手段とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 方法 > 手段の意味・解説 

しゅ‐だん【手段】

ある事を実現させるためにとる方法。てだて。「手段を講じる」「目的のためには手段を選ばない」「強硬手段」「生産手段

[用法] 手段・方法――「患者生命を救うための手段(方法)を考える」「相手自分意志伝える有効な手段(方法)」など、目的実現するためのやり方の意では相通じて用いられる。◇「生産の手段」というと原料道具建物などをさし、それらを使って物を生産するやり方が「方法」となる。「強行手段に訴える」といえば交渉一方的打ち切ったり、武力を用いたりすることで、これを「強硬方法訴える」とは普通はいわない。◇手段は具体的な行為方策をさし、「方法」は一つ一つの手段を総合して効果的に動かすやり方をさすといえる。◇類似の語「手だて」は、「もはやほかに手だてはない」のように、やり方の意で用いられる。


手段

読み方:シュダン(shudan)

目的をとげるのに必要な方法


手段

作者安部公房

収載図書カーブの向うユープケッチャ
出版社新潮社
刊行年月1988.12
シリーズ名新潮文庫


手段

作者星新一

収載図書どんぐり民話館
出版社新潮社
刊行年月1992.12
シリーズ名新潮文庫


手段

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/08 05:58 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「手段」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「手段」を含むページの一覧/「手段」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「手段」が役に立つかも知れません。


手段

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 20:26 UTC 版)

名詞

しゅだん

  1. ある目的実現させるための方法

発音

しゅ↘だん

翻訳




手段と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「手段」に関係したコラム

  • 株式やFX、CFDのアストロロジー分析とは

    株式やFX、CFDの分析手段には、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析、クオンツ分析、定量分析などがあります。そして、アストロロジー分析も株式やFX、CFDの分析手段の1つとして用いられています。ア...

  • ETFや株式の取引手段とメリット、デメリット

    ETFや株式の取引手段には、「店頭取引」、「電話取引」、「パソコン取引」、「スマホ取引」の4種類があります。ここでは、それぞれの取引手段とそのメリット、デメリットを紹介します。▼店頭取引店頭取引は、顧...

  • FXのブレイクアウトの見方

    ブレイクアウト(break out)とは、為替レートが一定期間に一定の方向で推移していた状態から逸脱することです。ブレイクアウトの典型的なパターンとしては、FXで為替レートが長期間、上がったり下がった...

  • CFDの口座開設の方法

    CFDの取引を行うには、CFD業者の口座を開設する必要があります。ここでは、口座開設までの手続きの方法について解説します。ほとんどのCFD業者では、Webサイトから口座開設の手続きができます。まず、口...

  • 株式取引でのサヤ取りの方法

    サヤ取り(鞘取り)とは、2つの銘柄、あるいはそれ以上の銘柄の価格差を取る売買手段のことです。株式取引でのサヤ取りの方法は、通常は2つの同じような値動きをする銘柄を選び、1つは売り、もう1つは買いのポジ...

  • 株式分析のベータ値とは

    株式分析のベータ値(β値)とは、株価指数と個別銘柄との連動する割合を数値に表したテクニカル指標のことです。株価指数は、TOPIXや日経平均株価(日経225)などを用いることが多いようです。ベータ値の求...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手段」の関連用語

手段のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



手段のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手段 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの手段 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS