マニュアルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > マニュアルの意味・解説 

マニュアル【manual】

読み方:まにゅある

機械道具アプリケーションなどの使用説明書取扱説明書手引き書

作業の手順などを体系的にまとめた冊子の類。

操作などが、手動式であること。「―車」


マニュアル

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

マニュアル

名前 Manuel

マニュアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 23:34 UTC 版)

マニュアル:Manual)ないし手引書(てびきしょ)とは、ある条件に対応する方法を知らない者(初心者)に対して示し、教えるために標準化・体系化して作られた文書である[1]


  1. ^ まるで知らない人に専門用語を使って教えることは標準化されていることにならずマニュアルの文章を難しくする。海老沢泰久はそうした現状を憂いて『これならわかるパソコンが動く』(NEC1996年)で実践してみせた。
  2. ^ マニュアルと手順書に違いはある?分かりやすいマニュアル・手順書を作成するポイントも紹介!”. Teachme Biz (2019年7月9日). 2020年12月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 規格検索”. 日本規格協会. 2019年6月19日閲覧。
  4. ^ ISO/IECの規定・政策等 アーカイブ”. 日本規格協会. 2019年6月19日閲覧。【2-1】ISO/IEC専門業務用指針(ISO/IEC Directives)【2019年版のご意見照会】仮和訳版 B.4.2.9
  5. ^ IEC規格について”. 日本規格協会. 2019年6月19日閲覧。
  6. ^ a b c d 「トリセツ本」不安な夫の救世主? 妻の不倫、相談増加 朝日新聞 2019年5月7日
  7. ^ 妻のトリセツが説く脳の性差 東大准教授は「根拠薄い」 朝日新聞 2019年4月7日
  8. ^ さだまさしかよ!西野カナの新曲『トリセツ』の歌詞がリアルすぎて震える【動画】 AOL 2015年8月19日


「マニュアル」の続きの解説一覧

マニュアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 07:32 UTC 版)

日本ATPユーザグループ」の記事における「マニュアル」の解説

各種プログラムのマニュアルが参照できる

※この「マニュアル」の解説は、「日本ATPユーザグループ」の解説の一部です。
「マニュアル」を含む「日本ATPユーザグループ」の記事については、「日本ATPユーザグループ」の概要を参照ください。


マニュアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 03:48 UTC 版)

SUBARUのトランスミッションの一覧」の記事における「マニュアル」の解説

型番1文字目の “T” はトランスミッション、それに続く場合がある “Y” は常時AWD用、”M” は前輪駆動FF)用、2桁数値軸間距離ミリメートル単位を示すしたがって、例えばTY75型は常時AWD用で軸間距離75 mmマニュアルトランスミッションである。

※この「マニュアル」の解説は、「SUBARUのトランスミッションの一覧」の解説の一部です。
「マニュアル」を含む「SUBARUのトランスミッションの一覧」の記事については、「SUBARUのトランスミッションの一覧」の概要を参照ください。


マニュアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 09:10 UTC 版)

騒音計」の記事における「マニュアル」の解説

日本では騒音測定に際して一定の手順機能要求するためのマニュアルが各省庁作成されていることがある使用して良い騒音計についてもその中で規定されている。 「航空機騒音測定・評価マニュアル」の作成等について(お知らせ2009年7月28日 在来鉄道騒音測定マニュアル 2010年5月 騒音に係る環境基準評価マニュアル 1999年6月2000年4月環境基本法基づ道路交通騒音測定について規定

※この「マニュアル」の解説は、「騒音計」の解説の一部です。
「マニュアル」を含む「騒音計」の記事については、「騒音計」の概要を参照ください。


マニュアル(チュートリアル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 18:04 UTC 版)

ジョイメカファイト」の記事における「マニュアル(チュートリアル)」の解説

本作もう一つ特徴として、マニュアルというチュートリアル機能存在挙げられるキャラクター選択画面使用キャラクター選択した後に「マニュアル」という項目を選択すると、操作練習のための画面に入る。 この画面はソウサモードとデモモードに分かれる。ソウサモードは対戦画面に似ているが、敵キャラクター攻撃してこず、また体力などの制限も無いため、プレイヤーは自キャラクターの操作練習専念できるまた、各技(基本技必殺技含む)が相手ヒットした場合与えダメージポイントを知ることが出来る(なお、敵キャラIIコントローラー操作できる)。デモモードでは必殺技出し方(コマンド入力)を解説操作デモ付き確認できる。両モードとも、画面上部にはコントローラの絵が表示され入力操作確認できるようになっている。 現在でこそ(家庭用対戦型格闘ゲームでの練習モード当たり前であるが、@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}練習専用モードがある対戦格闘ゲーム本作最初である。[要出典]

※この「マニュアル(チュートリアル)」の解説は、「ジョイメカファイト」の解説の一部です。
「マニュアル(チュートリアル)」を含む「ジョイメカファイト」の記事については、「ジョイメカファイト」の概要を参照ください。


マニュアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/16 08:27 UTC 版)

ストリートボード」の記事における「マニュアル」の解説

前輪浮かせ後輪のみで走行する。または、後輪浮かせ前輪のみで走行する

※この「マニュアル」の解説は、「ストリートボード」の解説の一部です。
「マニュアル」を含む「ストリートボード」の記事については、「ストリートボード」の概要を参照ください。


マニュアル(手動)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/20 17:04 UTC 版)

性能解析」の記事における「マニュアル(手動)」の解説

実行時間計算するコードプログラマ明示的に組み込む

※この「マニュアル(手動)」の解説は、「性能解析」の解説の一部です。
「マニュアル(手動)」を含む「性能解析」の記事については、「性能解析」の概要を参照ください。


マニュアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 04:06 UTC 版)

ウンベルト・エーコ」の記事における「マニュアル」の解説

Come si fa una tesi di laurea (1977) – English translation How to Write a Thesis (2015)谷口勇訳『論文作法――調査・研究執筆技術手順而立書房1982年新版1991年・1998年2003年

※この「マニュアル」の解説は、「ウンベルト・エーコ」の解説の一部です。
「マニュアル」を含む「ウンベルト・エーコ」の記事については、「ウンベルト・エーコ」の概要を参照ください。


マニュアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 08:33 UTC 版)

∀ガンダム (架空の兵器)」の記事における「マニュアル」の解説

電子手帳」と呼ばれる∀ガンダムのマニュアルで、ページに見える部分薄膜ディスプレイとなっている。リモートコントローラーとしての機能備える。ロランコクピットシート下から発見した。 敵が接近した際には、このマニュアルにも警告表示される

※この「マニュアル」の解説は、「∀ガンダム (架空の兵器)」の解説の一部です。
「マニュアル」を含む「∀ガンダム (架空の兵器)」の記事については、「∀ガンダム (架空の兵器)」の概要を参照ください。


マニュアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 04:22 UTC 版)

オトメディウス」の記事における「マニュアル」の解説

所持しているパワーカプセルの数に応じたパワーアッププレイヤー自身判断してパワーアップボタン押して全てのパワーアップ自分で行うモード

※この「マニュアル」の解説は、「オトメディウス」の解説の一部です。
「マニュアル」を含む「オトメディウス」の記事については、「オトメディウス」の概要を参照ください。


マニュアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 22:17 UTC 版)

GNU Emacs」の記事における「マニュアル」の解説

ビルトインドキュメントとは別にGNU Emacsには異常に長くて詳細なマニュアルがある[要出典]。リチャード・ストールマンによって書かれGNU Emacs Manual電子コピーGNU Emacsバンドルされ、ビルトインinfo英語版ブラウザ閲覧できるBil Lewisリチャード・ストールマンそしてDan LaliberteによるEmacs Lisp Reference ManualRobert Chassell英語版)によるAn Introduction to Programming in Emacs Lisp2つ追加マニュアルも含まれるこれらのマニュアルは全てフリーソフトウェア財団により書籍形式でも発行されている。XEmacsのマニュアルはGNU Emacs Manual類似しているが、XEmacsソフトウェアGNU Emacsからフォークされたと同時にマニュアルもフォークされたからである

※この「マニュアル」の解説は、「GNU Emacs」の解説の一部です。
「マニュアル」を含む「GNU Emacs」の記事については、「GNU Emacs」の概要を参照ください。


マニュアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 17:50 UTC 版)

VideoStudio」の記事における「マニュアル」の解説

マニュアルは電子化ヘルプシステムが主になってきている。また、オンライン動画でのチュートリアルもある。 12ではモノクロ100ページ程度のマニュアルが付属X3では40P前後のクイックリファレンスが付属X4X7200ページ超のカラーマニュアルが同梱X8では48ページ程度の「オリジナルハンドブック」が同梱X9では56ページ程度の「オリジナルハンドブック」が同梱X10では56ページ程度の「フルカラーハンドブック」が同梱2020では298ページガイドブックPDFダウンロードできる。

※この「マニュアル」の解説は、「VideoStudio」の解説の一部です。
「マニュアル」を含む「VideoStudio」の記事については、「VideoStudio」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マニュアル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

マニュアル

出典:『Wiktionary』 (2020/10/24 23:05 UTC 版)

語源

造語成分

  1. 手動の。

名詞

  1. 取扱説明書手引書
  2. 自動車変速機マニュアルトランスミッションであること、または、そのような自動車

関連語


「マニュアル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マニュアル」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マニュアルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマニュアル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本ATPユーザグループ (改訂履歴)、SUBARUのトランスミッションの一覧 (改訂履歴)、騒音計 (改訂履歴)、ジョイメカファイト (改訂履歴)、ストリートボード (改訂履歴)、性能解析 (改訂履歴)、ウンベルト・エーコ (改訂履歴)、∀ガンダム (架空の兵器) (改訂履歴)、オトメディウス (改訂履歴)、GNU Emacs (改訂履歴)、VideoStudio (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマニュアル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS