留まるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 留まるの意味・解説 

とま・る【止(ま)る/留(ま)る/停まる】

[動ラ五(四)

動いていたものが動かなくなる。動きをそこでやめた状態になる。停止する。「時計が—・る」「特急の—・る駅」「エンジンが—・る」

続いていたものが続かなくなる。通じていたもの通じなくなる。「成長が—・る」「道はそこで—・っている」「水道が—・る」

飛んでいたなどが物につかまって静止した状態を保つ。「が花に—・る」「小鳥に—・る」

動かないように固定される。「画鋲(がびょう)ではうまく—・らない」

心・目・耳に感じられる。印象消えずに残る。「目に—・る」「耳に—・った話」

(「お高くとまる」の形で)えらそうな態度をとる。「お高く—・っていて返事もしない」

とりやめになる。中止される。

いつしか思ひたることの、障(さは)ること出(い)で来て、にはかに—・りぬる」〈能因本・一〇三〉

行き着く

ことわりも何もいづこに—・るべきにか」〈源・若菜上

そこに残る。とどまる。

「行くも—・るもみな泣きなどす」〈更級

10 生き残るこの世にとどまる。

「—・りゐる身も老いらくののちなればさらぬ別れぞいとどかなしき」〈新勅撰・雑三〉

[可能] とまれる

[下接句] お高くとまる御目に留まる耳に留まる目が留まる目に留まる目にも留まらぬ


とどま・る【止まる/留まる/停まる】

[動ラ五(四)

進行していたもの停止する。立ちどまる。「—・ることなく流れる」

「車は…家の入口に—・りぬ」〈鴎外舞姫

同じところ・地位そのままいて動かないでいる。「現職に—・る」「首位に—・る」

滞在する。「当地には、一〇日—・る予定

行かないで、あとに残る。「現地に—・って指導にあたる」「責任者本部に—・る」

その範囲限度越えいでいる。「期待されたが、平凡な記録に—・った」「問題点指摘するに—・る」

中止になる。

「まうのぼり給ふことも—・り」〈大鏡・兼通〉

しとめられる。

「鹿(しし)は少しもはたらかず、二つの矢にてぞ—・りける」〈曽我・八〉

最上である。それが一番すぐれている

狂歌といふものはおそらく江戸に—・ったね」〈滑・浮世風呂・四〉


とどま・る【止・停・留】

〔自ラ五(四)

ひとところにあって動かなくなる。移動しないで、同一の場所にある。静止している。

万葉(8C後)八・一四五三「高き荒海島伝ひ い別れ往かば 留有(とどまれる) 吾れは幣(ぬさ)引き 斎(いは)ひつつ 君をばやらむ はや帰りませ」

② 動いていたもの静止の状態にはいる。動くのをやめる。たちどまる。

斯道文庫本願四分律平安初期点(810頃)「頭面をもちてみ足を礼し、却きて一面に住(ととマリ)つつ」

③ つかえて進まなくなる。とどこおる渋滞する。よどむ。

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)五「法の於に尋思するに暫くも停(トトマル)こと無し

④ やめになる。中止になる。やむ。

*後拾遺(1086)秋上・三二三詞書花山院歌合せさせ給はむとしけるに、とどまり侍りにけれど」

(5) やどる。とまる。滞在する。逗留する。宿泊する。

書紀720仁徳三〇年九月前田本訓)「則ち其の採(と)れる所の御綱を海に投(なけい)れて着岸(トドマリ)たまはず」

源氏100114頃)夢浮橋詣で帰りける道に、宇治の院といふ所にとどまり侍りけるに」

(6) 遺物として残る。この世生きて残る。また、他のものの去ったあとに残る。

古今(905‐914)仮名序松の葉の散り失せずして、まさきのかづら永く伝はり、鳥の跡久しくとどまれらば」

(7) 殺される。などが仕止められる。とどめを刺される。

曾我物語南北朝頃)八「鹿は少しも働かず、二つの矢にてぞとどまりける」

(8) 最高のものとする

浄瑠璃山崎与次兵衛寿の門松(1718)中「人の父としては慈にとどまり人の子として孝にとどまるといふ」

(9) それ以上にならなくなる。その範囲越えなくなる。

小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「和漢に名ある稗官者流ひたすら脚色(しくみ)の皮相にとどまるを拙しとして」

大道無門(1926)〈里見弴〉隣人「ただの噂話といふ程度では止(トド)まらなかった」

(10) 現在の地位や職から動かないでいる。

彼の歩んだ道(1965)〈末川博〉四「原級にとどまった生徒なので」

(11) 留意する注意する。心を向ける。それにひきつけられる

源氏100114頃)若紫なべてならずもてひがみたる事好み給ふ御心なれば、御身ととまらむをやと見奉る

(12)他動詞的に用いて) しようと思ったことをやめる。思いとどまる

日葡辞書(1603‐04)「ジガイヲ todomaru(トドマル)」


とま・る【止・留・停・泊】

1⃣ 〔自ラ五(四)

[一] 動かないでいる。そこに位置して離れないでいる。

① 動いていたものが、動かなくなる。停止する。立ちどまる。

万葉(8C後)一九・四一六〇「吹く風の 見えぬ如く 行く水の 登麻良(トマラ)ぬ如く

(10C終)九五「簾のもとにとまりて見た心地こそ、飛びも出でぬべき心地すれ」

とりやめになる。中止になる。

(10C終)九八「いとなみいつしかと待つことの、さはりあり、にはかにとまりぬる」

③ 続いていた物事とだえる

宇治拾遺(1221頃)五「さて夢さめて、涙とまらずして」

通じなくなる。「水道がとまる」

浄瑠璃生写朝顔話(1832)宿屋の段「ヲヲ其侍は今の先渡った。が、俄の大水で川が留った」

[二] 一定の位置固定する。

付着する。固着する。つく。

栄花(1028‐92頃)暮待つ星「とまりたる匂などもなべてならずと」

② 目・耳・心などに印象が残る。

源氏100114頃)帚木「よきあしき事の、目にも耳にもとまる有様を」

落着する。終結する。決着する。終わる。

源氏100114頃)若菜上「ましてことはりも何も、いづこにとまるべきにか」

④ つかまる。特に、などがの上などでからだを安定させる。

日葡辞書(1603‐04)「トリガ キノ エダニ tomaru(トマル)」

俳諧俳諧新選(1773)三「とまらんとにも望むとんぼ哉〈鼓舌〉」

(5) (「高くとまる」の意) えらぶっている。

人情本仮名文章娘節用(1831‐34)前「ヘンおつうとまりたがるやつだの」

(6) 妊娠する。「腹に宿る」意と「月経止まる」意と両方からいう。

俳諧天満千句(1676)八「六はらをさすりあぐれば心の臓未学〉 たった一夜でとまると覚て〈西似〉」

[三] 行かないでいる。残る。

① あとに残る。とどまる。

万葉(8C後)九・一七八六「み越路雪降る山を越えむ日は留有(とまれる)吾れを懸けて偲はせ」

生き残る。とどまる。

源氏100114頃)桐壺今までとまり侍るがいと憂きを」

[四] (泊) ある場所に、ある時間継続してとどまる。

① 船が港で夜を過ごす。停泊する。

土左(935頃)承平四年一二二九日「廿九日、おほみなとにとまれり」

出先宿をとる。宿をかりる。宿泊する。やどる。

(10C終)一四「つば市。大和にあまたある中に長谷詣づ人のかならずそこにとまるは、観音の縁のあるにや」

宿直する。とのいする。

源氏100114頃)末摘花「御とのゐ所に、やがてとまり給ひぬるやうにて、夜ふかして、おはしたり」

2⃣ 〔他ラ四〕

① やめる。よす。

御伽草子木幡狐室町末)「われ思ふ子細ありて思ひたちぬる事なれば、いかにとどめ給ふとも、とまるべきにてあらず」

停止させる。くいとめる

浄瑠璃冥途の飛脚(1711頃)下「野口のみぞの水氷滑るをとまる高足駄


留まる

出典:『Wiktionary』 (2020/02/23 06:08 UTC 版)

漢字混じり表記

まる

  1. とどまる参照
  2. とまる参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「留まる」に関係したコラム

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

  • FXのRSIとは

    FX(外国為替証拠金取引)のRSIとは、通貨ペアの売られすぎ、買われすぎを調べるためのテクニカル指標の1つです。RSIは、Relative Strength Indexの略で、日本語では相対力指数とい...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「留まる」の関連用語

留まるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



留まるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの留まる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS