とめるとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > とめるの意味・解説 

と・める【泊める】

[動マ下一[文]と・む[マ下二《「止める」と同語源》

宿泊させる。「ひと晩—・めてもらう」

船を停泊させる。「湾内ヨットを—・める」


と・める【止める/留める/停める】

[動マ下一[文]と・む[マ下二

動いているものを動かないようにする。「タクシーを—・める」「文章を書く手を—・める」

継続しているものを続かなくさせるとだえさせる。「息を—・める」「痛みを—・める」

固定して離れないようにする。「紙をピンで—・める」「背広ボタンを—・める」

やめさせる制止する。「けんかを—・める」

関心を向ける注意する。「心を—・めて聞く」「ふとテレビ目を—・める」

その場にとどめ置く。「取り調べのため警察に—・める」

やめる。

「忌あれば—・めつ」〈かげろふ・上〉

あとに残す。

月影宿れる袖はせばくとも—・めても見ばや飽(あ)かぬ光を」〈源・須磨

[補説] 俗に、「駐めると書いて駐車の意とし、「停める」を停車の意として使い分けることがある

[下接句] 息の根を止める気に留める心に留める心を留める耳に留める目を留める


とめる【止める】

を切ることを指す言葉だが、単に輪郭線整えるためではなく立て替えや、実もの盆栽などで結実確実なものにするため、を短い状態にしておく、というニュアンスが強い。


とめる

作者ナンデ・シューゴ

収載図書ナン・センス!
出版社日本文学館
刊行年月2005.4


とめる

  1. 同上(※「どめる」参照)。〔第三類 犯罪行為

とめる

  1. 人を殺すことをいふ。気息止める意味であらう。〔犯罪語〕
  2. 殺人する事を云ふ。
  3. 人を殺すこと。(息を止めるから)。〔一般犯罪

分類 山窩犯罪犯罪


とめる

  1. 着て(※「看て」か)ゐることを云ふ。

トメル

読み方:とめる,どめる

  1. 隠スコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・富山県
  2. 物ヲ隠スコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・島根県
  3. 隠匿スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・京都府
  4. シテ物ヲ匿スコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・石川県
  5. 物品蔵匿スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・岡山県
  6. 物品蔵匿スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・山口県
  7. 物ヲ隠スコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・香川県
  8. スコトヲ云フ則チ〓品ヲ蔵匿スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・大阪府
  9. 物件埋蔵隠匿。〔第四類 言語動作
  10. 山窩仲間にて物品土中埋めて隠すことをいふ。〔犯罪語〕
  11. 土中にかくすこと。〔山窩

分類 京都府大阪府富山県山口県山窩岡山県島根県犯罪語/山窩仲間石川県香川県


ドメル

読み方:とめる,どめる

  1. 看テ居ルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・静岡県
  2. 看テ居ルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・三重県

分類 三重県静岡県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

止部

(とめる から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 18:50 UTC 版)

止部(しぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。




「止部」の続きの解説一覧

とめる

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 07:18 UTC 版)

語源

古典日本語「とむ」

動詞:止

とめるめる、める、停める

  1. 動いているものを動かないようにする
  2. 継続しているものを中断させる。
  3. 制止する。
  4. 関心向ける注目する。

活用

発音

関連語

翻訳

動詞:泊

とめるめる】

  1. 宿泊させる。
  2. 停泊させる。

発音

関連語

翻訳







※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「とめる」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

とめるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



とめるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
盆栽用語集盆栽用語集
Copyright 2022, Kindai Shuppan co.,ltd.
近代出版盆栽用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの止部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのとめる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS