一組とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 人口統計学辞書 > 一組の意味・解説 

一組

人口学でもっとも頻繁に用いられる平均 1算術平均 2であって一連の指標に関する数量合計をその生起回数で割った商から成っている。平均という言葉が何かの限定付けずに用いられる場合通常算術平均を意味する。幾何平均 3は、全観測値が正の場合に用いられることがある。これはN個の数値の積のN乗根である。加重平均 4個々数量それぞれ違った特定の重み 5乗ずることにより求められる。中央値中位数メディアン) 6は一組 7観測データ大きさの順に並べた時にちょうど中央位置するデータの値である。最頻値モード) 8一連の観測値の中で最も普通でありよく用いられる値である。


一部事務組合

(一組 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/31 15:43 UTC 版)

一部事務組合(いちぶじむくみあい)とは、複数の普通地方公共団体特別区が、行政サービスの一部を共同で行うことを目的として設置する組織で、地方自治法284条2項により設けられる。略称は一組(いちくみ)。長は管理者(企業団の場合は企業長)または理事会である。




「一部事務組合」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一組」の関連用語

一組のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



一組のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一部事務組合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS