アイデアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アイデアの意味・解説 

アイデア【idea】

読み方:あいであ

《「アイディア」とも》

思いつき新奇な工夫着想。「―が浮かぶ」

イデア観念理念


アイデア【IDEA】

読み方:あいであ

international data encryption algorithm1992年スイス工科大学考案され共通鍵暗号方式の一。128ビット長の鍵を使って8重の暗号化を施すことにより安全性を向上させている。


アイデア

作者金堀常美

収載図書モカコーヒーを、ブラック
出版社新風舎
刊行年月2004.5
シリーズ名新風舎文庫


発想

(アイデア から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/26 18:41 UTC 版)

発想(はっそう)(idea、conception)とは、考え着想見解思いつき概念想像力理解のこと。


  1. ^ Preventing Plagiarism when Writing - Plagiarism.org”. plagiarism.org. 2022年9月26日閲覧。
  2. ^ 朝日新聞1988年1月7日の記事(琉球大学国文学教授岡本恵徳の話ほか)


「発想」の続きの解説一覧

アイデア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/09 04:23 UTC 版)

ヒルベルト空間上のコンパクト作用素」の記事における「アイデア」の解説

n × n エルミート行列に対するスペクトル定理の証明は、ある固有ベクトル x の存在を示すことにかかっている。もしもこれが示されたなら、エルミート性により x の線型包直交補空間いずれもが T の不変部分空間となる。すると求め結果反復法により求められるそのような固有ベクトル存在を示すには、少なくとも次の二つの方法がある: 代数的に論じること。すなわち、T の特性多項式複素根を持つことから、T は固有値対応する固有ベクトルを持つと結論付ける固有値変分的に特徴付けること。すなわち、ƒ(x) = x*Tx = 定義される関数 ƒ: R2n → R の閉単位球上で最大値が、最大固有値となる。 注釈 無限次元の場合第一の手法の一部分はより一般的に適用される。すなわち、必ずしもエルミートでなくてもよく、任意の正方行列固有ベクトルを持つ、となる。これはヒルベルト空間上の一般的な作用素に対して単純に真とならないコンパクト自己共役の場合のスペクトル定理同様に得ることが出来る。すなわち、上述第二無限次元に関する議論拡張することで、ある固有ベクトルを得ることが出来そののち反復法使えば良い初めに行列について議論紹介する。 R2n 内の単位球 S はコンパクトであり、f は連続あるため、f(S)実直線上コンパクトであり、したがって S 上のある単位ベクトル y においてある最大値を取る。ラグランジュの定理により、y は をある λ に対して満たすエルミート性により、Ty = λy が成立するしかしながらラグランジュ乗数無限次元の場合簡単に一般化はなされない代わりに、z ∈ Cn任意のベクトルとする。もし単位ベクトル y が単位球上で 最大化するなら、それは次のレイリー商英語版)も最大化する: しかし z は任意であるため、Ty − my = 0 が成立する。これが数学的な場合スペクトル定理の証明要点となる。

※この「アイデア」の解説は、「ヒルベルト空間上のコンパクト作用素」の解説の一部です。
「アイデア」を含む「ヒルベルト空間上のコンパクト作用素」の記事については、「ヒルベルト空間上のコンパクト作用素」の概要を参照ください。


アイデア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 23:23 UTC 版)

Bonite」の記事における「アイデア」の解説

カシオカツオキャラクター採用した理由は、カ「シ」オとカ「ツ」オをかけたダジャレである。

※この「アイデア」の解説は、「Bonite」の解説の一部です。
「アイデア」を含む「Bonite」の記事については、「Bonite」の概要を参照ください。


アイデア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:21 UTC 版)

Scratch (プログラミング言語)」の記事における「アイデア」の解説

初心者向け動画入門者プロジェクト見ることができるバージョン2.0では「ヒント」と呼ばれていた。

※この「アイデア」の解説は、「Scratch (プログラミング言語)」の解説の一部です。
「アイデア」を含む「Scratch (プログラミング言語)」の記事については、「Scratch (プログラミング言語)」の概要を参照ください。


アイデア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 19:37 UTC 版)

ワーシャル–フロイド法」の記事における「アイデア」の解説

簡単の為 V = 1 , . . . , n {\displaystyle V={1,...,n}} 上のグラフ G = ( V , E ) {\displaystyle G=(V,E)} のみを考える。 k {\displaystyle k} を n {\displaystyle n} 以下の整数とし、 K = 1 , . . . , k {\displaystyle K={1,...,k}} とする。 G {\displaystyle G} の 各頂点 i , j {\displaystyle i,j} に対し、 G {\displaystyle G} を K ∪ { i , j } {\displaystyle K\cup \{i,j\}} に制限したグラフ上での i {\displaystyle i} から j {\displaystyle j} への最短経路p i , j {\displaystyle p_{i,j}} とする。(経路が無い場合p i , j = {\displaystyle p_{i,j}=} 「なし」とする。) K ′ = 1 , . . . , k + 1 {\displaystyle K'={1,...,k+1}} とし、 G {\displaystyle G} を K ′ ∪ { i , j } {\displaystyle K'\cup \{i,j\}} に制限したグラフ上での i {\displaystyle i} から j {\displaystyle j} への最短経路p i , j ′ {\displaystyle p'_{i,j}} とする。 K ′ ∪ { i , j } {\displaystyle K'\cup \{i,j\}} 内での i {\displaystyle i} から j {\displaystyle j} への最短経路は、 k + 1 {\displaystyle k+1} を経由するか、あるいは K ∪ { i , j } {\displaystyle K\cup \{i,j\}} 内にあるかのいずれかであるので、次が成立することが分かる。ただしここで記号「 p | | q {\displaystyle p||q} 」は「経路 p {\displaystyle p} を進んだ後に経路 q {\displaystyle q} を進む」という経路を表す。 p i , j ′ = p i , k + 1 | | p k + 1 , j {\displaystyle p'_{i,j}=p_{i,k+1}||p_{k+1,j}} : p i , k + 1 | | p k + 1 , j {\displaystyle p_{i,k+1}||p_{k+1,j}} が p i , j {\displaystyle p_{i,j}} より短い場合 p i , j ′ = p i , j {\displaystyle p'_{i,j}=p_{i,j}} : そうでない場合。 よって K = 1 , . . . , k {\displaystyle K={1,...,k}} に対する最短経路 p i , j {\displaystyle p_{i,j}} が全ての i , j {\displaystyle i,j} に対して分かっていれば、 K ′ = 1 , . . . , k + 1 {\displaystyle K'={1,...,k+1}} に対する最短経路 p i , j ′ {\displaystyle p'_{i,j}} が全ての i , j {\displaystyle i,j} に対して求まるワーシャル–フロイド法以上の考察基づいたアルゴリズムで、 K {\displaystyle K} を空集合初期化後、 K {\displaystyle K} に頂点 1 , 2 , . . . , n {\displaystyle 1,2,...,n} を付け加えていくことで G = ( V , E ) {\displaystyle G=(V,E)} 上の最短経路全ての i , j {\displaystyle i,j} に対して求める。 K {\displaystyle K} が空集合の場合、 K ∪ { i , j } = { i , j } {\displaystyle K\cup \{i,j\}=\{i,j\}} 上の i {\displaystyle i} と j {\displaystyle j} を結ぶ最短経路明らかに次のようになる。ただし簡単の為、各頂点 i , j {\displaystyle i,j} に対し、 i {\displaystyle i} と j {\displaystyle j} を結ぶ辺は多くとも一本としている: i , j {\displaystyle i,j} を結ぶ辺 e {\displaystyle e} があれば、最短経路は e {\displaystyle e} . そうでなければ i {\displaystyle i} と j {\displaystyle j} を結ぶ経路は K ∪ { i , j } {\displaystyle K\cup \{i,j\}} にはそもそも存在しないしたがっワーシャル–フロイド法では、 p i , j {\displaystyle p_{i,j}} を上述ルールで e {\displaystyle e} もしくは「なし」に初期化した後、前述の方法で G = ( V , E ) {\displaystyle G=(V,E)} 上の最短経路全ての i , j {\displaystyle i,j} に対して求める。

※この「アイデア」の解説は、「ワーシャル–フロイド法」の解説の一部です。
「アイデア」を含む「ワーシャル–フロイド法」の記事については、「ワーシャル–フロイド法」の概要を参照ください。


アイデア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 05:42 UTC 版)

オペラ座の怪人 (1986年のミュージカル)」の記事における「アイデア」の解説

1984年ロイド・ウェバー『キャッツ』、『ソング・アンド・ダンス』の共同プロデューサーキャメロン・マッキントッシュ新たなミュージカル製作について連絡を取ったロマンティックな作品望みガストン・ルルー小説『オペラ座の怪人』提案した2人1925年ロン・チェイニー主演映画オペラの怪人』と1943年クロード・レインズ主演映画オペラの怪人』を鑑賞したが、どちらの映画舞台化への現実味感じられなかった。その後ニューヨークでロイド・ウェバールルーオリジナルの古本見つけミュージカル化インスピレーション湧いてきた。「当時私は他の作品書いていたが、私は壮大なロマンティック・ストーリーを書こうとして行き詰っていた。私がこの仕事を始めてからずっとやりたかったことだ。そして怪人がそこにあったのだ」。

※この「アイデア」の解説は、「オペラ座の怪人 (1986年のミュージカル)」の解説の一部です。
「アイデア」を含む「オペラ座の怪人 (1986年のミュージカル)」の記事については、「オペラ座の怪人 (1986年のミュージカル)」の概要を参照ください。


アイデア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/19 03:37 UTC 版)

弱測定」の記事における「アイデア」の解説

一般的に量子状態重ね合わせにある物理系観測してその状態を測定しようとすると、重ね合わせ壊れてしまう。その壊れの程度は、観測によって得られ情報量2乗比例するので、得られる情報量を極限まで減らした測定行えば重ね合わせにある量子状態そのものを壊すことなく知ることができる。 一回測定得られる情報量も微小であるが、前後の状態を特定したうえで繰り返し測定することで、誤差減らすことができる。 参考文献宇宙の未来決める現在』

※この「アイデア」の解説は、「弱測定」の解説の一部です。
「アイデア」を含む「弱測定」の記事については、「弱測定」の概要を参照ください。


アイデア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 03:02 UTC 版)

通信衛星」の記事における「アイデア」の解説

通信衛星アーサー・C・クラーク初め提唱したものとされるが、ポトチュニックの1928年先行作品基づものであるクラーク1945年に「ワイヤレス・ワールド」誌で「地球外中継器」と題する記事著し無線信号中継するために人工衛星静止軌道配備する方法基本原理説明したことから一般にアーサー・C・クラーク通信衛星発明者として知られた

※この「アイデア」の解説は、「通信衛星」の解説の一部です。
「アイデア」を含む「通信衛星」の記事については、「通信衛星」の概要を参照ください。


アイデア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 12:35 UTC 版)

ゲート付き回帰型ユニット」の記事における「アイデア」の解説

GRUのアイデアは次の式で表される実際の演算とは異なる)。 h t = ( 1 − z ) ⋅ h t − 1 + z ⋅ f ( x t + r ⋅ h t − 1 ) {\displaystyle h_{t}=(1-z)\cdot h_{t-1}+z\cdot f(x_{t}+r\cdot h_{t-1})} すなわち隠れ状態 h t {\displaystyle h_{t}} は以下の2要素重み付け和で更新される。 1ステップ前の隠れ状態 h t − 1 {\displaystyle h_{t-1}} 「入力 x t {\displaystyle x_{t}} 」と「重み付けられた隠れ状態 r ⋅ h t − 1 {\displaystyle r\cdot h_{t-1}} 」の f {\displaystyle f} による非線形変換 例えば z = 1 {\displaystyle z=1} であれば入力無視され隠れ状態がそのまま保持される逆に z = 0 {\displaystyle z=0} であれば入力隠れ状態の非線形変換により新たな隠れ状態が計算される。 r {\displaystyle r} は新たな隠れ状態の計算影響を与えるr = 0 {\displaystyle r=0} であれば入力のみから新な隠れ状態が計算されr = 1 {\displaystyle r=1} であれば入力隠れ状態の両方利用される。これら z {\displaystyle z} と r {\displaystyle r} もまた x t {\displaystyle x_{t}} と h t − 1 {\displaystyle h_{t-1}} から計算される単純なRNN比較してGRU更新ゲート z {\displaystyle z} による隠れ状態の保持とそれによる長期記憶可能になる。また初期化ゲート r {\displaystyle r} による隠れ状態の削除可能になることでよりコンパクトな隠れ表現得られる隠れ状態のサイズ1以上であれば複数の z {\displaystyle z} と r {\displaystyle r} ( z t j {\displaystyle z_{t}^{j}} と r t j {\displaystyle r_{t}^{j}} ) を持つことになる。それぞれの j {\displaystyle j} は独立して学習されるため、ある j {\displaystyle j} は更新ゲート z {\displaystyle z} が長期間1に近いすなわち長期記憶保持し、ほかの j {\displaystyle j} は初期化ゲート r {\displaystyle r} が頻繁に切り替わりながら入力フィルタリングをおこなうように振る舞う、といったことが可能になっている。すなわちそれぞれの隠れ状態が異なる時間スケール表現学習しうる。

※この「アイデア」の解説は、「ゲート付き回帰型ユニット」の解説の一部です。
「アイデア」を含む「ゲート付き回帰型ユニット」の記事については、「ゲート付き回帰型ユニット」の概要を参照ください。


アイデア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/23 16:50 UTC 版)

イマヌエル・ヴェリコフスキー」の記事における「アイデア」の解説

ヴェリコフスキー1920年代から1930年代にかけて医療精神分析学著作いくつも出版しているが、彼を有名にした著作生まれたのはニューヨーク住み始めた1940年代のことである。彼は1942年11月自分の考え中核部を宣誓供述書という形でまとめ、Scripta Academica という小冊子2冊それぞれ Theses for the Reconstruction of Ancient History (1945) と Cosmos without Gravitation (1946) として自費出版した。 その考え総合的なものいろいろな面で完全とはいえないものだったため、ヴェリコフスキー古代史関連物質科学関連別々にして一連の本の形で出版するという形態選択し、それを世に出すことにしたヴェリコフスキー熱心なシオニストで、そのこと彼の考え方根底にあるのは確かだが、単なるシオニスト考えというには広範囲に渡っている。彼の著作全体は、聖書描かれている歴史エジプト史などの考古学古代文献から構築されている歴史とを整合させたいという考え端を発している。 ヴェリコフスキー両方文献共通する事象記述捜し求め、Ipuwer papyrus見つけ、これが当時エジプト人出エジプト記出来事記録したものだと信じた。さらに彼はこの両者大規模な自然災害記述したものだと解釈したヴェリコフスキーユダヤ教徒エジプト脱出した物理的原因求めその前後歴史調査推定し世界各地歴史的文献神話比較し世界的規模周期的に大災害起きていたと信じようになった彼は過激な学際的考え方到達した。それをまとめると次のようになる。 地球という惑星は、人類歴史記録する以前以後世界的規模自然災害見舞われてきた。 それら大災害証拠地質記録この点でヴェリコフスキー斉一説ではなく天変地異説採用している)にも考古記録にもある。多くの種の絶滅突発的に同時に起きており、ダーウィンの進化論のような緩やかな自然淘汰ではない。 人類経験した大災害は、全ての古代文化文明神話・伝説文献記録されている。ヴェリコフスキー様々な文化文明記録の中で一致していると思われるものを指摘し、それらが実際に起きた同じ事象を指しているとした。例えば、大洪水記録旧約聖書ギリシャ神話デウカリオーン伝説インド神話マヌ伝説などにある。これらが単なる神話伝説みなされるようになった機構として、ヴェリコフスキー精神分析学的な文化的な記憶力欠如」という考え方提案している。 これらの天災原因は、太陽系内他の天体地球接近遭遇したことにある。土星木星火星金星といった惑星は、人類誕生して以降も現在とは違う軌道だったことがあるとした。 そのような惑星軌道変化可能にする力として、ヴェリコフスキー電磁気力重力以上に強く働いたではないか考えたヴェリコフスキー具体的に提唱した大災害大変動)としては次のものがある地球現在の軌道落ち着く以前に原始土星」の衛星だったことがあるとする仮説ノアの大洪水原始土星新星状態になり、その質量大半宇宙空間放出したために起きたとする仮説バベルの塔崩壊水星によって引き起こされたとする仮説ソドムとゴモラ滅亡木星によって引き起こされたとする仮説。 (木星から飛び出したとされる金星彗星のような軌道描き定期的に地球接近して大災害起こしたとする仮説紀元前1500年ごろの出エジプト記ヨシュア記にある「太陽静止した」という記述原因金星接近だとしている。 火星周期的に地球接近し紀元前8世紀7世紀大破壊引き起こしたとする仮説上述たようにヴェリコフスキーはこれらを1940年代初めに構築した。しかし、本の形で一般に公表したのはその一部だけであり、彼は生涯をかけて研究拡張努めたそれぞれの本に次のような部分記載されている『衝突する宇宙』(1950) は金星火星引き起こした災害について文献神話論じている。 『混沌時代』(1952) に始ま一連の本は、ヴェリコフスキー版古代史となっている。 『激変地球』(1955) は地球規模大災害地質学的証拠論じている。 ヴェリコフスキー土星水星木星に関する仮説出版されなかったし、それらに関する現存する手稿もあまり詳細ではない。 ヴェリコフスキー天体力学電磁気力大きな役割果たしたとする説についてはあまり多く語っていない。1946年小冊子 Cosmos without Gravitation でその仮説提唱して以来ほとんどそれについて語らず撤回したように思われていたが、死後出版された Stargazers and Gravediggers ではそれが復活している。ヴェリコフスキーCosmos without Gravitation大学図書館各地科学者送り、これに対する反応として天文学者物理学者から激し反論があった。しかし一部にはこの仮説惹きつけられた人々もいて、恒星その内部の核融合反応動力源とするのではなく銀河規模電磁エネルギーの流れによって動かされるという仮説発展させていった。しかしそのような考えには通常の文献による裏づけ全くない

※この「アイデア」の解説は、「イマヌエル・ヴェリコフスキー」の解説の一部です。
「アイデア」を含む「イマヌエル・ヴェリコフスキー」の記事については、「イマヌエル・ヴェリコフスキー」の概要を参照ください。


アイデア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/02 03:38 UTC 版)

ジョージ・エリス」の記事における「アイデア」の解説

ジョージ・エリスはリサイクルメカニズムとして裸の特異点のあるモデル宇宙提唱した彼はこのモデル従来モデル同程度実際の宇宙現していると主張している。 エリス宇宙円筒形宇宙に似ているが、地球裸の特異点反対側位置する点が異なる。そこでは宇宙のインフレーションがなく、物質密度特異点付近ほど濃いため、銀河分布一様ではなく、地球周りでは極めて薄いとされているこのように物質分布偏っていると光の赤方偏移生じ地球からは各銀河遠ざかっているように見える。そして、地球がなぜ裸の特異点正反対に位置すると言えば特異点近づくほど温度高くなるなど、生物存在適さない環境となるため、生物人間存在する地球は、特異点から最も離れているきとする科学哲学の用語で言えばエリスプラトン主義者である。

※この「アイデア」の解説は、「ジョージ・エリス」の解説の一部です。
「アイデア」を含む「ジョージ・エリス」の記事については、「ジョージ・エリス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アイデア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アイデア

出典:『Wiktionary』 (2018/08/23 08:57 UTC 版)

異形

語源

英語のideaより。

名詞

アイデア

  1. アイディアに同じ。

関連語


「アイデア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アイデア」の関連用語

アイデアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アイデアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒルベルト空間上のコンパクト作用素 (改訂履歴)、Bonite (改訂履歴)、Scratch (プログラミング言語) (改訂履歴)、ワーシャル–フロイド法 (改訂履歴)、オペラ座の怪人 (1986年のミュージカル) (改訂履歴)、弱測定 (改訂履歴)、通信衛星 (改訂履歴)、ゲート付き回帰型ユニット (改訂履歴)、イマヌエル・ヴェリコフスキー (改訂履歴)、ジョージ・エリス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアイデア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS