気球とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > 気球の意味・解説 

き きゅう -きう [0] 【気球】

袋の中に熱し空気空気より軽いヘリウム水素などの気体を入れて浮遊させる飛行装置軽気球


【気球】(ききゅう)

軽航空機一種で、推力を持たず、気嚢ゴンドラ吊り下げただけの単純な形態のもの。
乱暴な言い方をすれば「ペイロードのぶら下がった風船」であり、もっとも単純な航空機といえる
人類が(高所からの落下などを除いて、地面から飛び立つという意味で)「空を飛ぶ」ことを実現した最初乗り物である。

気嚢水素ヘリウム等を詰めガス気球と、気嚢の下に開いた穴からバーナーで中の空気をあぶり、熱膨張浮力を得る熱気球とに大別される。

高度の操縦ある程度可能であるが、基本的に平方向への操縦手段がなく、文字通り風任せ乗り物」である。
したがって気流風上から離陸して風下に向かうか、地上との間に索を取り付け風に流されないようにするかのいずれかで用いられる。
前者自由気球後者係留気球と呼ぶ。
自由度の低い乗り物のため、用途スポーツ大気観測等に限られるが、航空史初期においては観測機として使われた他、風船爆弾阻塞気球といった変わった使い方存在する。

飛行中、高度の操縦下記のような方法行われる

ガス気球場合基本「物を捨てる」以外に操縦手段がなく、特に水素爆発事故忌避されるようになってからは高価ヘリウムを使わざるを得ず、係留気球小型使い捨て用途以外ではほとんど見られなくなった。
スポーツ用途では熱気球圧倒的多く、高度によって風向き異なるのを利用して、ある程度方位制御するテクニックも採られる。

長距離移動実現するためにガス気球熱気球複合させた「ロジェ気球」というタイプ存在する。

関連飛行船


気球

歴史と沿革


人類最初に空に浮かぶことができたのは1783年11月21日のことでした。フランスのジョゼフ・ミシェルとジャック・エティエンヌのモンゴルフィェ兄弟の手によって作られた熱気球が、ピラトール・ド・ロジェとダルランド侯爵二人を乗せ、ブーローニュの森のミュエット庭園離陸したのです。さらにその10日後には、実験物理学者ジャック・アレクサンドル・セザール・シャルル教授ガス気球飛行成功しています。1783年人類初めて空に浮かんだ年、熱気球ガス気球飛行成功した年となりました。

日本では、1969年9月27日日本初有人熱気球イカロス5号」が北海道の空に浮かび、それ以降各地熱気球クラブができはじめ、1973年9月7日には日本気連盟発足しました。


気球の種類と構造

気球にはいくつ種類あります空気暖めて浮かぶのが熱気球で、空気より軽い気体水素ヘリウムなど)を使うのがガス気球です。さらに、この2つを組み合わせロジェ気球などがあります。現在、日本に浮かぶ有人気球は、ほとんどが熱気球です。

イラストクリックすると拡大表示できます


熱気球の飛行

気球は球体内外空気密度差によって浮揚します。その密度差を作り出す方法に熱を用いているのが熱気球です。球体内部空気熱していくとやがて熱気球は浮かび上がりますが、これは浮揚であって飛行とはいいません。飛行操縦を伴った浮揚なければならないからです。

しかし、熱気球には方向制御する装置はついていません。そのためパイロットが行えるのは、球体内の空気熱するためのバーナー点火消火、そして排気弁操作のみ。つまり上昇降下しかできません。パイロット上昇降下繰り返すことによって自分意図する高度に気球を浮かべます。それは自分進みたい方向へと吹く風に気球を乗せるということであり、それが気球の操縦ということになります

一般に熱気球の高さは20mほどありますが、風の層には幅が20mに満たないものもありますそのような風に気球を乗せるためには、バーナー操作などに習熟なければなりません。気球の操縦には風に対す注意深さ謙虚さが必要になります


競技方法

熱気球世界選手権1973年米国初め開催され、以後2年ごとに開催されています。日本は第2回大会から参加するようになりました。日本国内では毎年開催される日本選手権のほか、年間総合ランク決め日本気連盟国内ランキングチーム年間総合優勝競う熱気球ホンダグランプリなどがあります

進みたい方向風に乗せるという気球独特の飛行形態から、ほとんどの競技はある決められたポイントへ向かうという形式行われます。他にも飛行距離や飛行する角度競うものもありますが、正確に風を探すということ変わりはありません。


ターゲットに向かう気球
クリック拡大できます

競技種類20種類ほどありますが、大別すると競技委員会提示したゴールへ向かうものと、競技者があらかじめ宣言したゴールへ向かうものがありますゴール位置地図上に示され、その場所に幅1m長さ10mの[ X ]がターゲットとして作られるか、地上目標物ゴールとして指定されます。競技者はそのターゲット(またはゴール)に、70gの重りに幅10cm長さ180cmの吹き流しがついたマーカー投下します。このマーカーターゲット(またはゴール)の距離が競技者の成績になります最近は、マーカーではなくGPS利用した競技行われるようになっています。

マーカーターゲット投下
クリック拡大できます



気球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/15 22:03 UTC 版)

気球(ききゅう)とは、空気より軽い気体風船に詰め込む事で浮力を得る物のこと。飛行船と異なり推進装置を持たないが、高度の調整(上昇・下降)により人間や観測装置などを中に送った後で地表に帰還させたり、物体を遠方に落下させたりできる。


  1. ^ 西村純、太田茂雄「気球の水モデル破壊テスト」、『東京大学宇宙航空研究所報告』第3巻第2号、宇宙航空研究開発機構、1967年6月、 379-384頁、 NAID 110000196883
  2. ^ 気球をとばす 岩波書店
  3. ^ 作家丹羽文雄とは同姓同名の別人。
  4. ^ “無人気球到達高度の世界記録更新について”. JAXA. (2013年9月20日). http://www.jaxa.jp/press/2013/09/20130920_ballon_j.html 2014年5月26日閲覧。 
  5. ^ Google幹部のAlan Eustace、地上40キロから飛び降りてパラシュート降下高度の世界記録を更新 - businessnewsline・2014年10月25日
  6. ^ 1999年3/10の朝日新聞夕刊記事
  7. ^ 大気球を用いた観測の将来
  8. ^ 気球の開発”. JAXA. 2016年8月8日閲覧。
  9. ^ 「旅する宇宙船気球号」『日本経済新聞』朝刊NIKKEI The STYLE(2017年6月18日)
  10. ^ 金星気球のモデル試験」、『宇宙科学研究所報告』特集 27、宇宙科学研究所、1990年、 13-19頁、2017年1月29日閲覧。
  11. ^ 膨張型低高度金星気球”. JAXA. 2017年1月29日閲覧。
  12. ^ 井筒直樹、今村剛「気球による惑星探査と日本の金星気球計画 (<特集> 金星研究の新展開)」、『遊・星・人: 日本惑星科学会誌』第12巻第4号、2003年、 268-275頁。





気球と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「気球」の関連用語

気球のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



気球のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2019 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS