戦力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > > 戦力の意味・解説 

せん‐りょく【戦力】

読み方:せんりょく

戦争遂行するための力。兵力だけでなく、兵器など軍需品生産力物資輸送力を含めて総合的な戦争遂行能力をいう。

スポーツ政治労働運動などで、戦う力。また、事を行ううえでの重要な働き手。「あの選手は—になる」


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/16 02:32 UTC 版)

戦力(せんりょく、: force, military strength, military power, war potential)は、以下のように用いられる。兵力とも。




「戦力」の続きの解説一覧

戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 00:28 UTC 版)

プラント (ガンダムシリーズ)」の記事における「戦力」の解説

軍事拠点 宇宙においては軍事ステーション持ち、CE71年までは宇宙要塞ヤキン・ドゥーエ」を有していた。また、CE70年に戦闘によって東アジア共和国資源衛星新星」を奪取し、これを「ボアズ」と名を改め要衝としていた。しかしながら、CE71年の大戦期にボアズ」は核攻撃によって崩壊し、「ヤキン・ドゥーエ」は自爆によって失われている。 CE73年時点では移動拠点兼ねた大型宇宙母艦ゴンドワナ」が新たに建造されている。また、資源衛星跡を改造した宇宙要塞メサイア」も存在したが、メサイア戦闘末に陥落月面衝突し崩壊した地上には親プラント国である大洋州連合所在するカーペンタリア基地と、カサブランカ沖海戦勝利後にイベリア半島建設されジブラルタル基地軍事拠点設けている。CE71年の大戦期にその他に複数軍事拠点設けていたが、CE72年3月施行された「ユニウス条約」からカーペンタリア基地ジブラルタル基地以外の地上拠点手放す事となった。その後、CE73年からの大戦期に地球連合からの脱退ザフトへの救援望み拠点提供した地球地域存在する兵器 新兵器ニュートロンジャマーモビルスーツ造り出すことで、第1次連合・プラント大戦では国力において数十倍から数百上回る地球軍相手善戦した。ただその一方人型兵器としての接近機動戦以外の偵察機威力偵察車両通信車両等の役割全てモビルスーツ担わようとする根強いモビルスーツ偏重主義」に陥っている。構成モビルスーツ3機で1個小隊となる。

※この「戦力」の解説は、「プラント (ガンダムシリーズ)」の解説の一部です。
「戦力」を含む「プラント (ガンダムシリーズ)」の記事については、「プラント (ガンダムシリーズ)」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 00:46 UTC 版)

大洋艦隊」の記事における「戦力」の解説

1914年8月戦争勃発時の戦力 艦種戦艦(Schlachtschiffe)(ド級戦艦14 戦列艦(Linienschiffe)(前ド級戦艦22 海防戦艦 8 大型巡洋艦巡洋戦艦4 大巡洋艦装甲巡洋艦) 7 小型巡洋艦 12 駆逐艦水雷艇艦隊部門89 Uボート 19 戦艦戦列艦および海防戦艦は6個戦隊巡洋艦は5個群、駆逐艦水雷艇は8個部隊Uボートは2個小艦隊編成された。加えて小型巡洋艦駆逐艦水雷艇による4個沿岸守備艦隊大洋艦隊属した

※この「戦力」の解説は、「大洋艦隊」の解説の一部です。
「戦力」を含む「大洋艦隊」の記事については、「大洋艦隊」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 09:47 UTC 版)

リャザン包囲戦」の記事における「戦力」の解説

モンゴル帝国軍 「en:Mongol military tactics and organization」も参照 バトゥ率いルーシ侵攻軍の総数正確に不明であるルーシ年代記レートピシ)には具体的は数値記録されず、膨大な数軍団とのみ記されている。ロシア革命以前歴史家兵員総数30万人とし、ソ連歴史家同等の数値計上していた。 一方ソ連軍事史学V.カルガロフ(ru)は、モンゴル帝国軍事単位であるトゥメン1万人を1単位とする)と、ルーシ侵攻従軍したチンギス・ハン家の血統(ru)の数から、12 -14万人軍勢であった推測した。ただし、その全てルーシ侵攻したわけではなく一部ポロヴェツ族との戦闘にあたっていた。逆にチンギス・ハン家の血縁者以外のスブタイ、ブルンダイ(ru)ら軍事司令官属す兵員がいた可能性もある。なお、『集史』の編纂者ラシードゥッディーンは、リャザン攻囲戦参加したチンギス家の一族は7名であった記しているリャザン公国軍 「en:Medieval Russian army」および「ru:Крепостные сооружения Древней Руси」も参照 リャザン公国軍の兵数もまた不明であるモンゴル襲来時、リャザン公国にはプロンスクプロンスク公国)、コロムナコロムナ公国)、ペレヤスラヴリ・リャザンスキーの3つの分領公国属していた。これら分領公国の公(クニャージならびにリャザン大公ユーリーは、各自従士隊(ドルジーナ隊)を有し、各都市でも民兵隊徴集組織されたドルジーナ隊は重装備有していたものの、その数は数百人を越えず、また一個指揮官自在に動かせるような指系統確立していなかった。なお、モンゴル帝国軍とルーシの諸公国軍は、既に1223年カルカ河畔の戦いにおいて衝突しているが、リャザン公国軍はこれに参加しておらず、バトゥ率いモンゴル帝国軍の戦術装備に関する知識はなかったとみられるそもそもルーシ諸公にとって、カルカ河畔でのモンゴルとの接触大きな関心事ではなく重大な事変として認識されなかったともされる防衛設備面では、リャザン公国諸都市(ゴロド)は、他のキエフ・ルーシ期の都市と同様強固な防衛設備有していた。リャザンの場合、高さ10mの土塁の上に都市置かれ、塔を備えた城壁総長は約3,5km城壁内部に65ヘクタール土地防衛することができた。また、13世紀末のリャザン人口8千人に達してたとする説がある。

※この「戦力」の解説は、「リャザン包囲戦」の解説の一部です。
「戦力」を含む「リャザン包囲戦」の記事については、「リャザン包囲戦」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/05 20:25 UTC 版)

南アフリカ海軍」の記事における「戦力」の解説

南アフリカ海軍艦艇一覧」も参照 7702人の現役人員擁している海軍戦闘艦と支援艦隊分かれており、戦闘艦隊は、ヴァラー級フリゲート5隻、ヒロイン潜水艦3隻、ウォリアー哨戒艦3隻、T級哨戒艦3隻、リバー級鉱山対抗艦3隻、ナマクラ港湾巡視船21隻で構成されている。支援艦隊は、補給船1隻、ヘクラ調査船1隻、タグボート3隻で構成されている。海軍にはまた、海上戦隊(MRS)と呼ばれる歩兵訓練を受けた特殊部隊含まれている。 典拠管理ISNI: 0000 0004 0635 351X この項目は、南アフリカ関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:地理/PJアフリカ)。 この項目は、軍事関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:軍事プロジェクト:軍事史Portal:軍事)。

※この「戦力」の解説は、「南アフリカ海軍」の解説の一部です。
「戦力」を含む「南アフリカ海軍」の記事については、「南アフリカ海軍」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 17:08 UTC 版)

カガヤンの戦い (1582)」の記事における「戦力」の解説

倭寇艦隊は、ジャンク1隻とサンパン18隻で構成されていた。日本中国フィリピン海賊構成されていたが、リーダーの名前からして日本人船団率いていたと考えられるスペイン資料ではタイ・フーサ(Tay Fusa)と記録されているが、これは日本名とは一致しないが、Taifu-samaの音訳である可能性がある。また泉漳語では「ターイフー」、北京語では「ダーフー」と発音される。 彼らは、刃物だけでなく、ポルトガル人から供与されマスケット銃携行していた。 これに対抗するため、カリオン40人兵士と、5隻の小型支援船、1隻の軽船(「サン・ユセペ」)、1隻のガレオン船(「ラ・カピターナ」)とそれぞれの乗組員を含む7隻の船を集めた中国資料では、倭寇マスケット銃を撃つのが苦手だったとするものがあるが、これは良質の火薬不足していたためだと考えられている。

※この「戦力」の解説は、「カガヤンの戦い (1582)」の解説の一部です。
「戦力」を含む「カガヤンの戦い (1582)」の記事については、「カガヤンの戦い (1582)」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 03:48 UTC 版)

ペトロパブロフスク・カムチャツキー包囲戦」の記事における「戦力」の解説

開戦時ロシア軍は、東シベリア総督ニコライ・ムラヴィヨフ隷下カムチャツカ小艦隊配備しており、このうちペトロパブロフスク付近水域にはフリゲートアヴローラAurora44門)と輸送船ドヴィナDvina12門)が所在していた。このほか対日開国外交交渉のため、日本及び清の近海水域に遣日全権使節海軍中将エフィム・プチャーチン指揮する旗艦フリゲート・パルラーダ(Pallada52門)、汽走スクーナー・ヴォストーク(Vostok、4門)、コルベット・オリーヴツァ(Olivutsa、20門)及び露米会社武装輸送船メンシコフ公の4隻の艦隊来航しており、更に老朽化したパルラーダの代艦として新造フリゲート・ディアナ(Diana52門)が回航されつつあった。 一方海軍少将デイヴィッド・プライスDavid Price指揮下のイギリス軍太平洋艦隊Pacific Station)の艦船と、海軍少将オーギュスト・フェヴリエ=デポワント(Auguste Febvrier-Despointes)率いフランス軍太平洋艦隊艦船は、合計9隻(計200門)あった。 ロシア軍側では、1854年6月21日沿海地方のインペラートルスカヤ湾でムラヴィヨフプチャーチン協議が行われ、東シベリア沿岸防備強化のためプチャーチン艦隊解散しヴォストークとオリーヴツァは東シベリア総督の、メンシコフ公は露米会社指揮下にそれぞれ編入老朽パルラーダは、捕獲避けるため武装解除の上アムール川河口へ送ること決まったプチャーチンパルラーダからディアナ乗り換え1854年秋に日本開国交渉向かっている。 その後パルラーダ喫水関係でアムール川河口へ到達できず、インペラートルスカヤ湾内係留結氷し湾内越冬の上1855年夏に同地自沈)。アヴローラドヴィナペトロパブロフスク港内避難させ、この二艦がペトロパブロフスク予測される英仏連合軍の上陸作戦備えることとなったプライス母港バルパライソから5隻を出撃させ太平洋横断し1854年7月ホノルルでファヴリエ=デポワント率いフランス艦隊合流した。アンフィトライト(Amphitrite)、アルテミスArtémise)、トリンコマリーTrincomalee)のフリゲート3隻をカリフォルニア沿岸でのロシア艦船に対する警戒送り出し本隊ペトロパブロフスクロシア艦船と戦うためにカムチャツカ半島向かった英仏艦隊8月28日カムチャツカ到達した

※この「戦力」の解説は、「ペトロパブロフスク・カムチャツキー包囲戦」の解説の一部です。
「戦力」を含む「ペトロパブロフスク・カムチャツキー包囲戦」の記事については、「ペトロパブロフスク・カムチャツキー包囲戦」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 15:30 UTC 版)

ジェルバ島の戦い」の記事における「戦力」の解説

歴史家ウィリアム・H・プレスコット英語版によればジェルバ島の戦いについて記述した史料は非常に矛盾したものが多く統一解を見いだすことは不可能である通説では、1560年キリスト教側が編成した艦隊は、50隻から60隻のガレー船40隻から60隻の小型艦艇で構成されていたとする例えば、聖ヨハネ騎士団公認の史家であるジャコモ・ボシオ(英語版)は、ガレー船54であった記述している。 フェルナン・ブローデルも、54隻の戦艦36隻の補助船であるとしている。最も詳細に記述しているのはカーメル・テスタで、彼は聖ヨハネ騎士団所蔵資料確実に参照できていた人物である。彼は54隻のガレー船・7隻のブリッグ船17隻のフリゲート船・2隻のガレオン船28隻の輸送船および12隻の小型艇があったと列挙している。これらの船はジェノヴァ共和国トスカーナ大公国および教皇領聖ヨハネ騎士団からなる連合により供給されていた。マシュー・カーは、キリスト教連合側の艦船数を200としている。連合艦隊メッシーナにおいて、ジェノヴァ海軍提督アンドレア・ドーリアの甥孫ジャナンドレア・ドーリアによって編成された。艦隊はまずマルタ航行したが、悪天候のためにこの地で2ヶ月間もの停泊余儀なくされ、疫病の流行により2,000人が脱落した1560年2月10日艦隊トリポリ向けて出航した乗船していた兵士数は正確には分からないブローデル10,000から12,000人であるとし、テスタ14,000人としている。古い研究では20,000人以とされているが、これは16世紀当時ガレー船乗船可能な人数大きく見積もりすぎていると言えよう。 遠征隊トリポリからさほど遠くない地点上陸できたが、飲料水欠乏疫病悪天候のために当初目標地点放棄し3月7日に通地点だったジェルバ島戻った当時、さきにシチリア島において勝利を収めたメディナセリ公ファン・デ・ラ・チェルダ(英語版)がこの島に要塞を築くよう命じられており、建設始められたばかりであった同日ごろ、オスマン帝国側のガレー船ガリオット船86からなる艦隊は、ピヤル・パシャに率いられイスタンブールから航行開始したオスマン艦隊1560年5月11日ジェルバ島到着したが、キリスト教側の軍はこれを予測できていなかったとされる

※この「戦力」の解説は、「ジェルバ島の戦い」の解説の一部です。
「戦力」を含む「ジェルバ島の戦い」の記事については、「ジェルバ島の戦い」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 07:22 UTC 版)

テムズの戦い」の記事における「戦力」の解説

ウィリアム・ハリソン軍隊少なくとも3,500名の歩兵騎兵がいた。その中にはダンカン・マッカーサールイス・カス将軍下にそれぞれ正規歩兵部隊がいた。リチャード・メンター・ジョンソン大佐ケンタッキー騎兵率いたケンタッキー民兵の5部隊は、アメリカ独立戦争英雄63歳アイザック・シェルビー率いたジョンソン指揮下の志願兵多くレーズン川の出身であり、「レーズン忘れるな」をスローガン徴兵されていた。 プロクター軍には約800名の正規兵テカムセら約500名のインディアンがいた。イギリス兵士徐々に士気失いつつあり、プロクターがなかなか踏みとどまって戦おうとしなかったので、テカムセたちインディアン戦士辛抱しきれなくなっていた。プロクターインディアンによる反乱恐れていた。イギリス軍ハリソン軍から逃げるために長く急速な行軍強いられたので、食料配給半分に減っていた。ハリソン軍は前進するにつれてイギリス軍落伍者に会う様になりこれを捕まえていった。

※この「戦力」の解説は、「テムズの戦い」の解説の一部です。
「戦力」を含む「テムズの戦い」の記事については、「テムズの戦い」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 16:30 UTC 版)

北号作戦」の記事における「戦力」の解説

部隊指揮官第四航空戦隊司令官松田千秋少将旗艦日向 第四航空戦隊司令官松田千秋少将):日向伊勢大淀 第二水雷戦隊司令官古村啓蔵少将旗艦21駆逐隊初霜朝霜 搭載物資以下の通りである。日向伊勢)はそれぞれ航空揮発油ドラム缶4994個(5200個)、航空機揮発油タンク100トン(〃トン)、普通揮発油ドラム缶326個(伊勢搭載せず)、ゴム1750トン(〃トン)、錫820トン1750トン)、タングステン144トン水銀24トン輸送人員油田開発技術員等440名(551名)。大淀輸送人員159名、ゴム50トン、錫120トン亜鉛40トンタングステン20トン水銀20トン航空揮発油ドラム缶86個、航空機揮発油タンク70トン朝霜初霜の3駆逐艦ゴム・錫3隻合計140トン

※この「戦力」の解説は、「北号作戦」の解説の一部です。
「戦力」を含む「北号作戦」の記事については、「北号作戦」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/23 10:10 UTC 版)

多富洞の戦い (1950年8月)」の記事における「戦力」の解説

この頃韓国軍師団司令部には首席作戦軍需通信アメリカ軍将校顧問として配置され連隊本部にも2~3名顧問がいた。また第8軍との連絡アメリカ軍顧問団KMAG)の派遣通信隊が担当しこれらの顧問を通じて火力補給調整を行う必要があった。韓国軍の各師団には第5空軍戦術航空統制班(ACT)が配置され近接航空支援任じていた。第1師団では南星中尉空軍との連絡当たった韓国軍第1師団保有していた重火器は、105ミリ榴弾砲12門、57ミリ対戦車砲18門、81ミリ迫撃砲50門、バズーカー砲6門であった8月17日投入されアメリカ軍27連隊は、第73戦車大隊C中隊M26パーシング23両)、第37野砲大隊主力155ミリ榴弾砲12門)、第8野砲大隊主力105ミリ榴弾砲12門)などを配属した戦闘団であり、火力韓国軍第1師団よりも強力であった。ウォーカー中将が、釜山橋頭堡の戦いにおいて好んで使用した機動打撃部隊であり、戦闘経験豊富で狼犬ウルフハウンド)」と呼ばれた精強部隊であった人民軍師団は、韓国軍と比べて砲兵強力であり、歩兵連隊にも砲兵部隊編入されていた。これらの野砲迫撃砲は門数が多いだけでなく、口径大きく射程威力考慮すれば門数の差以上の格差生じていた。しかし人民軍は、開戦以来戦闘人員装備損失して戦力は半減していたが、韓国軍より遥かに強力な戦力を保有していた。韓国軍第1師団正面人民軍T-34戦車20両、122ミリ榴弾砲20門、76ミリ榴弾砲60門、76ミリ自走砲20門、76ミリ対戦車砲50門、14.5ミリ対戦車銃170門、120ミリ迫撃砲20門、82ミリ迫撃砲150門、61ミリ迫撃砲180門を保有していたと推定されている。戦力比は、兵力3倍火力が4倍で、砲の性能戦車有無考慮すれば6~7倍の差があり、人民軍優勢であった

※この「戦力」の解説は、「多富洞の戦い (1950年8月)」の解説の一部です。
「戦力」を含む「多富洞の戦い (1950年8月)」の記事については、「多富洞の戦い (1950年8月)」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 06:08 UTC 版)

コシュレルの戦い」の記事における「戦力」の解説

フランス軍中で最も位の高い人物はオセール伯(英語版)だったが、実際の指揮をとったのはゲクランだった。ジャン・ド・ヴィエンヌ英語版のようなブルゴーニュ騎士のほか、ブルターニュピカルディパリガスコーニュなどの各地から騎士集まっていた。 ナバラ軍の指揮官はグライーで、800900人の騎士と、ノルマンディーガスコーニュイングランドから集められた兵4,000~5,000人が従ったまた、イングランド長弓300人参加していた。ナバラ軍中の最精鋭は、装甲兵士(英語版)と長弓から成るイングランド部隊で、騎士ジョン・ジュエルが率いていた。イングランド兵とガスコーニュ兵の多くブルターニュフランス西部活動していた傭兵団の兵だった。

※この「戦力」の解説は、「コシュレルの戦い」の解説の一部です。
「戦力」を含む「コシュレルの戦い」の記事については、「コシュレルの戦い」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/04 14:52 UTC 版)

レラントス戦争」の記事における「戦力」の解説

カルキスエレトリア海外に植民市率先して建設しており、共に強大な艦隊擁していたが、この戦争陸上で行われた当時はまだ重装歩兵ギリシア普及する前だったが、弓矢スリングショットはあまり使われず、多くの兵士たち軽装剣士だった。別の見解によれば、主に騎兵によって戦われたという。エレトリア歩兵部隊3000名、騎兵部隊600名、戦車部隊60名を展開できた。これはホメロス時代戦車乗って戦闘開始し、イリアス英雄のように戦う)と重装歩兵時代中間期であることを思い起こさせるカルキスの戦力については、歩兵部隊エレトリア劣っていたが、騎兵部隊勝っていたことだけが分かっている

※この「戦力」の解説は、「レラントス戦争」の解説の一部です。
「戦力」を含む「レラントス戦争」の記事については、「レラントス戦争」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/26 01:24 UTC 版)

サウジアラビア王室警備隊」の記事における「戦力」の解説

サウジアラビア王室警備隊リヤド付近に本部を置く軽歩兵大隊4隊から成る

※この「戦力」の解説は、「サウジアラビア王室警備隊」の解説の一部です。
「戦力」を含む「サウジアラビア王室警備隊」の記事については、「サウジアラビア王室警備隊」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/01 23:30 UTC 版)

第6艦隊 (アメリカ軍)」の記事における「戦力」の解説

2007年時点における旗艦は、「マウント・ホイットニー (LCC-20)」(母港イタリアガエータ)。海軍中将指揮取りその下に40隻の艦船175機の航空機、約21,000人の人員置かれている。

※この「戦力」の解説は、「第6艦隊 (アメリカ軍)」の解説の一部です。
「戦力」を含む「第6艦隊 (アメリカ軍)」の記事については、「第6艦隊 (アメリカ軍)」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 23:14 UTC 版)

アレシアの戦い」の記事における「戦力」の解説

ローマ軍総司令官ガイウス・ユリウス・カエサル 副官ティトゥス・ラビエヌスデキムス・ユニウス・ブルトゥス・アルビヌスガイウス・ファビウスマルクス・アントニウスガイウス・トレボニウスほか 兵力ローマ軍団12軍団歩兵30,000 - 60,000および騎兵諸説有) ガリアアレシア指揮官ウェルキンゲトリクス、クリトグナトゥス 兵力歩兵80,000 解囲指揮官コンミウス(アトレバテス族)、ウィリドマルス、エポレドリクス(共にハエドゥイ族)、ウェルカッシウェラウヌス(アルウェルニ族兵力歩兵250,000騎兵:8,000諸説有) 上記の数字全てガリア戦記に基づいているが、ガリア軍の兵力には明らかな誇張含まれており、現代の歴史家は、おそらくアレシアガリア軍が20,000から30,000解囲軍は50,000から70,000、つまりローマ軍とほぼ同等であろうと考察している。

※この「戦力」の解説は、「アレシアの戦い」の解説の一部です。
「戦力」を含む「アレシアの戦い」の記事については、「アレシアの戦い」の概要を参照ください。


戦力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 14:59 UTC 版)

タハーン・プラーン」の記事における「戦力」の解説

タハーン・プラーンは、さまざまな階級正規軍士官もしくは下士官によって統率されている。隊のおよそ3分の1が、軍レベル訓練受けている2001年タイ西部東部国境脅威の質の変化に伴いタイ王国軍同様に予算縮小されたため、大規模な改組縮小が行われた。1990年代初期には20,000人をかかえていたが、2002年現在、総戦力は10,600と言われている。装備軽装であり、訓練をあまり受けていない。しかし、運用費用安価な兵力あるため予算縮小されてきた軍にとって、常時戦力が必要になる国境地域監視業務の肩代わりをさせるのに役立っているまた、規律がゆるいため、問題行動起こすこと多く、軍本部から解隊命じられ部隊もある。南部タイでは犯罪人権侵害などで問題にされた。一方政治的に軍部動員されこともあり1984年には思想家スラック・シワラックの軍、国王批判に対して1987年にはククリット・プラーモート当時陸軍司令官であったチャワリット・ヨンチャイユット大将向けられた批判に対して撤回強訴。タハーン・プーラン海兵部隊もあり、海上警備行っている

※この「戦力」の解説は、「タハーン・プラーン」の解説の一部です。
「戦力」を含む「タハーン・プラーン」の記事については、「タハーン・プラーン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「戦力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

戦力

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 09:04 UTC 版)

名詞

せんりょく

  1. 戦争遂行する軍隊兵器など。
  2. スポーツ労働などで貢献する力。そのため人材機器類

発音(?)

せ↘んりょく

関連語


「戦力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



戦力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



戦力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戦力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのプラント (ガンダムシリーズ) (改訂履歴)、大洋艦隊 (改訂履歴)、リャザン包囲戦 (改訂履歴)、南アフリカ海軍 (改訂履歴)、カガヤンの戦い (1582) (改訂履歴)、ペトロパブロフスク・カムチャツキー包囲戦 (改訂履歴)、ジェルバ島の戦い (改訂履歴)、テムズの戦い (改訂履歴)、北号作戦 (改訂履歴)、多富洞の戦い (1950年8月) (改訂履歴)、コシュレルの戦い (改訂履歴)、レラントス戦争 (改訂履歴)、サウジアラビア王室警備隊 (改訂履歴)、第6艦隊 (アメリカ軍) (改訂履歴)、アレシアの戦い (改訂履歴)、タハーン・プラーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの戦力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS