とまるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > とまるの意味・解説 

トマル【Tomar】


とま・る【止(ま)る/留(ま)る/停まる】

[動ラ五(四)

動いていたものが動かなくなる。動きをそこでやめた状態になる。停止する。「時計が—・る」「特急の—・る駅」「エンジンが—・る」

続いていたものが続かなくなる。通じていたもの通じなくなる。「成長が—・る」「道はそこで—・っている」「水道が—・る」

飛んでいたなどが物につかまって静止した状態を保つ。「が花に—・る」「小鳥に—・る」

動かないように固定される。「画鋲(がびょう)ではうまく—・らない」

心・目・耳に感じられる。印象消えずに残る。「目に—・る」「耳に—・った話」

(「お高くとまる」の形で)えらそうな態度をとる。「お高く—・っていて返事もしない」

とりやめになる。中止される。

いつしか思ひたることの、障(さは)ること出(い)で来て、にはかに—・りぬる」〈能因本・一〇三〉

行き着く

ことわりも何もいづこに—・るべきにか」〈源・若菜上

そこに残る。とどまる。

「行くも—・るもみな泣きなどす」〈更級

10 生き残るこの世にとどまる。

「—・りゐる身も老いらくののちなればさらぬ別れぞいとどかなしき」〈新勅撰・雑三〉

[可能] とまれる

[下接句] お高くとまる御目に留まる耳に留まる目が留まる目に留まる目にも留まらぬ


とま・る【泊(ま)る】

[動ラ五(四)《「止まる」と同語源》

旅先外出先・勤務先などで夜を過ごす。宿泊する。やどる。「親戚に—・る」「ホテルに—・る」

船が港にとどまっている。停泊する。「港内に—・っている豪華客船

[可能] とまれる


とま・る【止・留・停・泊】

1 〔自ラ五(四)

[一] 動かないでいる。そこに位置して離れないでいる。

① 動いていたものが、動かなくなる。停止する。立ちどまる。

万葉(8C後)一九・四一六〇「吹く風の 見えぬ如く 行く水の 登麻良(トマラ)ぬ如く

(10C終)九五「簾のもとにとまりて見た心地こそ、飛びも出でぬべき心地すれ」

とりやめになる。中止になる。

(10C終)九八「いとなみいつしかと待つことの、さはりあり、にはかにとまりぬる」

③ 続いていた物事とだえる

宇治拾遺(1221頃)五「さて夢さめて、涙とまらずして」

通じなくなる。「水道がとまる」

浄瑠璃生写朝顔話(1832)宿屋の段「ヲヲ其侍は今の先渡った。が、俄の大水で川が留った」

[二] 一定の位置固定する。

付着する。固着する。つく。

栄花(1028‐92頃)暮待つ星「とまりたる匂などもなべてならずと」

② 目・耳・心などに印象が残る。

源氏100114頃)帚木「よきあしき事の、目にも耳にもとまる有様を」

落着する。終結する。決着する。終わる。

源氏100114頃)若菜上「ましてことはりも何も、いづこにとまるべきにか」

④ つかまる。特に、などがの上などでからだを安定させる。

日葡辞書(1603‐04)「トリガ キノ エダニ tomaru(トマル)」

俳諧俳諧新選(1773)三「とまらんとにも望むとんぼ哉〈鼓舌〉」

(5) (「高くとまる」の意) えらぶっている。

人情本仮名文章娘節用(1831‐34)前「ヘンおつうとまりたがるやつだの」

(6) 妊娠する。「腹に宿る」意と「月経止まる」意と両方からいう。

俳諧天満千句(1676)八「六はらをさすりあぐれば心の臓未学〉 たった一夜でとまると覚て〈西似〉」

[三] 行かないでいる。残る。

① あとに残る。とどまる。

万葉(8C後)九・一七八六「み越路雪降る山を越えむ日は留有(とまれる)吾れを懸けて偲はせ」

生き残る。とどまる。

源氏100114頃)桐壺今までとまり侍るがいと憂きを」

[四] (泊) ある場所に、ある時間継続してとどまる。

① 船が港で夜を過ごす。停泊する。

土左(935頃)承平四年一二二九日「廿九日、おほみなとにとまれり」

出先宿をとる。宿をかりる。宿泊する。やどる。

(10C終)一四「つば市。大和にあまたある中に長谷詣づ人のかならずそこにとまるは、観音の縁のあるにや」

宿直する。とのいする。

源氏100114頃)末摘花「御とのゐ所に、やがてとまり給ひぬるやうにて、夜ふかして、おはしたり」

2 〔他ラ四〕

① やめる。よす。

御伽草子木幡狐室町末)「われ思ふ子細ありて思ひたちぬる事なれば、いかにとどめ給ふとも、とまるべきにてあらず」

停止させる。くいとめる

浄瑠璃冥途の飛脚(1711頃)下「野口のみぞの水氷滑るをとまる高足駄


外丸

名字 読み方
外丸とまる
戸丸とまる
渡丸とまる
登丸とまる
都丸とまる
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

外丸

読み方
外丸とまる

登丸

読み方
登丸とまる

都丸

読み方
都丸とまる

渡丸

読み方
渡丸とまる

戸丸

読み方
戸丸とまる

読み方
とまる

止部

(とまる から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 18:50 UTC 版)

止部(しぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。




「止部」の続きの解説一覧

とまる

出典:『Wiktionary』 (2021/08/09 13:51 UTC 版)

発音

動詞

とまる

  1. (ま)る、(ま)る、停(ま)る】
    1. 動いていた物が動かなくなる。
    2. 継続中の物事中断する。
    3. 何かに掴まった状態でその位置に居る。
    4. 印象感覚残る
  2. (ま)る】
    1. 以外場所で夜を過ごす。宿泊する。
    2. 停泊する。

活用

関連語

翻訳

語義2:宿泊する — 「[[語義2:宿泊する#翻訳]]」を参照のこと

動詞

とまる

  1. まる、まる】
    1. うごかなくなる。
    2. めになる。中止になる。
    3. あとのこる。
    4. 印象感覚に残る。
  2. まる】
    1. 宿泊する。
    2. 停泊する。

活用

とま-る 動詞活用日本語活用
ラ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
とま

発音

↗とまる

関連語



  • 画数:7
  • 音読み:シ
  • 訓読み:とまる、 さか



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「とまる」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

とまるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



とまるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの止部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのとまる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS