』を、3RDEYEGIRL名義で『PLECTRUMELECTRUM』を、前述のとおりNPGレコードからワーナー・ブラザース独占的ライセンスされて同時リリースされた。これは、プリンスにとって4年ぶりのスタジオアルバムリリースとなった発売時には、自らそのセレブレーションとして、自身所有するスタジオであるペイズリーパークからネット介した世界同時中継敢行した。この両作は、日本オリコン週間チャートでも10以内入った2015年2月8日行われた第57回グラミー賞Album of The Year部門プレゼンターとしてサプライズ登場。この時の、"Albums — remember those?(アルバムって覚えてる?)"と"Like books and black lives, albums still matter(本や黒人の命と同じように、アルバムいつだって大事なんだ)"はアルバム存在と、トレイボン・マーティン射殺事件などに対すスピーチとして話題となった9月7日アルバム『HITnRUN Phase One』を、12月11日にその続編『HITnRUN Phase Two』を音楽ストリーミングサービスTIDALから先行リリース2016年4月15日プリンス移動中の自家用ジェット機内にてインフルエンザにより体調不良悪化し病院緊急搬送された。だが、翌日16日には地元ミネアポリスプリンス所有する「ペイズリー・パーク・スタジオ」にて催行されているダンス・パーティファン前に姿を現した。ところが4月21日早朝、「ペイズリー・パーク・スタジオで誰かが亡くなったようだ」と米ゴシップ・サイトのTMZ第一報報じその後、「発見され遺体プリンスのものである」とAP通信など複数メディア報じたCNNその時「ペイズリー・パーク・スタジオ内で何が起こった警察が現在調べている」と報じており、発見時の状況について「スタジオ内のエレベーターの中で意識不明の状態」とされていたが、6月2日ミネソタ州検視当局により死因鎮痛剤フェンタニル過剰投与による中毒死である報告書公表された。 同年6月ミネソタ州知事のマーク・デイトンにより、6月7日を「プリンス・デー」とすることが発表される

※この「晩年(2010–2016)」の解説は、「プリンス (ミュージシャン)」の解説の一部です。
「晩年(2010–2016)」を含む「プリンス (ミュージシャン)」の記事については、「プリンス (ミュージシャン)」の概要を参照ください。


晩年(1978年〜現在)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 23:56 UTC 版)

WUSA (TV)」の記事における「晩年(1978年〜現在)」の解説

1978年6月26日、ポスト・ニューズウィークはデトロイトでイブニングニュース・アソシエーション(英語版)のWWJ-TV(現:WDIV-TV(英語版))とWTOP-TVを交換した同日、WTOP-TVはコールサインチャンネル9がサービス提供する地域コロンビア特別区District of Columbia)、バージニア州Virginia)、メリーランド州Maryland))のイニシャル表しているWDVM-TVに変更した。ポストニュースウィークの親であるワシントンポスト社とデトロイトニュース(英語版)を発行したイブニングニュース・アソシエーションは、当時、同じ市場における新聞放送局所有権禁止することを検討していたため、FCC当局不利な条件売却したり、非常に価値のあるライセンス取り消したりすることを恐れて当局交換することを決定したコールサインは、同じ市場にあるが所有権異なテレビ局ラジオ局異なコールサイン使用する必要がある述べた、現在廃止されているFCC規則に従って変更された。 1985年ガネット・カンパニーはイブニングニュース・アソシエーションを買収した1986年7月4日ガネットは、アメリカ合衆国首都にある放送局と、ガネットUSAトゥデイ所有していることを称えるものとして、WDVMのコールサインWUSA変更したWUSAコールサインは、かつて、ミネアポリスにあるガネット所有局で使用されていたため、コールサインKARE (テレビ)(英語版)に変更された。WDVM-TV(英語版コールサインは現在、メリーランド州ヘイガーズタウンの無関係な放送局使用されている。 当時、特にガネットプレスリリースでは、当局コールサイン一般的に「W★USA」と印刷されていた。ただし、「W」と「U」の間のアスタリスクまたは星マークは、コールサイン一部ではない。星マークは、USAトゥデイへの接続を示すために使用された。スターは、1990年代後半に、CBS系列局以前厳格なブランディングガイドラインを大幅に緩和しロゴコールサインブレンドすることを許可していなかった)、ロゴ内に「W★USA」と視覚的に表されていた、現在は廃止されアメリカ女子サッカーリーグWomen's United Soccer Association)との混乱を減らすために、コールサイン一部ではないCBSアイマークにオンエア置き換えられた。 WUSAは、1992年1月にウィスコンシン・アベニュー北西4100番地にある新しブロードキャスティングハウスに移転した。WTOP-FMは1971年に古いブロードキャストハウスを去ったが、送信所同所置いていた。WTOPラジオ1978年去りワシントン・ポストはそれを1年前にジ・アウトレット・カンパニー(英語版)に売却していた。より近代的な建物への移転は、移転数日前人気のあるスポーツキャスターのグレン・ブレナー(英語版)の脳腫瘍による死去のために悲しみ帯びていた。1998年WUSAウェブサイト「wusatv9.com」を立ち上げたが、後にドメイン名の「TV参照削除して「wusa9.com」となった2012年10月第1週頃、ガネットは、報酬料金と、Hopperデジタルビデオレコーダー英語版)のディッシュ・ネットワーク(以下、ディッシュ)のAutoHopコマーシャルスキップ機能に関してディッシュに対して紛争起こしたガネットは、WUSA広告収入悪影響及ぼしているという理由で、ディッシュがAutoHopを中止するように命じたガネットは、小競り合い同年10月7日以降続きディッシュガネット合意達しない場合全ての放送局WUSAなど)を撤去する脅迫した期限数時間延長した後、最終的に両当事者は合意達した2015年6月29日ガネット・カンパニーは2社に分割され一方印刷メディア専門とし、もう一方放送およびデジタルメディア専門としている。WUSAテグナという後者会社によって運営されている。

※この「晩年(1978年〜現在)」の解説は、「WUSA (TV)」の解説の一部です。
「晩年(1978年〜現在)」を含む「WUSA (TV)」の記事については、「WUSA (TV)」の概要を参照ください。


晩年(1953-1976年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 08:31 UTC 版)

サミュエル・モリソン」の記事における「晩年(1953-1976年)」の解説

1955年モリソンハーバード大学退職した。彼は余生執筆活動費やした。“Christopher Columbus, Mariner”(1955年)、“Freedom in Contemporary Society”(1956年)、“The Story of the 'Old Colony' of New Plymouth, 1620–1692”(1956年)、“Nathaniel Homes Morison”(1957年)、“William Hickling Prescott”(1958年)、“Strategy and Compromise”(1958年)と矢継ぎ早に作品世に送り出している。1959年の“John Paul Jones: A Sailor's Biography”では、2度目ピューリッツァー賞獲得する1960年代初めモリソンは再びニューイングランド史に焦点当て、“The Story of Mount Desert Island, Maine”(1960年)、“One Boy's Boston, 1887–1901”(1962年)、“Introduction to Whaler Out of New Bedford”(1962年)、“A History of the Constitution of Massachusetts”(1963年)の一連の著作発表した。このほか1963年には、第二次世界大戦におけるアメリカ海軍戦史概略を一冊にまとめた“The Two Ocean War”を刊行している。 1964年モリソンは、大統領自由勲章リンドン・ジョンソン大統領から贈られた。ジョンソン大統領は、このアメリカ合衆国における文民最高の栄誉を贈るに際し次のように述べている。 学者にして海軍人、この水陸両用歴史家は、行動人生文芸の技の二つ組み合わせることで、二世代のアメリカ人を無数の発見航海へといざなった。(Scholar and sailor, this amphibious historian has combined a life of action and literary craftsmanship to lead two generations of Americans on countless voyages of discovery.) モリソンの晩年は、探検に関する本の執筆にも充てられた。例えば、“The Caribbean as Columbus Saw It”(1964年)、“Spring Tides”(1965年)、“The European Discovery of America”(1971-1974年)、“Samuel de Champlain: Father of New France”(1972年)が挙げられる最後の一冊の執筆のためには、サミュエル・ド・シャンプランSamuel de Champlain)の経路多く実際に帆走しそれ以外部分飛行機使って辿っている。

※この「晩年(1953-1976年)」の解説は、「サミュエル・モリソン」の解説の一部です。
「晩年(1953-1976年)」を含む「サミュエル・モリソン」の記事については、「サミュエル・モリソン」の概要を参照ください。


晩年(FMW)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 20:44 UTC 版)

ミスター珍」の記事における「晩年(FMW)」の解説

1980年代後半頃からリング上がっておらず、マスコミからは事実上の引退扱いとされていた為にプロレスラー年鑑には自身の名前が載っていなかった事に対して数々プロレス編集者に電話抗議した1993年7月16日60歳超える高齢FMW参戦し、正式デビュー控えた練習生田中正人(現:田中将斗)と対戦田中の正式デビュー戦1993年7月23日リッキー・フジ戦)。突如現役復帰果たし日本人現役最高齢レスラーとなった第一級身体障害者認定される程、重度糖尿病長年患っており、人工透析頻繁に受けなければ生命維持困難な身体であると『週刊プロレス』のコラムマスコミ公表大仁田厚厚意で、人工透析続けながらイレギュラーFMW前座試合参加。孫のような世代若手選手相手に、下駄だけでなくゴム凶器として使用するというコミカルな反則攻撃観客笑わせた一方彼の体の状態も知られていたため、ボディスラム投げられるだけでも場内どよめくほどであったが、7月の「ノーロープ有刺鉄線バリケードマット電流地雷爆破ダブルヘルデスマッチ」では大仁田セコンドについて試合乱入しミスター・ポーゴ電流爆破装置付き有刺鉄線叩きつけられるというスリリングな展開となった五所川原吾作との対戦では、五所川原アンダーテイカー吾作ジ・アンダーテイカーパロディ)に、珍が珍崎人生新崎人生パロディ)にそれぞれなりきってパロディ対決話題集めミスター珍全盛期知らない若い世代ファン喜ばせていたが、病状悪化し1995年6月26日慢性腎不全により死去62歳没。 死後、そのレスラーとしての壮絶な半生が『驚きももの木20世紀』で特集された。 声優森川智之中学時代横浜にあるスカイジムトレーニングしていたところミスター珍から「ボク、今からやってたらいいレスラーになるよ」と声をかけられことがある

※この「晩年(FMW)」の解説は、「ミスター珍」の解説の一部です。
「晩年(FMW)」を含む「ミスター珍」の記事については、「ミスター珍」の概要を参照ください。


晩年(1890年 - 1926年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 07:06 UTC 版)

ヴィクトル・ヴァスネツォフ」の記事における「晩年(1890年 - 1926年)」の解説

その後20年間は、ヴァスネツォフにとって実り豊かな時期であったが、晩年の絵画のほとんどは、第二次的な意義しか認められていない。この時期通じて次第他の媒体で働くようになった1897年に弟アポリナリーと共同リムスキー=コルサコフ歌劇サトコ》の舞台美術担当し1910年代には、「ボガトゥイルカ」と呼ばれたヘルメット被ったロシア陸軍のために、新しユニフォームのデザイン依頼された。 世紀の変わり目になると、トレードマークであるロシア文芸復興運動の「スカーツカ」様式建築洗錬させた。最初に評価され設計図は、ワシーリー・ポレーノフの手借りたアブラムツェヴォ教会1882年)である。1894年にはモスクワ自邸設計している。1898年にはパリ万博ロシア館を設計した1904年には、スカーツカ様式の最も名高い建築物設計した。即ち、トレチャコフ美術館である。 1906年から1911年までの間、ワルシャワ・アレクサンドル・ネフスキー大聖堂のためにモザイクデザインした1912年には、皇帝ニコライ2世より貴族に列せられている。 ロシア革命以前には、トレチャコフ美術館評議員として活動し、また収入かなりの部分ロシア国立歴史博物館贈って大部分蒐集物に身銭切った十月革命以降は、アレクサンドル・イワノフらの宗教画を、教会からトレチャコフ美術館に移すことを擁護した

※この「晩年(1890年 - 1926年)」の解説は、「ヴィクトル・ヴァスネツォフ」の解説の一部です。
「晩年(1890年 - 1926年)」を含む「ヴィクトル・ヴァスネツォフ」の記事については、「ヴィクトル・ヴァスネツォフ」の概要を参照ください。


晩年 (1888年-1890年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 09:34 UTC 版)

セザール・フランク」の記事における「晩年 (1888年-1890年)」の解説

1888年フランク次なるオペラジゼル』に取り掛かった。しかし、この作品作曲というに至らぬ草稿段階までで終わり完成されることはなかった。対照的に大規模な弦楽四重奏曲』は完成され1890年4月初演聴衆評論家から好評をもって迎えられた。これ以外にも同じ時期には、フランクパリ及び近隣都市でコンサートピアニストとして活動し2年前には『プシシェ』の再演熱狂的に終わっており、さらに弟子たちによる数多く演奏によってフランク成功を手にしていた。加えて、彼はサント・クロチルド聖堂定例大きな日曜集会には即興演奏披露し続けていた。彼はオルガンのための大きな作品、またチェロソナタ構想温めていた可能性がある。 1890年7月フランク乗車していた辻馬車馬引き列車衝突事故起こす。頭に損傷受けた彼は一時意識喪失した。ただちに後遺症見られなかったため彼はそのまま移動再開し本人事故重要視しなかった。しかしながら次第歩行苦痛になり始め、気が付くと彼は演奏会リハーサルを休む事を余儀なくされ、続いて音楽院での講義断念せざるを得なくなったできるだけ急いで休暇取ってヌムール赴いた彼は、同地約束していたオルガン作品ハーモニウムのための委嘱作品書けることを願った休暇中に彼は両プロジェクト着手することができた。 ハーモニウム作品集よりも早くオルガン作品1890年8月9月書き上げられた。この作品オルガン音楽史における珠玉逸品である『3つのコラール』であり、今日でも頻繁に演奏されている。ヴァラはこの作品について次のように述べている。「その美しさ重要さは、この曲集を音楽による遺書もしくは遺言考えてまったく差し支えないほどである。」ヴァラよりも後の時代伝記作家同様の表現用いている。「全体通してフランク意識大きな別れの言葉となっているのは明らかである(中略)『コラール』を作曲したフランクが、自らの身体が完全に回復する希望持ち続けていたと考えるのは難しい、いや、ほとんど不可能に近い。」 10月から音楽院新学期入ったフランクであったが、月の半ば風邪を引いてしまう。この風邪こじらせたことによって胸膜炎かかった彼は、みるみるうちに病状悪化させて11月8日帰らぬ人となった1970年にある病理学者示した所見では、従来フランクの死は交通事故原因とされるか何かしらの関連があるものとされていたが、呼吸器感染自体が死の病となることもあり得たという。抗生物質がまだ知られ当時においては、この病状は「70男性肺炎の状態として珍しいものとは言えない。」しかしこの判断にはその後疑問を呈する者が現れた。「最もよく知っているだろうと思われる2人人物、すなわちフランク本人彼の妻が述べた直接の原因》には疑いがない。同様に直近の1890年7月から11月まで家政婦として彼の身の回り世話をしていた外部人間言葉確からしい中略フランク数十年にわたる《蝋燭両側から燃やすような》過酷な労働そのものによって、彼が軽度怪我から回復するのに必要な体力さえもが損なわれていた可能性十分にある。」 フランク葬送ミササント・クロチルド聖堂執り行われ音楽院の公式代表だったレオ・ドリーブをはじめ、サン=サーンスウジェーヌ・ジグーガブリエル・フォーレアレクサンドル・ギルマンシャルル=マリー・ヴィドールフランク後任として音楽院オルガン教授となった)、エドゥアール・ラロなどの多数参列者があった。エマニュエル・シャブリエがモントルージュ(Montrougeにあった元の墓地の側でスピーチ行ったフランク亡骸その後パリモンパルナス墓地移され友人建築家のガストン・ルドン(英語版)が設計した墓に納められた。オーギュスタ・オルメス率いフランク弟子たちオーギュスト・ロダン銅板への浮き彫り委嘱し、完成した3/4サイズフランク胸像1893年に墓の脇に掲げられた。1904年彫刻家のアルフレド=シャルル・ルノワール(フランス語版)が製作した記念碑オルガンに向かうセザール・フランク」が、サント・クロチルド聖堂から通り挟んで向かい側サミュエルルソー広場設置された。フランクは現在もモンパルナス墓地眠っている。

※この「晩年 (1888年-1890年)」の解説は、「セザール・フランク」の解説の一部です。
「晩年 (1888年-1890年)」を含む「セザール・フランク」の記事については、「セザール・フランク」の概要を参照ください。


晩年 (1839年-1852年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 10:09 UTC 版)

アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)」の記事における「晩年 (1839年-1852年)」の解説

寝室女官事件によりもうしばらく政権担当することになったメルバーン子爵だったが、1841年解散総選挙英語版)でホイッグ党保守党敗れた結果1841年8月召集された新議会敗北し総辞職追い込まれた。 同年9月にも第2次ピール内閣発足しウェリントン公爵無任所大臣として入閣した1845年12月穀物法廃止問題浮上する当初ウェリントン公爵穀物法廃止反対したが、最終的には「善き政府こそが穀物法諸政策などより重要なものであり、サー・ロバート・ピールが女王公共信頼得てその責務に耐え、またこれを全うできる力を持つ限り、彼は支持されしかるべきである」と論じて支持した穀物法廃止法案庶民院通過した後の貴族院第2読会において「君主庶民院なくしては何も実現できない」と貴族院議員たちに支持すべきことを訴え法案貴族院通過貢献した穀物法廃止後、保守党ピール自由貿易派とスタンリー卿(後のダービー伯爵)ら保護貿易派に分裂したが、ウェリントン公爵はそのどちらにも参加せず保守党貴族院院内総務地位スタンリー卿に譲ると自身中立派の席に座った貴族院巨大な影響力を持つウェリントン公爵ピール内閣崩壊後に成立したホイッグ党政権ジョン・ラッセル卿内閣からも頼りにされ、王室通じてたびたび協力要請された。ウェリントン公爵支持おかげでラッセル内閣航海条例廃止法案はじめとする改革法案貴族院通過させることができた。 一方陸軍においては1842年に再び陸軍総司令官就任し死去する1852年まで務めた。ただこの頃にはウェリントン公爵はだいぶ老衰しており、耳も遠くなっていたという。かつて盟友であったプロイセンブリュッヘル当時72歳という高齢ワーテルロー会戦指揮取っていたことを揶揄したウェリントン公爵も、自身能力衰えには分不相応要職に就いていたのは皮肉である。子孫である第7代ウェリントン公爵英語版によれば陸軍総司令部への出勤一苦労だった。馬から降りる姿は痛ましい以外の何物でもなかった。やっとデスクに付くと小言居眠りだけで一日過ごした」という状態だったといい、彼は「晩年に陸軍総司令官職務引き受けたことは彼の人生の最大誤りだった」と評している。 このころ陸軍について正規兵の不足などが問題視されていたが、保守的なウェリントン公爵あらゆる軍制改革慎重だった。それによって軍隊統帥権国王から陸軍大臣移り軍隊議会のものになってしまうことを恐れたためである。その結果イギリス陸軍抱えた問題点旧態依然としたまま残ってしまうことになる。それでも当時中国インドビルマアフガニスタンを(半)植民地化するには十分であったものの、ヨーロッパ列強正規軍としては劣弱であることがクリミア戦争証明されるとなった

※この「晩年 (1839年-1852年)」の解説は、「アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)」の解説の一部です。
「晩年 (1839年-1852年)」を含む「アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)」の記事については、「アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)」の概要を参照ください。


晩年(1880年代初頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:47 UTC 版)

エドゥアール・マネ」の記事における「晩年(1880年代初頭)」の解説

マネは、1880年頃から、16歳時にブラジル感染した梅毒症状悪化し、左脚の壊疽進んできた。医師から、田舎での静養指示され1880年の夏はパリ郊外ベルビュー滞在したマネは、暇をまぎらわすため、友人たちや、お気に入りモデル、イザベル・ルモニエに多くの手紙を送っている。晩年の2年間は、病気のため、大きな油彩画制作することが難しくなり、パステル画数多く描いている。 1881年サロンに、『アンリ・ロシュフォールの肖像』を含む肖像画2点出品し銀メダル獲得した。これによって、以後サロンには無審査出品できることになったこの年の夏は、ヴェルサイユ療養した。庭付きの家を借り、庭で明る色彩躍動感のあるタッチ用いて光の変化捉えた作品は、印象主義に近づいている。11月親友アントナン・プルーストレオン・ガンベタ内閣美術大臣任命されると、その働きかけにより、マネ同年12月末、レジオンドヌール勲章受章することができた。 左脚の痛みに耐えながら、1881年冬から翌1882年にかけて、最後大作フォリー・ベルジェールのバー』の制作取り組んだフォリー・ベルジェール劇場バー実際に働いていたシュゾンというウェイトレスに、モデル依頼した正面向いたウェイトレスは、虚ろな視線であるが、鏡に映った後ろ姿では、飲み物注文する男性客向かって身をかがめ、話をしている。正面の姿と後ろ姿一致しないことや、遠近法歪みは、観る者を困惑させた。もっとも、これは、意図的に遠近法無視しウェイトレス空虚な表情全力焦点当てたものとも説明されている。1882年サロンには、無審査権利行使して、この作品と『春(ジャンヌ)』を出品したが、これが権利行使最後機会となった。『春(ジャンヌ)』は、女優ジャンヌ・ドマルシー(ドイツ語版)をモデルとし、四季連作一つとして構想されたものである1882年7月から10月にかけて、パリ西郊のリュエイユに滞在したマネのもとには、上流階級男たち愛人メリー・ローラン(フランス語版)、オペラ歌手エミリー・アンブル(英語版)、宝石商人の娘イザベル・ルモニエなど、多く女性たち訪れたマネは、これらの女性の肖像画を数多く描いている。四季連作一つとして、メリー・ローランをモデルとする『秋』も制作されたが、四季連作はついに完成に至らなかった。この頃マネは、唯一の相続人として妻シュザンヌ指名する遺言作成した。ただし、死後の作品売立て売却益から5万フランをレオン・コエラに遺贈することとしシュザンヌ相続した遺産は、彼女の死亡時、全てレオン相続させることとされていた。 1883年初めマネ体力目に見え衰えベッドから起き上がれなくなった4月20日壊疽進行した左脚を切断する手術受けた。しかし、経過悪く高熱浮かされた末、4月30日51歳で亡くなった死の直前まで、アレクサンドル・カバネルへの敵意取りつかれており、病床で「あの男健康なのに」とうめいていたという。葬儀5月3日行われパリパッシー墓地埋葬された。あらゆるグループ画家たち葬儀参列したドガは、「われわれが考えていた以上に、彼は偉大だった」と語った。 『散歩1880年頃。油彩キャンバス、92.3 × 70.5 cm東京富士美術館。 『カルメン姿のエミリー・アンブル』1880年油彩キャンバス、92.4 × 73.5 cmフィラデルフィア美術館。 『アスパラガスフランス語版)』1880年油彩キャンバス、16.9 × 21.9 cmオルセー美術館。 『春』1881年油彩キャンバス74 × 51.5 cmJ・ポール・ゲティ美術館1882年サロン出展。 『秋(メリー・ローラン)』1881年油彩キャンバス73 × 51 cmナンシー美術館。 『フォリー・ベルジェールのバー1882年油彩キャンバス96 × 130 cmコートールド・ギャラリーロンドン)。1882年サロン出展。 『リュエイユの家』1882年油彩キャンバス、71.5 × 92.3 cm旧国立美術館(ベルリン)

※この「晩年(1880年代初頭)」の解説は、「エドゥアール・マネ」の解説の一部です。
「晩年(1880年代初頭)」を含む「エドゥアール・マネ」の記事については、「エドゥアール・マネ」の概要を参照ください。


晩年(1962-1968)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 04:56 UTC 版)

戸倉ハル」の記事における「晩年(1962-1968)」の解説

1962年昭和37年)にお茶大退官した戸倉は、直ち日本女子体育短期大学教授着任した長らく非常勤講師として勤務してきた恩師二階堂設立した学校正規教員となった戸倉は、学校法人二階堂学園4年制大学作る二階堂学園大学設置期成会」の会長推挙され資金調達関係団体との折衝校地買収校舎建設教具整備陣頭指揮執り教授陣招聘しょうへい)に辣腕振るった1965年昭和40年4月1日日本女子体育大学日女体)が開学する と、その教授就任した日女体でもダンス創作意欲尽きことはなく、作品は最高の境地達したこの間1964年昭和39年東京オリンピックの開会式では戸倉集団演技全体指導担当した1965年昭和40年)には西ドイツ・ケルンの第5回国際女子体育会議に出席し次の第6回大会1969年)を東京誘致した。またこの時、国際女子体育連盟副会長就任した1966年昭和41年)、エインズワース会長とディエム会長来日し国際女子会東京大会主題案を提示したが、戸倉準備委員会メンバー日本誇りうる領域主題にしたいと「体育伝統現代形式」(Traditional and Modern Forms of Physical Education)を提案して認めさせた。1967年昭和42年)夏、永年講師務めてきた日本幼稚園協会講習会最後指導行った1968年昭和43年9月16日午後9時59分、十二指腸潰瘍のため東京大学医学部附属病院逝去した。71歳没。葬儀9月19日大塚自宅密葬にて執り行われ9月21日日女体の大学葬が営まれた。死後従三位叙し勲三等宝冠章授与された。生前友人求められ次のような心情綴った。 「 生くべきは、 まさにかくこそ、 生くべけれ、 広野の末にも もゆる太陽戸倉急逝受けて日本女子体育連盟松本千代栄次の会長選出し松本会長の下で第6回国際女子体育会東京大会開催した会議プログラムには「日本における学校ダンスの歩み―戸倉ハル先生偲んで―」というテーマ掲げられ幼児から大学生まで100人超がレクチャーデモンストレーションにより戸倉業績と人となり世界発信した戸倉蔵書364冊は、故郷に住む戸倉親族によって丸亀市立図書館寄贈された。また母校城南小では、総合的な学習の時間5年生戸倉について学習したことをきっかけに、2005年平成17年3月運動場南東角に戸倉顕彰碑建立された。

※この「晩年(1962-1968)」の解説は、「戸倉ハル」の解説の一部です。
「晩年(1962-1968)」を含む「戸倉ハル」の記事については、「戸倉ハル」の概要を参照ください。


晩年(1937年-1947年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 03:45 UTC 版)

スタンリー・ボールドウィン」の記事における「晩年(1937年-1947年)」の解説

首相退任直後1937年6月8日連合王国貴族爵位ビュードリーのボールドウィン伯爵とコーヴェデール子爵叙せられ、貴族院議員列した 1945年6月に妻のルーシー英語版)が死去したボールドウィンも晩年には関節炎患いスティックなしでは歩けなくなっていた。1947年12月14日死去爵位長男オリヴァー・ボールドウィン(英語版)が継承した

※この「晩年(1937年-1947年)」の解説は、「スタンリー・ボールドウィン」の解説の一部です。
「晩年(1937年-1947年)」を含む「スタンリー・ボールドウィン」の記事については、「スタンリー・ボールドウィン」の概要を参照ください。


晩年(1898年〜1905年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 15:38 UTC 版)

黄遵憲」の記事における「晩年(1898年1905年)」の解説

郷里引退後黄遵憲丘逢甲きゅうほうこう)と詩文やり取りするほか、日本亡命した梁啓超がその地に創刊した雑誌新民叢報』や『新文学』に文章発表する毎日送った。そして時折立憲改革革命運動文学新たなあり方などを梁啓超手紙意見交わしていた。政治に関しては、李鴻章出馬請われたこともあったが固辞し通し、自ら乗り出すことはついになかった。この時期黄遵憲新体詩創作熱意傾けてたようだ。 しかしこの時期黄遵憲詩作にのみ明け暮れたわけではない。彼が詩作とともに熱意傾けていたのが教育活動である。帰郷黄遵憲教育普及熱心につとめた。彼は日露戦争において日本勝利したのもロシアよりも学校教育普及していたからだと説明するこうした富国強兵と結びついた教育観は、外交官として諸国めぐったときに身につけたものであって、『日本国志』にも同じ観点から日本学制について詳しい記述出てくる。 1903年光緒29年)、嘉応学会議所や東山初級師範学堂をつくり、教育改革着手した後者中国でも最も早く作られ師範学校一つで、小学校教員養成しようとしたのである黄遵憲広範な教育普及こそ肝要考えていたため、学校では家が裕福だろうが貧しかろうが同じ場で教育行い、ただ年齢でもって分けたのみであった教科内容理科数学体育など現代の学校教育近い内となっている。またそれまで教育機関であった書院とは異なり学級卒業といった制度設けていた。これらは近代的な学校制度導入したのである。しかしこの教育改革当初からいくつかの障害が立ちふさがっていた。まず地元有力者たちが学校教育科挙対策挿入するよう求め黄遵憲対立したこと。また教育普及させると言っても教師そのもの絶対数不足していたこと。これらが問題として浮上した結局前者1905年光緒31年)に科挙そのもの廃止され問題消滅し後者子弟門人日本弘文学院嘉納治五郎東京神田つくった留学生用の学校魯迅も学ぶ)に留学させ、師範学校制度を学ばせ解決した戊戌変法頓挫したが、黄遵憲地域密着した教育改革は、戊戌変法における啓蒙的側面継承した活動であったといってよい。 官を辞してより7年後1905年光緒31年)、肺を患い永眠享年58。その墓誌銘は若い友人梁啓超の手になる。彼の死後子弟たちはその意志継ぎ嘉応州の教育改革推し進めていくのである

※この「晩年(1898年〜1905年)」の解説は、「黄遵憲」の解説の一部です。
「晩年(1898年〜1905年)」を含む「黄遵憲」の記事については、「黄遵憲」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「晩年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

晩年

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 12:05 UTC 版)

名詞

ばんねん

  1. 一生のうちの終わり頃の時期

翻訳

関連語


「晩年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



晩年と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「晩年」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



晩年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの晩年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベーラ3世 (ハンガリー王) (改訂履歴)、ピーテル・パウル・ルーベンス (改訂履歴)、エドヴァルド・ムンク (改訂履歴)、ルドルフ・シュタイナー (改訂履歴)、プリンス (ミュージシャン) (改訂履歴)、WUSA (TV) (改訂履歴)、サミュエル・モリソン (改訂履歴)、ミスター珍 (改訂履歴)、ヴィクトル・ヴァスネツォフ (改訂履歴)、セザール・フランク (改訂履歴)、アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵) (改訂履歴)、エドゥアール・マネ (改訂履歴)、戸倉ハル (改訂履歴)、スタンリー・ボールドウィン (改訂履歴)、黄遵憲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの晩年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS