アメリカ軍とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アメリカ軍の意味・解説 

アメリカ‐ぐん【アメリカ軍】

読み方:あめりかぐん

米軍


アメリカ軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 18:34 UTC 版)

アメリカ軍(アメリカぐん、英語: United States Armed Forces[8]、別名:合衆国軍米軍)は、アメリカ合衆国が保有する軍隊陸軍海軍空軍海兵隊宇宙軍の5軍種からなる常備軍[9]、平時は海上警備を主とした法執行機関としての役割もある沿岸警備隊を含めた6つの軍種からなっており、これらはいずれも8つの武官組織に含まれる[注釈 2][10][11][12]。陸軍・空軍については普段から連邦政府の指揮下にある連邦軍と、州知事の指揮下にあり必要に応じて連邦軍に編入される州兵がある。なお各州政府の州防衛軍は連邦政府の指揮下に入らない為、通常アメリカ軍に含まない。軍の最高司令官は大統領であり、連邦行政部のうちの国防総省国土安全保障省と共に軍事政策を決定する。


注釈

  1. ^ 初回兵役可能年齢の上限は陸軍が35歳[1]、海兵隊は28歳、海軍は34歳、空軍は39歳[2]、沿岸警備隊は27歳[3]
  2. ^ 武官士官のみ)から構成され、将官佐官尉官階級が定められている組織である。6軍種の他に商務省海洋大気局所属の海洋大気局士官部隊National Oceanic and Atmospheric Administration Commissioned Corps)と公衆衛生局傘下の公衆衛生局士官部隊United States Public Health Service Commissioned Corps)があり、この2つの組織は共に海軍・沿岸警備隊と同様の階級(「中将 - Vice Admiral」など)および制服(冬服 - 黒色 / 夏服 - 白色)が定められ、6軍と同様にジュネーヴ条約による傷病者・捕虜としての保護の対象となる[10]
  3. ^ 現役・退役軍人、地元の政治家や名士、学校長などが書いた推薦文。
  4. ^ 観光などの滞在は『居住』とはみなされない
  5. ^ 基本的に大卒は士官から高卒は兵からのスタートであるので、ROTC出身者が初任階級上で特に優遇されているわけではない。

出典

  1. ^ United States Army”. Goarmy.com. 2013年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月18日閲覧。
  2. ^ Contact Us: Frequently Asked Questions - airforce.com”. airforce.com. 2015年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月1日閲覧。
  3. ^ Plan Your Next Move to Become a Coast Guard Member”. Enlisted Opportunities. U.S. Coast Guard. 2014年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月27日閲覧。
  4. ^ QUICK FACTS AND FIGURES”. Selective Service System. 2018年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月6日閲覧。
  5. ^ Number of births in the United States from 1990 to 2016 (in millions)”. Statista (2018年). 2018年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月6日閲覧。
  6. ^ a b IISS 2019, p. 47.
  7. ^ a b c Defence Expenditure of NATO Countries (2012-2019)”. NATO Public Diplomacy Division (2019年6月25日). 2019年7月18日閲覧。
  8. ^ As stated on the official U.S. Navy website Archived 29 June 2011 at the Wayback Machine., "armed forces" is capitalized when preceded by "United States" or "U.S.".
  9. ^ 米軍(べいぐん)の意味”. goo国語辞書. 2020年11月6日閲覧。
  10. ^ a b c 合衆国法典第10編第101条 10 U.S.C. § 101
  11. ^ 10 U.S.C. § 101(a)(4)
  12. ^ Trump Signs Law Establishing U.S. Space Force” (英語). U.S. DEPARTMENT OF DEFENSE. 2019年12月21日閲覧。
  13. ^ Quick Facts and Figures”. Sss.gov. 2018年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月17日閲覧。
  14. ^ O’Sullivan, Michael; Subramanian, Krithika (2015-10-17). The End of Globalization or a more Multipolar World? (Report). Credit Suisse AG. オリジナルの15 February 2018時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180215235711/http://publications.credit-suisse.com/tasks/render/file/index.cfm?fileid=EE7A6A5D-D9D5-6204-E9E6BB426B47D054 2017年7月14日閲覧。. 
  15. ^ National Defense Budget Estimates for FY 2021”. United States Department of Defense (2020年4月). 2020年8月28日閲覧。
  16. ^ Wayback Machine” (2015年9月5日). 2015年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月18日閲覧。
  17. ^ Coast Guard Organization and Administration, Chapter One”. 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月7日閲覧。
  18. ^ '15 Fascinating Facts You Never Learned About America' – Reader's digest”. rd.com. 2017年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月11日閲覧。
  19. ^ Annual Aviation Inventory and Funding Plan Fiscal Years (FY) 2019-2048”. 2020年7月19日閲覧。
  20. ^ 米映画「トップガン」続編の制作開始で海軍と空軍が「舌戦」 宣材写真の戦闘機めぐり性能論争 - 産経ニュース
  21. ^ “米軍の同性愛者入隊規制、撤廃される”. (2011年9月21日). http://www.afpbb.com/article/politics/2829520/7808219 2013年1月24日閲覧。 
  22. ^ “米軍は5年前、女性兵だけの特殊部隊をアフガンに投入していた”. (2016年7月1日). https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/07/post-5412.php 2020年7月24日閲覧。 
  23. ^ Transgender People Can Enlist in Military Jan. 1, Pentagon Says
  24. ^ “米宇宙軍、正式に発足=司令官「対中ロで優勢維持」”. 時事通信社. (2019年8月30日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019083000262 
  25. ^ “米宇宙軍、正式に発足 トランプ大統領が発表”. CNN. (2019年8月30日). https://www.cnn.co.jp/usa/35141982.html 
  26. ^ “米宇宙軍、統合軍として発足…中露の抑止狙う”. 読売新聞. (2019年8月30日). https://www.yomiuri.co.jp/world/20190830-OYT1T50167/ 
  27. ^ “米国防総省が「宇宙統合軍」を発足 宇宙空間で中露に対抗”. 産経新聞. (2019年8月30日). https://www.sankei.com/article/20190830-362D7PMNWFPLTD4EXW57L3XEDI/ 
  28. ^ “トランプ大統領 「宇宙軍」創設 陸軍や海軍などと同格”. NHK. (2019年12月21日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191221/amp/k10012223811000.html 
  29. ^ “米宇宙軍が発足、陸海空と並ぶ、軍拡競争激化の恐れ”. 共同通信社. (2019年12月21日). https://this.kiji.is/580930430141154401?c=39546741839462401 
  30. ^ 憲法第2章第32条
  31. ^ 合衆国法典第10編第162条 10 U.S.C. § 162
  32. ^ 憲法第1章第8条
  33. ^ 合衆国法典第10編第3013– 3014条 10 U.S.C. §§ 30133014
  34. ^ 合衆国法典第10編第5013– 5014条 10 U.S.C. §§ 50135014
  35. ^ 合衆国法典第10編第8013– 8014条 10 U.S.C. §§ 80138014
  36. ^ 合衆国法典第10編第5013a条 10 U.S.C. § 5013a合衆国法典第14編第3条 14 U.S.C. § 3
  37. ^ アメリカが世界170ヶ国に米軍基地を保有” (日本語). Pars Today (2018年1月24日). 2022年4月25日閲覧。
  38. ^ 『The Military Balance 2003』
  39. ^ 独駐留米軍、1万2000人削減…米長官「NATO強化し露への抑止力高める」”. 読売新聞 (2020年7月29日). 2020年7月20日閲覧。
  40. ^ 豪での米軍駐留拡大へ 原潜建造に次ぎ連携強化―2プラス2:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年9月17日閲覧。
  41. ^ “アフガニスタンから米軍撤退完了 「最も長い戦争」に終止符”. NHKニュース. (2021年8月31日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210831/k10013233751000.html 2021年8月31日閲覧。 
  42. ^ “【今、何が問題なのか】「上官の命令は絶対」で沈黙…日常的に性的暴行受ける米軍新兵女性”. 産経新聞. (2012年7月4日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/120704/amr12070411010004-n1.htm 
  43. ^ 憲法のある風景:公布70年の今/1 9条に迷い救われ 被爆、渡米、ベトナム戦、脱走 日米の間に生きた - 毎日新聞


「アメリカ軍」の続きの解説一覧

アメリカ軍(United States Armed Forces)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 16:44 UTC 版)

グランド・セフト・オートV」の記事における「アメリカ軍(United States Armed Forces)」の解説

アメリカ合衆国正規軍本作においてはフォート・ザンクード(Fort Zancudo)という基地拠点しており陸軍空軍が主に登場するほか、カーゴボブの側面に「MARINES」の表記がある事か海兵隊、『GTAオンライン:強盗』の「ヒューメイン襲撃:強盗準備ミッションで、空母登場する事か海軍存在示されている。

※この「アメリカ軍(United States Armed Forces)」の解説は、「グランド・セフト・オートV」の解説の一部です。
「アメリカ軍(United States Armed Forces)」を含む「グランド・セフト・オートV」の記事については、「グランド・セフト・オートV」の概要を参照ください。


アメリカ軍(退役軍人含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 05:27 UTC 版)

フルメタル・パニック!の登場人物」の記事における「アメリカ軍(退役軍人含む)」の解説

ケヴィン・スカイレイ 退役海軍中将ボーダ提督旧友であり、テッサ大ファン戦闘機パイロットとしてベトナム戦争潜り抜けその後航空団司令さらには空母艦長務め上げる。ベトナムではベイルアウトして敵地彷徨った経験もある。 若い頃は甘いマスク浮き名流していたが、作中では"髪の薄くなった、二重顎おっさん"である。ただし、本人まだまだ色男であるという認識を持っている宗介クルツが年取ったらこうなるであろう想像している。 トーマス・ロス 退役海軍少将ボーダ提督旧友であり、テッサ大ファン潜水艦艦長務めた後に紆余曲折を経て太平洋潜水艦隊司令官となった露出癖があり、テッサの前で下半身施した刺青見せ付けるためにやたらとズボン脱ぎたがる。作中では描かれていないが、本編1年前実際に脱いでおり、それを目の当たりにしテッサにとっての一生のトラウマとなった。 マデューカスが発狂したこうなるであろう、と宗介想像したアマルガムとの戦い続けテッサに、ハワイ潜水艦隊司令部とのコネ利用して情報を送るなど、何かと便宜を図っている。 ロイ・シールズ 声 - 青山穣 退役海軍大佐数年前まで海軍特殊部隊所属していた。ボーダ提督旧友であり、テッサ大ファン数多く極秘作戦従事しており、顔にはいくつもの傷跡残っている。しかし強面外見とは裏腹にテッサ息荒くモーションをかけてくるため、"別の意味危ない人"になっているカリーニン色ボケしたらこうなるかもしれない、と宗介想像した『つどうメイク・マイ・デイ』では宗介のためにM6A3 ダーク・ブッシュネルを"ちょろまかして"調達してきた。その後アマルガム拠点への襲撃作戦にも参加している。『ずっとスタンド・バイ・ミー』では、宗介のためにM6A3をちょろまかした事が米軍にばれたようで留置所暮らしをしていることがロス口から語られたが、最終巻エピローグ無罪放免になったことが語られた。 ジョン・ジョージ・コートニー 声 - 池田勝 退役海兵中佐ボーダ提督旧友であり、テッサ大ファン。ASとF言葉の使い手で、何かと"ファッキン"(『老兵たちのフーガ』では"●ァッキン")という言葉を頭に付け加え癖がある将官になることで現場から離れるのを嫌い、上官殴りつけ昇進取りやめさせた事もある宗介想像悪酔いしたマオ退役してもなおテンション高く近所の海兵隊基地乗り込み、ASの操縦楽しんでいる。 『つどうメイク・マイ・デイ』ではフロリダにて宗介リハビリという名の海兵隊訓練)に協力しその後行われた襲撃作戦にも協力している。なお、その際発言からベトナム戦争において、ケサン基地攻防戦参加していたことが判明した『ずっとスタンド・バイ・ミー』時点ではロスいわく「軍警察取り調べとんずらし行方不明になっていたが逮捕され最終巻エピローグ無罪放免になったことが語られた。 『フルメタル・パニック!アナザー』時点では、AS関連機器メーカーツーソン・インスルメンツ社長。M6A2E2 ブッシュマスターパワーアシスト機構「ブルローダー」や、「M57 57mmハンドガン」を世に送っている。 カール・テスタロッサ 海軍中佐ロサンゼルス級原子力潜水艦"ダラス"(SSN-700)の艦長。 レナード・テッサ兄妹父親バレンツ海でマデューカスに助けられた礼としてポーツマス自宅に彼を招いたことがあるその際、既にウィスパードとしての能力開花させつつあったレナード・テッサ兄妹将来案じており、マデューカスにその事話している。なお、この際本編でマデューカスが被っている帽子渡している。 その後太平洋艦隊異動となって一時的に沖縄配属されるが、その2年後自宅強盗実際はテッサレナード拉致目的とした"どこかの諜報部")に襲われ、妻のマリアと共に殺害されるかなりの愛煙家であり、海軍賛歌替え歌作る程に葉巻を嗜んでいた。 キリィ・ベンジャミン・セイラー(キリィ・B・セイラー) 声 - 廣田行生 海軍中佐改良型ロサンゼルス級原子力潜水艦"パサデナ"(SSN-752)の艦長身長6フィート(約183cm)、黒髪短髪筋肉質白人男性。その容貌は「コメディ出ているときのアーノルド・シュワルツェネッガーに似ている。 「原子力バカ」や「垂直発射バカ」など、他人罵倒する際は「(潜水艦関連用語バカ」という表現をする。 『揺れるイントゥ・ザ・ブルー』においてトイ・ボックス(= TDD-1)にいいようにあしらわれたため、TDD-1に対する心象は悪い。 艦長になる以前には先述したカール・テスタロッサ中佐(レナード・テッサの父親)が艦長務めロサンゼルス級原潜"ダラス"にて甲板士官務めていた。なお、"ダラス"はバレンツ海当時マデューカスが指揮していた"タービュラント"によって撃沈危機免れたため、彼はマデューカスを恩人思っているイライザという名の妻がいるが、その仲は完全に冷え切っている。『踊るベリー・メリー・クリスマス』では豪華客船クルーズ誘おうとしたのだが、そのときには既に実家帰ってしまっていた。その後ミスリルによるシージャック巻き込まれテッサ拉致事情知らない勘違いによる保護)して大立ち回り演じる。 キャラクターは『蓬萊学園シリーズ部征良(きりべ せいりょう)が元ネタ[要出典]。 マーシー・タケナカ 声 - 松本大 海軍大尉改良型ロサンゼルス級原子力潜水艦"パサデナ"(SSN-752)の副長日系アメリカ人直情径行セイラーとは対照的に冷静な性格をしている。そのためセイラー抑え役(ツッコミ役)となっている。 『踊るベリー・メリー・クリスマス』ではハワイ休暇を楽しむはずがセイラー無理矢理付き合わされた挙げ句シージャック巻き込まれてしまう。しかしシージャック犯がミスリルであり、その目的もあって、これと言った危害加えられる事は無かった。なお、その際は潜入していたレイスディナーを共にしている。 キャラクターは『蓬莱学園シリーズ竹中正樹(たけなか まさき)が元ネタ[要出典]。 エド・オルモス 声 - 室園丈裕 海軍二等軍曹特殊部隊所属『揺れるイントゥ・ザ・ブルー』にて、ペリオ諸島占拠したテロリスト(=アマルガム)の制圧作戦参加したが、ガウルンのコダールiによって搭乗機であるM6A3を撃破されて死亡するジェンキンス准将 声 - 石波義人 TV第1作のみ登場するキャラクター海軍准将ペンタゴントップ西太平洋戦隊ペリオ諸島制圧した際、カリーニンとの会談のためイージス艦"バンカーヒル"に乗艦していた。 バンカーヒル艦長 声 - 宗矢樹頼 アメリカ海軍所属階級不明氏名不明タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦"バンカーヒル"(CG-52)艦長

※この「アメリカ軍(退役軍人含む)」の解説は、「フルメタル・パニック!の登場人物」の解説の一部です。
「アメリカ軍(退役軍人含む)」を含む「フルメタル・パニック!の登場人物」の記事については、「フルメタル・パニック!の登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アメリカ軍」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アメリカ軍」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アメリカ軍」の関連用語

アメリカ軍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アメリカ軍のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアメリカ軍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのグランド・セフト・オートV (改訂履歴)、フルメタル・パニック!の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS