気流とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 気流 > 気流の意味・解説 

き‐りゅう〔‐リウ〕【気流】

読み方:きりゅう

温度地形の変化によって大気中に起こ空気の流れ。「—に乗って飛行する


きりゅう 気流 draft

室内における空気の流れをいう。空気調和行っている部屋には室温異な温度空気空調装置から供給される。この供給空気吹出し口形状吹出し風速および室内温度送風空気との温度差によってある状態の気流が 生ずる。

気流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/09 05:24 UTC 版)

気流(きりゅう)とは、




「気流」の続きの解説一覧

気流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/24 13:56 UTC 版)

成層圏飛行船」の記事における「気流」の解説

上空一点に留まるには最大風速40~60m/sの気流に逆ら必要がある10km(又は11km)~50km成層圏であるが、20km付近が気流が安定しているため選ばれている。

※この「気流」の解説は、「成層圏飛行船」の解説の一部です。
「気流」を含む「成層圏飛行船」の記事については、「成層圏飛行船」の概要を参照ください。


気流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 01:41 UTC 版)

再生可能エネルギー」の記事における「気流」の解説

風車動力動力農業揚水動力風車)。 帆(動力動力) 船の推進力風力発電動力電力) 風を羽に受け原動機発電年間を通じて安定的に吹く風のある地域で有利。風況さえ良ければ利用でき、比較安価バードストライク低周波といった問題があり、建設には生活環境生態系配慮必要である自然保護区への設置制限される場合もある。水力以外の再生可能エネルギーによる発電では全体の約75%、再生可能エネルギー全体では約6%程度占めている。

※この「気流」の解説は、「再生可能エネルギー」の解説の一部です。
「気流」を含む「再生可能エネルギー」の記事については、「再生可能エネルギー」の概要を参照ください。


気流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 09:52 UTC 版)

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」の記事における「気流」の解説

一部の場所では強い気流によって機体流されるため姿勢制御難しくなり、オートパイロット水平飛行維持できても常に機首の方角が流されてしまう。

※この「気流」の解説は、「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」の解説の一部です。
「気流」を含む「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」の記事については、「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「気流」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「気流」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



気流と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

気流のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



気流のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの成層圏飛行船 (改訂履歴)、再生可能エネルギー (改訂履歴)、エースコンバット7 スカイズ・アンノウン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS