ベルリンとは? わかりやすく解説

ベルリン

作者伴田良輔

収載図書彼女のいた町
出版社広済堂出版
刊行年月2001.6


ベルリン

名前 Berlin

ベルリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 09:13 UTC 版)

ベルリン州(ベルリンしゅう、: Land Berlin)、通称ベルリン: Berlinドイツ語発音: [bɛɐ̯ˈliːn] ( 音声ファイル)、伯林)は、ドイツ首都[1]。16ある連邦州のうちのひとつで、都市州である。


  1. ^ ドイツ連邦共和国基本法第22条(1)ドイツ連邦共和国の首都はベルリンである(Art 22 (1) Die Hauptstadt der Bundesrepublik Deutschland ist Berlin. ドイツ連邦法務省のサイトより) 。
  2. ^ a b ベルリン州の2019年12月31日時点の補間補正人口、資料:ベルリン=ブランデンブルク統計局ドイツ語版 ([1])(ヘルプ)。
  3. ^ Berger, Dieter (1999). Geographische Namen in Deutschland. Bibliographisches Institut. ISBN 3-411-06252-5 
  4. ^ http://www.eurometrex.org/Docs/Moscow/BerlinBrandenburg_planning_metropolitan_region_DE.pdf
  5. ^ a b City Profiles Berlin”. Urban Audit. 2007年12月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月20日閲覧。
  6. ^ Gren Berlin. https://books.google.de/books?id=94LP4xCb-KcC&pg=PA23&lpg=PA23&dq=%22Berlin+%22+rivers+lakes+foreests+%22one+third%22&source=bl&ots=OoT9TA0ZWR&sig=ZN0MSyam43OC5321qPitypjubUg&hl=en&ei=VWTPStrdKabEmwPdx9yEAw&sa=X&oi=book_result&ct=result#v=onepage&q=&f=false 2009年10月9日閲覧。 
  7. ^ Documents of German Unification, 1848–1871”. Modern History Sourcebook. 2008年8月18日閲覧。
  8. ^ Topographies of Class: Modern Architecture and Mass Society in Weimar Berlin (Social History, Popular Culture, and Politics in Germany).”. www.h-net.org. 2009年10月9日閲覧。
  9. ^ Berlin Wall”. Encyclopædia Britannica. 2008年8月18日閲覧。
  10. ^ a b c 首都機能移転で今後の経済発展が 期待されるベルリン(ドイツ) JETRO ユーロトレンド 2000.4
  11. ^ Berlin – Capital of Germany”. German Embassy in Washington. 2012年1月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月18日閲覧。
  12. ^ Diplomatic Berlin”. Deutschland Online. 2009年3月7日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ Davies, Catriona (2010年4月10日). “Revealed: Cities that rule the world – and those on the rise”. CNN. http://edition.cnn.com/2010/BUSINESS/04/10/cities.dominate.world/?hpt=C2 2010年4月11日閲覧。 
  14. ^ Sifton, Sam (1969年12月31日). “Berlin, the big canvas”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/06/22/travel/22iht-22berlin.13882912.html?_r=1 2008年8月18日閲覧。  See also: Sites and situations of leading cities in cultural globalisations/Media”. GaWC Research Bulletin 146. 2008年8月18日閲覧。
  15. ^ “Global Power City Index 2009”. Institute for Urban Strategies at The Mori Memorial Foundation (Tokyo, Japan). (22 October 2009). http://www.mori-m-foundation.or.jp/english/research/project/6/pdf/GPCI2009_English.pdf 2009年10月29日閲覧。. 
  16. ^ Global Cities 2017 AT Kearney 2017年公表 2017年8月4日閲覧。
  17. ^ a b ICCA publishes top 20 country and city rankings 2007”. ICCA. 2008年8月18日閲覧。
  18. ^ a b Berlin City of Design Press Release”. UNESCO. 2008年8月18日閲覧。
  19. ^ a b c World Heritage Site Museumsinsel”. UNESCO. 2008年8月18日閲覧。
  20. ^ Hollywood Helps Revive Berlin's Former Movie Glory”. Deutsche Welle (2008年8月9日). 2008年8月18日閲覧。
  21. ^ Flint, Sunshine (2004年12月12日). “The Club Scene, on the Edge”. The New York Times. オリジナルの2013年4月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130402221310/http://travel2.nytimes.com/2004/12/12/travel/12surf.html?ex=1150862400&en=f2c1cc6c507fea18&ei=5070 2008年8月18日閲覧。  See also: Ranking of best cities in the world”. City mayors. 2008年8月18日閲覧。 and The Monocle Quality Of Life Survey (PDF)”. www.denmark.dk. 2008年8月18日閲覧。
  22. ^ ドイツにおける首都機能分散の現状と課題について ペーター・ロドルフ経済・科学担当公使へのインタビュー 平成21年12月29日 国土交通省
  23. ^ Letter from Guy Debord To the Spur group, 28 April 1962
  24. ^ Daniele Luttazzi (2009) La guerra civile fredda, p.122
  25. ^ 欧州文化首都について 開催地一覧 EUジャパンフェスト日本委員会
  26. ^ ベルリン・ブランデンブルク地域における縮退の時代の都市整備 公益社団法人日本市計画学会 都市計画報告集 No. 8, 2009年8月 髙見淳史・原田昇
  27. ^ Satellite Image Berlin”. Google Maps. 2008年8月18日閲覧。
  28. ^ weather.com”. weather.com. 2012年4月7日閲覧。
  29. ^ Climate figures”. World Weather Information Service. 2008年8月18日閲覧。
  30. ^ “Berlin dig finds city older than thought”. Associated Press 
  31. ^ Brandenburg during the 30 Years War”. WHKMLA. 2008年8月18日閲覧。
  32. ^ a b c 『ベルリン戦争』邦正美、朝日新聞社、1993年、p12
  33. ^ 久米邦武 編『米欧回覧実記・3』田中 彰 校注、岩波書店(岩波文庫)1996年、301-362頁
  34. ^ Read and Fisher, Berlin, p 189
  35. ^ Wahlen in der Weimarer Republik website”. Gonschior.de. 2009年8月9日閲覧。
  36. ^ 英機もベルリン爆撃続ける(『中外商業新聞』昭和15年9月12日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p380 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  37. ^ Clodfelter, Michael (2002), Warfare and Armed Conflicts- A Statistical Reference to Casualty and Other Figures, 1500–2000 (2nd ed.), McFarland & Company, ISBN 0-7864-1204-6 
  38. ^ ベルリン日本人会と欧州戦争(第一部)日瑞関係のページ
  39. ^ 『ベルリン特電』江尻進、共同通信社 (1995/07)
  40. ^ Berlin Airlift / Blockade”. Western Allies Berlin. 2008年8月18日閲覧。
  41. ^ Berlin official website; History after 1945”. City of Berlin. 2009年4月8日閲覧。
  42. ^ Ostpolitik: The Quadripartite Agreement of September 3, 1971”. US Berlin Embassy. 2008年8月18日閲覧。
  43. ^ http://www.jeca.or.jp/files/72.pdf
  44. ^ Bundespräsident Horst Köhler” ((ドイツ語)). Bundespraesident.de. 2012年4月7日閲覧。
  45. ^ Der Regierungsumzug ist überfällig” ((ドイツ語)). Berliner Zeitung (2010年10月26日). 2012年4月7日閲覧。
  46. ^ 基本法第22条。出典:山岡規雄, 元尾 竜一 諸外国における戦後の憲法改正【第4版】 調査と情報, no.824, pp.1-15, 国立国会図書館調査及び立法考査局 (2014年4月24日)
  47. ^ Berlin-Brandenburg Merger Would Partly Recreate Prussia SFGate (1995年4月28日)
  48. ^ Berlin merger plans rejected The Independent(1996年5月5日)
  49. ^ a b c d e f g h i j k 欧州諸都市の国際業務と執行体制等について (pdf)”. 自治体国際化協会ロンドン事務所 (2014年2月). 2019年12月29日閲覧。
  50. ^ “ベルリン市長が交代”. (2014年11月5日). http://fromberlin.com/berlinmayor/ 2015年6月23日閲覧。 
  51. ^ 津田大介さんに作ってもらいたい「日本海賊党」”. アゴラ (メディア) (2011年9月19日). 2020年4月29日閲覧。
  52. ^ Berlin schafft erstes Etatplus seit dem Krieg”. Spiegel.de. 2012年4月7日閲覧。
  53. ^ Fahrun, Joachim (2008年6月10日). “Sarrazin: Keine neuen Schulden mehr ab 2008”. Berliner Morgenpost. 2008年8月17日閲覧。
  54. ^ Debt-Laden Berlin Goes to Court For Federal Aid”. Deutsche Welle (2006年4月29日). 2006年10月20日閲覧。
  55. ^ “Vier Bundesländern drohen griechische Verhältnisse” (ドイツ語). Spiegel. http://www.spiegel.de/wirtschaft/soziales/0,1518,764436,00.html 2011年5月23日閲覧。 
  56. ^ プライスウォーターハウスクーパースによる都市のGDP Archived 2011年5月13日, at the Wayback Machine.
  57. ^ GaWC - The World According to GaWC 2018”. www.lboro.ac.uk. 2020年2月12日閲覧。
  58. ^ “Exporteinbruch stürzt deutsche Wirtschaft in die Krise” (ドイツ語). Reuters. http://de.reuters.com/article/topNews/idDEBEE51O0CG20090225 2008年8月19日閲覧。 
  59. ^ “Arbeitslosigkeit sinkt auf niedrigsten Stand seit 20 Jahren” (ドイツ語). Berliner Morgenpost. http://www.morgenpost.de/printarchiv/titelseite/article1779972/Arbeitslosigkeit-sinkt-auf-niedrigsten-Stand-seit-20-Jahren.html 2011年9月30日閲覧。 
  60. ^ ベルリンに集積するバイオ産業 JETRO ユーロトレンド 2003.1
  61. ^ a b c d Berlin fact sheet (PDF)”. berlin.de. 2008年8月19日閲覧。
  62. ^ Regional GDP per inhabitant in the EU 27 (PDF)”. Eurostat. 2010年5月17日閲覧。
  63. ^ DB Schenker to concentrate control functions in Frankfurt am Main”. 2011年6月6日閲覧。
  64. ^ Gastgewerbe 2017” (ドイツ語). Statistik Berlin-Brandenburg. 2018年10月1日閲覧。
  65. ^ Tourismus in Zahlen” (ドイツ語). Senatsverwaltung für Wirtschaft, Energie und Betriebe. 2018年10月1日閲覧。
  66. ^ http://www.businessweek.com/articles/2012-04-12/berlin-cracks-the-startup-code
  67. ^ Creative Industries in Berlin”. Kulturwirtschaft.de (2011年4月7日). 2012年4月7日閲覧。
  68. ^ Broke but dynamic, Berlin seeks new identity”. IHT. 2008年8月19日閲覧。
  69. ^ Kraftfahrzeuge und Schienenbestand”. Destatis. 2008年8月19日閲覧。
  70. ^ Die Hauptstadt des umweltfreundlichen Verkehrs” (ドイツ語). Berliner Zeitung. 2009年8月11日閲覧。
  71. ^ Berlin Hauptbahnhof”. Deutsche Bahn. 2009年5月2日閲覧。
  72. ^ Amt für Statistik Berlin-Brandenburg, Die kleine Berlin-Statistik. (German) Accessed 6 January 2009.
  73. ^ a b Berlin statistical figures” (German). Amt für Statistik Berlin-Brandenburg. 2008年8月19日閲覧。
  74. ^ Bike City Berlin”. Treehugger. 2008年8月19日閲覧。
  75. ^ Platz da! – für die Radfahrer”. ND. 2011年3月22日閲覧。
  76. ^ Bicycle Routes and Facilities Bicycle Paths”. Senate Department of urban development. 2008年9月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年9月19日閲覧。
  77. ^ Reimer, Nick (2006年5月30日). “Abgase tiefer gelegt” (ドイツ語). taz. 2008年8月18日閲覧。
  78. ^ “CNN.com Video”. CNN. http://edition.cnn.com/video/ 
  79. ^ Berlin leuchtet” (ドイツ語). Der Tagesspiegel (2007年10月17日). 2008年8月18日閲覧。
  80. ^ History of the Charité of Berlin”. Charité (2005年9月6日). 2008年8月18日閲覧。
  81. ^ Customer company profile”. Ansell Healthcare. 2008年8月18日閲覧。
  82. ^ Foreign residents of Berlin (PDF)” (German). Amt für Statistik Berlin-Brandenburg. 2013年5月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月22日閲覧。
  83. ^ Spooner, Andrew (2007年5月13日). “Berlin: Shish And Sauerkraut To Go”. The Independent (UK). http://www.independent.co.uk/travel/europe/berlin-shish-and-sauerkraut-to-go-448678.html 2010年5月24日閲覧。 
  84. ^ Berlin is speaking Russians' language Archived 2013年4月6日, at the Wayback Machine.. The Russia Journal. 10 March 2001.
  85. ^ Over 25,000 Greeks Migrated to Germany in 2011, Report German Financial Times By Marianna Tsatsou on July 26, 2012
  86. ^ Berlin wird farbiger. Die Afrikaner kommen – Nachrichten WELT am SONNTAG – WELT ONLINE” ((ドイツ語)). Die Welt (2001年10月28日). 2011年6月2日閲覧。
  87. ^ a b Foreign residents of Berlin (PDF)” (German). Amt für Statistik Berlin-Brandenburg. 2011年7月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月5日閲覧。
  88. ^ Israelis Learn to Love the New Berlin”. Spiegel.de. 2012年4月7日閲覧。
  89. ^ Statistik Berlin/Brandbenburg”. Amt für Statistik Berlin-Brandenburg (2010年12月31日). 2009年1月1日閲覧。
  90. ^ Jeder vierte Berliner ist ausländischer Herkunft” (German). Der Tagesspiegel. 2008年7月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月19日閲覧。
  91. ^ http://www.statistik-berlin-brandenburg.de/Publikationen/Stat_Berichte/2011/SB_A1-5_hj02-10_BE.pdf
  92. ^ Migration – Jeder vierte Berliner hat ausländische Wurzeln – Berlin Aktuell – Berliner Morgenpost – Berlin”. Morgenpost.de (2011年3月30日). 2011年9月15日閲覧。
  93. ^ Yonis Ayeh. “ISD Online • Initiative Schwarze Menschen in Deutschland”. Isdonline.de. 2011年9月15日閲覧。
  94. ^ a b c d アーカイブされたコピー”. 2016年5月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月3日閲覧。
  95. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年7月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月5日閲覧。
  96. ^ http://www.statistik-berlin-brandenburg.de/Publikationen/Stat_Berichte/2012/SB_A01-05-00_2011h02_BE.pdf
  97. ^ Schlagworte der Integrationsdebatte”. Berlin.de. 2011年9月15日閲覧。
  98. ^ deine inform@tion zone: Mach dich stark für starke Kinder”. wob4u.de. 2011年9月15日閲覧。
  99. ^ Von Andrea Dernbach (2009年2月23日). “Migration: Berlin will illegalen Einwanderern helfen – Deutschland – Politik – Tagesspiegel”. Tagesspiegel.de. 2011年9月15日閲覧。
  100. ^ Die Roma von Berlin-Neukölln – Nachrichten welt_print – Politik – WELT ONLINE” ((ドイツ語)). Welt.de (2010年9月28日). 2011年9月15日閲覧。
  101. ^ Studie – Zwei Millionen Berliner sprechen mindestens zwei Sprachen – Wirtschaft – Berliner Morgenpost – Berlin”. Morgenpost.de (2010年5月18日). 2011年6月2日閲覧。
  102. ^ Connolly, Kate (2009年4月26日). “Atheist Berlin to decide on religion's place in its schools”. The Guardian (UK). http://www.guardian.co.uk/world/2009/apr/26/berlin-germany-religious-education-ethics 2010年5月10日閲覧。 
  103. ^ a b Evangelische Kirche in Deutschland: Kirchenmitgliederzahlen am 31. Dezember 2010. EKD, 2011, (PDF; 0,45 MB) Abgerufen am 10. März 2012.
  104. ^ Amt für Statistik Berlin Brandenburg: Die kleine Berlin-Statistik 2010. (PDF-Datei Archived 2012年9月4日, at the Wayback Machine.). Abgerufen am 4. Januar 2011.
  105. ^ Tabelle 11; die tatsächliche Anzahl von Muslimen kann anhand dieser Gesamtzahl, die auch Angehörige anderer Religionen (z. B. Minderheiten aus den Herkunftsstaaten, Deutsche mit einseitigem Migrationshintergrund) und Nichtreligiöse einschließt, nur geschätzt werden.
  106. ^ Statistisches Jahrbuch für Berlin 2010. Abgerufen am 10. März 2012.
  107. ^ http://www.berlin-judentum.de/index-e.htm
  108. ^ Germany: Berlin Facing Challenge Of Assimilating Russian-Speaking Jews. Radio Free Europe. 17 September 2007.
  109. ^ Lutheran Diocese Berlin-Brandenburg”. Selbständige Evangelisch-Lutherische Kirche. 2008年8月19日閲覧。
  110. ^ Geschichte des Französischen Gymnasiums” (German). Französisches Gymnasium Lycée Français Berlin. 2008年6月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月17日閲覧。
  111. ^ Wirtschaftsstandort Berlin” (German). Der Tagesspiegel (2010年5月11日). 2010年5月11日閲覧。
  112. ^ European Institute of Innovation and Technology: Home”. Europa (web portal). 2010年6月8日閲覧。
  113. ^ World Heritage Site Palaces and Parks of Potsdam and Berlin”. UNESCO. 2008年8月19日閲覧。
  114. ^ Hub Culture's 2009 Zeitgeist Ranking”. Hub Culture. 2009年4月30日閲覧。
  115. ^ Sprung in die Wolken” (German). Zitty (2008年7月2日). 2012年4月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月19日閲覧。
  116. ^ Boston, Nicholas (2006年9月10日). “A New Williamsburg! Berlin's Expats Go Bezirk”. The New York Observer. 2008年8月17日閲覧。 See also: Die Kunstszene” (German). Deutschland Online. 2007年12月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月19日閲覧。 and Culture of Berlin”. Metropolis. 2007年9月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月19日閲覧。
  117. ^ Saucy Berlin transforms itself into a 'music city'”. Taipei Times. 2008年8月19日閲覧。
  118. ^ Berlin's music business booms”. Expatica. 2007年9月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月19日閲覧。
  119. ^ ユネスコ創造都市ネットワークについて”. 文部科学省. 2020年3月6日閲覧。
  120. ^ Media Companies in Berlin and Potsdam”. medienboard. 2013年6月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月19日閲覧。
  121. ^ “Wall-to-wall culture”. The Age (Australia). (2007年11月10日). http://www.theage.com.au/news/arts/walltowall-culture/2007/11/09/1194329483873.html 2007年11月30日閲覧。 
  122. ^ European Film Academy”. European Film Academy. 2012年4月7日閲覧。
  123. ^ Berlin Film Festival”. Berlinale.de. 2012年4月7日閲覧。
  124. ^ A 3,000-year-old smile”. Expatica.com. 2012年4月7日閲覧。
  125. ^ Exhibitions”. Jewish Museum Berlin. 2007年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月10日閲覧。
  126. ^ The World of Dinosaurs”. Naturkundemuseum-berlin.de (2011年10月20日). 2012年4月7日閲覧。
  127. ^ Charlotte Higgins and Ben Aris in Berlin (2004年4月29日). “Is Rattle's Berlin honeymoon over?”. London: Guardian. http://www.guardian.co.uk/world/2004/apr/29/germany.arts 2012年4月7日閲覧。 
  128. ^ Wakin, Daniel J. (2005年9月25日). “Music: Berlin”. The New York Times. オリジナルの2013年12月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131205123518/http://travel2.nytimes.com/2005/09/25/travel/25berlin.html?ex=1162962000&en=36217d7f20459f88&ei=5070 2006年11月7日閲覧。 
  129. ^ Berlin Philharmonic elects Sir Simon Rattle”. Culturekiosque.com (1999年6月24日). 2012年4月7日閲覧。
  130. ^ D. “Haus der Kulturen der Welt”. Hkw.de. 2012年4月7日閲覧。
  131. ^ Berlin Minimalist Glamor Retrieved
  132. ^ Paterson, Tony (2009年8月15日). “Spicy sausage that is worthy of a shrine in Berlin”. The Independent (London). http://www.independent.co.uk/life-style/food-and-drink/news/spicy-sausage-that-is-worthy-of-a-shrine-in-berlin-1772530.html 
  133. ^ Berlin Style Liver – Gebratene Kalbsleber auf Berliner Art, Germanic”. Germancorner.com. 2010年6月8日閲覧。
  134. ^ Berlin German Foods
  135. ^ Hauptstadt-Zoo beliebtester Tierpark”. Rundfunk Berlin-Brandenburg. 2006年10月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月17日閲覧。
  136. ^ Moore, Tristana (2007年3月23日). “Baby bear becomes media star”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/6486993.stm 2008年8月17日閲覧。 
  137. ^ Boyes, Roger (2007年12月13日). “Berlin Zoo culls creator of the cult of Knut”. The Times (UK). http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/europe/article3042791.ece 2008年8月17日閲覧。 
  138. ^ Grün Berlin” [Green Berlin] (German). Die Grün Berlin GmbH. 2011年5月27日閲覧。
  139. ^ Peter Joseph Lenné, Senate Department of Urban Development. Retrieved 18 November 2006.
  140. ^ Lee, Denny (2006年12月10日). “36 Hours in Berlin”. Berlin (Germany): Travel.nytimes.com. http://travel.nytimes.com/2006/12/10/travel/10hours.html 2012年4月7日閲覧。 
  141. ^ Wasacz, Walter (2004年10月11日). “Losing your mind in Berlin”. Metro Times. 2006年11月18日閲覧。
  142. ^ Compensating Victims of the La Belle Attack Archived 2012年7月15日, at Archive.is, German Embassy, Washington D.C.. Retrieved 18 November 2006.
  143. ^ English Summary”. Karneval-berlin.de. 2012年4月7日閲覧。
  144. ^ Berlin for Gays and Lesbians”. Web.archive.org (2006年10月7日). 2006年10月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年4月7日閲覧。
  145. ^ Krauss, Kenneth (2004). The drama of fallen France: reading la comédie sans tickets. Albany: State University of New York. p. 11. ISBN 0-7914-5953-5 
  146. ^ Melbourne retains ultimate sports city title”. ABC News (2008年4月1日). 2008年7月1日閲覧。
  147. ^ Berlin 1936 Games of the XI Olympiad, www.olympic.org. Retrieved 18 November 2006. See also: Italy conquer the world as Germany wins friends” (英語). 2008年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年1月2日閲覧。
  148. ^ 12. IAAF Leichtathletik WM berlin 2009
  149. ^ Berlin Marathon”. Scc-events.com. 2012年4月7日閲覧。
  150. ^ 500,000 spectators to watch the game together”. Blogs.bettor.com. 2012年3月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年4月7日閲覧。
  151. ^ Hertha BSC”. Herthabsc.de (2011年12月27日). 2012年4月7日閲覧。
  152. ^ Union Berlin”. Fc-union-berlin.de. 2012年4月7日閲覧。
  153. ^ SPORTWERK 2012. “ALBA Berlin”. Albaberlin.de. 2012年4月7日閲覧。
  154. ^ Eisbären Berlin”. Eisbaeren.de. 2012年4月7日閲覧。
  155. ^ Füchse Berlin”. Fuechse-berlin.de. 2012年4月7日閲覧。
  156. ^ scc-berlin.de
  157. ^ DVL – Volleyball Bundesliga – Tabelle Hauptrunde”. Volleyball-bundesliga.de. 2012年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年4月7日閲覧。
  158. ^ Städtepartnerschaften



ベルリン(SR.1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 15:29 UTC 版)

モーターヘッド (ファイブスター物語)」の記事における「ベルリン(SR.1)」の解説

ルミラン・クロスビンの設計で、グルーン・エルダグライン並行して開発されグルーンバッシュ黒騎士)と同じサイレンM型フレーム基本に作られた兄弟機といえるまた、ベルリンの製造時のノウハウバッシュ盛り込まれエンジン同じである点から、ベルリンの基本性能優秀さ分かる本土防衛前提として作られた装甲の厚いMHであり、1兆1千馬力と2900年代では低出力ながら乗り手選ばないよう使い易く手堅く作られ乗り手次第で高い能力を発揮する新興の強国らしい合理主義的な設計思想良く生きたコーラス王朝主力量産型MH

※この「ベルリン(SR.1)」の解説は、「モーターヘッド (ファイブスター物語)」の解説の一部です。
「ベルリン(SR.1)」を含む「モーターヘッド (ファイブスター物語)」の記事については、「モーターヘッド (ファイブスター物語)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ベルリン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ベルリン

出典:『Wiktionary』 (2021/07/18 13:49 UTC 版)

固有名詞

ベルリン伯林

  1. ドイツドイツ連邦共和国)の首都

翻訳


「ベルリン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ベルリンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ベルリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベルリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのモーターヘッド (ファイブスター物語) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのベルリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS