退廃芸術とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > 芸術 > 退廃芸術の意味・解説 

退廃芸術

読み】:タイハイゲイジュツ
【英】:ENTARTETE KUNST

ナチス芸術イデオロギー標語1933年ヒトラー権力を握ると、それ以前ヴァイマール共和国時代発展してきた表現主義バウハウスなどの現代美術に「退廃芸術」の烙印を捺し、組織的抑圧して行った。バウハウスは「文化的ボルシェビィズムの温床」として閉鎖され、現代美術運動同調的な教師美術館員は職を追われ、発言封じられた。反面運営イデオロギー両面政府統制下に置いたアカデミック芸術育成し、「退廃芸術」に対してドイツ芸術」と称した。1933年カールスルーエ開かれた1918年から1933年までの公認美術」展を最初に現代美術面目潰し愚弄ようとする展覧会が相次いで開かれるが、その頂点を成すのが、1937年ミュンヘン開かれた「退廃芸術」展である。この展覧会のために全国から現代美術作品接収され、展覧会終了後、競売画商を介して売られ、残り1939年に焼かれた。

退廃芸術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/04 09:08 UTC 版)

退廃芸術(たいはいげいじゅつ、ドイツ語: Entartete Kunst英語: degenerate art)とは、ナチス党近代美術前衛芸術を、道徳的・人種的に堕落したもので、ナチス・ドイツの社会や民族感情を害するものである、として禁止するために打ち出した芸術観である。




  1. ^ ニコラス p.16、Barron 1991, p.26
  2. ^ Adam 1992, p. 33
  3. ^ 関楠生 pp..27-30
  4. ^ Adam 1992, pp. 29-32.
  5. ^ ニコラス p.17
  6. ^ Grosshans 1983, p. 9.
  7. ^ 関楠生 p.34
  8. ^ 勅使河原純 pp..48-49
  9. ^ ニコラス p.16
  10. ^ ニコラス p.17
  11. ^ 関楠生 pp..24-25
  12. ^ 関楠生 p.45
  13. ^ 関楠生 p.110
  14. ^ 関楠生 pp..45-46
  15. ^ 1942年3月23日の『食卓談話』より。関楠生 p.110, 勅使河原純 p.54
  16. ^ 勅使河原純 pp..50-53
  17. ^ 関楠生 pp..202-210
  18. ^ 関楠生 p.26
  19. ^ 関楠生 pp..30-33, ニコラス p.18
  20. ^ 関楠生 pp..35-36
  21. ^ ニコラス p.15
  22. ^ 関楠生 pp..36-46
  23. ^ 関楠生 p.34
  24. ^ 関楠生 pp..46-48
  25. ^ 関楠生 pp..48-50
  26. ^ ニコラス pp..18-19、関楠生 pp..62-64
  27. ^ ニコラス pp..20-21
  28. ^ ニコラス p.21
  29. ^ ニコラス p.26, 関楠生 pp..56-62, p.72
  30. ^ 関楠生 pp..75-81
  31. ^ 関楠生 pp..9-11
  32. ^ 関楠生 p.19
  33. ^ 関楠生 pp..38-43
  34. ^ 関楠生 p.16
  35. ^ 関楠生 pp..11-18
  36. ^ 関楠生 pp..19-21
  37. ^ 関楠生 pp..65-70
  38. ^ ニコラス p.27, 関楠生 p.73
  39. ^ 関楠生 p.74
  40. ^ 関楠生 pp..75-81
  41. ^ 関楠生 p.81
  42. ^ 関楠生 pp..82-86, ニコラス p.27-29, p.33
  43. ^ 関楠生 p144, 勅使河原純 pp..57-58
  44. ^ 関楠生 pp..144-146
  45. ^ 関楠生 pp..146-149、勅使河原純 pp..60-61
  46. ^ 関楠生 pp..176-179
  47. ^ 関楠生 pp..154-172
  48. ^ 関楠生 p.168
  49. ^ 関楠生 p.165
  50. ^ 関楠生 p.149
  51. ^ 関楠生 pp..151-152
  52. ^ ニコラス p.32
  53. ^ 関楠生 pp..152-154, ニコラス p.32
  54. ^ 関楠生 pp..172-176
  55. ^ 関楠生 pp..179-180
  56. ^ 関楠生 p.181
  57. ^ 関楠生 pp..87-90
  58. ^ 関楠生 pp..90-93
  59. ^ 関楠生 p.103
  60. ^ 関楠生 pp..104-107, ニコラス p.30
  61. ^ 1942年3月23日、『食卓談話』
  62. ^ 関楠生 p.110, p.143
  63. ^ 関楠生 pp..112-115
  64. ^ 関楠生 pp..115-126
  65. ^ 関楠生 pp..49-50
  66. ^ ニコラス pp..22-24
  67. ^ ニコラス p.24, 関楠生 pp..220-225
  68. ^ 関楠生 pp..184-185
  69. ^ 関楠生 pp..185-186、ニコラス p.34
  70. ^ 関楠生 p.186、ニコラス pp..34-35
  71. ^ 関楠生 p.187
  72. ^ 関楠生 p.187、ニコラス p.36
  73. ^ 関楠生 p.189
  74. ^ ニコラス、pp..11-14, 関楠生 pp..189-192
  75. ^ 関楠生 p.192
  76. ^ 関楠生 pp..226-228
  77. ^ 関楠生 pp..228-251
  78. ^ 関楠生 pp..233-234
  79. ^ 関楠生 p.239
  80. ^ 関楠生 pp..237-238
  81. ^ 関楠生 pp..224-250





退廃芸術と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「退廃芸術」の関連用語

退廃芸術のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



退廃芸術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2019
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの退廃芸術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS