共役とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 共役 > 共役の意味・解説 

きょう やく [0]共役・共軛

ある関係にある二つ点・線・数などにおいて、二つを入れかえても、その性質変化が起こらないよう二つのものどうしの関係。
カップリングに同じ。

共役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/18 08:34 UTC 版)

共軛共役(きょうやく)は2つのものがセットになって結びついていること、同様の働きをすること。共軛の「軛」(くびき)は、人力車や馬車において2本の梶棒を結びつけて同時に動かすようにするための棒のことである。「軛」が常用漢字表外であったため、音読みの同じ「役」の字で代用され、現在では共役と書かれることが多い。いくつかの分野で用法がある。


  1. ^ 京谷孝史、非線形CAE協会編 『よくわかる連続体力学ノート』 森北出版、2008年、188頁。ISBN 978-4-627-94811-2 


「共役」の続きの解説一覧



共役と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「共役」の関連用語

共役のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



共役のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共役 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS