貢献とは? わかりやすく解説

こう‐けん【貢献】

読み方:こうけん

[名](スル)

ある物事社会のために役立つよう尽力すること。「学界発展に―する」「―度」

貢ぎ物奉ること。また、その品物


社会貢献

(貢献 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 06:04 UTC 版)

社会貢献(しゃかいこうけん)とは、社会利益に資する行いをすることをいう。




「社会貢献」の続きの解説一覧

貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 02:07 UTC 版)

GNUコンパイラコレクション」の記事における「貢献」の解説

GCCそれ自身有用なフリーソフトウェアだが、OSDOSエクステンダ(DJGPP、EMXなど)を構築するための基盤ツールとしても非常に有用であり、商用・非商用を問わず多くの環境標準的なCコンパイラとして採用されている。特にLinuxFreeBSDなど、フリーソフトウェアとしてのOSは、もしGCC存在しなかったならば大きく違ったものになっていたであろうと言われている。実際Linux生みの親であるリーナス・トーバルズGCCGNUプロジェクトの中で最も重要なものとして挙げている。 また、多くの組み込みOS や、ゲームの開発環境でもGCC採用している場合も多い。これは、クロス開発容易なものとするGCC広範なプロセッサへの対応が評価されていることによるその一方で、現状では生成コード最適化において、特定のプロセッサへの最適化を図る商用コンパイラあけられているのが実情である。特に科学技術演算多用されるベクトル演算機構への対応や、特定のベンチマークなどでは顕著であった。これは多様な環境対応することを第一とし、個別プロセッサ向けの最適化追求してこなかったことも大きな要因であったが、最近ではこれを改善するための試み始められている。(最適化を参照

※この「貢献」の解説は、「GNUコンパイラコレクション」の解説の一部です。
「貢献」を含む「GNUコンパイラコレクション」の記事については、「GNUコンパイラコレクション」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 07:00 UTC 版)

カール・ネーゲリ」の記事における「貢献」の解説

ネーゲリ顕微鏡による細胞観察行い1842年細胞分裂を初め観察報告した人物とされている細胞分裂説を唱えたドイツのローベルト・レーマクと同様その観察したものが本当に細胞分裂であったかどうか論争になっている。また1858年葉緑体の中のデンプン発見し植物生理学重要な発見となった。Zeitschrift für wissenschaftliche Botanik (1844-1846)、Die neueren Algensysteme (1847)、Gattungen einzelliger Algen (1849)、Pflanzenphysiologische Untersuchungen (1855-1858) という一連の重要な論文よく知られている。しかし今日ではメンデルエンドウ用いた実験批判的だったことで最も良く知られている

※この「貢献」の解説は、「カール・ネーゲリ」の解説の一部です。
「貢献」を含む「カール・ネーゲリ」の記事については、「カール・ネーゲリ」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 07:21 UTC 版)

リチャード・シェーン」の記事における「貢献」の解説

シェーンは、大域微分幾何学における解析的手法使用研究してきた。1979年かつての指導教授であるシン=トゥン・ヤウと共に一般相対性理論における基本的な正値エネルギー定理英語版)を証明した1983年マッカーサー・フェロー選ばれ1984年コンパクト多様体に関する山辺問題完全な解法見出した。この業績は、ヤウ初期の業績の中で開発されアイデアとティエリー・オービン(英語版)とニール・トラディンガー(英語版)の部分的結果を、新しテクニック結合したのだった結果定理は、閉多様体上のあらゆるリーマン計量は、定スカラー曲率計量生成するためには、共形的に縮小されるであろう(すなわち、適切な正値関数掛ける必要がある)ことを主張している。2007年、サイモン・ブレンドル(英語版)とシェーンは、微分可能球面定理という正断面曲率多様体における基本的な結果証明したシェーンまた、極小曲面調和写像正則性理論基本的な貢献もした。 シェーン弟子には、ヒューバート・ブレイ(英語版)、ホセ・F・エスコバル英語版)、アイラナ・フレイザー(英語版)、チカコ・メセ(英語版)、ウィリアム・ミニコッツィ2世英語版)、アンドレ・ネヴェス(英語版)がいる。

※この「貢献」の解説は、「リチャード・シェーン」の解説の一部です。
「貢献」を含む「リチャード・シェーン」の記事については、「リチャード・シェーン」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 16:33 UTC 版)

ジャック・ティッツ」の記事における「貢献」の解説

ティッツは、「建物」(時にそれはティッツの建物として知られている) を導入した。「建物」は、特に (有限群と、p進数上で定義された群を含む) 代数群理論群が振る舞う組み合わせ構造である。(B, N)-対関連の理論は、リー型の群(英語版)の理論における基本的な道具である。特に重要なのは球面型でランク3以上の全ての既約建物分類であり、それはランク3以上の全ての空間英語版)を分類することに関わっている。これらの建物存在当初各々の場合リー型の群の存在依存していたが、マーク・ロナン(英語版)との共同研究によりティッツランク4以上の建物独立に構築し、その群を直接に生み出したランク2の場合では、球面型建物一般化多角形であり、リチャード・ワイス (Richard Weiss) との共同研究により、それらが適切なシンメトリー群を許容する時に分類した(ムーファン多角形呼ばれている)。フランソワ・ブリュア(英語版)と共同でティッツアフィン建物理論開発しその後アフィン型でランク4以上の全ての既約建物分類したティッツ著名な別の定理は、ティッツ択一性(英語版)である。その内容は、もしGが線型群有限生成された部分群ならば、Gは有限指数可解群であるかランク2の自由部分群を持つ、というものであるティッツ群(英語版)とティッツ・ケーヒャー構成英語版)の名はティッツに因んでいる。ティッツはクネーザー・ティッツ予想英語版)を提示した

※この「貢献」の解説は、「ジャック・ティッツ」の解説の一部です。
「貢献」を含む「ジャック・ティッツ」の記事については、「ジャック・ティッツ」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 18:33 UTC 版)

ヘンリー・ガント」の記事における「貢献」の解説

ヘンリー・ガント生産管理における貢献としては、次のものがあるガントチャート: 今日でも管理ツールとして重要である作業スケジュール計画制御視覚的に行えプロジェクト進捗記録できる。ガントチャートをより進化させたものとして Program Evaluation and Review Technique (PERT) がある。 産業能率Industrial Efficiency): 作業あらゆる観点科学的に分析することで求められる経営の役割は、偶然や事故排除してシステム効率化することである。 Task And Bonus システム: ガントは、従業員効率改善の程度によってマネージャへのボーナスを支給するという制度提案したビジネス社会的責任: ガントは、企業社会福祉への義務負っている考えていた。 アメリカ機械工学会ASME)は、ヘンリー・ガント功績讃え彼の名を冠したメダル毎年授与している。

※この「貢献」の解説は、「ヘンリー・ガント」の解説の一部です。
「貢献」を含む「ヘンリー・ガント」の記事については、「ヘンリー・ガント」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 17:00 UTC 版)

ヤコブ・ニールセン」の記事における「貢献」の解説

「ディスカウント・ユーザビリティ」を提唱し安く早く実行できるユーザビリティ向上術について提唱しいくつかの実用的な方法論提供することでムーブメント起こしたインターネット帯域幅について「ハイエンドユーザーの接続スピードは、毎年50増大する」に始まニールセン法則提唱したユーザビリティゴールについて学習しやすさ」「効率性」「記憶しやすさ」「エラー」「主観的満足度」の5つ指標提示したヒューリスティック(経験則)による評価手法ニールセンユーザビリティ10原則」が有名であるシステム状態の視認性高める (Visibility of system status) 実環境に合ったシステム構築する (Match between system and the real world) ユーザーコントロールの主導権自由度与える (User control and freedom) 一貫性標準化保持する (Consistency and standards) エラー発生事前に防止する (Error prevention) 記憶しなくても、見ればわかるようなデザインを行う (Recognition rather than recall) 柔軟性効率性持たせる (Flexibility and efficiency of use) 最小限で美しデザインを施す (Aesthetic and minimalist design) ユーザーによるエラー認識診断回復サポートする (Help users recognize, diagnose, and recover from errors) ヘルプマニュアル用意する (Help and documentation) これはコンピュータデザインの質を向上するための原則の中でもニールセンよるものはとくに有名なものである日本でも国家試験情報処理技術者試験出題問題となったことがある

※この「貢献」の解説は、「ヤコブ・ニールセン」の解説の一部です。
「貢献」を含む「ヤコブ・ニールセン」の記事については、「ヤコブ・ニールセン」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 06:24 UTC 版)

アルバート・クレイリー」の記事における「貢献」の解説

クレイリーは、自らの専門分野様々な重要な形で貢献をした。 北極海氷島T3に関する主任科学者1952年 - 1955年 国際地球観測年のための合衆国地質学本部(the United States Geological Headquarters)の設立1955年 1957年国際地球観測年参加した合衆国科学者団の副代表 ロス棚氷横断した地震調査隊隊長1957年 - 1958年 リトル・アメリアV (Little America V) から西へ進みスケルトン氷河 (Skelton Glacier) を遡上してヴィクトリアランド高原 (the Victoria Land plateau) に達し南緯78度線沿いに西へ進んでおよそ東経13130分まで到達した地球物理学調査隊隊長1958年 - 1959年 マクマード基地から、スケルトン氷河通り南極点達した地球物理学調査隊隊長1960年 - 1961年 合衆国南極プログラム主任科学者1960年 - 1968年 アメリカ国立科学財団環境科学部門の副代表後に代表、1969年 - 1978年 南極地名諮問委員会委員1961年 - 1976年:うち座長1974年1976年) クレイリーは、数多く高名な研究者有名な研究機関一緒に仕事をしていた。 コロムビア大学モーリス・ユーイングウッズホール海洋研究所はその例である。 野外実験指揮者として、モーグル計画参加していたジェームズ・ピープルズ (James Peoples) を助け気象観測風船使って様々な種類装置実験的に使用し大気圏上層部音波収集などを行なった。(ニューメキシコ州ロズウェルにおけるロズウェル事件を参照

※この「貢献」の解説は、「アルバート・クレイリー」の解説の一部です。
「貢献」を含む「アルバート・クレイリー」の記事については、「アルバート・クレイリー」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 23:34 UTC 版)

Standard Generalized Markup Language」の記事における「貢献」の解説

上記のごとく、SGMLをもとにして、XML開発された。 SGMLを基にした応用技術一つが、HTMLである。ウェブページ記述する言語HTMLなくしては現在の爆発的なインターネットの普及考えられないSGMLはこれら2つマークアップ言語源流であり、現在のインターネット利用者は皆SGML恩恵浴しているのである

※この「貢献」の解説は、「Standard Generalized Markup Language」の解説の一部です。
「貢献」を含む「Standard Generalized Markup Language」の記事については、「Standard Generalized Markup Language」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 02:45 UTC 版)

オリバー・ウィリアムソン」の記事における「貢献」の解説

これまで新古典派経済学では完全合理的に効用最大化する人間仮定されてきたが、ウィリアムソン人間限定合理的であり、機会主義的な性格をもつものと仮定した。 そして、このような人間市場知らない人々取引する場合相互に駆け引き起こり多大な取引上の無駄が発生することになる。この取引上の無駄のことを「取引コストと呼ぶオリバー・ウィリアムソンは、ロナルド・コースとともに取引費用に関する分析行ってきた。 取引コスト節約するために組織形成され取引コスト節約原理もとづいてさまざまな組織デザイン説明できるまた、取引コスト発生するために個別合理性全体合理性一致しないことも生じるが、一致させるためには多くの利害関係者と交渉取引する必要があり、膨大な取引コスト発生するので一致しない説明できるウィリアムソン1980年代から1990年代に、公的私的境界について議論した彼は市場と非市場意思決定同等相違管理、およびサービス提供に対して注意を引いた

※この「貢献」の解説は、「オリバー・ウィリアムソン」の解説の一部です。
「貢献」を含む「オリバー・ウィリアムソン」の記事については、「オリバー・ウィリアムソン」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 14:59 UTC 版)

イアン・アゴル」の記事における「貢献」の解説

2004年アゴルはアルバート・マーデン(英語版)により提出された、マーデンの順性(tameness)予想英語版)を証明した。この予想は、有限生成された基本群を持つ双曲3次元多様体は、コンパクトな3次元多様体内部に位相同型であることを述べている。予想また、ダニー・カレガーリ(英語版)とデイヴィッド・ガバイ(英語版)により独立に証明された予想から、アールフォルス測度予想英語版)が従う。 2012年仮想ハーケン予想英語版の証明公表し一年後出版された。この予想(現在は定理)は、全ての球面3次元多様体ハーケン多様体英語版)により有限被覆されるだろうと述べている。

※この「貢献」の解説は、「イアン・アゴル」の解説の一部です。
「貢献」を含む「イアン・アゴル」の記事については、「イアン・アゴル」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 14:01 UTC 版)

Spotify」の記事における「貢献」の解説

世界規模利用者広がりにより、人気の高い音楽家作品は1曲だけで10億を超える再生回数記録することもある。2017年の間で14億回再生された『シェイプ・オブ・ユーをはじめとしたエド・シーラン楽曲合計累計63億回の再生回数記録し2017年Spotify最もよく聴かれアーティストとなった日本でも英米歌手規模には及ばないにせよ、新人にかかわらずAmPmのように世界でヒットする新人出始めている。

※この「貢献」の解説は、「Spotify」の解説の一部です。
「貢献」を含む「Spotify」の記事については、「Spotify」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 14:21 UTC 版)

USB4」の記事における「貢献」の解説

バージョン1.0公開時点で、USB4仕様技術的な作業グループ参加した従業員有するプロモーター会社Appleヒューレット・パッカードインテルマイクロソフトルネサスエレクトロニクスSTマイクロエレクトロニクス、およびテキサス・インスツルメンツである。

※この「貢献」の解説は、「USB4」の解説の一部です。
「貢献」を含む「USB4」の記事については、「USB4」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 03:19 UTC 版)

高等軍事研究院」の記事における「貢献」の解説

私は師団司令部内の高等軍事研究院出身者頼りな人物であることに気づいた。 — マーク・ヘリング中将1988年高等軍事研究院卒業生. 高等軍事研究院卒業生は、1984年から2009年の間、米軍全ての戦役従事してきた卒業生は「批判的思考」を行えることで知られている卒業生世界中戦闘部隊指揮官から求められている。2010年旅団長ショーン・マクファーランドは述べる「危機の中、大統領はいつも「空母はどこだ?」と尋ねる。陸軍指導部は「高等軍事研究院卒業生ははどこだ?」と尋ねる。空母海戦ゲーム・チェンジャーあるように、高等軍事研究院卒業生作戦術実行者陸戦ゲーム・チェンジャーであり続けている。」 研究院陸軍上級指導部賞賛されている。デビッド・ホッグ中将は「高等軍事研究院には、複雑なアイディア理解し一貫性のある計画を策定できる熟達した計画作成者を輩出するという評判がある。」2010年陸軍の副参謀総長ピーター・W・キアレッリは、高等軍事研究院は「21世紀戦略軍事計画を作り直す努力の最前線にあった」と述べた

※この「貢献」の解説は、「高等軍事研究院」の解説の一部です。
「貢献」を含む「高等軍事研究院」の記事については、「高等軍事研究院」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/11 23:11 UTC 版)

ジーン・ローゼンソール」の記事における「貢献」の解説

彼女の主な貢献としては、舞台後方の位置からフラッドライトを使うことで影を消すことや、影のないコントラスト作り出すために角度照明量を制御することがある。「バランシンのために行ったサインライトや、グラハムのために作ったライト斜め軸("Martha's Finger of God"(マーサ神の指)として愛されている)は照明レパートリー基準になり、あらゆるスタイルダンス会社広く使用するようになっている

※この「貢献」の解説は、「ジーン・ローゼンソール」の解説の一部です。
「貢献」を含む「ジーン・ローゼンソール」の記事については、「ジーン・ローゼンソール」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/09 10:20 UTC 版)

ニコライ・ドミトリエヴィチ・クズネツォフ」の記事における「貢献」の解説

第二次世界大戦後ドイツのタービン技術者ガスタービン実機とともにソ連に連行された。このとき、すでに実用化されていたユモ 004BMW 003に加え計画中だったユモ 022の設計書もたらされた。 1949年第2国営連邦試験工場着任したクズネツォフジェットエンジン主任設計者任命されドイツ人技術者協力のもとターボプロップエンジン開発着手した。、KuznetsovはOKB-276 ( "実験計画276")でジェットエンジン主任設計者任命されドイツの専門家助けを借りてさらにターボプロップ設計開発を始めました。 開発は非常に成功し1955年完成した新型エンジンクズネツォフ NK-12優れた性能発揮しその後の改良により出力11,000kWまで増加したNK-12世界最速プロペラ機であるTu-95戦略爆撃機の他、An-22戦略輸送機やA-90 オルリョーノク地面効果翼機採用された1954年にはアフターバーナークズネツォフ NK-6の開発着手したが、完成しなかった。 1957年には航空エンジン開発における貢献に対し社会主義労働英雄称号授与された。 1959年からは有人月面探査ロケットN-1エンジン開発にも携わった開発したNK-15とNK-15V は後にNK-33NK-43発展した設計そのものは非常に優れており、今日まで設計され液体燃料ロケットエンジンの中で最高の推力重量比達成したが、開発途中生じた問題改善される前にN1ロケット計画中止されてしまった。NK-15ベースとしたRD-180エンジンアトラスVロケット採用されており、RKKエネルギアユナイテッド・ローンチ・アライアンスとの契約に基づいて製造供給している。 1960年代には世界初超音速輸送機Tu-144のためにクズネツォフ NK-144ターボファンエンジン開発したが、効率低かったためにコレゾフ RD-36-51ターボジェットエンジン代替された。 これらの設計経験を元にTu-144発展強化したTu-160超音速重爆撃機用のNK-32エンジン開発された。 1980年代後半には、バイパス比17:1の超高バイパス比低燃費ターボファンエンジンクズネツォフ NK-93開発着手した。しかし、ギヤユニットの信頼性全体サイズおよび重量問題の解決手間取り2009年資金難のため開発中止された。 クズネツォフ1995年7月30日84歳亡くなった

※この「貢献」の解説は、「ニコライ・ドミトリエヴィチ・クズネツォフ」の解説の一部です。
「貢献」を含む「ニコライ・ドミトリエヴィチ・クズネツォフ」の記事については、「ニコライ・ドミトリエヴィチ・クズネツォフ」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 22:02 UTC 版)

ジョン・モーティマー」の記事における「貢献」の解説

モーティマーは、イギリスペンクラブの会員だった。また、ビルマ人権民主主義確保のための活動を行う組織であるビルマ・キャンペーンUK英語版)を長年支援していた。また、2000年以降ロイヤルコート劇場英語版)の会長であったほか、1990年から2000年まで取締役会議長務めた

※この「貢献」の解説は、「ジョン・モーティマー」の解説の一部です。
「貢献」を含む「ジョン・モーティマー」の記事については、「ジョン・モーティマー」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 03:38 UTC 版)

デイヴィッド・ゲール」の記事における「貢献」の解説

競争均衡存在証明行ったラムゼイ問題英語版)のn次元の解が最適経済成長のもとで存在するかについてである。 スチュアートとともに完全情報下での無限期間のゲームの分析行った。 またBridg-It(英語版) の創案者でもある。(「ゲールゲーム」として知られる。) 線形計画法についての業績もある。 安定結婚問題についてのロイド・シャープレーノーベル経済学賞2012年)との論文マッチングについての初のフォーマルな分析であり、そのアイデア学校選択における生徒割り振りなどで実際に応用された。

※この「貢献」の解説は、「デイヴィッド・ゲール」の解説の一部です。
「貢献」を含む「デイヴィッド・ゲール」の記事については、「デイヴィッド・ゲール」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 16:08 UTC 版)

ジョージ・A・ランドバーグ」の記事における「貢献」の解説

ランドバーグ著書で、最もよく読まれたのは『Can Science Save Us?(科学は我々を救えるのか?)』であった。しかし、ランドバーグ研究の焦点応用限界区切り操作的定義英語版)、言語学などに置かれていた。社会学に対する彼のアプローチは、通常論理実証主義分類されている。ランドバーグは、シカゴ学派社会学批判的であった彼はシカゴ学派の方法論について、信頼できる結果生み出すには十分と言えない考えていた。

※この「貢献」の解説は、「ジョージ・A・ランドバーグ」の解説の一部です。
「貢献」を含む「ジョージ・A・ランドバーグ」の記事については、「ジョージ・A・ランドバーグ」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 14:25 UTC 版)

ルートヴィヒ・ブフナー」の記事における「貢献」の解説

1852年から1876年まで、父の創刊したRepertorium fur die Pharmacie誌の編集者務めた1872年に、2巻教科書Commentar zur Pharmacopoea Germanicaを著したまた、Allgemeine Deutsche Biographie誌に多くの論文投稿している。

※この「貢献」の解説は、「ルートヴィヒ・ブフナー」の解説の一部です。
「貢献」を含む「ルートヴィヒ・ブフナー」の記事については、「ルートヴィヒ・ブフナー」の概要を参照ください。


貢献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/23 01:46 UTC 版)

推理雑誌 (台湾)」の記事における「貢献」の解説

日本の推理小説普及 仏児自身は主に日本の推理小説読んでおり、読者育成し知識増やすため、雑誌上に推理小説および作家紹介するコラム作った。それにより日本の推理小説情報入手しやすくなり、ほかの出版社次々と日本の推理小説出版するようになった台湾創作推理小説発展推理雑誌」には台湾作家による作品毎号1〜3編掲載されていた。現在の台湾主要な推理作家藍霄既晴など)は多かれ少なかれ皆「推理雑誌上に作品発表している。また、日本雑誌幻影城』を創刊した傅博(島崎博)が「推理雑誌上で発表した文章推理小説理論体系提供し当時多くの作家基準となった

※この「貢献」の解説は、「推理雑誌 (台湾)」の解説の一部です。
「貢献」を含む「推理雑誌 (台湾)」の記事については、「推理雑誌 (台湾)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「貢献」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

貢献

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 11:41 UTC 版)

名詞

こうけん

  1. 物事発展役立つように尽くすこと。
  2. (古)貢ぎ物奉ること。

発音(?)

こ↗ーけん

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
貢献-する

翻訳


「貢献」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「貢献」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



貢献のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社会貢献 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのGNUコンパイラコレクション (改訂履歴)、カール・ネーゲリ (改訂履歴)、リチャード・シェーン (改訂履歴)、ジャック・ティッツ (改訂履歴)、ヘンリー・ガント (改訂履歴)、ヤコブ・ニールセン (改訂履歴)、アルバート・クレイリー (改訂履歴)、Standard Generalized Markup Language (改訂履歴)、オリバー・ウィリアムソン (改訂履歴)、イアン・アゴル (改訂履歴)、Spotify (改訂履歴)、USB4 (改訂履歴)、高等軍事研究院 (改訂履歴)、ジーン・ローゼンソール (改訂履歴)、ニコライ・ドミトリエヴィチ・クズネツォフ (改訂履歴)、ジョン・モーティマー (改訂履歴)、デイヴィッド・ゲール (改訂履歴)、ジョージ・A・ランドバーグ (改訂履歴)、ルートヴィヒ・ブフナー (改訂履歴)、推理雑誌 (台湾) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの貢献 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS