道具とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 道具 > 道具の意味・解説 

どう‐ぐ〔ダウ‐〕【道具】

物を作ったり、何かをしたりするために用いる器具総称。「大工道具」「家財道具

他の目的のために利用されるもの。また、他人に利用される人。手段。「取引の道具にする」

身体備わっている種々の部分

身体中の—が一時に動作(はたらき)を止めて」〈藤村破戒

芝居大道具小道具

武家で、その他の武具

三衣一鉢(さんえいっぱつ)などの、仏道修行のための必要品

[用法] 道具・器具用具——「道具(器具用具)は全部そろっている」のように、あることを行うために使用する物の意では相通じて用いられる。◇「道具」は「大工道具」「台所道具」「勉強道具」など、主に日常生活で、多くは手に持って使う物を指す。◇「器具」は家庭電化用品ガスこんろストーブなど、構造操作の簡単な機器を指すほか、試験管ビーカーを「実験用の器具」というように、あることを行う種々の道具類についてもいう。◇「用具」は実質的には「道具」「器具」と重なる場合が多いが、用途限定した場合に用いる。「スキー用具」「運動用具」「筆記用具


道具

読み方:どうぐ

  1. 詐欺賭博。〔第三類 犯罪行為

道具

読み方:どうぐ

  1. 詐欺賭博使用する詐欺道具のことを云ふ。

道具

読み方:どうぐ

  1. 道具。陰茎俗称。「女才学絵抄」に「菖浦太刀男根お道具といふより太刀刀をお道具といへばなり」とあり。
  2. 男女生殖器のことをいふ。〔情事語〕
  3. 陰部
  4. 陰部のこと。
  5. 男女性器のこと。〔風流

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

道具

名字 読み方
道具どうぐ
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

道具

読み方
道具どうぐ

道具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/10 18:20 UTC 版)

道具(どうぐ)とは、物をつくったり、あるいはなにかを行うために用いる器具の総称[1]修行の用[1]という意味もある。


  1. ^ a b 広辞苑第五版 p.1875「道具」
  2. ^ a b c d e f 海野邦昭『トコトンやさしい切削加工の本』日刊工業新聞社、2010年、10頁。
  3. ^ MOPO, Maison de l'Outil et de la Pensée Ouvrière(フランス語)
  4. ^ トロワ < France.fr - フランス旅行のアイディアを発信する公式サイト


「道具」の続きの解説一覧

道具

出典:『Wiktionary』 (2020/02/26 11:06 UTC 版)

名詞

(どうぐ)

  1. 仏道修行用いている、衣なども含めた用具器具
  2. 舞台などにおける用具器具
  3. 物を作ったり、仕事を進めたりするのに使う器具
  4. 日常生活使う器具
  5. 俗語)顔の目や鼻など。道具立て
  6. 他の目的のために利用するもの。

派生語

関連語

翻訳




道具と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「道具」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||


4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

道具のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



道具のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2021 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの道具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの道具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS