武とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 兵法 > の意味・解説 

ぶ【武】

読み方:ぶ

[音](漢) (呉) [訓]たけし

学習漢字5年

[一]〈ブ〉

強く勇ましい。たけだけしい。「武勇威武勇武

軍事戦力。「武運武官武器武功武士武術武装武力偃武(えんぶ)・演武尚武文武練武

一歩踏み出すこと。足どり。「歩武

武蔵(むさし)国。「武州総武線

[二]〈ム〉たけだけしい軍事。「武者

名のり]いさ・いさむ・たけ・たける・たつ

難読武士(もののふ)


ぶ【武】

読み方:ぶ

戦いに関するわざ・力。武芸兵法戦力兵力。「―を尚(たっと)ぶ」⇔文。

勇ましいこと。武勇

「―を高く振るひ」〈浮・伝来記・七〉


む【武】

読み方:む

⇒ぶ


読み方:ブ(bu

作者 井上靖

初出 昭和61年

ジャンル


読み方:タケtake

所在 神奈川県横須賀市



読み方:タケtake

所在 鹿児島県鹿児島市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒238-0313  神奈川県横須賀市武
〒890-0045  鹿児島県鹿児島市武

名字 読み方
たけ、たけし
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

読み方
たかたけ
たけ
たけさき
たけざき
とくぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 16:01 UTC 版)

日本人の名。北野武など。




「武」の続きの解説一覧

武(たけし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 01:21 UTC 版)

きっとシリーズ」の記事における「武(たけし)」の解説

瑚々のはとこ。タイムスリップ体質をもつらしい。

※この「武(たけし)」の解説は、「きっとシリーズ」の解説の一部です。
「武(たけし)」を含む「きっとシリーズ」の記事については、「きっとシリーズ」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/14 02:48 UTC 版)

放課後キッチン」の記事における「武」の解説

ちかこの兄。3巻初登場良く言えば風来坊悪く言えばホームレス。その生き方定職に就いているダンナ小千谷先生憧れ抱かせるが、厳しい現実見せ付ける事が多い。

※この「武」の解説は、「放課後キッチン」の解説の一部です。
「武」を含む「放課後キッチン」の記事については、「放課後キッチン」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/14 02:48 UTC 版)

放課後キッチン」の記事における「武」の解説

ちかこの腹に武の顔(アゴ髭は陰毛)を描き、武のモノマネをしてダンナ出迎えた居候中の武本人が玄関見ていた。ちなみに4巻扉絵サンディにも同じ様な事をしていた。

※この「武」の解説は、「放課後キッチン」の解説の一部です。
「武」を含む「放課後キッチン」の記事については、「放課後キッチン」の概要を参照ください。


武(ぶ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 07:43 UTC 版)

討鬼伝」の記事における「武(ぶ)」の解説

鎌倉室町時代日本似た領域

※この「武(ぶ)」の解説は、「討鬼伝」の解説の一部です。
「武(ぶ)」を含む「討鬼伝」の記事については、「討鬼伝」の概要を参照ください。


武(たけし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/07 15:01 UTC 版)

LOST 恥悦の刻印」の記事における「武(たけし)」の解説

瑞希恋人実家自動車整備工場経営している。

※この「武(たけし)」の解説は、「LOST 恥悦の刻印」の解説の一部です。
「武(たけし)」を含む「LOST 恥悦の刻印」の記事については、「LOST 恥悦の刻印」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/16 17:38 UTC 版)

オバー自慢の爆弾鍋」の記事における「武」の解説

青年会若者である。

※この「武」の解説は、「オバー自慢の爆弾鍋」の解説の一部です。
「武」を含む「オバー自慢の爆弾鍋」の記事については、「オバー自慢の爆弾鍋」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 03:08 UTC 版)

花の慶次の登場人物」の記事における「武」の解説

与四郎配下であった留守中裏切り、利沙を琉球王府役人紹介するその後自らの過ち悟り慶次たちと行動を共にする目標南海一の商人になること。原作弥助相当する

※この「武」の解説は、「花の慶次の登場人物」の解説の一部です。
「武」を含む「花の慶次の登場人物」の記事については、「花の慶次の登場人物」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/23 09:06 UTC 版)

さようなら、私の本よ!」の記事における「武」の解説

東京大学中退しネイオ行動をともにしている青年

※この「武」の解説は、「さようなら、私の本よ!」の解説の一部です。
「武」を含む「さようなら、私の本よ!」の記事については、「さようなら、私の本よ!」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 05:33 UTC 版)

ケンガンアシュラ」の記事における「武」の解説

加納が王との組手初見との仕合辿り着いた数多武術融合させた技と「先の先」を駆使する攻撃的なスタイル敢えて技の数を絞り込みあらゆる状況対処できる柔軟性を失う代わりに選択の遅れ」をなくしたこれによって放つ前に一瞬動き止めなければならない寸勁使いやすくなり、先の先まで読めるうになる一方で技術完全に極める域にまでは至っておらず、黒木レベルの「『武』の理の権化に対して遅れをとる可能性がある

※この「武」の解説は、「ケンガンアシュラ」の解説の一部です。
「武」を含む「ケンガンアシュラ」の記事については、「ケンガンアシュラ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「武」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 23:46 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. () 「に対して軍事など現実に物理力行使する事。
  2. () 武術武道

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「武」の例文・使い方・用例・文例




武と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「武」の関連用語

1
96% |||||

2
96% |||||

3
96% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



武のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2023 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2023 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの武 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのきっとシリーズ (改訂履歴)、放課後キッチン (改訂履歴)、討鬼伝 (改訂履歴)、LOST 恥悦の刻印 (改訂履歴)、オバー自慢の爆弾鍋 (改訂履歴)、花の慶次の登場人物 (改訂履歴)、さようなら、私の本よ! (改訂履歴)、ケンガンアシュラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS